4008576 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

壁紙自然派

全980件 (980件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 98 >

2017/09/23
XML
カテゴリ:
朝光のギボウシ

 朝露に濡れた庭のギボウシです。

 そこだけスポットライトを浴びていたので、地味な花も際立って見えました。

 購入当初は鉢植えにしていたのですが、株が多くなったので、庭のモミジの下に植えました。

 小振りで地味なため庭の脇役的存在でしたが、この時ばかりは良く目立ち、主役の座を奪っていました。






Last updated  2017/09/23 06:00:14 AM
コメント(1) | コメントを書く
2017/09/19
カテゴリ:
小川辺のススキ

 小川べりのススキ2本です。

 川に射す陽光が反射して、まぶしく穂を照らしています。

 季節は何気なく訪れて、気が付かないうちに過ぎ去ってゆく。

 そんな束の間のワンショットです。






Last updated  2017/09/19 05:05:18 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/09/10
カテゴリ:
エノコロ一輪

水面とエノコロ

 野辺が秋らしくなってきました。

 川べりのエノコログサです。

 普通は群落を撮るのですが、一輪にスポットを当ててみました。






Last updated  2017/09/10 12:08:52 PM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/30
カテゴリ:
山百合咲く不動滝
 東成瀬村田子内・不動滝の夏姿です。

 毎年夏、仙人修行が行われる滝として知られています。

 その滝行が行われる少し前の撮影です。

 崖に張り出した枯れ木の根元に、山百合が垂れ下がって咲いています。

 数年前訪れた時は、立って咲いていましたが、今回は下向きです。

 県内を襲った集中豪雨で、雨にたたかれたのでしょうか。

 それでもちゃんと咲いていますから、強靭な生命力といえましょう。

 風でぶれているので、あしからず。






Last updated  2017/08/30 06:18:12 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/22
カテゴリ:
善通寺に咲くハス

 存在感あるハスの花です。

 ハスは蓮華で、仏教のシンボル的花ですから、お寺の境内にあるのも頷けます。

 香川県の善通寺境内で撮りました。

 善通寺は四国霊場の札所です。

 永い旅路のお遍路さんも、この蓮華を見たら心が洗われるのではないでしょうか。






Last updated  2017/08/22 05:00:10 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/05
カテゴリ:
アザミとアブ

 栗駒山で見つけたアザミです。

 アブが群がっています。

 うまい具合に飛翔している姿を捉えることが出来ました。

 飛んでいる虫を撮影するのは簡単ではありませんが、ちょっとの間ホバリングしていたので、なんとかカメラに収めることができました。

 2,656分の1秒という超高速シャッターを切りましたが、それでも翅は完全には止まったいません。

 いったいこのアブ、どれくらいの速さで翅を回転させているのか、見当もつきません。






Last updated  2017/08/05 05:00:04 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/03
カテゴリ:
近くのソバ畑


 近くのソバ畑です。

 今朝、目を覚ましたら真っ赤な朝焼けでした。

 それっと、車にカメラを積んで、かねてから狙いのソバ畑へ直行。

 着いたら、朝焼けは消え、日の出寸前。

 もたもたする間に、陽が昇ってしまいました。

 この辺り、昔は広大な原野で、泥炭が採掘されていました。

 その後、大規模に農地開発されましたが、直後に減反政策が発動され、稲を作付しているところは少なくなってしまいました。






Last updated  2017/08/03 05:59:16 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/07/17
カテゴリ:
鶴ヶ池の睡蓮

 横手市山内・鶴ヶ池の睡蓮です。

 小振りな花ですが、清楚で、見る者を飽きさせません。

 野生種に近いようで繁殖力も旺盛。池一杯に広がっています。

 前夜、友人4人で鶴ヶ池荘に一泊しました。

 私が隔月刊・風景写真で最優秀賞を獲得したというので、ささやかな祝宴の会を開いてくれたのです。






Last updated  2017/07/17 06:18:47 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/07/12
カテゴリ:
雲昌寺・手水鉢の紫陽花

 男鹿の雲昌寺、手水鉢の紫陽花です。

 本堂前の手水鉢に覆いかぶさるように咲いていたので、カメラを向けたら、なんと鉢の中にも花がびっしり敷かれているではありませんか。

 ちょっとした遊び心がいいですね。

雲昌寺・参道の紫陽花園

 雲昌寺参道の紫陽花です。

 花付きがすばらしく、ここだけでも見応え十分なのですが、ここへ行くまでの間がさらに素晴らしいのです。

 あえて、その景観は省きました。

 ぜひ、直接行って、その素晴らしさを体感していただきたいからです。


 雲昌寺の紫陽花は、全国的にはまだあまり知られていません。

 その見事さが伝わると、全国からだんだん多くの観光客が押し寄せるようになるでしょう。

 そうなると、駐車場の確保が問題となります。

 大型バスで乗り付けた一団がいましたが、道路脇の荒れ地に何とか駐車していましたが、あとは大型バスが駐車できそうな場所はありません。

 乗用車も狭い道路の片側を埋めるように路上駐車の列です。

 これはもう、市が観光対策として、直接駐車場整備に取り組むしかありませんね。






Last updated  2017/07/12 05:00:10 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/07/11
カテゴリ:
雲昌寺・海の見える紫陽花園Ⅰ

雲昌寺・海の見える紫陽花園Ⅱ

 海が望める紫陽花園です。

 男鹿の雲昌寺は海に面した高台にあり、青い紫陽花で彩られた大斜面の展望所から青い海原が見えるんです。

 花に囲まれて雄大な日本海が見渡せるなんて、贅沢な景色です。

 由比ヶ浜が見渡せる紫陽花参道で知られた鎌倉の成就院を想起させました。


 雲昌寺の紫陽花は、同寺の副住職が丹精込めて育てたもの。

 花の咲き方が実に見事で、よく手入れされていることが伺われます。

 副住職は40代とか。若いのにたいしたものです。


 最初の日は曇天で、2度目の時は晴天でした。

 2度目に妻と一緒に行ったとき、偶然にも妻の友人夫妻と出会ったのです。

 彼らは五城目町に住んでいます。旦那のほうは春、病気入院していましたが、健康を回復したようで、すこぶる元気でした。

 それを確認できただけでも、出会った意義がありました。






Last updated  2017/07/11 05:12:44 AM
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全980件 (980件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 98 >

PR

Calendar

Comments

野の花2517@ Re:スポットライトのギボウシ(09/23) スポットライトを浴びて、ギボウシさんも…
野の花2517@ Re:初秋の達沢不動滝(09/22) 滝もすばらしいのですが、1枚目の写真の…
野の花2517@ Re:山岳修行の場・遠藤ヶ滝(09/21) 山岳修行の場といわれると、背筋を伸ばし…
koba0333@ Re[1]:木漏れ日の三日月滝(09/20) 一凜 阿修羅さんへ。 これから紅葉期へ…
一凜 阿修羅@ Re:木漏れ日の三日月滝(09/20) こんにちわ 台風過ぎて ほっと。 いい滝…

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.