509229 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★☆海外 うんちく 食寝遊☆★

2006.12.12
XML
カテゴリ:亜細亜

あまり見るところ、遊ぶところもない、お仕事だけのシンガポール

強いてあげれば美味しい中華料理ぐらいのシンガポールだが。。

前々から噂を聞いていたが、どうも本当に実現するようだ。。




 シンガポールの観光地、セントーサ島に、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ」や水族館を取り入れた巨大カジノリゾート施設が2010年に誕生する。同国政府はカジノ解禁をてこに、海外観光客を15年までに現在の2倍となる1700万人に引き上げる計画で、東南アジア市場で香港、マカオなどとの観光客争奪戦が白熱しそうだ。

 ブルームバーグによると、シンガポール政府は11日までにマレーシアのカジノ運営会社、ゲンティングにカジノリゾート施設の建設を認可した。

 このカジノリゾート開発プロジェクトは「リゾート・ワールド・アット・セントーサ」と呼ばれ、10年にセントーサ島に家族連れで楽しめる複合施設をオープンさせる。投資額は52億シンガポールドル(約3900億円)に上る。

 ユニバーサル・スタジオのほか、世界最大となる水族館や1600席の劇場、小売店や客室数1830室のホテルを併設する計画。ブルームバーグによると、アナリストは「ユニバーサル・スタジオの集客力は大きく、多くの来場数を集められるだろう」と予想している。

 AP通信によるとリム・フンキャン通産相は同プロジェクトによる経済効果を「15年までにシンガポールの国内総生産(GDP)の0・8%に相当する27億シンガポールドル(約2000億円)と3万人の雇用を生み出す」と試算するなど、大きな期待を寄せている。

 シンガポールではすでに、ビジネスマン向けのカジノ施設開発計画も動き出している。

 米カジノ経営大手のラスベガス・サンズが今年5月、シンガポール初となるカジノ運営免許を取得。AP通信などによると、同社は36億ドル(約4100億円)を投じ、09年に大規模なコンベンションセンターとホテルを備えるビジネスマン向けカジノ施設を金融街の近くにオープンする。

楽天トラベル






最終更新日  2006.12.12 09:25:11
コメント(0) | コメントを書く


PR

お気に入りブログ

チェリーヒルズ⑦☆109… New! まー(シモパ)さん

PizzaHutのシーザー… New! カーク船長4761さん

水出しコーヒー作成中 幹雄319さん

帯広「かつらぎ」で… ショテマエさん

ぴゅあの日記 ぴゅあ-01さん
かおりのアジア太平… りとるかぶさん
セブの青い空 SKYANGELさん
モンタとマオ☆ほのぼ… デコポン7662さん
日本と世界を行った… Samaita Westsideさん
宮崎市  にゃんき… 麻奈。さん

購入履歴

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.