6978233 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』100万部?日記

2010.12.15
XML
カテゴリ:読書前感想文
水嶋ヒロさんのポプラ社小説大賞受賞作「KAGEROU」(著者名は本名の齋藤智裕)、

発売当日に読むことができました。




【送料無料】KAGEROU



さて、感想ですが、

面白かったですよ。


あらすじだけ読むと重い話のようですが、まさかの軽めのコメディです。


自殺しようとしたら、謎の機関の人間に止められて、

「その肉体を売ってくれ」と言われる話です。


内容は、山田悠介さんの作品に近い感じかな。

文芸というよりは、児童小説や自己啓発小説にテイストは近いです。


どうして、文芸作品として売り出すんだろ?

コメディって言い切ってしまったほうが、好感は持てると思いますが。


「命」について感動できるかどうかは別にして、

伏線の張り方とかオチは、私が大好きな部類です。

若さ全開、勢い爆発な感じがして、(偉そうなことを言うと)自分の初期作品を思い出します。



以下、ちょっとネタバレのため文字反転(携帯の方は見ないでね)


――――


最初から主人公がおやじギャグを連発する所や、

「脳だけは自分そのものなので移植できない」といった話が

最後のオチにつながるので、そのあたりは上手いなぁ、と。


自殺を思いとどまらせるオチかと思いきや、

そうではなかったあたりも意外性があってGOOD!



――――


全体的にみると、(自分の好みのタイプでもあるので)星4つぐらい。


なお、文章力は、自分の『女子大生会計士の事件簿』

と同じぐらいです。

特に、人物描写、情景描写が不得手なあたりは (^.^;)













最終更新日  2010.12.15 19:46:39
[読書前感想文] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.