962523 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫と喰いものと創作同人の日々

その7(そして、終わりへ・・・・)

そして、終わりへ・・・・


大体の過去の出来事は前回で終わりです。今度はこれからのことです。

ダンナ名義のローンが片付いて自由の身になり一安心の状態になりました。
今の家は古いけど場所も環境も非常に良いからこのまま住もうか~と
思っていたのですが、将来この家賃(相場より安いですが、それなりです)
をずっと払えるかどうかを考え、ダンナの同僚さんで歳をとると賃貸は
家賃を払うのがきつくなるぞとアドバイスを受け、それなら終の棲家
を探しますかと言うことになりました。今の住所は知られてる(ローンの
契約の都合で義理両親の住民票が一時的に移ってるのです)けれど、
今度引っ越しすればもう分からなくなるのも理由の一つです。

ダンナは貯めてた住宅財形などをみんな前の家に使ってしまったので
あまりお金はありません。恐らくローンになるけど頑張って
手に入れようと二人で相談して決意して今探してる最中です。
クロさんも一緒に行くことになる筈です。今預かり猫のクロさん
は飼い猫に昇格できる可能性が高くなってきました。

義理両親と義姉はどうなったかというと、マンションは売れて
いませんが、銀行から融資を受けられたのでダンナと義父から
名義を買い取り、マンションのローンを精算して二世帯住宅に
義姉が夫婦で引っ越しました。恐らく仲良く暮らしてる筈ですが、
この間義母が外に飲みに行ったと義父から電話がありましたので、
相変わらず飲酒問題行動は起こしてる様です。しかし、義姉
は今度は逃げられません。私達が味わっていたスリルをたっぷり
楽しんで頂きましょう~。家に注ぎ込んだ分の権利放棄の代わり
に干渉や請求をこれ以上行わないと契約を交わしたので泣きつけ
ない筈ですし。義両親も今まで払った分権利があるので名義は
義姉夫婦にあるとはいえ、何も言えない筈です。相続問題
も解決です。私が将来心配していたのが、義理両親の面倒も
見ながらローンも払い、看取ってやれやれと思ったら義理姉
が遺留分の請求にしゃしゃり出てくる事だったのですね。
そうなると家を売るかその分現金で払う必要が出てくるし、
売らない事を選択してお金を払った後も恐らくローンの支払
いは続くから貯金が無くなってローンは残るなんて素敵な
シチュエーションも考えられる訳です。こちらが必死にな
って払ったのに血が繋がってるだけでふんだくられる事
を考えると凄くブルーだったのですが、もうローンも名義
もあちらなのですっきりとしました。今払ってるローン額
を考えると恐らく評価額より多く払うことになるのではと
思います。怠けてローンを払ってなかった分をダンナと義
両親で今まで払った分と土地の含み益で相殺した感じです。
でも、その借りは義母と仲良く暮らすことでしっかり払って
貰うつもりです。

犠牲は多少ありましたが、それでも運が良かったね~と
ダンナと言い合っています。もし、義姉夫婦があんなアホな
ローンの組み方をしてた事がずっと発覚してなかったら、
絶対返って来ない借金を申し込まれる(しかも追加で繰り返し
の可能性大)だけならまだしも、双方のローンが払えなくて
自己破産した義家族全員が押しかけて一緒に暮らす羽目にな
ってたかも知れない(今の家だと出来ない事はないんですよね~、
考えるだけで精神的体温が零下まで下がりそうです。金蔓兼奴
隷なんて冗談ではないぞ、おい!。そうなってたら逃げてます。
世の中、愛だけじゃ無理なこともあります)と考えたらこの程
度で済んで幸運だったと思います。考えてみればこの物事のき
っかけになった義母が暴れた時は丁度ボーナス払いの時期でした。
この時に凄くやばくて援助でもしたのかもと憶測してみたりします。
そして全て片付いたのが2007年12月、ぎりぎりボーナス払いを免れ
たので義姉夫婦も一息つけたのではないかと思います。

最近、こちらも考えた結果、どうして義母は叶えたい希望とか
があるのは分かるけど、それを実現する手段を思いっきり間違
えてるんだろう、結局、義母は自分以外の存在をパーツとしか
見てなかったのかな~、それらに意志とか感情があるとか理解
できないから暴言吐いたり、脅迫して言うことを聞かせようと
したのかもと思ったりするようになってきました。欲しかった
のは自分が何も努力しなくてもすべてお膳立てして満足する環
境を作り出してくれる従順な存在だったちゅー事ですな。私も
ダンナもそんなの無理無理~ですよ、全く。

色々勉強の為に某掲示板で関係しそうなスレッドを定期的
に覗いていたのですが、まだ私の体験なんぞ軽いもんですな~
な事項がごろごろしていますorz。しかし、今の世代の老夫婦
は自分の子供の家庭を破壊してまで自分のエゴを貫きたい人も
いるのか~と寒気を感じます。それに無感覚で自分の配偶者の
気持ちそっちのけで子供が賛同していると来てはもう処置無しですな。
何かすごく性格が悪くなってしまった自分が悲しいです。心に
どす黒い塊が出来てしまったというか・・・・。ダンナの事を
信じるのにも一寸曇りが出来てしまった気がします。色々隠し
過ぎだったんだし・・・・。でも人間いつまでも無邪気で純粋
でいられないのも事実です。その分成長してたいもんですね。

漸く終わらせることが出来ます~。 軽く書くつもりだったの
ですが、結構長編になってしまいました。読んで頂いて有り難う
ございます。

戻る




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.