1080367 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫と喰いものと創作同人の日々

福を呼ぶ猫さん達

犬は割りあい迷信上は大抵良い扱いをされていますが、
猫はされてない場合が多いです。やはり人間の言う事に
従わないこと、気まぐれな性質があまり好かれなかった
のでしょうか?。
黒猫は不幸を呼ぶとか言われますが、それならそれを
トレードマークにしている某運送会社なんぞとっくの
昔に潰れてると思うんですけどね・・・。
大事にするかしないかで猫は魔を呼ぶか魔を祓うか
をしてくれるのだと思います。
これは福を呼んでくれた猫さん達のお話・・・。


その1

まだ、それはマニアな方向けの商品を扱う
お店でお勤め中の頃。週末はフリーマーケットに出店
して宣伝と販売とついでに仕入だ一石三鳥~が恒例
でした。
良いブツは無いかと出店してる店を物色している
時にある店の籠から何やらもっこりとはみ出しかけている
黄色い塊を見つけました。引っ張り出すと猫の縫いぐるみ
です。この可愛げの無い顔と寸胴の胴は・・・・。
「オヨヨだ~!」
オヨネコぶーにゃんとしてアニメ化された主人公の
猫です。しかもかなりデカイ。値段を聞いてみるとチ
ロルチョコミニサイズ一個のお値段です。ゲットしました。
持って帰るとこんなもん売れるわけ無いだろ~とオーナー
は冷たい反応です。取りあえず縫いぐるみクリーナーを
入手して綺麗にしました。まず、ネットでオヨヨの縫いぐるみ
を求めていた人にアプローチしてみましたが、探していたの
と違うとのことで話はお流れ。次にヤフーオークションに
出しました。
チロルチョコ並みのお値段だからまあ野口さん一人ぐらい
になればいいかなと思いましたが、出品して3日後・・・、
野口さん複数になっていました。しかも後半。
最終的には諭吉さん一人以上で落ちました。入札履歴を
見るとぎりぎりまで争っていましたから自動延長を
かけてたらもっと上がってたかも知れません。
オーナーは信じられんという顔をしていましたが、
事実は事実です。

その2

某ショッピングセンター前のフリマで
大きな猫の縫いぐるみ二匹を見つけました。一匹は
黄色、一匹は薄茶色、黄色い猫の顔は不敵に笑い、
唐草模様の風呂敷チックなマントを付けています。
この特徴で特定できました。
「ヒデヨシだ~!」
アタゴオル物語シリーズに出てくるキャラクター猫で
その独特な世界観には結構固定ファンが多いのです。
二つで100円ショップで買い物するのにはちと足りないね
な値段にしてもらってゲットしました。後で調べて
薄茶の猫の名前はパンツだと分かりました。
まあ野口さん一人とちょいいけば上等と思っていました。
元が元ですから。しかし、三日後には諭吉さん一人突破、
最終的には二人以上で落ちていました。
確かにこれ程大きいのはそう無いのかも知れません。
キャッチャー系で前出てたのは結構出回ってるんです
けどね。今回出したのはトミー(現タカラトミー)で
販売してた奴です。こんなの出してたんだ~と見て
初めて知ったぐらいでした。

その3

某イベントフリマで遅く行ったのであまり期待は
していませんでした。ある店で猫の楽団の縫いぐるみ
5体セットを見つけました。クラッシックでなくジャズ
楽団の構成だねと勝手に推測してました。
さんざん迷って交渉した末にマックのハッピー
セットに一寸色をつけた価格でゲットしました。
暫く飾って手狭になって来たのでさほど考えずに
お気楽に出しました。その日にすぐ入札が入って
わーいと思ったのも束の間・・・、
あっという間に諭吉さん一人突破、最終的には
諭吉さん二人と一葉さんと端数まで行きました。
ハチ割れ猫(額に山形の白い部分がある猫を
俗にこう言います)だった事からハチ割れ猫
マニアの注目をあび、カルテット好きの好事家
も参戦してホットバトルになったようです。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.