961856 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫と喰いものと創作同人の日々

一人の人を送るまで~二日目~

通夜が終わると次は葬式です。こちらの
風習では火葬を済ませてから葬式となります。
お寺から父の棺を火葬場へ運びます。
最後のお別れで父が育てていた菊と私お手製
のオレンジピール(父の大好物でした)などを
入れます。よっこらせと霊柩車に運び入れるの
ですが、ここで問題が。霊柩車に乗れるのは遺族
二人までなのですよ。そうすると自動的に喪主な
兄と個人の配偶者である母となる訳で・・・。
本来ならダンナも来ていて一緒にとなるので
すが、生憎半年かけて準備した主催セミナーが
あるのと一年かけて試験勉強してきた試験が迫ってるの
でクロさんとお留守番なのですね。伯母に一度
頼んだのですが、幸いと言いますか、お寺の人の
車がもう一人乗れますよ~な事なのでお願いして
乗せて頂きました。そうするとあらそうなの~、じゃ
そちらでね~と一寸ちゃっかり気味の伯母はそちら
へお任せとなるんですな、これが。やっぱりね。

火葬場へ向かう途中になぜか兄から電話。何かと
思ったら父の愛好してた煙草を買ってきてくれ~と
の事。うっかり忘れていました。大慌てで途中に
あったショッピングセンターへ行って買ってきました。
お店の人は喪服の女性が血相変えて煙草くれ~と
突っ込んできたのにさぞ驚いたでしょう・・・・。

最後のお別れを済ませて炉に棺が入れられ、扉が
閉められたら母が泣き崩れ、兄が慌てて支えます。
割りかし気丈でさばさばしてる母でさえこんだけ
動揺するんだからダンナの母である義母は大丈夫かな~
と一寸不安になりました。一緒に入る~とか言い出しかね
ないな、そうしたらどうぞどうぞと背中をきっちり蹴り飛ばし
て積極的にしてしまいそうだけどなんぞと考えたり・・・・。

その様子を見ていた叔父達が私と兄嫁に母を一人に
しなさんなと秘密指令を出してきました。それからが、
トイレに行く~となればどちらかが一緒に行く~、茶碗
洗うのを一緒にしましょう~と二人で交互に貼り付きです。
BGMは当然ミッション・インポッシブル。でも、もう一人
の従兄弟まで根回ししてなかったので結構台無しにして
くれてショボーンでしたが。婦長にもなってる動じない
看護士さんなのでそれぐらいで~になるんですね。

火葬が終わるまで悲しむ暇もなく、来てくれた方に
お寿司とお茶とミカンをくばります。お吸い物も準備です。
田舎の場合、こういうのはみんな親族がやることになる
のですよ。ここでアクシデント、お寿司が足りません。
注文は通夜の時に取ったのですが、それ以外の方も来て
くれたのと、叔父が何だか注文を間違えたらしく私達の
分も回さざるを得ませんでした。幸か不幸か胸が一杯で
殆ど食べられませんでしたから丁度良かったのかも知れませんが・・・・。

火葬が終わって運ばれてきたのを見て一寸びっくり。
殆ど影も形もありません。この時が一番衝撃的だった
かも知れません。何となくそれっぽい感じは残ってる
んではないかな~と思ってたのですが、無いんですね~
それが。キレイさっぱりで。存在はこうやって無になる
んだな~としみじみ実感しました。一緒に入れた物も
まったく痕跡がありません。骨が軽くなって少し残ってる
ぐらいでした。

母が骨壺、兄が位牌、私が遺影を持って帰宅です。
今度は霊柩車は帰ってしまうので親戚の車に三人便乗
して帰ります。帰りに頼んで家の前を通って貰い、
父に家だよ~と見せてみました。

お寺に着いて、父の育てた菊を並べた階段を通って
父の葬儀です。それなりに大勢の方が来て下さいました。
何とか無事に終わってお墓の掃除やら父の遺骨の安置を
暫く行う場所を作るやらで大わらわでした。それが済むと
もう夕方です。何も作る気力が無いので近所の店からいきなり
唐揚げと餃子で精進落としです。久しぶりの肉です~。うま~!
でした。何とか済んだ~と感無量でしたよ、はい。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.