4810767 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

壁紙自然派

全1034件 (1034件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

風景

2018/06/24
XML
カテゴリ:風景
真昼岳昇陽


 真昼岳の昇陽です。

 鞍部からスカッとした陽が顔を出したときは晴れがましい気持ちになりました。

 「ようーし、今日も頑張るぞー」と、朝日に元気をもらった一日でした。






Last updated  2018/06/24 04:00:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/11
カテゴリ:風景
浅霧の早苗田


 浅霧の早苗田です。

 随分大きな田んぼです。画面では畦畔が見えません。

 農作業の効率化を目的に、1枚の田んぼを大きくするための圃場整備事業があちこちで行われています。

 この事業には、一般的に9割もの補助金が使われ、農業者の負担はわずか1割ほど。

 こんなにしても、田んぼだけで経営が成り立つ農家はほとんどいないんです。

 日本の稲作は、どこかの歯車がこわれているかも知れません。






Last updated  2018/06/11 04:30:43 AM
コメント(4) | コメントを書く
2018/06/08
カテゴリ:風景
水鏡のポプラ並木・日の出

水鏡のポプラ並木・夕景

 かっこいいポプラ並木を見つけたので、朝(写真1枚目)と夕(写真2枚目)の水鏡風景を撮ってきました。

 ただ、電柱や電線がなんとも邪魔な存在です。民家や他の建造物も気になります。

 それがなければ、北海道の風景にあるような絶景写真になるんですがねー。






Last updated  2018/06/08 05:00:13 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/06/05
カテゴリ:風景
萱峠から春田の夕景Ⅰ

萱峠から春田の夕景Ⅱ

 林道萱峠線、追分の一本杉からの夕景です。

 峠にあるここ、樹木が伐採されて見晴らしが抜群によくなりました。

 それに、夕陽も滅多にないほどクリアでした。

 「真っ赤な太陽」という美空ひばりの曲がありましたね-。

 今回は、そう表現出来るほど赤い太陽を撮影できました。

 目で見て赤い夕陽と思っても、カメラで撮ると白く写るのが通常です。

 人間の目は、よく見えるように実際の輝度差を修正してくれるからです。

 最近のカメラはダイナミックレンジが広がって輝度差が大きさを幾分は救えるようになりましたが、まだまだ人間のような芸当はできません。

 だから、よほど条件に恵まれないと、目で見た時と同じような真っ赤な太陽は撮れないのです。

 この日は運がよかったー。






Last updated  2018/06/05 03:28:54 PM
コメント(4) | コメントを書く
2018/06/02
カテゴリ:風景
三森山から横手盆地黎明Ⅰ

三森山から横手盆地黎明Ⅱ

 三森山から望む黎明の横手盆地です。

 近年、樹木が広く伐採されて見晴らしが利くようになりました。

 舗装道路に車を停め、ブルドーザが切り開いた作業道を登ってひたすら上を目指しました。

 最後の数十メートルは、作業道から離れて藪漕ぎです。

 撮影ポイントへ達した時は、朝露でズボンや袖がびしょびしょに濡れてしまいました。

 レンズも曇って困りました。

 苦労して撮った写真でしたが、空の条件が整わず、できはよくありません。

 自然相手の風景写真撮影なんて、毎度そんなもんです。






Last updated  2018/06/02 05:00:13 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/06/01
カテゴリ:風景
早苗田と宵待月

 早苗田に煌々と水鏡の宵待月です。

 「明日は満月だ。夜明け前の月の入りと日没直後の月の出を撮らなくちゃ。」と心に決めていたのですが、「待てよ。その明日が雨だったりしたらどうしようもないな。」と考え直し、予備にと満月前夜の月を撮ることにしました。

 晩酌の缶ビールを飲んだ後でしたから、車はダメ。

 カメラと三脚を担ぎ、自宅から10分ほどの距離をほろ酔い機嫌で、ここまでとぼとぼと歩いてきました。

 これがほんとの"酔待月"です。

 その翌日、天候不順で朝も夕も月は顔を出しませんでした。

 次の満月はもう青田ですから、水鏡は撮れません。

 予備のつもりで撮っておいて、良かったー。






Last updated  2018/06/01 05:00:06 AM
コメント(6) | コメントを書く
2018/05/30
カテゴリ:風景
早苗田昇陽

早苗田黎明

 早苗田の昇陽シーンです。

 真昼岳近くで撮りたいと、夜明け前美郷町へ向かっていました。

 とすると、前を走る動物を見つけました。

 犬にしては大きいし、熊にしては細身だと思っていたら、相手はカモシカでした。

 追いついた途端、傍らの水路に飛び込んで隠れてしまったので、証拠写真は撮れずじまいでした。

 今注目の車載カメラを付けていたらなー、と思ったのは後の祭り。

 それにしても盆地のど真ん中に現れるなんて、勇気あるカモシカです。






Last updated  2018/05/30 05:00:11 AM
コメント(6) | コメントを書く
2018/05/28
カテゴリ:風景
水鏡の杉林夕景

うちの芝桜園夕景

 わが家の芝桜園近くにある杉林の夕景を撮りました。

 田植え直前の水鏡風景(写真1枚目)と、手前に芝桜園を配した風景(写真2枚目)の2点です。

 そうそう、芝桜の見ごろは終盤になっています。

 まだ見ていない方はお早目にどうぞ。

 先日、ある市民から情報を得たとして、市の広報課職員が芝桜園の取材に来訪しました。

 6月初日発行の市報に写真付きでちょぴっと載るそうです。

 うーん、その日まで花が持つかどうか、微妙です。






Last updated  2018/05/28 05:00:16 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/05/27
カテゴリ:風景
横手盆地・五月田夕照Ⅰ

横手盆地・五月田夕照Ⅱ

 夕照の横手盆地です。

 この五月田が魅せる独特の風景が好きで毎年撮っていますが、いつも表情が違います。

 この日は天気が良すぎて撮影には不向きのギンギラの太陽でした。

 御嶽(おみたけ)山と黒森山を結ぶ縦走路上からの撮影です。






Last updated  2018/05/27 05:00:15 AM
コメント(4) | コメントを書く
2018/05/26
カテゴリ:風景
暮れる鳥海山と横手盆地Ⅰ

暮れる鳥海山と横手盆地Ⅱ

 暮れなずむ鳥海山と横手盆地です。

 盆地は田植えの真っ最中。

 田んぼに水が張られて白く光り、この季ならではの光景です。

 日が落ちてしばらくすると、横手の街明かりがチラチラ輝き出しました。(写真2枚目) 

 ぼやぼやしてはいられないと、それを見て下山の途に就きました。

 御嶽(おみたけ)山と黒森山を結ぶ縦走路上、横手市と美郷町の境界付近から望んでいます。






Last updated  2018/05/26 05:00:13 AM
コメント(2) | コメントを書く

全1034件 (1034件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Calendar

Comments

koba0333@ Re[1]:わが家の裏手にホタル(06/25) New! 野の花2517さんへ お帰りなさい。 >…
野の花2517@ Re:わが家の裏手にホタル(06/25) New! お久しぶりです。 今日、帰国しました。 …
koba0333@ Re[1]:ホタルブクロは、火垂る(ほたる)」が語源?(06/23) 一凜 阿修羅さんへ 季節を感ずる山野草…
一凜 阿修羅@ Re:ホタルブクロは、火垂る(ほたる)」が語源?(06/23) こんにちは。そんな季節になりました 日本…
koba0333@ Re[1]:ばら園の愉快なオブジェ(06/13) 一凜 阿修羅さんへ >ひょうひょうと…

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.