1090644 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

PR

プロフィール


kaitenet

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

beck@ 習志野市美術展覧会 習志野市美術展覧会 https://twitter.com…

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年08月01日
XML
カテゴリ:コラムなどから
 先日の日経コラム「あすへの話題」に載っていた東大教授の
北岡伸一氏の記事を以下引用。
 
 ”佐藤一斎に、「少くして学べば壮にして為すことあり。
壮にして学べば老いて衰えず。老にして学べば死して朽ちず」
という有名な言葉がある。学問が、何かの手段だけでなく、
それ自体、内在的な価値を持つものだということを意味している。”

 最近、佐藤一斎のこの言葉が意味することが何となく
わかるような気がする。

 この10~20年の間に仕事に直結する実務的な学科が
幅を利かせて、教養学的な学部や学科が影を薄くしていったが、
人生80年時代を迎えた今、定年後を有意義に過ごす上でも
教養学の充実はとても大事なことだと感じているが‥‥、
どうだろうか??

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ







最終更新日  2009年08月01日 20時37分57秒
コメント(2) | コメントを書く
[コラムなどから] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:佐藤一斎の言葉(08/01)   あんちゃん さん
まったく同感です。実務知識重視の世の中、教養すなわち「人間的魅力」がおざなりにされがちです。定年退職後に本当に勉強したいことを勉強できそうな気がして、今からワクワクしてます。 (2009年08月02日 14時14分05秒)

Re[1]:佐藤一斎の言葉(08/01)   kaitenet さん
あんちゃんさん
>まったく同感です。実務知識重視の世の中、教養すなわち「人間的魅力」がおざなりにされがちです。定年退職後に本当に勉強したいことを勉強できそうな気がして、今からワクワクしてます。
-----

目を大事にして、気力が続くように養っていきたいと
遅まきながら考えています。
(2009年08月08日 20時45分14秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.