5727553 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

壁紙自然派

2018/08/29
XML
カテゴリ:つぶやき


 わが家の庭にある栗の切株に生えたナラタケモドキです。
 わが集落の江戸時代から続く家々には、おしなべて栗の大木がありました。
 今、そのほとんど伐られて、残っている栗はわずかです。
 わが家の栗は5年ほど前、豪雪に耐えられずに倒れてしまいました。
 中が空洞になっていて、ムクドリの営巣地でした。
 集落の栗の木は、天保の飢饉後に食糧の足しにと植えられたのではないかと、私は考えています。
 天保年間は飢饉続きで、特に天保4年は「巳年のケガチ」としてひどかったことが伝えられています。
 その惨状は当ブログ『天保の飢饉餓死者を手厚く弔った「薄井(うすい)」 (2)でも紹介しています。






Last updated  2018/08/29 06:49:23 AM
コメント(2) | コメントを書く
[つぶやき] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:栗の古木とナラタケモドキ(08/29)   野の花2517 さん
栗は、食糧の足しに、充分なるでしょうね。
でも、今は、食糧が粗末に扱われているのでないかと、思われることが、多々あります。 (2018/09/01 05:12:13 PM)

Re:栗の古木とナラタケモドキ(08/29)   koba0333 さん
青森県の山内丸山遺跡では縄文時代、栗が栽培されていたとみられています。

焼き栗、栗ごはんなど、おいしい食材です。 (2018/09/04 07:24:14 AM)

PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:田沢湖の夜明け(05/27) Traveler Kazu♪さんへ お久しぶりです。 …
Traveler Kazu♪@ Re:田沢湖の夜明け(05/27) 素敵なシーン…。 田沢湖の知られざる表情…
koba0333@ Re[1]:暮れゆく戸鳥内の棚田(05/24) 一凜 阿修羅さんへ 耕作放棄地も少なく…
一凜 阿修羅@ Re:暮れゆく戸鳥内の棚田(05/24) この国の宝物ですね 空気感まで伝わる 青…
koba0333@ Re[1]:田んぼの日の出(05/17) 野の花2517さんへ こちらの再区画整理は…

Archives

2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12
2018/11

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.