9505380 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

かぶ1000投資日記

PR

Profile


かぶ1000

Free Space

​《累積利益》
+398,998,897円
※税引き後、配当含まず

《年次運用成績》
2001年 +4,942,065円
2002年 +3,260,965円
2003年 +7,046,117円
2004年 +17,516,302円
2005年 +21,945,285円
2006年 +9,202,718円
2007年 +3,536,744円
2008年 -6,346,665円
2009年 +14,869,319円
2010年 +20,851,230円
2011年 +22,538,235円
2012年 +31,616,726円
2013年 +78,524,802円
2014年 +36,755,274円
2015年 +44,638,855円
2016年 +50,984,590円
2017年 +32,019,826円
2018年 +13,790,090円
2019年 +55,655,909円
※9/13現在 税引前・配当含まず

Category

Favorite Blog

2018~19主力株概況… New! みきまるファンドさん

材料株投資家の受難 slowlysheepさん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

地方の中規模の道の… kitakujinさん

3473 bluebonnet7385さん

2019年8月の運用結果 snoozer8888さん

たーちゃんファンド たーちゃん001さん
ゲーマーよ。 株で… 投資ゲーマーさん
しんの株式投資日記 ソンキンさん
投資と子犬と日常と uki5496さん
2019.08.02
XML



取引
・【買い増し】8058 三菱商事×2,000株 買付単価 2,781.5-2,873円
・【新規買い】5444 大和工業×4,000株 買付単価 2,740-2,758円
・【売却】9991 ジェコス×5,000株 売却単価 915-919円(売却損-421,772円)

PF(保有銘柄18銘柄)
・2221 岩塚製菓×3,000株 (@3,758) 時価3,955▼35 [PER18.6][PBR0.39]
・2780 コメ兵×5,000株 (@1,098) 時価1,152▼31 [PER17.3][PBR0.65]
・3504 丸八HD×33,500株 (@767) 時価798▼5 [PER20.6][PBR0.27]
・3537 昭栄薬品×6,000株 (@567) 時価930▼7 [PER12.3][PBR0.41]
・4249 森六HD×3,600株 (@2,560) 時価2,461▼64 [PER6.5][PBR0.61]
・4365 松本油脂製薬×1,000株 (@10,508) 時価10,750▼100 [PER8.9][PBR0.66]
・5444 大和工業×0→4,000株(@2,751) 時価2,740▼135 [PER9.2][PBR0.58]
・6396 宇野澤組鐵工所×4,500株 (@2,126) 時価2,575△5 [PER25.9][PBR0.26*]
・7932 ニッピ×3,000株 (@2,929) 時価3,350△10 [PER10.7][PBR0.24*]
・8058 三菱商事×10,000→12,000株 (@2,913) 時価2,780.0▼104.0 [PER7.1][PBR0.79]
・8233 高島屋×5,000株 (@1,158) 時価1,224▼31 [PER10.7][PBR0.31*]
・8337 千葉興業銀行×30,000株 (@268) 時価295▼8 [PER4.5][PBR0.18]
・8591 オリックス×7,500株 (@1,546) 時価1,551.0▼16.0 [PER5.9][PBR0.69]
・8841 テーオーシー×20,000株 (@600) 時価688▼13 [PER14.8][PBR0.36*]
・9022 東海旅客鉄道×1,000株 (@22,174) 時価21,290▼420 [PER10.0][PBR1.16]
・9734 精養軒×10,000株 (@900) 時価925△15 [PER20.2][PBR0.32*]
・9852 CBグループM×2,000株 (@2,403) 時価2,830△10 [PER9.0][PBR0.31]
・9984 ソフトバンクG×9,000株 (@3,521) 時価5,549▼144 [PER5.5][PBR0.47*]
 ※ほか株主優待目的で26銘柄保有
【年間予想受取配当額】(税引前) 5,943,200-6,084,200円 (配当利回り2.27-2.32%)
【年間受取確定配当額】(税引前) 3,197,200円

株式 262,008,600円(98.5%)
CP  3,947,683円(1.5%)
合計 265,956,283円
【年初来最高値】273,628,816円(7/29)
【年初来最低値】205,743,930円(1/4)

前日比 ▼4,276,027円
週次  ▼4,838,985円
月次  ▼4,458,566円
年次 △55,956,283円+配当3,197,200円(年初より△26.65%※配当含まず)

☆今日のコメント☆
「大幅に4日続落」
【保有銘柄動向】
 日経平均株価は大幅反落。新興市場も揃って反落に。保有銘柄も軟調な銘柄が多く、ソフトバンクG、JR東海、オリックス、三菱商事などの大型株や、コメ兵、森六HD、高島屋、テーオーシーなど軟調な銘柄が多かった。反面、CBグループ、精養軒、宇野澤組鉄工所、ニッピは上昇も、PFは大幅に4日続落と軟調続く。
【今日の売買】
・【買い増し】三菱商事を前日に引き続き買い増し。指標面で見るとPER7.1倍、PBR0.79倍、配当利回り4.5%と割安感顕著で、1Qも増収減益ながらも前期1Qが良すぎた反動で進捗率も27%と問題がないこと、懸念されていた千代田化工建設も1Q黒字に転換しており、さらなる追加支援の懸念が後退していること、1QのフリーCFも1691億円と高く、自社株買いも継続して行われていることから買い増し継続。PF2位までポジション拡大へ。
・【新規買い】大和工業を新規買い。前日(8/1)に1Q決算を発表し、通期営業利益を90億→115億へ上方修正し、配当方針も30%目処に株主還元を拡大。当日買いたかったが株価が大きく上昇したため見送っていたものの、今日大きく下落したため絶好のチャンスと見て新規に購入。指標面ではPER9.2倍、PBR0.58倍、配当利回り3.65%とバランスの取れた割安株であり、自己資本比率も81.5%で無借金と財務は鉄板。資産面で見ても時価総額1832億に対して正味流動資産は2232億円とネットネット株であり、うち710億円の関連会社株式の価値も、特に持分法適応会社分の326億円分については簿価計算でPER1.9倍、PBR0.38倍であり、仮に上場株と比較した評価で考えた場合、簿価より大きく高い評価になる可能性大で、さらに割安度が増すこともあり新規に購入へ。株価はここ数年2,200~3,800円のボックス相場で推移しており、さらに下落する局面があれば積極的に買い増しして行きたい。
・【売却】ジェコスを見切り売り。1Q決算は小幅減益とそこまで悪い決算ではなかったものの、株価は軟調に推移していることや、短期的に見て株価のリバウンド力も弱く、リース会社はオリックスで保有していることから、保有銘柄数を絞り込む一環として見切り売りへ。売却損は-421,772円となった。
【今日の一言】
 株価急落を受けて銘柄の入れ替えを実施。CPは1.5%まで低下。今後もより期待値が高く、下値リスクの低い銘柄にシフトして行きたい。

☆今週のコメント☆
「8週ぶりに大幅反落へ」
 今週は-4,458,622円(-1.79%)と8週ぶりに大幅反落となった。各指数もいずれも下落と軟調に。今週は大和工業を新規買い。精養軒、三菱商事を買い増し。ユニゾHD、ジェコスを売り切りと今週は売買の多い週となった。保有銘柄は全般的に軟調な銘柄が多かったが、CBグループ、ニッピ、精養軒は比較的堅調だった。
 来週はSQと1Q決算も本格化することから株価は引き続き不安定な動きを想定。PFの銘柄の戦力を高めるためにもより良い銘柄にシフトして行きたい。


※PBRの後ろに※表記がある銘柄は、賃貸用不動産等を期末時価に評価し直した数値となります。
※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。






Last updated  2019.09.09 04:11:00
コメント(5) | コメントを書く
[運用成績(日々開示)] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:前日比▼4,276,083円(売買あり)(08/02)   ppp さん
埋蔵金や資産がある人のフルポジとない人のフルポジは心理面でかなり大きい差と思います。
企業で言えば含み資産株のある株とない株では借金の意味合いが違います。

埋蔵金や資産を加味した実質株式比率が表示されると幸いです。
もちろん、おおよその数字になるでしょうが。 (2019.08.05 06:02:13)

Re:前日比▼4,276,083円(売買あり)(08/02)   通りすがり さん
大和工業の持分法適用会社について。
「簿価計算でPER1.9倍、PBR0.38倍」とありますが、これの算出においては出資金を含めていますでしょうか?
大和工業の持分法適用会社にはLLC形態も含まれており、これら会社の持高は出資金勘定になると思われます。
従って、PER、PBRを算定する際には投資有価証券と出資金の両方を含めるべきではないでしょうか?
有報では、非連結子会社及び関連会社の投資有価証券(株式)329億円、出資金539億円とあります。
一方で、持分法会社の要約財務諸表に依れば、純資産は1726億円とあります。大和工業はこれら会社の凡そ半分を所有していますので、純資産約860億円と考えれば上記の投資有価証券(株式)329億と出資金539億の合計である868億円とほぼ一致し、辻褄が合います。
その考えかたに基づけば、大和工業の持分法適用会社は簿価計算でPER5.1倍、PBR1.00倍となりませんでしょうか?
確かにPERは安いですが、年度によっては持分法利益が100億円未満の時もありますので、景況株としてはそれなりに妥当な評価だと思います。
(2019.08.08 00:18:47)

Re[1]:前日比▼4,276,083円(売買あり)(08/02)   かぶ1000 さん
pppさんへ

コメントありがとうごさいます<(_ _)>。埋蔵金や資産を加味した実質株式比率に関してですが、現物資産の評価は非常に難しく、いくらで換金できるかなど正確な数値はすぐには分かりません。ただ、私は不動産などは保有していないため、現物資産の比率はせいぜい全資産の10~15%程度と思われます。よってブログに掲載されてる株式資産が資産の大部分(80%程度)を占めています。80%は他の投資家の方よりも個人的には高のてはないかと考えております。 (2019.09.09 04:23:27)

Re[1]:前日比▼4,276,083円(売買あり)(08/02)   かぶ1000 さん
通りすがりさんへ

コメントありがとうございます<(_ _)>。

簿価計算でPER1.9倍、PBR0.38倍の計算式につきましては、持分法適応会社5社の簿価が326億円とあり、また持分法適応会社5社の要約財務情報により、当期純利益が349億円。純資産が1726億円と分かります。持分法適応会社の持ち分は49~50%であるため、49%と計算すると大和工業の持ち分は純利益は171億円、純資産は845億円となります。これを簿価の326億円と比較して計算し、PERは326/171=1.9倍、PBRは326/845=0.38倍と計算しました。

持分法適応会社5社に関してはIRに電話して見ましたが、有報に記載の要約財務情報しか訓えて頂くことしか出来ませんでした。ただ前年度より利益純資産ともに大きく改善してますので、大きな業績の落ち込みの懸念は少ないのではないかと判断しております。 (2019.09.09 04:48:54)

Re:前日比▼4,276,083円(売買あり)(08/02)   通りすがり さん
かぶ1000さんへ

ご回答ありがとうございます。

計算方法についてはよくわかりましたが、やはり「投資有価証券(株式)329億+出資金539億円」で計算するべきではないでしょうか?

出資金539億円については「非連結子会社及び関連会社に対するもの」として有報に記載があり、一方、関係会社の状況の項目では持分法適用関連会社として5社挙がっております。
その他、持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社がいくつかあるようですが、持分に見合う額の利益剰余金等を鑑みて持分法の対象から除いても影響が軽微である旨書かれております。
その「軽微」であるはずの会社の簿価が539億円もあるとは考えにくいですから、やはり出資金勘定についても持分法適用関連会社(5社)を指すものと考えるのが自然でしょう。

また、持分法適用関連会社のうち以下の2社はLLC形態となっております。
アーカンソー・スチール・アソシエイツLLC 所有割合50% 
ユナイテッド・スルブカンパニー(サウジスルブ)LLC 所有割合49%
投資資産については当該資産の名称を付した科目をつけるように財務諸表規則でも定められています(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則 第三十二条参照)。
よって、上記のLLC2社については、「投資有価証券(株式)」とは別個で「出資金」として計上されているのでは?と考えています。

その考えかたに基づけば、大和工業の持分法適用会社はPER5倍程度となります。
もちろん5倍でも割安と言えますが、過去5年では前年度の170億円が突出しておりその他の年度は平均して100億円程度なのでPER8倍ぐらいです。加えて、昨今の相場では製造業はPER5倍前後がゴロゴロしていますので、それと比べれば大して割安でもないように思えます。少なくとも上場株と比較した評価で考えて簿価より大きく高い評価になる可能性は低いかと思われます。
(2019.09.10 22:24:34)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.