000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はっぴーふぇいす

PR

X

Profile


り〜の*

Calendar

Category

Favorite Blog

のんびり電車で行こ… ぴなすけ。さん
ぼちぼち hosinosihoさん
By your st… ももはは。さん
たまごから かなしゃん♪さん
ブログ リリー4635さん
わくわく日記 イデア2006さん
美肌・本・子供のピ… tokko_mさん

Comments

 り~の*@ Re:おめでとうございます(04/09) なぎたんさん わぁ~、お久しぶりです!…
 り~の*@ Re:突然(04/09) JINTAさん いつものことながら・・、お…
 なぎたん@ おめでとうございます お久しぶりです 進級おめでとうございま…
 JINTA@ 突然 いつも、ありがとうございます。 前回の…
 り~の*@ Re[1]:その後(03/29) みーゅきさん 温かいコメントをありが…

Freepage List

August 27, 2009
XML
カテゴリ:かなくんの事
 一昨日のことでした。



 翌日にかなの二学期始業式を控え、
私は1階の居間で持ち物チェックなどや
夏休みの生活を総括して書き物をしたりしていました。



 かなは1階と2階とを行ったりきたりして遊んでいました。
窓から外を眺めるのが好きなために
いつぞや窓を開け放して下を覗き込んでいる姿を目にし
慌てて窓の鍵をかけたことがありました。



 それ以来、どんなに暑くても
かなが2階で遊んでいるときには
私がついていてもいなくても、窓には鍵をし、
それなりに対応をとっていました。



 この日も、後ろをついていたのですが、
かなも私にくっつかれるのを嫌がり、
私も準備などをしたかったので、
時々かなのもとに行きながらも
基本的には階下で自分の作業をしていました。



 それは突然の衝撃音でした。



 2階にあがって10分もしたでしょうか。
いきなり、かなの悲鳴とものすごい音がしました。



 2階で、何かから転げ落ちたような音で
大慌てで2階に駆け上がり、必ずといっていいほど
遊んでいる主寝室に飛び込みました。


 しかし、姿はなく。
ふと、主寝室につながるウォークインクローゼットを見ると
そこの小窓が開いていて・・・。





 かなは、そこから、
下に転落していました。







 状況を把握してすぐまた階下に駆け下りて、
玄関から家の裏手に回りました。




 そこには、紛れもなくかながいて、
名前を叫ぶと、こちらを向きました。


 落ちた瞬間から、彼はものすごい大声で
泣き叫び、泣き喚き、その顔は蒼白というよりは
むしろ土気色に近い、恐怖に歪んだ表情で、
それでも、上半身を起こして、
私の方に手を伸ばしました。




 私は、すぐに駆け寄って
とりあえず自分の膝に彼の体を抱きかかえて、




 口の中を切っているようで、
口の中は血まみれで、
右目の上が擦り傷になっていて、
とりあえず体を見渡しましたが、
それ以外に目立った外傷はありませんでした。



 その時点で、
かな以上に私は体がぶるぶる震え、
とにかく家の中に入りました。



 家の中では、かいが
「かなくん、大丈夫なの!?大丈夫なの!?」
と叫び、
私は、
「わからない、わからない。
  どうしよう、どうしよう」
と、とにかく動転していました。



 かなはなおも泣き叫び、
私はひたすら体中をチェックしたのですが、
やはり外傷は認められず、
するとかいが「救急車を呼んだ方がいい!」といい、
それなのに私はひたすらどうしよう!と呟いていました。



 抱きかかえていたかなが、立ち上がり
そして私の背中におぶさってきました。


 意識があることと、立ち上がった様子をみて
大丈夫なのかも、と少しホッとしたのかもしれません。



 そこで、ようやく我に返り、
救急車を要請できたのでした。





 初めて救急車要請をしたのですが、
5分もせずに救急車がきたのには驚きました。


 かいに家の戸締りを頼み、
そして3人で家の外に出ました。



 その時点でも、かなは泣き叫び
尋常ではない状態でした。


 救急隊員とのやりとりはあまり覚えていません。
とにかく、担架に乗せられ、固定されて
救急車に乗車したのですが、
言葉での指示が伝わらない子なので、
どこが痛いのかとか、すぐ病院に着くから、という言葉とか
何もかもが何も分からず、ただひたすら手を握って
大丈夫、お母さんはここにいるよ、と繰り返すだけ。




 かかりつけの病院に搬送されて、
CTとレントゲンを全身くまなく撮ったのですが、
どこも異常なし、でした。



 4mの高さから転落して、
ほぼ無傷なのは有り得ないことだと、
これは奇跡に近いことだと、
救急医から聴かされました。


 そう。
これは、本当に、
奇跡以外の何者でもないと思います。



 下に転落した、と分かったときに
ダメかもしれないと思いました。


 もうダメかもしれない。
命を失くすことになったのではと、

 
 それは、もしそうなった時には
自分も心臓が止まってしまうのではないかと
そんな息苦しさを感じました。



 病院に搬送されてから、
かいと2人、ぽつんと待合室に座らされて
遠くの方で、かすかにかなの泣き叫ぶ声が響いていて
神に祈る、とか、自分を責める、とか
そういった何がしかの感情というものが
自分の中から消えうせていたような時間でした。



 かいの横顔がとても白くて、
辛うじてかいに「大丈夫?」と訊ねて
頷く顔に、次の言葉は何も出てこず
2人でまた前の真っ白な壁を見つめていました。



 手足や体ががくがくと震えていて、
それでも、かいの手前しっかりしなきゃ、と
思う自分もいて、かいがいなかったら
正気を保てなかったと思います。




 かなは、すべての検査を終えて、
その日は入院することもなく自宅に帰ることができました。




 夜になって、背中というか腰を痛がり、
よつんばいになって歩いているのをみて、
どうやら背中から落ちたんだな、というのが分かり、
背中から落ちたからこそ、この程度で済んだんだ、と
今さらながらゾッとしました。


 昨日は2学期の始業式でしたが、
念のためにと再検査をすることになって
学校ではなく、病院に行くことになりました。


 再検査の結果、やはりどこも悪くなく、
血液検査の結果も異常なしで、
とりあえず、もう2週間後にもう一度
検査をして異常が認められなかったらいいでしょう、と
いうことになって帰宅しました。



 そして。
もうすっかり元気いっぱいになった彼は
今日、何事もなかった顔で登校していきました。



 私もいろいろな荷物を学校に届けに行って、
教頭先生をはじめ、何人もの先生から、
心配されたということと、安堵のお言葉をいただき
本当に本当に、大変なことにならなくて良かったと、
あの時は、気が動転していて、そして無我夢中で、
あまりのことに感覚が麻痺していたような気もして、
もしかしたら、これを綴っている今この時が
一番あの恐怖を心に強く感じているのかもしれません。


 手が震えています。





 ウォークインクローゼットの小窓だけが
窓は閉まっていたものの、クレセントは掛けられていなくて
そこを開けて、どういう風によじ登ったのか、
その窓枠に腰を掛けていて転落したようです。




 昨年新築した我が家は、かなに配慮した作りにして
とにかくかなのためだけに建てたマイホームです。



 家の中では、目を離しても気が楽で、
そしていつもほぼ一緒にいるからこそ
かなの動向も把握済みで、
傍目には大変に見える子育ても
ここ最近はちょっぴり余裕をもって
接することができるようになってきたと思っていました。



 そんな麻痺した感覚が、
窓の鍵がかかっているかどうか
チェックし忘れたという、
ありえない不注意を引き起こしたのだと思います。




 救急治療の際にも、
発語のない、重度の知的障碍児ということで
医師たちが手探りでしか治療が施せない一面も
目の当たりにして、とにかく一度何かが起こったら
とんでもなく大変なことになってしまうのだと
身にしみて、身にしみて感じました。





 この日記にも、
「つかず離れずで見守りたい」と
綴ったこともありましたが、
文字通り「つかず」そして決して「離れず」で
見守っていかないといけないと痛感しました。




 とにもかくにも、
よくもあの高さから落ちて、無傷だったと・・。
そのラッキーな事実に涙がこぼれます。



 夜、かいに
「今日はビックリさせたね。ごめんね」と謝ると
「かなくんが死ぬかと思ってこわかった」と、
そこでかいがぼろぼろと涙をこぼしました。



 かいにも怖い思いをさせてしまって、本当にごめんね。
かいのものすごく白い横顔を思い出します。
この子にも、あんな顔をさせてはいけないです、絶対に。




 気を引き締めて生活するようにします。
もう、こんなことはこりごりです。
助かった命を大切に、一緒に生きていきたいです。





 






Last updated  August 27, 2009 02:08:21 PM
コメント(14) | コメントを書く
[かなくんの事] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.