2019.10.18

正倉院の世界

カテゴリ:おでかけ♪
天皇陛下のご即位を記念して、正倉院の宝物、同時代の文化財を集めた展覧会が東京国立博物館で行われている。
これまで博物館は自転車で行ける距離だったので交通費はかからなかったが、横浜~上野はさすがにクルマでも片道60㎞にちかいため、行けないことはないにしても観覧するために自転車は現実的ではないため電車で行くことにした。

​平日なので混雑はなかった​​

展示内容は飛鳥、奈良時代のもので、正倉院と東京国立博物館が所蔵するもので構成されている。
正倉院の宝物では「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげのびわ)」や「平螺鈿背円鏡(へいらでんはいえんきょう)」などは有名で、過去にも正倉院展でお目にかかったことがある。
最初はメジャーどころのオンパレードかなと思っていたが、そうでもなく、「はじめまして」も多くあったため、コスパは悪くなかった(観覧料が高すぎるので)。
博物館にしては珍しく、模造品については写真撮影が可能で2種の「琵琶」を撮ってみた。
しかし反射があり、光量が十分でないため「撮影」というものではなく、撮ってみました程度だった。

​どうしても映り込みは避けられない​​

今回、前期展示分を見に行ったが、後期分はどうしようか迷うところだ。
しかし、奈良の正倉院展は行くつもりだ(そう言うとお金の感覚が変といわれそうだ)。





TWITTER

Last updated  2019.10.18 16:28:24
コメント(0) | コメントを書く
[おでかけ♪] カテゴリの最新記事