2019.08.01

前日比▼182,539円(売買あり)

(2)
取引
・【買い増し】8058 三菱商事×3,000株 買付単価 2,866.5-2,871.5円
・【買い増し】9734 精養軒×5,400株 買付単価 900-905円

PF(保有銘柄18銘柄)
・2221 岩塚製菓×3,000株 (@3,758) 時価3,990△20 [PER18.8][PBR0.40]
・2780 コメ兵×5,000株 (@1,098) 時価1,183△2 [PER17.8][PBR0.66]
・3504 丸八HD×33,500株 (@767) 時価803▼5 [PER20.7][PBR0.27]
・3537 昭栄薬品×6,000株 (@567) 時価937±0 [PER12.4][PBR0.41]
・4249 森六HD×3,600株 (@2,560) 時価2,525▼24 [PER6.6][PBR0.63]
・4365 松本油脂製薬×1,000株 (@10,508) 時価10,850±0 [PER9.0][PBR0.67]
・6396 宇野澤組鐵工所×4,500株 (@2,126) 時価2,570- [PER25.8][PBR0.26*]
・7932 ニッピ×3,000株 (@2,929) 時価3,340▼25 [PER10.7][PBR0.24*]
・8058 三菱商事×7,000→10,000株 (@2,940) 時価2,884.0▼52.5 [PER7.4][PBR0.81]
・8233 高島屋×5,000株 (@1,158) 時価1,255△2 [PER11.0][PBR0.32*]
・8337 千葉興業銀行×30,000株 (@268) 時価303▼4 [PER4.6][PBR0.18*]
・8591 オリックス×7,500株 (@1,546) 時価1,567.0△5.5 [PER6.0][PBR0.70]
・8841 テーオーシー×20,000株 (@600) 時価701△6 [PER15.1][PBR0.36*]
・9022 東海旅客鉄道×1,000株 (@22,174) 時価21,710▼210 [PER10.2][PBR1.19]
・9734 精養軒×4,600→10,000株 (@900) 時価910▼14 [PER19.9][PBR0.32*]
・9852 CBグループM×2,000株 (@2,403) 時価2,820±0 [PER9.0][PBR0.31]
・9984 ソフトバンクG×9,000株 (@3,521) 時価5,693△65 [PER5.6][PBR0.48*]
・9991 ジェコス×5,000株 (@1,001) 時価938▼3 [PER7.4][PBR0.64]
 ※ほか株主優待目的で26銘柄保有
【年間予想受取配当額】(税引前) 5,468,200-5,599,200円 (配当利回り2.15-2.20%)
【年間受取確定配当額】(税引前) 3,197,200円

株式 254,292,000円(94.1%)
CP 15,940,310円(5.9%)
合計 270,232,310円
【年初来最高値】273,628,816円(7/29)
【年初来最低値】205,743,930円(1/4)

前日比  ▼182,539円
週次   ▼562,958円
月次   ▼182,539円
年次 △60,232,310円+配当3,197,200円(年初より△28.68%※配当含まず)

☆今日のコメント☆
「小幅ながら3日続落」
【保有銘柄動向】
 日経平均株価は小反発。新興市場はまちまち。保有銘柄はまちまち。ソフトバンクG、テーオーシー、岩塚製菓、オリックスなどが堅調。反面、三菱商事、千葉興銀、JR東海、森六HD、ニッピなどが軟調となり、PFは小幅ながら3日続落へ。
【今日の売買】
・【買い増し】三菱商事を買い増し。場中決算発表で1Qが増収減益となったことから株価が軟調に推移したため買い増し。見た目減益も前期1Qの好決算の反動の影響大きく、進捗率は27%となっていることから業績の下振れリスクは低いと思われること、指標面からみても割安な事から買い増しと難平を兼ねて購入へ。
・【買い増し】精養軒を買い増し。予定数量仕込み完了のため伏字解除へ。指標面ではPER19.9倍、PBR0.69倍、配当利回り0.86%と見た目の割安感はない。ただ資産内容を見ると時価総額24億円に対して現預金は48億円と時価総額の倍以上を保有。無借金経営で正味流動資産は22億円とネットネットとまでは行かないものの、ほぼ時価総額と同じ水準。また保有不動産の含み益も六本木の土地を筆頭に約40億円と時価総額の倍近くとなっており、実質的なPBRは0.32倍と割安。株主構成面でも三井不動産が2位の大株主となっており、六本木の土地に関しても多額の前払い賃料(約70%)を支払うことで抵当権を設定。この土地に対する三井不動産の重要度が分かる賃貸内容となっている。ゆくゆくは精養軒が保有する760.33㎡の土地と隣地の福島育英会が保有する1377.88㎡の土地一帯を再開発する布石と判断。また上野精養軒も東京オリンピック後に大規模なリニューアル計画と創業150周年(2022年)にむけた記念事業の計画も出ていることから今後三井不動産との関係性が深まって行くかに注目。業績面も長らく赤字が続き低迷が続いていたが、12年ぶりに1億円を超える営業黒字化を達成し、不動産の賃貸収益と2017年にオープンした東京都美術館のレストランが好調なことから業績面でも大底を打った可能性が高いと判断。長期保有目的で資産株としてじっくりと保有して行きたい。
【今日の一言】
 精養軒と三菱商事を買い増ししてCPは5.9%に低下。8月は小幅マイナススタート。今後も株価が安値圏で割安な銘柄には積極的に投資して行きたい。


※PBRの後ろに※表記がある銘柄は、賃貸用不動産等を期末時価に評価し直した数値となります。
※当ブログに掲載されているコメントは、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また当ブログに書かれている事は100%正確であるとは限りません。くれぐれも投資は自己責任でお願い致します。





TWITTER

Last updated  2019.08.04 07:08:44
コメント(2) | コメントを書く
[運用成績(日々開示)] カテゴリの最新記事