509075 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

★☆海外 うんちく 食寝遊☆★

全120件 (120件中 61-70件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

北中南米

2006.10.15
XML
カテゴリ:北中南米

かぼちゃ


ハロウィーン(Halloween)は、キリスト教の諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。

ケルト人の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられたものとされている。ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。ただ、これに合わせて欧米では、放火事件などが頻発する。

これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化けかぼちゃ)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする!!











最終更新日  2006.10.15 15:19:58
コメント(0) | コメントを書く


2006.10.13
テーマ:ニュース(83171)
カテゴリ:北中南米

おはようございます!

ボニータ、セニョリータ、ドリトス、チキティートス!

今度は沖縄ではなく、メキシコから

ラテンの血が爆発したようです。 では。。。





[メキシコシティ 10日 ロイター] 


メキシコで、道に出来た穴をめぐる2つの家族のいさかいが銃撃戦にエスカレート、4人の死者が出る惨事となった。

抗争を繰り広げたのはチアパス州バネロスに住むメキシコ先住民ツィツォル族。片方の一家が大雨でコンクリートと泥の道に穴が空いたため、道を通行止めにした。

メキシコの日刊紙『Reforma』が10日、報じたところによると、この道は運送業を営むもう別の一家がトラックを通さなければならない道だったために争いが起きた。

口論は殴り合いになり、最後には両家が銃を持ち出し銃撃戦になった。強力なAR-15ライフルまで持ち出されたという。先住民が多く住み、警察がほとんど機能してないこの州では、銃撃戦は珍しいことではない。

同紙には、陰うつな表情の住民たちが2つのグループに分かれ、穴を挟んで立っている写真が掲載された。穴は砂利で埋められ、今は通行可能になっているという。

外国人に喜ばれる日本のおみやげは。。→  ←コチラ!!







最終更新日  2006.10.13 11:15:38
コメント(2) | コメントを書く
2006.10.11
テーマ:たわごと(22734)
カテゴリ:北中南米

今や必需品になっているクレジットカード!!

世界初のクレジットカードは、ガソリンスタンド専用として登場したそうだ。

1920年代に、ガソリンを入れる度に現金を出さずにすむよう考え出されたとのことだが、

一般的に使われているものでは、1950年、アメリカ・ニューヨークのダイナース・クラブが発行したそうだ。

日本では1960(昭和35)年、富士銀行と三越が始めたとのこと。。。










最終更新日  2006.12.06 18:46:48
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:北中南米

doto-ru


街でよく見かける ドトール・コーヒー
現在日本に約300店ほどあるらしいが、、、


ドトールはどういう意味だろう??

こちら実は創業者が20歳の頃住んでいたブラジルの町の通りの名前が由来だそうだ。
修行中の住所が「ドトール・ピント・フェライス通り」
ちなみに「ドトール」はポルトガル語で博士、医師という意味。

では。。。









最終更新日  2007.04.02 23:21:28
コメント(4) | コメントを書く
2006.10.08
カテゴリ:北中南米

手軽に、簡単 インスタント。。。

インスタント・コーヒーは1909年、アメリカのワシントンという人が開発しました。第二次大戦の軍の食料に加えられた事で一般に普及したそうだ。

日本では1960(昭和35)年、森永製菓が発売しました。


インスタント・ジュースは、日本では1957(昭和32)年頃に粉末ジュースが作られたそうだ。


インスタント・ラーメンは日本の発明です。1958(昭和33)年に作られた日清のチキンラーメンが第1号!!


インスタント・カレーは、昭和の初め頃から即席カレーがありましたが、これは今のレトルト食品ではなく、カレー・ルウのこと!









最終更新日  2006.12.07 10:26:42
コメント(0) | コメントを書く
2006.10.07
カテゴリ:北中南米

おはようございます。 NYより新鮮なコカインをお届けします。

使用上の注意をよくお読み下さい。。。。




[ニューヨーク 10月4日 ロイター] 

ニューヨークのスーパーマーケットで「コカイン」という商品名のエナジードリンクが販売されているが、これにブルームバーグNY市長が、危険な麻薬使用を助長するつもりかと激怒している。

同市長は3日、記者会見で「このメーカーの連中は一回、頭を検査してもらった方がいいんじゃないか。子供たちを中心に麻薬問題を抱えているというのに、あんな破壊的な薬を美化するなんてとんでもないことだよ」と怒りをぶちまけた。

ラスベガスに本社を持つリダックス・ビバレッジズ社の高濃度カフェイン飲料にはコカインは含まれていないが、「本物の合法的な代替品」と宣伝している。

「コカイン」にはカフェイン、ガラナ、タウリンといった合法的な刺激物が含まれている。ガラナはカフェインを含む南米産の種子、タウリンは動物の細胞内で生成されるアミノ酸だ。

「コカイン」には「摂取すると過剰な興奮、スタミナ、喜びの原因となり、至福感が訪れるおそれがあります」という健康に留意を促す注意書きのパロディがついている。この飲料はニューヨークでは少なくとも5軒の店で販売され、同社のウェブサイトでは「コカイン」を使ったカクテルが紹介されている。











最終更新日  2007.04.01 18:12:33
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.18
カテゴリ:北中南米

ドル、$、Dollar....... Dじゃないの??

ふつう、通貨の単位を表わす略語は貨幣単位の頭文字を使用している!!

日本ならYENの「¥」である。

ところが、アメリカのドルはなぜかSに2本棒である。。。。

なぜかというと、じつは昔アメリカがスペインのターレル通貨を使用していた為

つまり、Sはスペインの「S」なのだ。このターレル通貨は16世紀にローマ帝国の
ボヘミアで発行されたものだが、のちに新大陸アメリカのスペイン領で使われはじめたそうだ。


100D











最終更新日  2006.12.07 10:27:26
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:北中南米

alaska



死ぬ前に オーロラを見たいとおもっているが、見れることのできる一つである”アラスカ
こちらの歴史に関して。。。。

こちらなんともともとはロシア領であった。

1868年、合衆国はロシア政府よりこの土地を購入。

その際、当時のロシア領の時は《ロシア領アメリカ》と呼ばれていた物を、アラスカと改名。

アラスカとは現地人の用いていた地名で、アリュート語で「大きな土地」と言う意味の《アラスカ:a-la-as-ka》が語源だそうです。

アリュートの原住民は、アリューシャン列島の島と比較してこの大陸部を「大きな土地」と呼んでいたそうだ。

ロシアは当時役に立たない土地だと考え、まさか、その土地から数年後、大量の金が発掘されるとは知らずに当時720万ドル、1ヘクタール5セントで売却。。。

日本の北方領土は魚がいっぱい取れるのでこういうことはないだろう。。。。。


楽天トラベル






最終更新日  2006.12.07 10:28:03
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.17
テーマ:たわごと(22734)
カテゴリ:北中南米

蚊に刺されたり、火傷などに塗り塗りする”メンソレータム


 1894年にアメリカのユッカ社が開発、後にメンソレータム社となり、1988年には買収されて日本のロート製薬の傘下に入っている。menthol(メンソール)とpetrolatum(ペトロレータム、ワセリンの別名)を組み合わせて出来た名前だそうだ。

メンソレータムと言えば、パッケージにデザインされたリトルナースが有名。日本で兄弟近江社がメンソレータムの販売権を持っていた頃、商業デザイナーの故今竹七郎氏がデザインしたもの。"The Little Princess"(テンプルちゃんの小公女)などの映画に出演し、当時天才子役として世界的に人気のあった女優、シャーリー・テンプルをモデルに起用!

リトルナースには、家族の優しさや奉仕という意味が込められている。現在世界中で販売されているメンソレータム製品だが、パッケージにリトルナースがデザインされているのは日本や中国など数ヶ国だけ。ちょっとした限定品で海外からの旅行者が土産として買って帰ることも多いとか....


リトルナースが目印!メンソレータム35g










最終更新日  2007.01.12 23:34:13
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.14
テーマ:海外生活(7384)
カテゴリ:北中南米

こんばんは。。。最近銅の値段が上がりこの手ニュースが多いですね。

日本でも 銅入りケーブルが8T盗まれたり、フィリピンのコインをそのままコンテナーにつめて輸出しようとした者がいるとか。。。。

”銅”しようもありません。。。。






[サンティアゴ 12日 ロイター] 

 チリでは、赤銅の価格が過去3年で5倍の上昇をみせていることから電話および電力のケーブルを盗む事件が続出しており、当局が懸念を示している。

電気通信大臣のパブロ・ベロは11日、闇市場で販売する目的で銅ケーブルの盗難が爆発的に増加していると述べた。

最近の鋼の価格は1ポンドあたりおよそ3ドル40セント程度(401円)。今年の初めには1ポンドあたり4ドル(472円)近くになったこともあった。2003年には1ポンドあたり70セント程度だった。

ベロは、「これ(盗難)は急激に増加しています。 そして、大勢の人に影響をおよぼします。私たちのエネルギーと遠距離通信サービスを犯罪者に引き渡すことはできません」と、ケーブル泥棒への刑罰を強化する案を議員たちと話し合った後、記者に語った。

チリの主力有線電話サービス会社テレフォニカチリは先週、今年ケーブル窃盗対策に費やされる金額がおよそ550万ドル(およそ6億4691万円)で、少なくとも50万人の固定線利用者に影響をおよぼすだろうと発表した。



楽天トラベル






最終更新日  2007.04.01 18:10:10
コメント(2) | コメントを書く

全120件 (120件中 61-70件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.