4282882 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

壁紙自然派

2018/01/14
XML
カテゴリ:交通事故の顛末
霧氷に輝く雑木林

雪被る雑木林

 雪を被った雑木林もなかなかいいものである。

 特に、天気に恵まれると、白く染まった木々ははっとするほど美しい輝きを見せる。

 普段見る雑木林はいたって地味なのだが。

 写真2枚とも、病院へ歩いて通うついでに撮った。


 下の写真の雑木林は、私が通う病院に近い道路端にある。

 道路に沿って細長く続いていて、奥はゴルフ場のコースになっている。

 このゴルフ場、起伏が激しくで初心者には不向き。
 
 それに左利きには不利に出来ていて、スライスするとすぐOBゾーンに入ってしまう。

 サウスポーの私はそれでよく悩まされた。

 写真との両立は難しいので、超初心者のうちに、ゴルフはすぱっと止めてしまった。


 この雑木林にはコシアブラがたくさん生えている。

 春、友人とよくコシアブラの新芽を摘みにここへ来た。

 ときたま林の間からコースを回る人が見えたりする。

 相手が我々を見つけたら、さぞかし驚いたことだろう。

 自宅に植えたコシアブラの木が生長してきた今、ここへ入ることはもうなくなった。


 もともとコシアブラを山菜として食する習慣はわが方にはなかった。

 コシアブラの木の存在とその若芽がおいしいと知ったのは20年ほど前のことだ。

 関東からやってきた山好きの男と一緒に数人で登山したことがあり、その時に彼からそれを教わった。

 さっそく採り、ゆがいておひたしにしたら、おいしいのなんの。

 それからコシアブラにはまるようになった。

 いつからかこちらにも広まり、採取時期になると、道の駅やスーパーなどでよく見かける商品になっている。


 さて、関東からわが方へやって来た山男は、ほどなく岩手県の花巻温泉郷周辺に移り住んだ。

 あるとき、その山男を慕って女性が一人でこっちにやってきた。

 その彼女とも山仲間と一緒に山行したことがある。

 そして、彼女は山男を追って岩手へ行ったという話が伝わってきた。

 二人は結ばれたんだろうか。

 その後の消息はまったく分からない。

 なにしろ20年も前のことだから、二人がどうなったか今では知るよすがもない。






Last updated  2018/01/14 06:23:54 AM
コメント(2) | コメントを書く

PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:行き交う人との挨拶(01/20) New! 野の花2517さんへ こちらも移動手段はも…
野の花2517@ Re:行き交う人との挨拶(01/20) New! 挨拶がスムーズにできたときは、やはり、…
koba0333@ Re:皇居でカマキリ発見(01/18) おやおや、よーく見ると濡れているな。 …

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.