363022 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふとしの株式投資日誌

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

早期退職

2018年03月31日
XML
カテゴリ:早期退職
脱サラして早くも1年経とうとしている。
この1年、収入が激減した割に、株式投資のお陰で、資産額は減るどころか50%も増えた。
株の利益としては、過去最高を更新できそうだ。
株式トレードにかなりの労力を投入することができたからなのか、アベノミクスのおかげなのかは判らない。
ただし急落時の対応力は、サラリーマン時代とは比べ物にならない。
特にこの2か月間は、サラリーマンでは付いていくことはムリだっただろう。
精神的にも余裕が出てきたので、トレードに良い影響を与えている。
脱サラしてからは、睡眠不足が解消されて、頭も冴えている。
今は、もっと早く脱サラしておけば良かったと後悔している。








最終更新日  2018年04月07日 19時45分17秒
2018年03月11日
カテゴリ:早期退職
脱サラして1年が経とうとしている。
昨年3月に退職金を受け取る前に「退職所得の受給に関する申告書」を提出し、それをもとに所得税と住民税が計算されて源泉徴収され確定申告は不要となっていたのだが、株の利益は源泉分離課税を選択しているため、脱サラしてからは、ほとんど総合課税される収入がない状態だったので、確定申告をすることにした。
その結果、なんと27万円も還付されそうだ。
年間の所得額が少なく、所得控除(人的控除や社会保険料控除、生命・地震保険料控除など)が多い場合は確定申告すべきだ。







最終更新日  2018年03月11日 02時35分12秒
2017年09月23日
カテゴリ:早期退職
先日、プロゴルファーの宮里藍が引退した。
「モチベーションの維持が難しく、それを自分の中でどう戻していくか、練習でも追い込めなくなって、望んでいる形ではなかった。理想とする姿がそこにはなかったので、こういう形となった」「自分の武器だったものが、武器でなくなってしまった」「得意だったパターもイップスになってしまって」と語った。

自分の早期退社の一番の理由は、「モチベーションの維持が難しくなったこと」だったので、すごく気になっていた。何となく理解できるような気がする。

まだ若いのに...
残念だが仕方がないのだろう。



不合理な地球人 行動経済学でわかる、あなたが判断を間違う理由 (ちくま文庫) [ ハワード・S.ダンフォード ]






最終更新日  2017年09月23日 13時05分15秒
2017年06月04日
カテゴリ:早期退職

毎日ヒマを持てあます感じの日々が続いている。
なぜか休日が嫌いになった。
サラリーマン時代はあれほど待ち遠しく感じた休日だが、
買い物や食事に行くと店が混んでいるし、相場は開いていないし
早く月曜日にならないかなと思ってしまう。
あの日曜の夜の憂鬱な気分が全くなくなって、脱サラして本当に良かったと思える。

心配していた株式投資に対する精神的プレッシャーはあまり感じず、脱サラ前とあまり変わらずに
取引できていて、利益も順調に出ている。

車が欲しくなり退職金でレクサスを買おうとも思ったが、やめにして株式投資にまわすことにする。
今年1年の投資リターンの状況しだいでは、来年買ってしまうかもしれないが.....


となりの億万長者〔新版〕 [ トマス・J・スタンリー ]








最終更新日  2017年06月04日 19時02分14秒
2017年05月07日
カテゴリ:早期退職
脱サラしてから、初めてのゴールデンウィークも最終日となった。
サラリーマン時代は、もう終わりかと暗い気持ちになったものだが、
今は全く逆で、早く終わらないか待ち遠しい。
期間中はどこへ行っても混んでいるし、株式相場は休場だからだ。
通常の土曜・日曜も同じだが月曜日が憂鬱でなくなったのは、脱サラして一番のメリットだ。
明日の相場の戦略を練りつつ、ゆったりした気持ちでいられるのは、もう社畜ではないからであって、もっと早くやめれば良かったとちょっと後悔している。


となりの億万長者〔新版〕 [ トマス・J・スタンリー ]






最終更新日  2017年05月07日 20時06分06秒
2017年04月23日
カテゴリ:早期退職
それは、労働組合と生命保険だ。
給料から天引きされた組合費の合計は、とんでもない金額になった。同額を積み立て預金をしていたら、軽自車1台買える額になる。そして組合の幹部は、労働貴族となり、私腹を肥やす。

生命保険は、終身のみ残して全て解約した。生命保険は人生最大のギャンブルと言っても過言ではない。
こちらも、掛け捨て分を積み立て預金にしていたら、外車1台買える額になる。

人生やり直すとしたら、どちらも絶対に加入しない。


生命保険のカラクリ [ 岩瀬大輔 ]






最終更新日  2017年04月23日 17時30分22秒
2017年03月31日
カテゴリ:早期退職
ようやく社畜を脱出できた。
明日からは時間に追われることもなく、気楽に過ごすことができる。
みんなには、体に気をつけて頑張ってくださいと励まされたが、どう考えてもサラリーマンの方が体にストレスがかかるのは明らかだ。
でもストレスがなさすぎるのも良くないらしく難しいところだ。
社畜根性が染みついてしまっているので、自由になりすぎるとソワソワしてしまうかも。
早期退職なので、もったいないとみんなに言われたが、定年を迎えるまえに死んでしまった同僚もいるし、思い切って辞めて良かったと思える日は必ず来るはずだ。
明日は、これからの株式投資の戦略を練って、退職金の振り分けを決めることから始めたい。


やりたいことだけして生きていく [ 小平つかさ ]






最終更新日  2017年03月31日 23時03分56秒
2017年02月28日
カテゴリ:早期退職
今年3月31日で脱サラして、4月から専業投資家として生活していくこととなる。
85歳までの資金シミュレーションもしてみたが、よほどの失敗をしない限り普通の生活はできることは確認できた。
しかし、これまで仕事中には取引できないので数え切れないほどのチャンスを逃してきたし、フルタイムで取引できることを思えば、年収1500万円はクリアしたいと思っている。
内訳は、株の売却益で1200万、配当金で200万、その他100万円と見積もっている。
身の丈を超えず無理をしない程度でやっていく方法もあるのだが、10年後には「超富裕層」とされる金融資産5億超えを目標にして日々努力あるのみだ。
株の取引をする時に、サラリーマンとしての収入があるのとないのでは、プレッシャーが全然ちがうのではないかと不安になる。
まだまだ精神修養が足りない。






最終更新日  2017年02月28日 15時08分30秒
2017年02月09日
カテゴリ:早期退職
職場に辞めることが知れ渡ってだいぶ経つのだが「辞めないでくれと慰留されること」は1度もなかったのは、寂しいかぎりだ。
ライバルが一人減るわけだから、サラリーマンとすれば当然の心理といえるだろう。

今までの実績は、そんなもんかと思わされる。
普通のサラリーマンは、自分を3割以上過剰評価しているらしく、それが現実とのギャップとなり不満の元になるらしい。

それから、もう主任研究員でなくなるので、タイトルも変更しなければならないのだが、どうしようかな。






最終更新日  2017年02月09日 19時07分02秒
2016年11月21日
カテゴリ:早期退職
本日、来年3月31日付けでの退職願を提出した。
特に慰留されることもなく今日に至った。
仕事に追われて提出するのを忘れていたら、早く出せと部長から催促されてしまった。
特にスッキリした気分でもないのは、まだ両親に報告していないからかな。

来年4月からは、安定した収入が激減するだろう。
今の給料の2倍以上は稼ぐつもりでいるのだが、
株式取引でのプレッシャーは今と全く違うのではないか...
想像できない。

本日、保有資産評価最高額を更新した。











最終更新日  2016年11月21日 21時19分04秒
このブログでよく読まれている記事

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

PR

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

サイド自由欄

お気に入りブログ

2.市場にいる間はト… New! みきまるファンドさん

8566 リコーリースか… kimiaoさん

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.