5826447 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

壁紙自然派

2018/01/12
XML
カテゴリ:つぶやき
雄物川冬の流れ

 雄物川の冬の流れです。

 大森町への入り口にある大上橋から北方向の眺めです。

 今朝(12日)は好天に恵まれ、川辺の木々は美しい霧氷に彩られていました。

 朝7時半に徒歩で自宅を出発、橋に到達したのは9時20分頃。

 それまで漂っていた霧はすっかり消え、幻想的な光景はアウトとなってしまいました。

 ちょっと遅かったか。

 そうだよねー。通常なら1時間ちょっとの行程なのに、途中で霧氷の美景観に魅せられてしまい、写真撮影にあまりにも時間を費やしてしまったからなぁ。


 体力の維持増進にと病院でのリハビリには、自宅から10キロの道のりを、時折歩いて通っています。

 病院は10時の予約。

 徒歩ではここからまだ小1時間はかかるので、間に合いそうもありません。

 この日は妻も10時の診察予約を入れていたので、電話して車で迎えを頼みました。

 橋を越えた先にあるコンビニで落ち合うことにしたのです。


 コンビニに入ってヨーグルととバームクーヘンを調達し、外のベンチに腰かけ、ゆっくり食べながら待っていました。

 ほどなくやってきた妻の車に同乗し、病院へ直行したわけです。

 病院で互いのに用を済ませ、帰路の車中でのこと。

 「おとうさん。座っている孤独な老人に見えたよ」

 「ええーー」とだけ言い、『ほんとかよ。がっくりだなぁ』という語は飲み込んで口には出しませんでした。

 そういえば、隣に立ってたばこを吸っていた男が、「これ読むかい」といって、持っていたスポーツ紙をくれましたが、あれも可哀そうな老人に対しての施しだったのか。

 自分ではまだ中年と同じだと考えているんですがねー。がっくり。

 この日もキリッとした冬山トレッキングの若作り容姿でしたから、よもや妻からそういうことばを投げかけられるとは思いも寄りませんでした。


 goo辞書で「中年」をひもとくと、『1 中年を過ぎ、老年に入りかけた年ごろ。2 もと、40歳の異称。』などとあります。

 40歳で中年とは、驚きです。

 奈良時代に出来た語で初老と同義に使われていたようです。

 その時代ならいざ知らず、現代ではさすがに40歳に中年や初老のイメージは湧きません。






Last updated  2018/01/12 03:09:47 PM
コメント(1) | コメントを書く
[つぶやき] カテゴリの最新記事

PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:田沢湖の夜明け(05/27) Traveler Kazu♪さんへ お久しぶりです。 …
Traveler Kazu♪@ Re:田沢湖の夜明け(05/27) 素敵なシーン…。 田沢湖の知られざる表情…
koba0333@ Re[1]:暮れゆく戸鳥内の棚田(05/24) 一凜 阿修羅さんへ 耕作放棄地も少なく…
一凜 阿修羅@ Re:暮れゆく戸鳥内の棚田(05/24) この国の宝物ですね 空気感まで伝わる 青…
koba0333@ Re[1]:田んぼの日の出(05/17) 野の花2517さんへ こちらの再区画整理は…

Archives

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.