12204126 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大江戸遊歩(旧、鹿児島UFO)  気ままに「スピリチュアル」

PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


鹿児島UFO

2018.03.13
XML

皆さま こんにちは (^_^)/ ブログのランキングは おかげさまでIN・OUTともにベスト10には、返り咲いておりますけど、毎日の更新は、なかなかできませんので、 更に上位には 伸び悩みですね(笑) 

皆さま いつも ご愛読 ポチリ クリック  まことに ありがとうございます・・・・ 

今後、重要だと思ったり、懐かしいと思う 過去記事も、再投稿してまいりますね♪



さっそくですが、2010年 私 鹿児島UFOは  ゲリーボーネルさんに、過去世リーディングをして頂いております。

当時は、なかなか予約が難しくて、何度も予約抽選?に落ちていましたけど・・・、


幸いにも、このとき急にイレギュラーで ゲリーさんが来日されたということで、ゲーリーボーネルジャパン事務局より直々にTELを頂き、このたびの初リーディングをして頂きました(^_-)



このゲリーさんリーディングも、自分にとって重要な契機なっておりますので、5回にわたって、シェア申し上げますネ(^_-)



ゲリーボーネル氏 個人リーディング(1)​

         

garybook.jpgゲリー・ボーネル氏の 日本で市販されていた絶版も 現行版も
書籍・ビデオ・DVD・録音テープ すべて持っていて ホトンド読んでいま~す。ただ、ぶ厚い本3冊だけは、まだ 読み終わってませんが~(笑)


本日、昼間は インディゴ娘を 公園で遊ばせながら 「アトランティスの叡智」徳間書店を 読んでました~  ん~ 小遣いなくても  贅沢な休日だったかな??・・・(爆笑)


明窓出版・学研・たま出版・徳間書店 それぞれ 新時代に向けて 頑張ってますが・・・徳間書店は とくに「解く魔~の書店」なんですネ~!!


その ゲリー・ボーネル氏 アカシック レコード リーディング にかけては 第1人者  欧米の現存する能力者としては、真言密教の奥義さえも超えた  NO.1の 覚醒者として君臨  アトランティスの叡智を伝える ジェダイのマスター(笑)と わたし評価していま~す。


このたび ご縁あって 東京某所で 3/6(土) 個人リーディングを受けましたので、 以下 数回に わたって その内容を報告させて頂きますね~♪  最初は暗いですが・・・(笑) 私のトラウマ部分の解放から 入っていますので・・・悪しからず・・・



以降 

ゲリーボーネル氏の発言を「GB」紫  

鹿児島UFOの発言を 「鹿U」青で 表記します。



img54cc252fzik4zj.jpg 鹿U: 

こんにちは はじめまして 鹿児島からきました~ よろしくお願いしま~す

 GB: 

こんにちは よろしく  ひとり前の方も 鹿児島からでした お友達ですか? 一緒にこられましたか?
  

 鹿U: 

いえ違いますが・・・そうすると 今回は 鹿児島から 私・Hさん・ひとり前の方と、3人は いますね シンクロ重なりますネ~

 GB: 

SEE YOU~! フルネームと生年月日をどうぞ!

 鹿U: 

(本名と西暦の生年月日を答える。こちらから さっそく質問を始めようとしたら・・・ゲリーの方から・・・)


 GB: 

13~14歳の頃、アクシデント・事故がありましたか?あなたの感情体を引き裂かれるような 大きく揺さぶられるような 体験があったと思います。


 GB: 

27歳の頃 何か ありましたね~ とても大きな出来事・・・


 鹿U
: 

ん~ ?? (私は 昔の記憶は 結構たくさん 覚えているほうなのですが、その2点は 全く思い出せなかったのです・・・)


 GB:

まあ、あとで 思い出すと思います。 今回の転生は、あなたは非常に変わった人生ですね! ベリー インタレスティング~ (とても興味深い・セッション中、何度も、この単語を聞きました(笑))


実は 出だしから 自分では 思いつかないことを 2つも 言われてしまって ゲリー氏のリーディング、今日は 調子が 悪いのかな~? な~んて 不謹慎なこと 思ったりしましたが・・・(笑)



rblog-20180318072026-00.jpg


セッション後、宿泊先、 インターコンチネンタル ホテル東京へ戻り 録音を聞きなおして 超・愕然~!! 思い出しました~!!!  ウルウル(笑)




070423.jpg13~14歳の頃、アクシデント・事故がありました・・・ とんでも無い事故! 


自宅で 夜中 寝ていたら スゴイ衝撃~・・・ 家具類が 全て倒れ、 寝ている 部屋の畳が あちこち盛り上がって 何が? 何だか? さっぱり分からず・・・


母と一緒に とにかく 逃げないと~と 階段を降りようとしたら 階段がバラバラになっていました! え~っ 逃げることも出来ない!


このとき 親子して 「この世の地獄を見た」 思いで 体が震えて 号泣しました!


何が 起こったかというと 居眠り運転の 大型トラックが ウチに突っ込んでいたのです! 1階に寝ていたら 死んでいたでしょう~


この事故自体、非常にショックでしたが・・・ 思春期でもあった私には 、もっと ショックなことがありました  地元の新聞に 「親子して泣いていた!」 と 書かれたのです  


事故後、学校に行ったとき 同級生たちから 「泣き虫だ!」 と 言われた事が その事故以上に 不快で 非常にショックなことでした 


この件・・・ ニュースやワイドショーで くりかえし報道される事が常。 被害者側の気持 や 加害者側の親族の気持などは いまの時代も まったく ケアされていませんよね~?  
 


27歳の大きな出来事・・・ 

これも 宿泊先で 思い出しました~


20090604220536.gif高校生

以来 ずっと モテなっかった私(爆笑)


当時 やっと まともに付き合えて 結婚を考え その母親にまでも 会った恋人


高級ホテルのフロント嬢  四柱推命が上手で ジュデイオング似の 美人さんでしたが 「美女と野獣」と言われてました~(爆) 
rblog-20180313231710-00.jpg

ところが 突然に フラれて・・・・精神状態 そうとうマイって 自殺衝動まで出ました~(笑) 数年、引きずりましたよ~(爆笑) 



ゲリー氏によると 今生 生まれるときに 私は 結婚の計画は 無かったそうですが・・・(おそらく、この時の心の空白が結婚を引き寄せたようです)


いやはや 私の 現世での 思い出したくない出来事・・・そろそろ 「手放しなさい!!」と 指摘してくれたのです♪ (大感謝)  覚醒者の金言 というものは おうおうにして 時間がたってから理解できるものなのですね~!
   


いうおいおう.gif GB: 直前の人生が、イタリアで、非常に短命だった。 終わるべきでなかったのに という思いで、若くして 突然に亡くなったのです。(1955年)


当時の2次世界大戦から 生きて帰ったのですが オートバイで走行中 トラックが バックで 突然 道路に 出てきて 激突! 右半身が つぶれて亡くなりました。  小さいころ 右足が痛くありませんでしたか?


 
鹿U: 

・・・??? い・・痛かったことは ありません・・・(汗)



またまた

鹿児島UFO やってもうた~ これも ホテルで思い出しました・・・(笑)


そうです! 幼少時は 母に、よく足が痛い! と 申しておりました~ 病院でも 原因不明と 言われたのを 思い出しました~! 


幼少期の健康状態は おうおうにして 前世の状態が反映されるのです (例・・・幼少期のぜんそく <----> 前世の結核とか・・・)   


ところで 吉本ばななさん! アナタも ゲリーさんとの対談本で 「 違う!」と 言い過ぎてませんか?(笑) 逆に ソコが リアル でもありましたが・・・(笑)



 BG: 

そして 2年後(1957年)に生まれたのです! (年がバレますね・・・笑)


本来 そこで 生まれようとしていた人を さしおいて オレと代わってくれ! というような 割り込むかたちで  「とても古いベテランの魂」 ならではのワザで・・・  


この時代 このタイミングに 

これから起こる 特別な時期に 参加するために 生まれてきました!


通常 このような 短いサイクルで 生まれ変わる事例は とても珍しいのです ベリー・インタレスティング~ (とても興味深い)
     


追伸、ゲリーさんに言われた古いベテランの魂とは、

私は、53000年ほど前に地球に飛来してきた魂で、地球入植組の魂としては、ベテランなのだそうです(^o^)


次回に つづく~ 


ポチリ OUT順 IN順 の 

両方のバナーを おしていただけると幸いです♪

ご愛読 いつも ありがとうございます では また (^^)/



「IN順」 ポチリ とクリック

よろしく お願いします♪

にほんブログ村

 

(OUT順) バナー  ポチリ

よろしく お願い申し上げます(^O^)/
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村







Last updated  2018.03.18 07:20:27
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.