6434346 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

壁紙自然派

2018/01/10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
槍ヶ岳登頂の証し

 事故に遭った当初たいしたこともないように思われ、私は一週間もすれば治るだろうと軽く考えていた。

 びっこを引いてはいたが歩けたし、事故現場の写真も自分で撮れたからだ。

 だから、クレーン車の運転手には「大丈夫、たいしたことないから」と安心させる言葉を発していた。

 警察官にも「明日、病院に行って診察を受けるから」と伝えていた。


 しかし、そう思ったのは浅はかだったのである。

 軽傷の思惑はものの見事に覆され、ある意味重症のレッテルを貼られる事態に陥ってしまった。

 当日の夜、足と右手が次第にズキンズキンと痛み出したのである。

 救急外来が嫌でなんとかこらえたが、一晩中眠れなかった。

 今思うと、我意を押し通してなぜ救急車を呼ばなかったのか、なぜ夜間診療を拒んだのか分からない。

 事故当時、追突されたダンプカーの運転手が私に投げかけた言葉が忘れられない。

 「あんた、軽く考えちゃだめだよ。交通事故は後で大げさになることも多いんだから」

 全く、その通りになってしまった。


 翌朝、妻の車に乗って大森病院へ行ったが、その頃は立って歩けない状態になっていた。

 だから車椅子で診察室に入った。採血、レントゲン、MRI、超音波などしこたま検査を受け、結果、足は骨折、肩は腱板断裂という診断が下された。

 詳細は省くが、肩の故障は手術が必要といわれ、かくして全治6か月の怪我とは相成ったのである。


 事故当時を思い起こすと身震いが出るが、ともかくも事故死という最悪の事態だけは免れたのだから、不幸中の幸いといえるかも知れない。

 それには、いくつかの幸運が重なっていたのは事実である。

 まず、使った脚立は2m程でそんなに高くなく、しかも最上段には上がっていなかった。

 サワラ並木を剪定するときは、最初この脚立を使い、その後12尺(3.6m)の脚立に切り替えて剪定作業をする。

 12尺の上段に上がっていたら、もっと大変なことになっていたろう。

 それに、剪定ばさみも危なかった。

 鋭利な刃物だから、まかり間違えば凶器にもなる。

 体が地上に投げ出されたとき、一緒に落下していたら、体のどこかに突き刺ってもおかしくはない。

 幸い、剪定ばさみは樹の枝に残っていた。


 最も危険なのは頭である。

 運よく、私はしっかり山岳用のヘルメットを冠っていた。

 岩場の登攀にヘルメットは必需品である。

 それを、剪定作業時にも使用していたのが良かった。

 それも作業開始時、頭は丸裸だったが、後で「まずいな」と気付き、ヘルメットを持ち出して着用したのだった。

 地面は硬い石畳である。ヘルメットがなかったら、頭蓋骨骨折だったか。

 今思うとぞっとする。


 写真は、槍ヶ岳山頂とそれを攻略したヘルメット姿の私である。(2015年7月登頂)






Last updated  2018/01/10 07:20:53 PM
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:わが家で起きた交通事故2・軽傷と考えたのはおろかだった(01/10)   野の花2517 さん
読んでいても、胸がドキドキしてきます。
よくぞ、ヘルメットを冠っていてくれました。
危険は日常生活のどこにでも潜んでいると、いうことですね。 (2018/01/11 07:01:15 AM)

Re:わが家で起きた交通事故2・軽傷と考えたのはおろかだった(01/10)   一凜 阿修羅 さん
たくさんの文章書かれ
差し障りないですか?
ダンプの運転手さんもあとあとと・・・
くれぐれもと私も念を押させて頂きます(^_^;)
日頃 ヘルメットの生活はほとんどの人が習慣なく
過ごしていますが 何気ない習慣がとっさ時に身を守ること
実家暮らしの時 実家は突き当りにあり
今ほど 灯りのない時代 夜半に車が突っ込んできました
大きな楓の木があり 家を守ってくれたののを思い出しました
たいてい 何かおわびの品をもって謝りに来られます
自分や 祖父は この楓を見上げ いつも有難く思っていて
傷ついても しっかりと立っていたこと
写真を見て あのころを思い出しました
今日は 大和は 雪景色
寒のうち 節分まで 寒さ厳しいので
十二分に ご自愛のほど。 春を目指して木々とともに復活です。 (2018/01/11 09:51:14 AM)

Re[1]:わが家で起きた交通事故2・軽傷と考えたのはおろかだった(01/10)   koba0333 さん
野の花2517さんへ。

年嵩もいってますからねー。

なるべく安全第一に考えないと。
(2018/01/11 11:44:45 AM)

Re[1]:わが家で起きた交通事故2・軽傷と考えたのはおろかだった(01/10)   koba0333 さん
一凜 阿修羅さんへ

ありがたい楓でしたね。

私もヒノキ並木に救われました。

わが家のご神木が守ってくれたんでしょう。 (2018/01/11 11:47:32 AM)

PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:編み目ほおずき(10/13) *粋蓮一凜**さんへ 提灯に見立てた感覚…
*粋蓮一凜**@ Re:編み目ほおずき(10/13) 今晩は (*^_^*) てりてりの 朱赤 編み…
*粋蓮一凜**@ Re[2]:蜘蛛の巣の芸術性(10/08) koba0333さんへ おいしそう・・・の前に危…
koba0333@ Re[1]:蜘蛛の巣の芸術性(10/08) *粋蓮一凜**さんへ ご無沙汰しておりま…
*粋蓮一凜**@ Re:蜘蛛の巣の芸術性(10/08) こんにちは お久しぶりです 台風はそれた…

Archives

2020/11
2020/10
2020/09
2020/08
2020/07
2020/06
2020/05
2020/04
2020/03
2020/02

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.