960718 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫と喰いものと創作同人の日々

想い出はプライスレスじゃない

その1

まだ、私が結婚して新居に引っ越してそうたってない頃の話です。
私の荷物を整理と収納する為にダンナも自分の私物をあれこれ
整理していました。

その時にふと見つけたのが何やら懐かしい物達です。昭和40~
50年代に小学生として過ごした人間ならお馴染みのジュニア
チャンピオンコースとかなぜなに学習図鑑とか入門百科とか
のやや怪しげな情報満載の楽しい本類です。

これどうしたのと聞くと、昔持ってて同人誌のネタになり
そうだから取っておいた~との返事が返ってきました。
マニアショップで一応あれこれと知識を仕入れてるこちとら
としてはかなり美味しいラインナップです。これいらない
なら売ってもいいかな~と聞いてみました。少し考えて
いいよ~とダンナ。今そういうネタ使う作品はもう書かない
だろうしねと。昔、いったい何を書いてたんだろう・・・・。

マニアショップでは○フーでネットオークションを一から
システムを立ち上げて運営してた身です。写真も撮って
説明文を書いてさくさく出品しました。

少しずつ入札が入り始めましたが、その中で桁違いのブツ
が一つありました。今一つ馴染みが無かったので安めに
しておけ~と設定してた奴です。最初数百円台にしておいた
のが、二日で諭吉さん突破、アクセスも一週間で3000越え
しました(普通は3桁いけば多い方です)。最終的には
ちょっとしたパート、フルタイム週三日の条件で一ヶ月分
ぐらいまでいってマジですかぁ~と( ゚д゚)ポカーン状態でした。

その本のシリーズはドラゴンブック、確か僅か3年ぐらい
しか流通していない超レアです。中味も濃く、それぞれの
テーマもかなり特殊です(飢餓食とかスパイとか海賊とか
よくまあこれだけと驚きます)。一度鑑定団で全揃いを
出てましたが、80万の鑑定価格が付いていました。
それぞれ差がありますが、昔だとカバー無しでも諭吉さん
一人、ありだと更にいきます。後半の巻ですと諭吉さん二桁
いくのも珍しく無いです。著作権関係で恐らく復刻はかなり
の難関と思われます。しかし、良くこんな奴持ってたよ、
ダンナ・・・・。

その後、バザーとかフリマとかでその辺をちょいちょい見つけ、
まだ仕事をしてない時は一寸した小遣い稼ぎをしてました。
今は流石に出尽くしてるみたいで見あたりませんが。



その2
何か、懐かしい系って凄いみたいだからこの辺はどうとダンナが
出してきたのが、ガムの包み紙でした。当時のアニメとかの奴で
す。始めて見ます。一応、落札価格の相場サイトで検索をかけて
みましたが、違う奴とはいえ、安げな価格の物しかなさげです。
でも売れるんだ~、じゃ出してみようかと出品してみました。他
にも超合金では無くてそれに付いてた付属品の手帖なる微妙な存
在のブツも出てきたのでついでじゃ~とやってみました。

結果は鼻水吹きそうでした。入札は少ないです。小刻みに
上がっていくと回数は増えるのですが、この時は一人一回
ぽくて入札回数一桁で終了でしたが、入札で入れる限度額
が桁違いらしくて見る度にドーンと上がっています。まさに
大名入札~。最終的には諭吉さんや樋口さんや野口さんが
勢揃いでした。

取引してみたら海外の方だらけでした。昔のアニメを今
海外では放映しているみたいでマニアな方は多いみたい
です。ガムの包み紙とかは大抵捨ててしまうので貴重品
なんでしょうね。何枚もまとめてセットであったという
のが大きかったようです。


その3
フリマで懐かしい絵本を見かけました。昔の魔法少女系の
奴です。本当はソノシート付きらしいのですが、残念なが
ら紛失していました。
チロルチョコ並みの値段でしたし、どちらかと言えば懐かし
さが先にたって買ってしまいました。

暫くしてから出品してみたら、争って野口さん複数までい
ってしまいました。どうやら大きなお友達系には更に人気が
あった模様。好みは人それぞれです。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.