000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

はっぴーふぇいす

PR

X

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

トホホです

March 31, 2009
XML
カテゴリ:トホホです
 今日は、やってしまいました(涙)。

 夫から午前中に、

「今日は3時頃、帰宅。
  シャワーを浴びたらそのまま仕事に行く。
            弁当とおにぎりを頼む」

 とのメールをもらっていたので、
2時くらいからお弁当作り(兼夕食作り)の任務を
遂行しようとのんびりしていたら、
なんと2時前に夫が帰宅したのでビックリして、
そこから超特急でお弁当作りにとりかかったのでした。


 慌てていると、やはりロクなことはしませんね。
スライサーでキャベツの千切りを作っていたときに
ロクでもないことが勃発。


 あろうことか、スライサーで
キャベツではなく、自分の親指をスライスしてしまいました・・。


 やっちゃった瞬間に、
「あぁ?もしかして、やっちゃった!?」
と思ったのですが、それは痛みでそう思ったのではなく、
まさにスライスされた感覚で分かりました。


 親指を見てみたら、あっという間に大流血・・(呆然)。

 急いでいるというのに、本当にめちゃくちゃ時間がないのに
我が親指を眺めたまま、気が遠くなりました。


 とりあえず、最初にナニをしたかというと
まずはスライスされた分身を探して、捨てました。
 私の親指のカケラが入ったキャベツの千切りなんて
私ですら食べたくありませんから~!


 そうこうしているうちに、まさに大流血、すぷらった!
ティッシュで患部をおさえるも、溢れ出す血!!

 
 ワタシ、血はめちゃくちゃ苦手です。
それもなぜか、自分の血が大の苦手です。
 とりあえずティッシュで患部を押さえてしばしボー然。
そうこうしているうちに、なんと貧血になってしまい、
クラクラしてその場に崩れ落ち・・(恥)。


 キッチンカウンターの向こうでは、
夫とかいくんがガンダム談義に花を咲かせていて
私の悲惨な状況にダレも気づいてくれず(悲)。


 あぁ、どうしよう、とグルグル回る頭で考えてたら
やっと夫が異変に気づいてくれました。


 夫も状況にビックリして、
「料理はいいから、横になってろ」
と言ってくれたのですが、とりあえず
お弁当をこしらえてからでないと、
横になるにもなれず。


 とにかく応急処置でバンドエイドを貼り、
肩で息をしながら、肉を焼き(メニューは豚肉の生姜焼き)、
なんとかかんとかお弁当をこしらえることに成功。


 マジで溢れる血に
「これはイカン!
  出血多量で死んじゃうかも・・!」
と、気が遠くなりました。


 夫に患部を見てもらったら(←もう自分では見られない)
直径三ミリの範囲を、スライサーでエグっているらしい。ひょえ~!
でも、三ミリくらいだからダイジョーブだ!と夫がいうので、
そのままバンドエイドを貼っておきました。


 そして、お弁当とおにぎりをこしらえて夫を送り出し、
とりあえず騒動は終息したのですが、
血の止まる気配はなし。


 お風呂に入って、子供たちの体を洗おうものなら
ボディシャンプーがめちゃくちゃ傷口に滲みて痛くって!
 でも一番イタかったのは、クレンジングオイルでした。
今日は化粧落とさなくてもいいか!と思えるくらい痛かった。


 で、その後も出血は止まらず、
バンドエイドを何度も貼りかえて、
水仕事もしなきゃいけないので
またその都度貼りかえて、
あれから7時間くらいたった今
ようやく出血は止まってきたようです。



 今回ケガをした右手の親指くんは、
昨年末にも流血騒動をおこしていて、
つい二週間ほど前にも窓を閉めるときに
なぜか指を挟んでしまって、流血騒ぎを
おこしたばかりの指です。


 それが完治してきたと思った矢先の
今回の流血事故。


 親指ばっかり、とんだ災難に遭っています。
親指だけ、厄除けに行ってきたい気分です。


 今日は、流血と貧血で散々な一日でした・・。








Last updated  March 31, 2009 10:42:36 PM
コメント(4) | コメントを書く


November 26, 2007
カテゴリ:トホホです
 またもや仕事の話です。
そしてグチ日記です。気分の良い内容ではないので
スルーしてくださっても構いません。


 先日新しく移動した店舗での上司のことを日記に書きましたが。
何ていうか悪い人ではないし、意地悪をされているわけでもないので
これはもう私が感じるだけのことであって、ひどい話でもなんでもないと
思うのではあるけれど、ちょっと耐え難くなってきました。

 接客の仕事でもあるのでお客様に対する私の対応がまだまだなところもあり
お叱りを受けるのは当然といえば当然なんですけど。
 それでもお叱りの内容がちょっと受け止めにくいものになっています。
私がおぼつかないながらも必死でクレープを焼いて(クレープ屋さんなので)
そしてお客様にお渡ししたあとで
「今のあれは商品じゃないよ。
 商品とはいいがたいものを無理やりお客様に渡してしまっている。
 私だったらお金だしてあんな商品は絶対に買いたくないし、
 今のお客様だってかなり不愉快な顔をしていたんだから」
というのです。
 でも決して言い訳ではないけれど、お客様はそんな感じの表情をしては
いなかったし、それだったら作っている最中に「それは出せないよ」と
いってくれればいいじゃん、なんて思うのです。
 私からすれば必死でなんとか作っているのに、と思ってしまったり。

 そういう発言が何度もあって、そしてその度に
「多分今のお客さんはもう絶対にうちに買いにこないだろう」
と断言するのです。
 それを言われている私は平身低頭、小さくなって平謝りです。


 仕事はまだまだな部分がたくさんあるわけで、叱責を受けるのも
ある程度仕方ないと思うのです。
 それでも少しずつ雑談などもするなかで、私は悲観主義なんで
なんでも物事を悪い方に考えてしまうんですよ、みたいなことをいった時に
「あぁ、そんな感じだよね。
 だってあなたからはとっても『陰の空気』を感じるもの。
 なんていうか『マイナスオーラ』に包まれてるって感じよ。」
なんていうではないですか!

 
 悲観主義者だと自分で分かってはいるものの、直せないのが性格で
それがあろうことか『陰の空気』を感じるといわれてしまって
私ってそんなにマイナスイメージを醸し出している!?と怖くなりました。

 それに続けて
「笑顔がない」「声が小さい」「覇気がない」と続けざまにこれでもか、と
いうくらいいわれてしまいました。
笑顔がなくて声が小さいから冷たくみえるしキツくみえるそうです。
私って一体ヒトからどう見られてるんだろう??怖いです、ほんと。


 そしてどうやらその彼女の言う「覇気がない」のはかなくんの病状やら
そういった家庭の環境やらからきているのではないか、と彼女が推測して
いるらしく、多分彼女としては元気づけるためにいったのではないかと
思うのですが(極めて希望的観測ですが多分そんなことはないだろうな)
「子供さんが障碍があるとかっていうのは確かに心配なことだろうけれど
 健常児だってその時々でいろいろ不安なことや心配や悩みがつきないから
 障碍児も健常児も母親の気持ちは同じことよ」
といわれてしまいました。


 うちもかいくんは健常児です。
だけども、かいくんにはかいくんを育てていくにあたってそれなりに
不安や悩みはつきないし、それは事実です。
 でも一括りに「障碍児も健常児も育児は同じ」といいきるのはどうかな、と
思うのですがどうなんでしょう?
 
 自分だけが大変で悲劇で可哀想、なんてことは思ったことはありません。
それぞれがそれぞれにいろんな悩みを抱えているだろうし、その悩みを
大きいとか小さいとか他人が決めることではないと思います。
 でも「同じ」だといわれるとそれはやっぱり違うのではないかと思うのです。
うまくいえないのですが、障碍児を育てていくということは大きな何かを
抱えていくことに似た気持ちになるのは私だけでしょうか。


 ともかく、この一連の発言で私は私の中で彼女と一緒に仕事をしていくことが
苦痛に思えてしまいました。
悪気はないのはわかっているし、だけど悪気がないからと何をいっても
いいということではないだろうし、少なくとも私の中ではちょっと許しがたい
発言と捉えたことは確かなのです。

 自分のことをマイナスオーラが出ていると言われたことも悔しいし悲しいです。
でもやっぱりそれ以上に子供のことを言われるのはちょっと・・。
そういう子を育てているから余計にマイナス思考になっていったんでしょ、と
遠まわしに言われたときにはもうついていけないと感じました。


 今日、まったく別の会社の求人に応募してみました。
後日面接をしていただけるということですが、どうなることやら分かりません。
結局は今の仕事を続けていくことになるかもしれないし、転職することに
なるかもしれないし・・・。
 夫は「そんなことで辞めるんだったら、本人に直接反論してみたら」と
いいますが、そんなことができたらとっくにやってます。
 言われっぱなしで何もいえないのは我ながら情けないと思うのですが
やっぱり面と向かってはいえなくて・・・。
 こういうところが彼女がいわんとする「陰の空気」を持っていると
いうところなのでしょうか・・・。



 聞き苦しい内容の日記ですみません。
どこかで発散して少し気持ちを楽にしたかったので思い切って書いてみました。
こんなことくらいでへこたれずに頑張らなきゃ、と思ったり
もう辞めたいと思ってみたり、自分でも自分の気持ちを1つにできません。
 でもちょっと心の中から吐き出してみてスッキリしました。


 せめても、と思ってちょっと気が早いですが、壁紙をクリスマスに
変えてみました。
勤務しているお店がデパートの中に入っていて、今月からデバートの中は
クリスマスソングがこれでもか!というくらい流れています。
 実際にはまだ2ヶ月くらいあるのにな~と思っていたら、いつの間にか
もう1ヶ月でクリスマスになるんですね。月日のたつのは早いですね。

 明日はSTがあるので仕事は休みをもらいました。
午前中だけでもちょっとのんびりしたいな~と思っています。






Last updated  November 26, 2007 09:24:32 PM
コメント(3) | コメントを書く
October 10, 2007
カテゴリ:トホホです
 今日は小学校の給食試食会及び参観日でした。
参観日はいつもどおり午後からなのですが、母親委員会の
家庭教育学級なるものの催しで1年生の親だけを対象とした
給食試食会も行われました。

 午前10時から栄養士さんのお話を1時間ほど聞き、
それからまた今度は農水省の指導官とかいう方のお話を1時間聞いて
その後給食をいただくという予定でした。
 お話を聞くのはかなり眠いことになりそうだと想ったものの
給食を試食する時間を見計らってのこのこ参上するのはなんだかな~と
思ったので、指導官のお話のみを聞いて給食をいただくことにしました。


 思ったとおり、1時間も講話をしてくださったのですが
ほぼ内容は覚えておりません(恥)。
 朝ご飯の大切さや食品群のバランスのいい摂取の仕方などを聞いても
あまり生かせることがない私なので、有難く拝聴するに留まりました。


 で、いよいよ給食試食会の段になって、今日の献立表が配られ
何がいただけるのかな~♪と見てみたらば・・・。

 恐ろしいことが勃発していました(怖)。


 私はちびっと偏食のあるオンナで、何が嫌いって
『ネギ』ほどキライな食べ物はありません。
 余談ですが、偶然にも我がオットもネギが大の苦手。
ヤツは私以上にネギが嫌いで、インスタントラーメンなどに入っている
ネギですらよけて食べるオトコです。
 私はインスタントのあのカサカサした味気ないネギは風味も何もないので
そんなに気にはしませんが、夫はそりゃもう徹底的に排除します。
 一度などインスタントラーメンの最大手の某会社のお客様相談室に
せめてかやくは後入れ方式にならないか、とメールを送ったほどです(呆)。


 で、ご推察のとおり今日の献立には“豚汁”がありまして
その下の材料を見てみるとやっぱり思ったとおりネギがありました。

 ぎょえ~~~!!


 給食の配膳をしてくれるのは母親委員会の方たちであって
その際に「ネギは入れないでください」なんて絶対にいえないし!
 でもでもキライだし、口に入れたくないし、でも仕方ないし。
顔から血の気が引く音を確かに聞きました、ワタシ。

 
 しかし悪夢はそれだけでは終わらなくて。
眩暈を覚えながら他のメニューを見てみると、更に恐ろしいことが!!


 なんと“キャベツとたくあんの黒ゴマ和え”と書いてあるではないですか!


 私は前述しましたが、偏食オンナでしてネギも嫌いだけど
更に更にダメなのが“漬物全般”であります。
 漬物と名がつくものは、とにかくダメ。
梅干もかぶら漬けもツボ漬けもきゅうりのキューちゃんも、そして
そして例に漏れずたくあんも一切ダメなんです。
 あ、漬物だけど食べられるのはキムチだけだなぁ。
キムチは大丈夫です。なんでだろう、キムチは食べられます。

 ということで、更にたくあんとも格闘をするハメになってしまいました(涙)。
考えてみたら献立表は学校からもらってくるので、今日のメニューの
確認を怠った私の凡ミスでありました・・・。


 ここはもう腹をくくって、試食会が始まりました。
あとのメニューは 納豆・かぼちゃのそぼろあん・麦ご飯 でした。
私は嫌いなモノは先にやっつけて、好きなものは後々まで残すヒトなので
とにもかくにもまずはたくあんからやっつけることに!

 息を深く吸い込んで、あまりニオイを嗅がないように気をつけながら
口の中に放り込んでみました(エイッ!)。
 私がたくあんを口の中に放り込んだのはかれこれ30年位前です。
大袈裟でなく本当にそれくらい食べたことがありません。
30年ぶりのたくあんは、それはもう・・、それはもう・・。
 思ったほどマズくはなかったけれど、それでもやっぱり「おげ~っ」でした。
勢いで早々に三分の一ほどやっつけてから、おもむろに豚汁のネギ退治に!
 こちらも何ともいえませんが、なんとか、なんとかやっつけました。


 その後はとにかくこの両者の成敗に目をシロクロさせていまして
他のお母さん方は談笑しつつ試食されていたと思うのですが
私はとにかく敵を成敗することに集中していて、お母さん方とのお話も
半ば上の空状態でした。なにを話したか覚えていないです・・。

 敵の成敗に手間取り、大幅に時間を使ってしまって食べ終わるのが遅くなり
それやこれやでとても心臓に悪い給食試食会が終わりました。

 余談ですが、試食中に一緒に試食していた農水省の指導官の方が
「今日は何の日か分かりますか?」
と質問をされて、目が合ってしまった私は迷うことなく
「今日は体育の日です!」
と応えてしまい失笑を買いました(激恥)。
 数年前までは本当に体育の日でしたよね・・。
今日は『目の愛護デー』だそうです。もう今では体育の日といわないのです。
根っからの昭和なオンナはイタい目をみてしまいました。


 そんな感じでテキを成敗というよりは相討ちにあったような感じで
ヨレヨレになりながらもかいくんの教室に移動していよいよ参観日の始まり。

 ところが今日の彼のクラスは『さんすう』の参観日でして・・・。
一学期のあのとんでもなく威勢のいい返事の仕方やら手の挙げ方やらは
時間がたつうちにどんどんテンションが低くなっていき、やがて最後には
「姿勢のいい人を当てるからね!」
という先生の言葉に大多数の子供たちが背筋を伸ばして
「ハイ!ハイ!!」
というなかで、かいくんだけは背中がどんどん丸くなっていき・・・。

 絶対に当てられませんように!

 という、彼の心の中が丸見えでした(汗)。
そんな感じのヒヤヒヤ・ハラハラの1時間で、見ていても身が入っていない
感じが丸分かりで、問題が出されても解いているようであり、隣の席の子の
回答をチラ見もしていたりして母は気が遠くなりそうでした。

 
 まぁそんな感じで参観は終わりました。
とーっても・・疲れました。
 先生へのアピールは皆無に等しかったものの、帰宅してからノートを見たら
それなりに式を書いて答えもほとんど合っていました。
 苦手意識が芽生え始めていて自信がないから手も挙げられなくなって
きているんだろうな~と思います。
 これからもっと家庭で勉強をみてやらなければいけないなと実感。
なんとかついていける程度に親子で頑張らなきゃいけないようです。


 帰宅してから、ナニゲに明日の献立表を確認してみたら・・。
なんと明日は
 
  まつたけごはん・ちくわのいそべあげ・ポテトサラダ・巨峰

と、書かれていました(驚愕)!
 
 明日もう一度試食会に行きたいな~と切に願う
食い意地の張った私の独り言でした。







Last updated  October 10, 2007 10:31:58 PM
コメント(11) | コメントを書く
August 22, 2007
カテゴリ:トホホです
 来月から働くことにしました。
そうなると困ったのがかなくんのことばの教室。
 教室に通わせる時間がどう頑張ってみても取れそうになくて
夫ともいろいろと話し合った末に教室は退級することに決めました。


 4月からかなくんの担当がM先生から保育園の園長だったU先生に変わりました。
M先生は私も妹も保育園の時の担任だった先生で、とても温かい方です。
他の親御さんからの信頼度も高く、教室に通わせようと決めたのも
M先生がいてくださったからという理由がありました。

 それがU先生に代わって・・・。
もちろん今までのM先生と全く同じ指導を望んでいたわけではなく
でも今までと変わりない指導をしてくださるものと思っていたのですが
期待に反してU先生の指導は大袈裟にいえば私の神経を逆撫でするものでした。

 まずとにかくマイナス発想が強すぎること。
例えば指導をしてもらったあとにノートにその日の指導内容とか
かなくんの様子などを先生の思ったことや感じたことと織り交ぜて
綴ってもらっていました。
 その内容がU先生は
  
  ペンを持たせたのにお絵かきをしてくれませんでした。
  トランポリンに乗せたのに遊びませんでした。
  目を見て言葉かけをしたのに反応してくれませんでした。


 こんな感じでとにかくダメだったことばかりの羅列。
ノートを読んではこちらの気分もどよ~んと落ち込んでしまいそうです。

 M先生はどんなに些細なことでも出来たこと、もうすぐ出来そうなことを
綴ってくれて、かなくんが頑張っていることを私に教えてくれました。
 私の視点もどうしても出来ないことや興味のないことにばかりいきがちで
でもその度にM先生は叱咤激励してくださって、私がつい見落としてしまう
かなくんの様子をつぶさに教えてくださいました。

 その文面から私は本当に元気をいただいたり、私の気づかないかなくんの
一面を気づかせてもらったりしていました。

 
 M先生とU先生を比べることはしてはいけないと思っていました。
でもあまりにも『できませんでした』『やってくれませんでした』と言われたり
ノートに書かれたりするとこちらの気持ちもブルーになってしまって
時々時間よりも早くお迎えにいって、かなくんがU先生に些細なことで
「それはダメ!」とか「これはできないの?」なんて言葉をかけられるのを
見聞きすると、もう私の中の何かが我慢できなくなってきていました。

 たまにノートを読む夫も内容に不快感を覚えていたようでした。
「意味ないから辞めたら?」なんていうこともあったりして・・。


 そういうこともあって今回退級するということは私たち夫婦間では
すんなりと決まりました。
 で、それをU先生に伝えたのですが・・。
それから何度も電話がかかってきます(汗)。


 要するに「辞めないで」ということなのですが、私が働きに出る以上
通わせる時間が取れないことは変えようのないことで、その辺の事情も
お話させてもらっていました。
 そういう理由で退級していかれる親子は過去にも何組かいたし
急なことではあるのでビックリされたのかな~と思ったのですが。


 かなくんに辞められると私の勉強の場もなくなるので。
 り~のさんに辞められると他のお母さん方への影響も大きいし。
 私の指導方針に不平不満があるのなら、生まれ変わったつもりで
  やり直すのでざっくばらんに気持ちをいってほしい。
 私が元園長だから言いたいこともいえないんでしょ?
  元園長ということは忘れて何でもいってきてほしい。


 と、言われました。


 上につらつらと書き連ねたようなU先生に対しての思いはありますが
今回の退級はそれとは無関係なことだし、働きに出るのだからその辺の
事情は察して欲しいと話したのですが、もっと近場に職場を替えられないか
だとか、今辞められると教育委員会の方からもなぜ?といわれてしまうから
(うちのことばの教室は町の教育委員会の管轄になるそうなので)
いわゆる上司から自分の評価を落としたくないということらしいです。


 あのぅ~。
なぜU先生の評価や勉強の場のためにかなくんを通わせなければならないんですか?
私はかなくんのためにと教室に通わせていて、先生もかなくんのために
指導をしてくださっていたのでは・・・??


 その辺のところがかなり疑問というか謎です。
でもU先生の、いわゆるかなくんがどうこうではなくて、自分主体の考えが
とんでもなく私のカンにさわりました。

 ナニが何でも9月に入ったら教室を辞めたるワイ☆

 大人気なくそんなことを力いっぱい思ったりして・・(汗)。
教室には他に2人の先生がいらっしゃって、最初は退級することを
その先生方に相談させてもらおうと思ったのですが、やっぱりかなくんの
担当はU先生なのでU先生に一番に話をさせてもらうのがスジだと思ったので
まだ他の先生方には私からきちんとお話はさせてもらっていません。
 今日も教室に行ったら、他の先生方が何か物いいたげな表情をされてましたが
U先生の前で相談するわけにもいかず何も言わずに帰ってきました。
これはやっぱり担当のU先生と私との間で交わす話だと思うので。


 とにかく『私のやり方に文句があるなら何でもいって。あなたの思うように
指導するようにするから』という一点張りです。
 そういうことじゃないのになぁ・・。
U先生に不満があるのでは、と思わせてしまった今までの私の態度にも
もちろん問題があるとは思いますが、なんだかな~と思ってもそれはそれで
特に何か苦情をいってやろうなんて考えたことなんてなかったのに。
私の不徳のいたすところ、ということなのかなぁ・・。

 思わぬところでゴタゴタになってしまってちょっぴりブルーです。






Last updated  August 23, 2007 12:59:26 AM
コメント(6) | コメントを書く
June 27, 2007
カテゴリ:トホホです
 毎度のことながらいただいたコメントへのレスが
遅れております。すみません!
 これまた毎度のことながらまたもや我が家では
事件が勃発!!
 今回は・・かなり凹んでおります(涙)。



 今日の夕方かなくんにテレビを壊されました(号泣)。
いつぞやの日記にも書いたとおり夫が独身時代に購入したテレビを
使用していた我が家ですが、ゴールデンウィーク前にかなくんに
とうとう破壊されてしまいました。

 騙し騙し使用していたし、もう10年以上使用していたし
家電製品の買い替え時期もきていたと思うので、壊されたことに
ショックを受けはしたものの、買い替えのタイミングだったのかもと
新たにテレビを購入しました。

 新たに購入したものは最新の薄型テレビでした(遠い目)。
どうせなら、と夫が頑張って37インチのでかいものを購入。
そしてこれまた兼ねてから夫が所望していたスカパーにも同時に加入。
GWから我が家はテレビに関しては時代先取り(←死語?)の素晴らしい
環境になったのでした。


 なので、まだ購入してから2ヶ月にもなっていないのですよ(涙)。
そもそもの問題は今流行りの薄型テレビだったのがイケなかったということ。
薄型なので、かなくんがユサユサゆするとグラグラしてたんですよね。
 それを夫がなんとかテレビ台に固定して事なきを得ようとしたのですが
コヤツの馬鹿力は親の想像を遥かに超えていました。


 夕方台所仕事をしていたらば、ド、ドォ~ン!とすごい音が!!
慌てて居間を覗くと、そう、テレビが見事にまっさかさまに落っこちて
いたのでした・・・。

 かなくんがゆさゆさしだすと
「だめだよ!」とか「おかーさん、危ないよ!」などと
かなくんを嗜めたり私に教えてくれたりしていたかいくんは
なんとこのときに限ってソファでうたた寝をしていました。
 運の悪い状況が重なって、かくしてテレビは落っこちたのでした・・(溜息)。


 音声はとてもクリアーに聞こえてきます。
が、肝心の映像がどーもなりません。
液晶がやられているのだと思います。
 夫がすぐさま電器屋に問い合わせをしたのですが、ともかく
メーカーに見てもらわないと状況は分からないとのこと。
 修理に出すとなると軽く10万はかかりそうだというし
だけどテレビなしというわけにはいかないし・・・。

 でも、なんで??
なんで、こ~なるかなぁ!?



 最近やたらとテレビに触るので危惧はしていました。
テレビに触るたびに「ダメっ!」と叱ったり、手をペチッと叩いたり
その都度かなくんは逃げていったり、泣きべそをかいたりしてましたが
何度注意しても何度手を叩いても理解はできなかったのです。

 何度も何度も注意して、注意を積み重ねていけばいずれテレビには
近寄らなくなったのかもしれません。
 だけどそこまで長い時間を費やす間もなく事件は起こってしまいました。
なんだか泣きたくなってしまいました。気が抜けてしまいました。


 モノが壊されることは我が家において日常茶飯事のことです。
今我が家の居間にかかっている壁掛け時計は壊れたままです。
 それ以外にも壊されたものは数知れずあります。
でもそういう破壊されたモノは健常児だったらば、決して壊さないものばかりです。
仮に触ったとして、親に注意されれば次からはやらなくなるのです。
 かなくんはすでに4歳半。
フツーの4歳半ならば物事の善悪も多少はつくようになってくるし
ともかく親に叱られればやらなくなります。
 やっていいこと悪いことの判断能力は充分ある年頃だし、叱られれば
学習能力で次からはやらないようになったりするものです。


 でも、かなくんにはそれができない。
言っても言っても、言い聞かせても言い聞かせても理解できないところが
この子を育てていく過程でとても辛い瞬間です。
 叱られれば大粒の涙を流して泣き喚くかなくんだけど、多分なんで
叱られてるのか、なんで手を叩かれなきゃいけないのか、すぐには
理解できないのです。
 それでもいけないことはいけないと教え込まなきゃいけなくて
ワケが分からなくて涙を流すかなくんを見るのは親として
耐え難い場面です。
 いずれこの経験が積み重なってワカる時がくるから、と心を鬼にして
叱ったり諭したりしているけど、確かな手ごたえもなくて途方に暮れます。


 今日もたくさん叱られたけれど、最後までどうして叱られてるのか
理解できなかったかなくんでした。
 壊れて映像の映らなくなったテレビと、そのテレビの前で涙をこぼすかなくん。
自分のしたことでテレビが映らなくなったことも分からなくて、
テレビをつけて~といわんばかりに私の手を引っ張ってテレビの画面を
触らせようとするかなくん。



 いつものことなんだけど、今さらなんだけど本当に溜息が出ちゃうな~。
出費がかさむのも痛いし、最新のテレビが2ヶ月も持たなかったことに凹んだし
たくさん泣いたかなくんのまだ涙の残っている頬をみるのも辛かったし。

 あ~ぁ。イヤになっちゃうなぁ~・・・。
こういう瞬間がこの先何度訪れるんだろう、とイヤな想像ばかりしちゃう
自分もイヤだし、余計に落ち込んでいくし。


 ひとまずテレビが直るか、新しいテレビを購入(ひょえ~!)するか
ともかくこの件が片付かないことには気持ちが落ち着きません。
 ど~なる、我が家のテレビ事情!?
ていうか、もうこういう事件はウンザリです・・・。






Last updated  June 27, 2007 11:00:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 9, 2007
カテゴリ:トホホです
 今週も怒涛のように仕事に追われてあっという間に週末です。
なんだかあまり今週の記憶がありませんが・・・。

 記憶がないというよりも忘れてしまいたいことが多すぎて
脳みそがパニくっている状態かも。
 なぜかというと~。
またしても、またしてもパンクしました。本当に、また!
 前回のパンク事件から5日しかたっていなかったのに、
なぜにまたパンクか!?とぐったりです。
 しかも今回はタイヤ修理で治まる話ではなくて、タイヤ交換になりました。
まだタイヤを購入していないので、ただいまスペアタイヤでの走行です。
これがまた微妙にハンドルをとられて走り辛いったらありゃしない。

 仕方なく週末にタイヤを2本取り替えることになりました。
2本で4万弱・・(号泣)。
明日夫がタイヤショップに出向いて、4万弱を3万弱に値引き交渉してくる
とかいってました。夫、交渉事とか値引きとかが大得意のオトコですから!

 それにしても一週間で2本のパンクに2本のタイヤ購入は痛すぎました。
なので、内職に精を出しています。疲れたとかいってられないわ~。

 夫は今週は千葉県から帰宅することなく、次の仕事場所新潟へと向かい
そして昨日・今日はどちらにいらっしゃるか把握しておりません。
 本日深夜に帰宅ということで、まもなく帰ってくるのではないかと思います。
珍しく明日は休みらしいのですが、最初の情報だと明日も明後日も仕事の予定で
それを聞いたときはもう頭がクラクラしました。

 平日は夫がいなくても仕方ないし、たとえちびっと辛くても子供達の世話や
家事はこなさないといけないし、何と言っても夫は仕事をしているのであって
やたらに不平不満はいうもんじゃないと思っています。
 ですが、こう不在が続いて、しかも予定変更ばかり続くとなんだか
振り回されている感が漂ってきて、オマケに子供たちの用事もことばの教室やら
STやらがあって、合間に内職があったりして本当に脳みそが溶けそうな
そんな感じで肩で息してるような感じです。

 ついイライラしてしまいがちで、八つ当たりの矛先は大体かいくん(詫)。
もっとゆとりを持たなきゃと思いつつも、かなくんのとんでも行動とかもあって
気分はブルーになりがちで、サイアクです。

 こんな時に夫がいれば役割分担もできれば話し相手にもなるし
夫婦であって戦友であってそんな必要不可欠な存在の夫がいないとなると
気分は荒みがちになります(恥)。
 でも夫に「いいから早く帰ってこ~い!」というわけにはいかず
「なんでそんなに予定が変わるのさ!?」と責めても仕方のない事で
だけど心の中に湧き出てくるグチや不満が溜まっていくんですよね。

 どこかで発散したいけれど、そうそう家の中のことを外で話すわけにも
いかないし、話す相手にも気を使うしでどんどんウップンが溜まります。

 いっそのこと『王様の耳はロバの耳』の話のように家の床に穴でも掘って
その穴に向かっていろんなことを叫んでしまえたらいいな~とか思っても
穴を掘ったら階下のお宅があるわけで、ただでさえ苦情をいわれているのに
これ以上騒音を撒き散らすわけにもいかないし・・・。
 
 パンクとことばの教室とSTと内職と家事と・・・。
あぁ~、疲れたよぅ!!

 昨日から喉が痛いので、今朝病院を受診しました。
またまた喉の奥が炎症を起こしているとのこと。
暖かくなってきたと思ったら、また寒さがぶり返したりしていて
それで風邪をひいたようです。
 
 泣きっ面にハチ。

 細く長く生きていくために以前の私からは考えられないほど
素早く病院を受診するようにしていますが、少しずつ受診の間隔と頻度が
あがっていくのが分かって怖いです。
 
 子供と違って病院の受診代もかなりな額だし、いやはや・・・。
私にも乳幼児受給者証ならぬ『オバはん受給者証』みたいなのが欲しいです。

 明日の晩は久しぶりに夫にかなくんを任せてゆっくり夕食を食べたいです。
いつもは食べさせるのに必死で、自分の食事なんて食べたか食べないか
分からなくて、オマケに残り物ばかりを食べているもので・・(汗)。
 メニューは鍋と決まっているので(我が家の週末は鍋と決まってます♪)
久しぶりにチューハイなんか飲んだりしようと密かに企んでいます。
 ちっこいですが、そんな楽しみを見つけたりしながら私の座右の銘である
『その場しのぎのその日暮らし』を合言葉にまた頑張っていきたいです。

 






Last updated  March 10, 2007 12:50:35 AM
コメント(6) | コメントを書く
March 2, 2007
カテゴリ:トホホです
 今日内職に仕事を納品に行った際、駐車場でパンクしました(泣)。
いつもバックで駐車するのですが、バックしていたら小さな衝撃が
伝わってきたので、またしてもブツけたか!?と心臓をバクバクさせながら
車から降りたところ、タイヤがパンクしていました・・・。

 とりあえず仕事を納品して車に乗り込んでから今後の対処方法を
ちっぽけなオツムをフル回転させて考え込みました。
独身の頃パンクに気づきながらひとまず帰宅してしまったところ
かなりの距離を走行したためにタイヤはもちろんホイールもかなり
傷んでしまっていて、父親に怒鳴られた経験があります。
 なので、タイヤはともかくホイールは死守すべく対処を考えました。
夫に指示を仰ごうかと思いましたが、いつもいつも頼っていては
夫に頼れなくなったとき(って、どんな時??いなくなった時?)に
パニックになってしまうので、ともかくこの非常事態を一人で乗り切ることに。

 軽自動車に乗っていたときは1人でスペアタイヤにタイヤ交換できる腕を
持っていました。それも父親に怒鳴られながら仕込まれました(泣)。
でもすでに15年以上タイヤ交換をしたことがなくて、おまけに普通車で
か弱き(?)私の細腕ではタイヤ交換など出来そうもなく・・・。

 近くにガソリンスタンドもなく途方に暮れて夫に電話しそうになった時
ふと5分くらいの場所にタイヤ屋があることに気がつきました!
ともかくそこまでは運転していかなくてはならずドキドキしながら車を走行。
なんとか店につきました。

 タイヤの値段を聞くと私の車のタイヤサイズだと一本で2万円弱だそうで(泣)。
そこでタイヤを購入することになるのかと思ったら、とりあえずパンク修理を
すれば大丈夫だということで修理をお願いすることに。
 修理代に2100円かかりました。結構痛い出費でした。
時間も20分弱で修理が終わり、待っている間にやっと夫に連絡。
またまた「悲しいお知らせが・・」と切り出すと夫は最初また車をブツけたのかと
思ったらしく絶句していましたが、そうではなくてパンクだということを告げると
少しホッとしたようでしたが、それでも口数少なかったです(汗)。

 とりあえず今修理をしてもらっていることを告げ
「一生懸命考えてタイヤ屋を思い出して、修理をお願いして電話をかけている」
とちょっと威張ってみました。←バカ
 夫は「まぁ、それだけ出来ればいいか」と褒めてくれました。うしし☆←更にバカ
当たり前ですがこれからもなるべく自分の頭で考えて自分の足で行動して
いろんなことを対処していこうと思いました。やればできるってもんで☆

 長距離走行するならともかく、近所のちょこちょこ乗りならば早急に
タイヤ交換をすることもないそうで、少しホッとしました。
が、交換をした方がいいことに変わりはなくてお金をどうしようか模索中です。
2万弱の突発出費はマジで痛すぎます。自分のやったことながら痛すぎます。

 今日も夫は仕事で帰ってこられないそうです。
帰宅は早くて明日の夕方。
日常の些細なこと、些細じゃないことも私1人の力でなんとかしていくべき
力をつけていかねばと改めて肝に銘じました。






Last updated  March 2, 2007 07:01:54 PM
コメント(6) | コメントを書く
February 26, 2007
カテゴリ:トホホです
 やってきました月曜日!
そして仕事なしの三連休~~♪♪

 前日記にてお友達の皆様から温かいコメントを頂戴して
(あっ、レスがまだですみません 汗)
よっしゃぁ、掃除やらなんやらやるべきことをパパッと片付けて
あとはお休みを満喫するぞぉ~!!と張り切っていた私ですが。

 内職から電話が入るまで、部屋の模様替えもしつつ大掃除を
決行していました。
いらないおもちゃもゴミにして、あれもこれもやっちゃおうと
いつになくがっつり掃除に取り組んでいたところに電話が。

「今日の分の納品お願いします~。
  それから悪いんだけど、お休みの間に頼みたい仕事もあるんだけど~」


 えっ?
  ええっっ!?

 仕事、あんの!?!?





 そ~なんですよ・・・(涙)。
棚卸しといえども今はサイコーに忙しいらしくて、今年は棚卸の間にも
お持ち帰りのお仕事があったそうな・・・(遠い目)。
 それ、早くいってよぉ~!

 納品に行くと、どど~んと次の仕事を持たされてしまいました。
私のお休みは一体いづこへ・・・。


 家に帰ってくると、部屋が掃除の真っ只中のままになっていまして。


   20070226105543.jpg  足の踏み場もなく、ゴミもおもちゃも散乱してます


 もうこんなんじゃ、ヤル気なし。
でもここまでぶっちゃけてしまった以上、やらなきゃなるまい・・・。

 んだけど、もうやりたくない・・・。
私の貴重な、とっても貴重な三連休はいずこへ~~!!

 
 完全に3日間休みだと思っていたので、水曜日の午前中は美容院の予約を
入れてしまったし、午後からはかなくんの外来なので水曜日はほとんど仕事が
できないと思われるので、今からまた仕事をやらなきゃいけないのですね~。

 ♪こんなぁ~、ハズじゃあ~、なかぁったよねぇ~。

 さっきからこの歌ばかり頭の中をグルグル回っております(恥)。
あっ、この歌分かりますよね?ね、ね??


 ということで、大至急部屋を片付けたらお仕事に取り掛かります。
私って、今日は厄日かしら?? がちょ~ん!






Last updated  February 26, 2007 01:01:33 PM
コメント(2) | コメントを書く
January 8, 2007
カテゴリ:トホホです
 一昨日の夜にお腹に虫刺されができたといっていたかいくん。
昨日の夕方頃また虫に刺されたというのでムヒを塗ってやろうとお腹を見たところ
なんと無数に赤い発疹が!!

 ナニ?これは一体ナニ??


 いや~な予感がしながら病気大百科なる本を捲ってみるとやっぱり・・。


  水疱瘡 でした(涙)


 えぇ~!ドコで拾ってきたんでしょう!?
更にページを読み進めると潜伏期間は2~3週間らしくて、保育園では水疱瘡が
流行っていると聞いていないので記憶を辿ってみると・・・。
 3週間前にクリスマスのお買い物で人がごった返していたトイザラスに行きました・・。
多分そこで感染したのでしょう。それしか思い当たることがありません。

 熱はなく痒がるのを常備している痒み止めを塗ってしまってもよいものかが
わからなかったので、とりあえずそのままにして様子を見ることに。
そして今朝病院に行ってきました。

 病院は今日は休日診療だったのですが、運良くかなくんの主治医が休日担当医で
ホッとしました。かなくんへの感染の有無も聞けるし・・と思ったので。
でも病気大百科には感染力が高いと書いてあったので、確実にかなくんにも
感染していることは間違いないと思われました。飛沫感染や空気感染と書いてあったけど
最近2人は仲良く遊んでいるときは必ずチュッ♪をしているのですから~(汗)。

 受付で水疱瘡の疑いがあること告げると、少し離れた場所で待つようにといわれました。
そういいながら受付用紙に看護師さんが記入していた言葉は『隔離して待機』でした。
隔離・・。そりゃ、そうだよなぁ~・・。

 休日ということもあって、かなり待たされるのかと思いましたが20分ほどで
名前を呼ばれたのでホッとしました。
今朝にはかいくんの顔にも発疹がちらほら出ていたので主治医も一見しただけで
水疱瘡だといいました。
 痒くてかきむしってとびひになるといけないから爪は短く切って清潔にするように
といわれ、とにかく他人と接触しないようにと言われました。
感染症の中でも一番感染力の強いのが水疱瘡だということで、ヒドいときは
1m以内に近づいただけでも感染するらしいです。
 で、当然かなくんも感染してますよね~と聞くと
「当たり前でしょ。もう今さら何したって遅いから発疹が出たら速やかに連れてくること」
と素っ気無く言われてしまいました。
何度もいいますが主治医は悪い人ではないのですが、ともかく愛想はないわそっけないわ
そろそろ3年近いおつきあいになるのですがとにかく打ち解けられません(汗)。

 そして念を押すつもりで
「入浴は当分とりやめで保育園もお休みですよね?」
といったところ
「保育園なんて当然ダメでしょ!行ったら、人様の迷惑になるだけだから!」
と言われてしまいました・・・。
 
 迷惑っていわなくても・・。そりゃ迷惑には違いないけれど
分かってますって、そんなこと・・。念押しで聞いただけなんですよ・・(涙)。

 

 ということで、明日から保育園は始まるのですが、かいくんは多分今週は
登園はムリのようです。木曜にもう一度経過を診せるために受診することになりました。


 で、かいくんは私の言うことは理解できるしおとなしくもできるし、保育園を
休んだからといってどうということはありません。
私が果てしなく恐ろしいのはその後に待ち受けているかなくんの発症です。
かなくんが家にいたら内職どころじゃないし、そして塗り薬も塗らせてくれない
だろうな~と思ったら、仕方のないことですが憂鬱になってきてしまいました。

 とはいえ、今まで保育園やその他の場所でいろいろな病気が流行っていても
感染したことがなく、逆にいえばよく今まで無傷でこられたもんだ☆とも思います。
おたふくもりんご病もものすごく流行っていても1人涼しい顔で登園していたかいくん。
当然かなくんにうつることもなく無事にやってこられました。
病気だけは仕方ないですよね~。いつかはやらなきゃいけないんだし・・。

 新年早々びっくりの水疱瘡感染ですが腹を括ってかなくんの発症・完治までの
1ヵ月くらいを乗り切ろうと思います。
かいくんは真っ白な塗り薬を体のあちこちに塗られて「気持ちが悪い」とベソを
かいていました。
 いやはやかいくんよりも母の方が泣きたいくらいであります(涙)。
だって仕方のないこととはいえ、痒くて不機嫌極まりない大魔王に変身してしまう
かなくんが後に控えているのですから~!

 どんな些細な病気でも変われるものなら変わってやりたいと改めて願う次第です。






Last updated  January 8, 2007 03:58:24 PM
コメント(6) | コメントを書く
January 3, 2007
カテゴリ:トホホです
 昨日遊び呆けた夫が帰宅したのは午前2時過ぎのこと。
夫帰宅の物音で目を覚ましたのは私だけではなくて、恐ろしいことに
かなくんもでした。
で、それでごそごそしだして布団を抜け出そうとするのを私に止められ
彼の逆鱗に触れてしまいました(涙)。
そこからはどう宥めようと、もうとにかく泣くわ喚くわの大暴れ・・・。
夫は自分のたてた物音でこんな事態に陥ったというのにも関わらず
速攻で夢の国に旅立ってしまい、後に残された私はそれから40分ほど
かなくん相手に奮闘して、明け方だというのに燃え尽きました・・・。

 かなくんは元旦の夜中にもなぜかむずかって大暴れ&号泣したので
これで二晩続けての夜泣き(?)につきあうことになってしまいました。

 
 かなくんは子供だし夜泣きの原因が分からないとはいえ仕方のないことです。
じっと耐えて嵐の過ぎるのを待つしかないのですが、腹が立つのは夫です。
彼は年末から軽く鼻風邪をひいていたのですが、薬を飲めども一向に良くなる
気配がありませんでした。
それが今朝起きてくると更に体調が悪化しているらしいのです(怒)。
えぇえぇ、そりゃ体調の良くないときに深夜2時まで遊び呆けているのですもの
具合も悪くなって当然でしょうが!

 今日は初詣に近所の神社に行く予定だったのですが、どうするのかと聞くと
私の怒りが伝わっていたのか「大丈夫、行ける」というのでそのまま行くことに。
三が日の間には初詣に行きたかったし、お守りも買いたかったので具合の悪さを
見てみぬふりをして強行突破で出かけてきました。

 時々咳き込みはするもののあとは普通にお参りもしてこられてお守りも買って
いたのでこのまま良くなってほしいと思います。
だけど1人だけいい思いして遊んできて、物音をたてながら帰ってきてかなくんを
起こしておいて自分だけ夢の国はないでしょうに。
バチが当たったんだと思います。

 明日は夫実家での新年会です。
まだまだ鼻声は治らないだろうし、これでまた義母に
「こんな声になっちゃって~。もっと○○(夫)を気遣ってあげてやって~」
なんていわれること間違いなしです。あ~ぁ。
昨日義実家での夫たちのバカ騒ぎの際に義母が夫の鼻声に気づいていればいいのですが
多分気づいてないんだろうなぁ~。
ただでさえあんまり行きたくないのに、余計に行きたくなくなっちゃった・・。
明日の朝には夫の体調が全快していればいいんだけど。
って、あの声じゃムリだわな~・・・。


 幸い子供たちは年末から元気いっぱいです。
少し鼻水が出たりはするけれど全く問題ないようなのでそれだけが救いです。
でも子供の病気は精魂こめて看病できるけれど、夫の体調不良は腹が立つばかりで
看病する気にもなれないオニ嫁です。
 だって「寒気がする」とか「なんか温かいものが飲みたい」とか「のど飴ない?」とか
もう次から次へといろいろなことをいってくるからタチが悪い。
オマケに
「体調悪いのがオレでよかった。これがキミだったらこの家は回っていかんからな」
なんてほざいてくれました(怒)。
私は何があっても寝込めないらしいです。チキショ!


 正月早々けったくそ悪い(←コレって方言かな?)日記になってしまいましたぁ~。
皆様はくれぐれもお体に気をつけてお正月休みを満喫してくださいね☆






Last updated  January 3, 2007 10:41:47 PM
コメント(6) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.