6022358 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

壁紙自然派

2008/07/11
XML
カテゴリ:風景
 秋田内陸線鉄道風景です。

 西明寺駅前を通り、八津へ向かう農道を走っていると、アオサギが田んぼの畦に列を作っているのが目に留まりました。
 7、8羽います。
 アオサギは単独行動する鳥なので、一個所にこれだけ集まっているのは珍しいことです。

 少し離れた位置で車を停めると、わずかに警戒した様子を見せましたが、逃げません。
 アオサギは非常に警戒心の強い鳥で、近寄ると普通、すぐ逃げてしまいます。
 もっと畦に近寄れれば、すべてのアオサギを画面に入れて撮れると思いましたが、止むを得ません。
 この位置で列車が通過するのを待つことにしました。

 列車が通るには40分ほど間がありました。
 その間、車の中でじっと待ちました。
 撮影も、車の中から望遠レンズで手持ち撮影です。
 アオサギの位置が遠くて迫力には欠けますが、なんとか、ものにすることができました。


アオサギと秋田内陸線急行


壁紙をDLする


カレンダー入りの壁紙をDLする


撮影地地図




 八津を過ぎると羽後長戸呂までの間、内陸線は蛇行する桧木内川を何度も越えて進みます。
 この間は川幅が狭く、流れは急流となります。
 八津を過ぎて、大きくカーブするあたりで国道105号線を離れ、川沿いの砂利道に入って、撮影箇所を探しました。
 川岸の岩肌がむき出しになり、流れの急な場所に架かる鉄橋を見つけ、ここで撮ることに決めました。
 雪融け水が流れる春先なら、もっと迫力ある写真になったでしょうが、何とか渓流の雰囲気は出せました。

激流の鉄橋を渡る秋田内陸線


壁紙をDLする


カレンダー入りの壁紙をDLする


撮影地地図




 羽後長戸呂駅は国道105号線から離れた山間にあります。
 八津から桧木内川沿いの山道を進んだら、開けた場所に出ました。
 そこが長戸呂でした。

 午後5時近く、阿仁合へ向かう列車がやってきました。
 ホームには私以外、誰もいません。
 停車した列車からも、一人も降りませんでした。
 ホームに立てかけた内陸線を応援する旗が、心なしか寂しげに見えました。

秋田内陸線羽後長戸呂駅風景


壁紙をDLする


カレンダー入りの壁紙をDLする


撮影地地図


秋田内陸線:秋田内陸縦貫鉄道株式会社のホームページ








Last updated  2008/07/11 04:42:10 AM
コメント(4) | コメントを書く
[風景] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:田沢湖の夜明け(05/27) Traveler Kazu♪さんへ お久しぶりです。 …
Traveler Kazu♪@ Re:田沢湖の夜明け(05/27) 素敵なシーン…。 田沢湖の知られざる表情…
koba0333@ Re[1]:暮れゆく戸鳥内の棚田(05/24) 一凜 阿修羅さんへ 耕作放棄地も少なく…
一凜 阿修羅@ Re:暮れゆく戸鳥内の棚田(05/24) この国の宝物ですね 空気感まで伝わる 青…
koba0333@ Re[1]:田んぼの日の出(05/17) 野の花2517さんへ こちらの再区画整理は…

Archives

2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.