2020年03月27日

1990年3月26日に産まれた我が子

カテゴリ:独り言
3月26日。 この日は三男の誕生日でした。



ほえー写真加工してありますので・・・吐かないようにお願いします!!
福島に住んでいて、元夫と暮らしています。
この子が産まるのに大変だったことを思い出します。
本来なら、この子は4月に産まれるはずでした。
ですが、長男が小学入学時期に重なるので「早く産んでしまえ!」と元姑。泣き笑い
そんな簡単に産めるわけもなく。産院の先生に相談。
計画分娩はできますよ?との返答。
それを元姑に伝えたところ。
「私が3月生まれだから28日しなさい!」・・って・・・ショック
この元姑何考えてるんだ?とは思いましたけど。
ほらっ・・私‥嫁でしょ?口答えできず、元旦那に伝え・・
「それは無理!」と言ってもらおうとしたら。
エネ夫。「おかちゃんがそういうならその日に産めよ」と。ほえー
なんだこいつ!と、はらわた煮えくりかえりましたが、そのことを母親に相談したら。
母親も母親で、別れた夫(私父)と同じ日に産まれては困る!・・・と。ショック
怒ってるなんなんだこいつら!?と胸の奥で吐いてましたが、そこは堪え。
悩んだ末、26日に自己決定しました!泣き笑い
前日から陣痛剤と服用し、初産の時よりも時間がかかり、26日23:57に産声!スマイル
元姑の初めの言葉は・・・五体満足で産まれた。だけど・・自分と同じ日ではないのが残念だとか。
母親は母親で、私父と同じ日にならなくてよかった。ほっとした・・なんて言葉が。
その時から何かが冷め、子供たちを育て上げたら、この人たちから関わりたくない!そう思った日でもありました。泣き笑い

この子が産まれて30年。4人の子を育て上げ、親の責任は果たしました。
みな家庭を持ち精いっぱい頑張ってるみたいです。
あっ!そうそう。元夫ですが、子供4人側に居てます。スマイル
子供たち曰く。 
親父はお袋と違い強くないから側に居てやらないとな~だって。びっくり
それから、元姑・舅の介護看取りを終えたので私は卒業させてもらいましたわよ!スマイル
子は子の人生。親は親の人生ですもんね。ウィンク



にほんブログ村 にほんブログ村へ





TWITTER

最終更新日  2020年03月27日 20時56分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[独り言] カテゴリの最新記事