4006215 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

壁紙自然派

全962件 (962件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >

風景

2017/09/15
XML
カテゴリ:風景
今木神社と桂瀬四十八滝

初秋の桂瀬四十八滝

 久しぶりに北秋田市桂瀬にある四十八滝に行ってきました。

 落差10mでさほど大きな滝ではありませんが、手前に今木神社が鎮座していて、おごそかなたたずまいです。

 国道105号線から阿仁川を渡って右折するとほどなくの、拓けた場所にあります。


 四十八滝は全国各地にあります。

 四十八は地名にもあり、日光のいろは四十八坂は特に有名。

 そのあたりは当サイトの地名こぼれ話21・「四十八」…でどうぞ。






Last updated  2017/09/15 06:42:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/09/12
カテゴリ:風景
稲田とツユクサ

秋色の田んぼ

 朝露に濡れたわが家の田んぼです。

 秋色に染まって、刈り取りも近いことを告げています。

 その田んぼの中にツユクサが入り込んで青い花を咲かせていました。。

 草刈りから逃れて残った単なる雑草ですが、あまりにも可愛いので、抜き取らずにカメラに収めました。






Last updated  2017/09/12 05:29:02 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/09/05
カテゴリ:風景
安の滝と白糸の滝

安の滝・上段の祠

 安の滝・上段の景です。

 左手に白糸の滝を従えています。

 渇水期のため水量は多くなく、滝しぶきを浴びることなく撮影できました。

 白糸の滝下部に小さな祠があるのを発見しました。(写真2枚目)

 この滝命名の由来となった若き女性「安」を祀っているのでしょうか。

 下段の展望台に安の滝悲恋伝説の説明版がありました。

『享保の初め、打当村十二段見崎金山が開発され、若者たちが山を越えて、金を掘りにきた。金山で働く久太郎という若者は、若者頭で腕も良く、実直で、金山で働く村の若い娘ヤスと恋慕うようになる。
ある日、金山の掟で山小屋への女の出入りは御法度とされているのを知りながら、2人は愛を語り合っている所を仲間に見つかり、騒ぎとなった。
久太郎は、ヤスに難が及ぶのを恐れ「いつか必ず戻ってくる」と伝えてほしいと仲間に頼んで山を下りたが、頼まれた人は仲間の制裁を恐れ、ヤスに伝えなかったため、ヤスは事情を知らず、久太郎を来る日も来る日も待ち続けたが、久太郎は姿を見せなかった。
絶望の渕に立たされたヤスは、久太郎の名前を3回呼んで滝壺に飛び込んだ。
以来、この滝を安の滝と呼ぶようになりました。』

 作り話なのかと思っていましたが、説明版の内容は案外信憑性に富んでいます。実話だったのでしょうか。






Last updated  2017/09/05 06:59:13 AM
コメント(6) | コメントを書く
2017/09/01
カテゴリ:風景
天正の滝の夏

大杉と天正の滝

 東成瀬村・天正の滝の夏模様です。

 傍らに巨杉が聳える特徴的な滝です。

 落差は20mで、さほど大きな滝ではありませんが、流れが優美です。

 映画釣りキチ三平のロケ地として知られています。

 そういえば、私もテレビ番組撮影の際、ここがロケ地になりましたっけ。

 愛車を駆ってここへ出向き、滝の写真を撮るという設定でした。

 わずか3分ほどの番組で、前もって台本を渡されていましたが、口から出たセリフは台本からはずれ、ほとんど出まかせでした。

 俳優って、よくセリフが覚えられるなーって、その時つくづく思いました。


 話は違いますが、サッカー日本、オーストラリアに勝って、見事W杯出場を決めましたね。

 良かった。良かった。






Last updated  2017/09/01 06:14:17 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/28
カテゴリ:風景
羽生PA外観

羽生PA内部

 東北自動車道・羽生パーキングエリア(上り線)の景観です。

 江戸時代にタイムスリップしたかのような建物です。

 行楽期でしたから無理もありませんが、中に入ったら、ごった返すような人混みでした。

 ただし、この洒落た景観は上り線だけ。下り線はどこにでもあるようなシンプルな建物です。


 家内に「はにゅうの宿」の「はにゅうかな?」といったら、「それは違うよ」と言われてしまいました。

 そちらは「埴生の宿」なのでした。

 埴生の宿は日本の唱歌かと思っていたら、イングランド民謡なのでした。

 歌詞は「土の上にむしろを敷いて寝るような、粗末な家我が家が一番である。 それに比べれば、たとえ宝石を散りばめていても羨ましくはない」という内容。

 wikipediaには、この曲は埼玉県羽生市の防災行政無線の正午のチャイムにも使われているとありますが、今でもそうなのでしょうか。

 探したら、「埴生」の地名もありました。

 地名辞典オンラインに、埴生(はにゅう)[富山県小矢部市]と埴生(はぶ)[山口県山陽小野田市]が紹介されています。






Last updated  2017/08/28 07:04:10 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/27
カテゴリ:風景
東京駅夜景Ⅰ

東京駅夜景Ⅱ

 東京駅丸の内口の夜景です。

 丸の内JPタワー6階の屋上庭園から、小雨降る中で撮影しました。

 写真1枚目はHDRトーン処理をして暗部を明るく引き出しています。


 昨夜は大曲の花火でした。

 集中豪雨で河川敷が水浸しとなって開催が心配されましたが、無事決行できて一安心。

 花火の音はわが家まで聞こえますが、その音を聞きながら、ゆっくりBSで観賞しました。






Last updated  2017/08/27 06:41:42 AM
コメント(6) | コメントを書く
2017/08/25
カテゴリ:風景
雨後の庭に空蝉

 雨後の庭に空蝉が落ちていました。

 雨にたたかれ、木から落ちたのでしょう。

 豪雨の後にちょっとだけ陽光が射しました。

 つかの間のほっとするひと時です。

集中豪雨のうちの庭

 ここ2日ほどの間、秋田はまたもや集中豪雨に見舞われました。

 昨日、わが家の居間から庭を撮ったものです。

 感覚的には、写真よりもっと恐ろしいような凄い降り方でした。

 案の定、県南部には多くの地で避難勧告が出されました。

 家屋や、農作物の被害が心配されます。






Last updated  2017/08/25 08:52:40 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/21
カテゴリ:風景
四国霊場75番札所・善通寺1

四国霊場75番札所・善通寺2

 阿波おどりを観た翌日、香川県の善通寺に寄りました。

 善通寺は四国八十八箇所霊場の第七十五番札所になっています。

 平安時代初頭、真言宗開祖空海の父佐伯善通を開基として創建されました。

 和歌山県の高野山、京都府の東寺と共に弘法大師三大霊場に数えられるといいます。

 門前町が発展して寺名がそのまま善通寺市となりました。

 善通寺へは以前にも来たことがあったような、なかったような、記憶が定かでありません。

 その行程中、バスの中から丸亀城が見えました。

 それははっきり記憶があります。

 しかし、一緒に行った妻は、私が「ほら、丸亀城が見えるよ」といっても、「記憶にないなー」でした。






Last updated  2017/08/21 06:15:57 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/20
カテゴリ:風景
鳴門の渦潮

大鳴門橋と観潮船

 鳴門の渦潮です。

 といっても、大きな渦潮ではありません。

 渦潮の出方は満潮、干潮など、潮の流れによって大きく変わるのです。

 海上45m、大鳴門橋遊歩道「渦の道」から望んでいます。

 橋の下を覗いていると、観潮船がやってきました。

 以前、ここへ訪れた時は、私も観潮船に乗って迫力ある渦潮を観たのでした。






Last updated  2017/08/20 06:43:24 AM
コメント(2) | コメントを書く
2017/08/19
カテゴリ:風景
阿波おどり6

阿波おどり7

 ヤットサーヤットヤット、ヤットサーヤットヤット、アーラエライヤッチャエライヤッチャヨイヨイヨイヨイ
 「踊る阿呆にみる阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃ損々
 エライヤッチャ エライヤッチャ ヨイヨイヨイヨイ

 おなじみ、阿波おどりの囃しと唄です。

 「連」は高張り提灯を先頭に入場。囃し手は鐘、笛、太鼓、ときには三味線も混じり、テンポのいい2拍子で囃したてます。

 踊り子はそれに合わせて歌いながら踊ります。

 何度も聞こえた歌詞がありました。

 『一かけ二かけ三かけて、四(し)かけた踊りは止められぬ
 五かけ六かけ七かけて、八(や)っぱり踊りは止められぬ
 ア、ヤットサー、ア、ヤットヤット』


 感心したのは、ゴミ対策です。(写真2枚目)

 「ごみゼロ阿波踊り大作戦」と銘打って、何人ものボランテアが、大量に出るゴミをてきぱきと捌いていました。

 これなら、回収は楽ですし、何よりゴミ箱が散らかって美観を損なうことはありません・

 他のイベントでもぜひ見習ってほしいものです。






Last updated  2017/08/19 06:06:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全962件 (962件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 97 >

PR

Calendar

Comments

野の花2517@ Re:初秋の達沢不動滝(09/22) New! 滝もすばらしいのですが、1枚目の写真の…
野の花2517@ Re:山岳修行の場・遠藤ヶ滝(09/21) 山岳修行の場といわれると、背筋を伸ばし…
koba0333@ Re[1]:木漏れ日の三日月滝(09/20) 一凜 阿修羅さんへ。 これから紅葉期へ…
一凜 阿修羅@ Re:木漏れ日の三日月滝(09/20) こんにちわ 台風過ぎて ほっと。 いい滝…
koba0333@ Re:小川辺のススキ(09/19) このススキ、自然が造形した活け花に思わ…

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.