1162658 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

猫と喰いものと創作同人の日々

PR

全531件 (531件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 54 >

黒猫クロさん

2020.02.29
XML
カテゴリ:黒猫クロさん
黒猫クロさんがいなくなって4か月がたってしまいました。その間も色々ありましたが、ようやく落ち着いてきたので、その時の諸々を記録しておこうと思います。

  2019年に入って、痩せだしていることが発覚、あまりご飯を食べなくなり、トイレの粗相が増える様になりました。猫缶の種類に気を付けたり、ビニールシートを部屋のあちこちに敷いたり、粗相した場合の洗剤類や掃除道具系をそろえたり、対策を色々立てていました。5月ぐらいに体調を崩したりはしていましたがまだまだやんちゃをたまにするぐらいは元気でした。

  元からクロさんはエイズキャリアでしたが、年齢の衰えで発症した可能性が高まり、インターフェロンの投与で様子を見ていました。血液検査で腎不全が発覚して、セミントラの追加もしました。後はご飯のリン成分の管理のためにレンジアレンを腎臓対策用のカリカリに混ぜていました。体が冷えるとすぐ体調を崩すのでなるべく温める様にしてあげていました。体重減少が止まらず、次第に抱き上げる感触が軽くなってきました。三か月ごとに血液検査もして、体調の変化を観察していました。目が見えなくなってきていてぐるぐる回って歩いて、階段から落ちかけたこともありました。

  恐らくエイズの影響による口内炎でごはんが食べられなくなって、歯がぐらぐらになり、奥歯の歯槽膿漏も悪化していきました。すい臓炎を起こして猫用ミルクに栄養剤を混ぜたものをシリンダーで与えつつ、お薬も投与しました。少し元気になった所で、ごはんが食べられるようにと抜歯手術をかかりつけ獣医で受けた結果、体力が持たなくて約16歳半の生涯を終えました。連れていく日にずっとしていなかった日向ぼっこをしていたのが撮影出来た元気な写真の最後でした。病院で先生に持ち上げられてニャーと言ってたのが最後に見た生きている元気なクロさんの姿になってしまいました。頑張って栄養補給してもうちょい体調を整えてから手術をしたらよかったのかも知れないと悔いが残っています。

  医者から電話が来た時に、心にシャッターが降りた感覚がありました。多分、精神的なダメージを最小限にするためにシャットダウン機能が働いたのだと思います。暫く、突然泣き出したりして結構大変でした。ペットロスという奴です。これに効く特効薬はありません。しいて言うなら日にち薬と経験ぐらいです。皮肉なことですが、子猫の時から面倒を見ていて結婚で故郷を離れてお別れした知り合いの猫が早くに亡くなった経験と、父が亡くなった時の経験が免疫になって何とかしのげた気がします。特に父が亡くなった時は、あれこれ確執があったのに勝ち逃げされたような気にされ、葬式の時はこきつかわれ、その後は風邪をひいて体調は最悪で、仕事と副業のオークションが忙しく、おまけにこういう時に支えてくれるはずのパートナーが超冷酷でオークション等の作業の手助けはしてくれたものの、精神的なフォローは何一つしてくれなかったどころか負担になる言動をたっぷりしでかしてくれることしかしてくれませんでした。バイオハザードのナイトメアモードをナイフクリアトライしている様なその日々の記憶がつらさを軽減してくれたのは皮肉な物でした。暫くはとにかく何も考えたくないので体を動かしてあれこれしていました。おかげで断捨離が進みましたよ。

  あと最後になりますが、ペットは動物であり、それ以外の何物でもないじゃん、家族ってのはちょっとひくよな~という人もいると思います。考えはそれぞれだと思いますので。そういう人はペットロスの人は何も言わずにそのままそっとしておいてくれるだけで良いです。かえっていらない気づかいはこじれる可能性があると思いますので。

  暫くは猫と暮らす気はなかったのですが、なぜかご縁があって今は黒猫あんみつさんが傍にいます。クロさんを思い出して悲しい気分になると何やらやらかすシリアスブレイカーですw。いなくなったことは覆せませんが、また新しい出会いでそれを補えるのですね。

  在りし日の黒猫クロさん。


  今の黒猫あんみつさん。






最終更新日  2020.03.06 20:58:08
コメント(0) | コメントを書く


2020.01.09
カテゴリ:黒猫クロさん
黒猫クロさんが夢に出てきました。足元をすーっと通り抜ける様にすりすりされました。触ると、耳と頭の間隔、肩甲骨の角度が間違いなくクロさんです~。抱き上げて、ダンナの所に連れて行ったところで目が覚めました。

  暫く大泣きして、おまけにダンナの雰囲気クラッシャーないびきが聞こえてきて、結局それからほとんど寝れませんでした。朝がフラフラです~。

  新しい猫さんのお迎え日が決まった日の夜でした。多分、後任の猫さんをよろしくという事なのかな~と思いました。それか、苦手な歩きながらすりすりが出来るようになったよ~見せに来たのかも。人と平行に歩いてすりすりするとかが中々出来なかったのですね。いつも人の前を横切ってぶつかるまでがお約束でした。しかし、クロさんや、49日後、猫の修行場らしき場所に行ってこれを一か月近くマスターするのにかかったのかね?、猫の基本中の基本行動のこれを?。師匠猫になんでぶつかるのにゃ~、平行に歩くのにゃ~とかなり絞られたんではないのかな~ショック






最終更新日  2020.01.12 13:45:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.16
カテゴリ:黒猫クロさん
黒猫クロさんの49日なのです。導きの為の蝋燭を今日は燃え尽きるまでともし続けます。



  芯がもう用途を果たさないので、新たにこちらで麻縄などを使ってファイヤーしています。


  最後の方がかなりファイヤーしてきましたので、取りあえずガス台へ移しました。


  かなり派手に燃えてます〜。クロさんに見えてるかな〜。


  しっかり燃え尽きました。クロさん無事に行けたかな〜。






最終更新日  2019.12.16 17:52:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.13
カテゴリ:黒猫クロさん
黒猫クロさんの49日まであともう少しです。ですので、一度猫缶のろうそくをつけてみることにしました。

黒缶キャンドルカメヤマ 故人の好物シリーズ仏壇 仏具 御供え お墓 インテリア 愛猫用 ペット用 【まぐろの白身のせ風猫缶キャンドル】(H)

  キャンドルカメヤマから出ている故人の好物シリーズのペット編です。猫缶を模したろうそくなのですね。


  中身も結構猫缶のウエットフードしています。


  結構シュールかもしれません。


  祭壇にお供えしました。これから無くなるまで毎日少しずつともします。






最終更新日  2019.12.13 20:31:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.12
カテゴリ:黒猫クロさん
りんご猫とはなんぞやと思う方、それはエイズウイルスキャリアの猫の愛称です。これを広めようとネコリパブリックが活動中です。そして、今日をりんご猫の日に設定しているのですね。



  エイズという病名にどうしてもマイナスイメージがあって譲渡率が低くなる傾向にあるりんご猫、その偏見をなくし、飼い猫にしても遜色がないことを啓蒙中なのだそうです。

  確かに、発症するまでは普通です。それまでに寿命が来ることも珍しくはありません。

  家の黒猫クロさんはエイズキャリアで、発症してしまいました。インターフェロンで抑えたりして対症療法をしていましたが、どんどん痩せだし、ごはんも食べられなくなって、間接的に死因になってしまいました。16歳半までは生きましたので、そこそこ長生きの方とは思いますが。
  普通に一緒に暮らせるのは確かに間違いないです。ただ、 発症するのが先か、寿命を全うするのが先か、それは分かりません。年を取るごとに発症するリスクは増加します。発症してからは、かなりの金額と手間がかかります。その覚悟はしておいた方が良いと思います。






最終更新日  2019.12.13 15:34:36
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.08
カテゴリ:黒猫クロさん
先日虹の橋を渡ってしまった黒猫クロさんの毛とひげを使って、メモリアルな何かを作ることにしました。

  ヴィクトリア朝時代のアクセサリーに人の髪を使っている物があります(モーニングジュエリーと確か言われてたと思います)。亡くなった人を偲んだり、愛しい人を身近に感じる為だったりしてたのですね。日本人の感覚からすると、髪を使うってのはちょっとむむむと思いますが、それはその時代、その場所での違いなんでしょうな。

  クロさんの毛を猫毛フェルトっぽい感じに加工します。特に何も意識していないのに、なぜか自然に猫耳の形になりました。やっぱり、クロさんの想いはまだ残っていますね〜。



  何となく猫っぽい形にしました。髭は袋にまとめます。


  クロさんの毛の色のフェルトで本体、時々緑色に見える目の色のフェルトでクロさんのKの文字を作ります。


  中に入れて二つ折りにします。最後に触ると何となく泣けてきました。抜け毛なのですが、クロさんの手触りです。


  後は周りをぐるっとかがって出来上がりです〜。  ぬいぐるみにしようかとか色々考えたのですが、あまり生々しい形にすると何だか精神的にきつそうなのと、自分の手芸スキルを鑑みるとこの形に落ち着きましたw。




  祭壇に祀りました。色々賑やかになっています。猫缶に見えるのはキャンドルです。






最終更新日  2019.11.09 00:37:40
コメント(2) | コメントを書く
2019.10.29
カテゴリ:黒猫クロさん
黒猫クロさんが亡くなりました・・・。獣医の先生が朝一で様子を見たらもう・・・だったそうです。体力がもたなかったのですね。触ったらまだほんのりと暖かかった・・・。

  ダンナに電話したら、有休を取って家に帰ってきました。病院へクロさんを迎えに行って、その足でしかるべき場所に赴いてお別れしました。前からそうなったらどうしようかと考えていて、きれいな姿を最後の思い出にと思ったのでそうしました。抜けたひげや抜け毛を保存してあるので、それで十分かなと思いますし。家に帰って写真等を飾って祭壇を作り、カリカリと水をお供えしました。ようやく食べられるね、クロさん。最近、ミルクと栄養剤の流動食しかダメだったから・・・・・。

  じっとしてるより動く方が気がまぎれるので、クロさん介護バージョンから普通にインテリアを戻したり、使えそうな薬(インターフェロンやレンジアレン等)や残った未開封のカリカリや猫缶、猫砂やおもちゃを整理して保護団体に寄付したり、もう使わない物を捨てたりしていました。

  病院へ行く前に、暫くしていなかった日向ぼっこをして外を眺めていました。


   元気な姿を、後ろ姿しか最後に撮らせてくれなかったのが、やっぱりクロさんです。






最終更新日  2019.10.30 21:25:35
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.28
カテゴリ:黒猫クロさん
黒猫クロさんが抜歯手術を受けました。3時間ぐらいかかりましたが、成功したようです。


  ダンナが夕方様子を見に行きました。薄目を開けていて、声を掛けたら小さく鳴いたそうです。
これで、山場を越えればご飯が食べられるようになります。うまくいってくれ〜。







最終更新日  2019.10.29 17:27:41
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.27
カテゴリ:黒猫クロさん
今日もバザーをぐるぐるです。一か所で同時に二か所開催という所もあってびっくりしましたが、何とか頑張りました。

  黒猫クロさんの犬歯が何だか傾いてしまいました。こんな感じです。そのせいで全くごはんが食べられずこれでは衰弱する一方になってしまいます〜。


  お医者に相談したら、抜歯手術をする事になりました。明日が空いているのでスピード決断です。
本当は事前の検査が必要だったのですが、たまたま先日まとめてやっているのでそれでOKとなりました。






最終更新日  2019.10.29 17:25:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.25
カテゴリ:黒猫クロさん
黒猫クロさんがご飯を食べないので、お医者に連れて行きました。すい臓炎です〜。お薬を何種類か貰いました。

  気のせいか知りませんが、シロップ薬が何だかオレンジの香りがします。色がショッキング系のオレンジなので連想して幻香がするのでしょうか、なんだか不思議です。

  取りあえず、大人猫でも飲める子猫用ミルクを溶かして栄養剤を混ぜてシリンジで与えることにしました。少しでも栄養を与えないと〜。

​​
森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 130g 猫用 ミルク キャットミルク (78103006)






最終更新日  2019.10.29 17:15:08
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全531件 (531件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 54 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.