1091355 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

PR

プロフィール


kaitenet

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

beck@ 習志野市美術展覧会 習志野市美術展覧会 https://twitter.com…

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年04月30日
XML
カテゴリ:美術・展覧会
 以前から駅のポスター広告などで気になっていた、川端康成と安田靫彦の
展覧会「大和し美し」が開かれている千葉市美術館に行ってきた。

 GW期間中とはいえ、人出も少なく、鑑賞するには絶好の状況。

 安田靫彦が川端全集の表紙画を描いたことが契機となり、二人の交流が
始まり、その絆を深めていく共通点に古美術の収集や、良寛など
日本のよきもの、美しきものへの思いがあったようである。

 約1時間半をかけて鑑賞したが、川端のどっしりした書、安田が見出した
良寛の書の魅力などを垣間見ることができた。

 また、二人を写した写真家の林武彦や土門拳の名前にも思いがけず
めぐり合うことができた。

 特にその中で、先の大戦を省みて、日本文化の世界への発信不足が
要因のひとつであると考え、戦後、その流布活動に努めた川端に
今まで以上の理解と尊敬の念を感じた。

 そして、ノーベル文学賞を受賞した際の受賞講演では、良寛の以下の句に
触れて、その心の世界を発信したというくだりに感銘を受けた。

 形見とて 何か残さぬ 春は花
             山ほととぎす 秋はもみぢ葉

 巡回途中、少数の方々を引き連れている団体とぶつかり、その話し声に
いっとき興を削がれたが‥何とか先にやり過ごし、見終えることができた。

 文化の香りを体験できる場所が近くにあること、そのような時間が
持てることに多謝!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 h21.4.30bijyutu1







最終更新日  2009年04月30日 20時34分29秒
コメント(2) | コメントを書く
[美術・展覧会] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.