1455312 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

PR

X

プロフィール


kaitenet

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

背番号のないエース0829@ Re:PCR検査 「日本一遅い成人式が、無事終了 !!」に、…

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年04月08日
XML
カテゴリ:本に親しむ
 本の題名「読書の腕前」という題名からも読書について
強気の姿勢を感じさせる。というよりも本当に本が好き
なんだということだろう。

 ここでも本の読み方として「見知らぬ土地で本を読む贅沢」
「鈍行列車に揺られ‥‥日帰り読書旅」が紹介されている。

 遠出の旅行はさておいて、近場をこの本でも紹介されている
青春18切符でも買って今度是非試してみよう。

 なお、この切符は「青春」「18」とあるので年配の人は
「私ら関係ない」と思うかもしれないが、年齢制限はない。
老若男女、誰でも使える切符であるとのこと。


以下一部引用

 ”片岡(義男)は、自分の部屋で改まって読書をするのが
好きではなくて、どこか本を読むための場所を作ることで
「本を読むことにつきまとう束縛的な要素を逆転させる」と
いう。つまり、読書には時間を束縛されるという欠点があるが、
それを逆に、自分から進んで束縛する時間を演出しようと
いうのだ。その最良のシチュエーションが「旅行」である。

 たしかに旅に出れば、移動を中心に多くの時間を奪われる
ことは避けられない。それを読書に生かせばいい、という
提言だ。しかも「なにか目的がある旅行のあいまに、と
いうのではなく、本を読むだけのための旅行」を推奨している。
「新幹線のなかで読んで、到着した町のホテルで読んで、
町を散歩して、そして歩いていると必ず雰囲気のいい
コーヒーショップがみつかるので、そこでまた読んで。
どうしてこんなに楽しいんだろう、と不思議な気持ちに
なるほど、これは楽しいです。感動というものを体で感じますよ」
 読んでいるだけで幸せな気分になる文章である。”

 この本にはありとあらゆる書籍についての名前、著者に
ついての固有名詞がふんだんに出てくる。
 何か読む本の展開に詰まった時に、参考にしたい本である。

 

 青春18切符のページ






最終更新日  2007年04月08日 14時42分26秒
コメント(1) | コメントを書く
[本に親しむ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.