136889 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

怪獣と暮らす日々(セカンドバージョン)

PR

お気に入りブログ

おはようございます。 New! らいちんださん

カナダ1番のり!全… 桑野一哉さん

久米信行「縁尋奇妙… 当たらずと雖も遠からずさん
源氏物語の世界 jooxさん
フットマーク株式会… 磯部成文@FOOTMARKさん

カテゴリ

コメント新着

 大塚昌子@ 会社?個人?悪いのは?) 私事ですが、自宅が、住宅街のはずれにあ…
 k-くまちゃん@ Re:お気持ちは分かりますが(10/10) 通行人さん あなたも名前出さずに批判だ…
2007.03.09
XML
息子からいじめを受けているとの告白を受けた後、学校には即刻連絡しました。まずは担任に会って状況を確認するのが先決なので週明け朝一番に電話し翌日のアポを取りました。

いわゆる解決策などをまとめた雑誌も参考にしつつ(小学生を持つ親向けのビジネス誌シリーズ)、冷静に担任と話すためにも息子に過去と現在の状況を箇条書きにさせました。息子には大人の社会はやはり文書になっていないと立場が弱くなる、と話すと素直に書いてくれました。
担任はいい人だと思うのですが、とにかくこの前大学を出たばかりの若さです。まだ夢や希望の方が大きいだけに現実を受け入れられなくて、いじめの存在を否定されると困るなあと思ったのです。

文部科学省の「子どもを守り育てる体制づくりのための有識者会議」よりいじめ問題への緊急提言(PDF)をプリントアウトしていくのもちょっとした心理テクニックといえるでしょうか?(大人って....)


ワタシがかなり冷静な話の運び方をしたこともあり、話し合いは大まかにうまくいきました。家庭では見えなかった教室の状況もつかめましたし、ムスコの傷が一方向ではなく担任への不信感も含まれていることも理解してくれました。いじめ、とまでは感じていなかったようですが(それはいじめる方が巧妙だからですが)クラス全体の傾向や状態も大きな誤解無く把握しているようでひとまず安心しました。

また、自分の指導がベテラン教員のように円滑でない点も反省(自戒?自嘲?)しているようでした...。最後はどっちが悩みを相談しているんだかわからない感じになりましたが。


とにかく【いじめという手段は100%悪である】という姿勢を崩さないで欲しい。そのことを何度も念押ししてきました。こどもは先生が考えているより敏感に大人の信念を読み取るものです、とは直接言いませんでしたが間接的には言いました。

話を聞けばムスコにもいくつかの反省点はあるようです。しかしだからといって「それはいじめの理由にはまったくならない」のだと繰り返しておきました。

そして経過観察をしたいので、随時連絡を取らせていただきたい、というところで第一回の話は終わりました。


小さな学校なので、担任が一人で抱え込まなければ翌日には全教員が知るところとなるでしょう。(もしかしたら一週間程度でPTA役員の耳にも入るかも)そうなれば自然と目の届き方も変わってくるでしょうから、じんわりゆっくりとでも事態は変化してゆくはずです。








最終更新日  2007.03.10 00:10:16
コメント(0) | コメントを書く


プロフィール


k−くまちゃん

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.