5270454 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

壁紙自然派

2018/01/20
XML
カテゴリ:風景
墓地と霧氷樹木

 病院へ歩いて通うのは週3回の内1、2回。それも片道だけです。

 初めは帰路のお昼頃でしたが、最近はもっぱら往路の朝に変えています。

 雪景色はキリリと引き締まる朝の方が綺麗で、写真になるからです。

 お昼前後には、他に歩いている人を見かけることはまずありませんでした。

 出会うのはもっぱら工事現場のダンプが出入りする所に立ついわゆる旗振りの人だけ。

 国営の水利改修事業が行われていて、あちこちに工事現場がある関係で、旗振り人は数か所で見かけます。

 面白いですよ。軽く会釈をする人、立っているだけの人、そっぽを向いて知らんぷりの人、など様々です。


 朝、出かけるようになったら他に2、3人と行き交うようになりました。

 この墓地付近では工場に出勤する若い女性に出会います。

 家が近いので徒歩で通っているのでしょう。

 初めて出会ったとき、挨拶を交わすべきかためらいながら近づいていったら、向こうから先に「おはようございます」と声が掛かり、それで私も自然に挨拶を返すことができてほっとしました。


 登山しているときは、ほとんど誰とでも挨拶を交わします。

 それが麓に下りると、途端に全くなくなるなら不思議です。

 考えてみれば、都市部では多くの人に出会いますから、いちいち挨拶など交わせるはずもなく、またその必要もありません。

 それが滅多に人と出会わない田舎となると別です。

 病院への通い道で、もう一人かなりゆっくり歩く男性と出会います。

 初めの頃は何も言わずに通り過ぎていましたが、顔を知るようになった最近は、お互いに挨拶を交わすようになりました。

 工事現場の旗振りの人たちへもこちらから挨拶するようにしたら、今では自然にどちらからも挨拶の言葉が出るようになりました。

 そうやって通り過ぎたときは、すがすがしい気持ちになります。

 挨拶っていいものです。






Last updated  2018/01/20 05:08:10 AM
コメント(2) | コメントを書く

PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:殉難の碑に咲く師走の紫陽花(12/10) 野の花2517さんへ あきらかに秋色アジサ…
野の花2517@ Re:殉難の碑に咲く師走の紫陽花(12/10) こちらだと、山に入ると秋色に変身した紫…
koba0333@ Re[1]:白鳥飛来(12/09) 野の花2517さん 雪国へ覚悟して飛来して…
野の花2517@ Re:白鳥飛来(12/09) いつも、餌をとっていた場所が、真っ白に…
koba0333@ Re[1]:庭の雪景色(12/08) 一凜 阿修羅さんへ 今朝起きたら、30セ…

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.