000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はっぴーふぇいす

PR

X

Profile


り〜の*

Calendar

Category

Favorite Blog

のんびり電車で行こ… ぴなすけ。さん
ぼちぼち hosinosihoさん
By your st… ももはは。さん
たまごから かなしゃん♪さん
ブログ リリー4635さん
わくわく日記 イデア2006さん
美肌・本・子供のピ… tokko_mさん

Comments

 り~の*@ Re:おめでとうございます(04/09) なぎたんさん わぁ~、お久しぶりです!…
 り~の*@ Re:突然(04/09) JINTAさん いつものことながら・・、お…
 なぎたん@ おめでとうございます お久しぶりです 進級おめでとうございま…
 JINTA@ 突然 いつも、ありがとうございます。 前回の…
 り~の*@ Re[1]:その後(03/29) みーゅきさん 温かいコメントをありが…

Freepage List

October 22, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 代わる代わるうちの子は・・・。


 と、溜息をつきたくなりますが、
今日はかいの話です。





 今日、帰宅したかいが
「忘れ物のことで、先生が
 おうちの人とお話してきてって言った」
と言い出しました。



 実は、昨日
習字道具を忘れたということで
連絡帳にそれに関して先生からのコメントが
二行ほど書かれていました。



 内容は、忘れたので、その時間
習字ができなかったということと、
家で習字をやってくること、という一文が
書いてあったのが、その文が線を引いて
消されていました。


 
 かいを叱り、習字をやっていかなくていいのか尋ねると
書く半紙が家にないことを言ったら、やってこなくていいと
先生が言った、といいます。





 ホントかよ?と思いながらも、
確かにその文に斜線が引かれているので
ともかく、キツく叱っておいたのでした。




 それが、今日、帰宅してから
忘れ物のことについて、
ちゃんとお家の人と話すようにと言われ
なぜそんなに忘れ物をするのか、これに関しても
お家の人とボクの“悪いとこ見つけ”をして、
どういうところが悪いからこんなことになるのか
考えてくるように、と言われたというのです。




 聞けば、習字道具を忘れたのは、
今回で二度目だといいます。
もう、親としてブチ切れものの話なのですが、
確かにかいが悪いのですが、それにしても
先生が、かいの“悪いところ見つけ”をするようにと
言われたというところが、カチンときました(怒)。






 いや、そりゃもう、何度でも言いますが、
かいが悪いという前提は理解しています。




 ただ、言っちゃナンだけど、
思い切って言い切っちゃうけれど、
たかが習字道具を忘れたくらいで
(クドいくらい言いますが、決していいことではなく
 忘れ物くらいナニさ、ということでもないのですが)
悪いところを見つけてこい、とはどういう了見か!?





 ワタシ、完全にキレました。




 いつもは、学校に電話をさせていただく場合、
頭の中で、話の仕方をシュミレーションして、
いかにこちらの思いを最善の方法で先生に
理解してもらえるかを考えて、電話をするわけです。





 ただ、今回は、とにもかくにも
悪いところ見つけ、の一言でブチ切れて、
えぇい、もう、このイキオイのまま電話してやれ!と
受話器を握り締めたわけでした。






 それでも、今までの経験からいって、
意気込んで電話をしても、かいから知らされていない
新たな事実(かいが悪いという真相)が先生の口から判明して
申し訳ございませんでした!と平謝りすることもあったので、
意気込んだとしても返り討ちにあうだろうな~、と
そんな腹も括りつつの電話となったわけです。





 連絡帳のコメントを拝読して、
昨日親子で話しあった、いうことと、
できなかった習字も半紙がないから
やってこなくていいと言われたということで、
学校で今日またもやこの件に関して
帰宅したら速やかに家の人と悪いところ見つけを
しなさい、と言われることではないのでは、と、
感情が高ぶるのをグッとこらえて、あくまでも低姿勢で
話をさせていただきました。



 すると、想定内のことですが、
先生は電話の向こうで、苦笑しながらも
「悪いところ見つけなんて・・。
 いえね、そういうことではなくて、」
と、今日連絡帳に書いた件でお家の人と話をしたのかと
かいに尋ねたら、ヤツがしていないと言ったそうで(怒)
それでお家の人と忘れ物をしないように対策を考えて
いらっしゃいと話をしたということなのです。





 それでも。
電話をする前にもクドいくらい何度もかいに
悪いところ見つけ、の一言について、
本当に先生がそう言ったのかと何度も訊ねたのですが
彼は、確かに先生がそう言った!といったのです。




 かいは、そんな言葉を捻出できるような
アタマの持ち主ではなくて、
とにかく言われたことをそのまま言う子供なのです。
 だから、彼の作り話の一言なんて有り得ないと思ったし
だからこそカチンときたのですが、それを先生に
正面から、こういう言葉を使ったんですか!?と
聞きただしたところで、かいの聞き間違い、捉え間違いだと
言われることは分かりきっていました。←過去の経験





 だからこそ、認めなくてもいいので、
ただし、クドいくらいに、こういう言葉を言われたというので
ビックリして!と言ってやりました。
 5回はこの言葉を繰り返してやりました。
悪いところ見つけなんて言われて、そんなことしてこいって
先生が言ったの!?なんて、何度もかいに聞いたんですよ、とか言って。




 その度に、先生は曖昧に苦笑いし、
いえいえ、そういうことではなくてぇ、と言葉を濁し、
だけど言ってない、とは言いませんでした。





 言ったんだよ、先生。
  言ってるんだよ、先生は。






 そういうことじゃないならいいんです、と言い、
とにかく習字の半紙は買ってきて書かせて提出させます、というと
そんなわざわざ買ってこられなくても・・、とかいうので、
その時間みんなと同じことができなくて、そのままにしてしまうのは
絶対に良くないので、キチンと書かせます!と言い切りました。
 半紙なんて、高いモノでもないし、
高くたって、習字道具を忘れて出来なかったのはかいが悪いんだし、
ちゃんとケジメはつけないと、やれなかったからやらなくていい、なんて
思われたら困ります。
 思いそうだし、かいという人は・・。
そっか、書かなくてもいいんだ、って実際思ったって言うし(溜息)。





 その子供の悪いところを
お家の人と探して見つけて来い、だなんて
とんでもない話だと私は思います。




 だから、電話を切った後で、
またまた今回も新たに判明したグッタリする真相と
(国語辞典も2回も忘れてるんだって!!)
今回の習字道具の件とともにコッテリ絞ってやり、
とにかく忘れ物は絶対にしてはいけません!と
言い聞かせました。




 そして、

 もし、また今度先生が
 アンタの悪いところを見つけてきなさい、
 って言ったとしたら、
 先生にこう言いなさい。


 おかあさんは、かいくんのいいところは
 いっぱい知っているし、たくさん見つけられるけれど
 悪いところは探したくないし、そんなことはできません!
 いいところ見つけなら、たくさんたくさんできますよ!



 ちゃんとそう先生に言いなさい、と伝えました。





 親バカですか?





 親バカでもいいですよね。
実際、かいの悪いところの方がたくさんたくさん
目に付くし、それで日夜腹もたてば親子バトルにも
なっていくのですが、
そんなところを見つけようと思って叱るわけじゃない。







 悪いところ見つけ、なんて言葉は、
まさか先生、お使いになってないですよね~、
かいの思い違いですよね、
と、
 ビックリしてお電話差し上げたんですが、
そんなこと仰ってないんですよね、
じゃあいいです、お騒がせしてスミマセン。




 といって、電話を切ってやりました。



 言うことは言えたので良かったですが、
とりあえずすごく疲れました。



 もう、本当に、昨日といい、今日といい・・・。
よくも毎日イロイロあるもんだ、と
やぶれかぶれな気分で何だか笑えてきました。




 いろんな意味で、
毎日が真剣勝負です。







 



 






Last updated  October 22, 2009 11:04:40 PM
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.