000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

壁紙自然派

2016/11/23
XML
カテゴリ:紅葉
 深紅の紅葉絨毯に大きな白い葉が一枚。

 ある雨の日、わが家の庭の一角で見つけました。

 白い葉の正体はコシアブラです。

 モミジの近くにあるので、風で飛んできたのでしょう。


 晩秋、山に入ると白く紅葉?するコシアブラはとても目立ちます。

 芽吹きの頃、山中でコシアブラを探すのは大変ですが、秋はとても簡単。

 ここにも、あそこにもあるじゃないかと、遠目にもすぐ見分けられからです。


 わが家の庭にはコシアブラが3本あります。

 7、8年前、カメラ仲間の友人から苗をいただいたもの。

 だいぶ生長したので、大きくならないよう、毎春、枝を切り詰めています。

 そのついでに若芽を摘んで、食しています。

 おひたしが手っ取り早く、独特の食感と香りがあって、なかなかにおいしい山菜です。

 自宅で採れるので、今ではコシアブラを探して山に入ることはしなくなりました。


 自宅で採れる以前、友人と2人でいつも行く場所は、ゴルフ場脇の雑木林でした。

 道路端にあったので、苦労なく採れたからです。

 雑木林の中でゴソゴソ動き回っていると、ゴルフコースを回っている人をちょくちょく見かけました。

 もしかしたら、熊でもいるのではと、驚いた人がいたかも知れません。


 ある時、栗駒山で春山風景を撮影していました。

 道路端に三脚を据え、タムシバの群落にカメラを向けていました。

 タムシバはモクレン科の白い花で、春山では目立つ美しい存在です。

 そしたら、カメラを向けた先の藪が、ゴソモソと動いています。

 「すわっ。熊か!」。

 驚いたのなんのって。私は腰が抜けるほどびっくりして固まってしましました。

 「カメラはしょうがないから、早く逃げなきゃ。」「いや待てよ。熊は逃げる者を追う習性があるというじゃないか。」

 私の頭は、おろかな知恵が逡巡するばかりです。

 そうこうする中、出てきたのは、人間でした。

 コシアブラを採っていたというのです。

 そこは、タムシバと併せてコシアブラもたくさんある場所だったんですね。


 何年か前、コシアブラがたくさんあると教えられ、その場所へ仲間数人で行きました。

 あるわ、あるわ。コシアブラの若木が無数にあり、若芽も旬で絶好期。皆、いともたやすく採って、意気軒高と帰ったのでした。

 その翌春、前年の想いを胸に、私はまたその場所へコシアブラ採取に向かいました。

 そしたら、そこには「立ち入り禁止」の札が立ててありました。

 前年のわれわれの仕業が原因の措置だったでしょうか。


 コシアブラの存在と、その若芽が食べられるものであることを知ったのは、10数年前のことです。

 山仲間と近場の山に登った時、関東から岩手の田舎に移り住んだという男が一人メンバーに加わりました。

 その彼から「これがコシアブラで若芽がおいしい」と教わったのでした。

 それまで、わが地方ではコシアブラを山菜として採取する習慣はなかったのです。

 いま、道の駅の売店などで良く見かける山菜となりました。

 さて、くだんの彼を慕う女性が一人いました。

 彼女は、彼を追って東京から岩手の田舎へ移ってきました。

 その彼女とも皆で山へ登ったのでしたが、2人の関係はその後どうなったでしょう。

 疎遠となった今では、知る由もありません。

紅白の散紅葉

壁紙をDLする カレンダー入りの壁紙をDLする



 散紅葉に苔の緑のワンポイントです。

 苔は黒松の根元に生えたものです。

散紅葉に苔の緑

壁紙をDLする カレンダー入りの壁紙をDLする







Last updated  2016/11/23 08:54:47 AM
コメント(2) | コメントを書く

PR

Calendar

Comments

野の花2517@ Re:スポットライトのギボウシ(09/23) New! スポットライトを浴びて、ギボウシさんも…
野の花2517@ Re:初秋の達沢不動滝(09/22) 滝もすばらしいのですが、1枚目の写真の…
野の花2517@ Re:山岳修行の場・遠藤ヶ滝(09/21) 山岳修行の場といわれると、背筋を伸ばし…
koba0333@ Re[1]:木漏れ日の三日月滝(09/20) 一凜 阿修羅さんへ。 これから紅葉期へ…
一凜 阿修羅@ Re:木漏れ日の三日月滝(09/20) こんにちわ 台風過ぎて ほっと。 いい滝…

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.