1159144 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

PR

プロフィール


kaitenet

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

kaitenet@ Re:金戒光明寺と無鄰菴ぶらり(11/16) 金戒光明寺 http://kyoto-albumwalking2.c…

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011年12月11日
XML
カテゴリ:コンサート
 縁あって、石見(いわみ)神楽東京公演のチケットが手に入ったので見に行った。

 場所は北千住のマルイ11階にあるシアター1010。開場15分くらい前に
着いたがかなりの行列。開場と共に入場したが、700席は満員で、一番後ろの
席になった。

 演目は四神、天神、天の岩戸、塵輪、恵比寿、大蛇で、演者は西村神楽社中を
中心にしたメンバー。

 右側には太鼓、締め太鼓、ちゃっぱ、笛、の奏者が。

 中央では、あでやかな装束で回転が多い舞い。地味な舞台を想像していたので
ちょっと意外。

 一部終了後に、ゲスト出演の福岡ユタカとオタケビ神楽団の演目が入る。
先般、出土した銅鐸のレプリカによる演奏で始まる。銅鐸って楽器だったのか?
初めて知った。突如、鬼が太鼓に飛び乗るシーンも‥やや前衛的な演出も目についた。

 恵比寿では舞台に降りて、壺から飴を取り出して柔和な表情で観客席にばらまく。
観客も大喜びのサービス。

 最後の大蛇は圧巻。計8匹のおろち。長さは14mあるという。和紙と竹で作ったと
いう芸術品。舞台狭しと暴れまわる大蛇との決闘で終わる。最大の見応えがあった。

 約4時間の熱演。実際には夜通しで行われるという石見神楽。今回は一般向けに
ショー化した部分も目についたが、我が国最古の芸能と言われる神楽の一端に触れる
ことができた。

 h23.12.11iwami3


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



  mymedya


  shoseki



  h23.3.11shinsai01


  















最終更新日  2011年12月11日 21時53分51秒
コメント(0) | コメントを書く
[コンサート] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.