000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

PR

プロフィール


kaitenet

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

kaitenet@ Re:金戒光明寺と無鄰菴ぶらり(11/16) 金戒光明寺 http://kyoto-albumwalking2.c…

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017年05月23日
XML
カテゴリ:ぶらり、巡り
毎朝、通勤していた頃は、逆方向の電車に乗ってどっかに行ってしまいたいとか、このままずっと終点まで乗って行ってしまいたいとか、思ったことはよくあった。  それが、今、実現できている有難さを感じながら、今日の出発地へ向かう。 電車内では、SNSのやり取りであっという間に勝浦駅に、駅前のコンビニ?で塩飴を買おうと探したが、なかったのでレモン味の ”かむかむレモン” を一袋携える。 日向と日陰のコントラストが強い道を進む。陽射しは強いが風があり救われる、日陰はもうこれ以上ない快適さ、でも少ない日陰、、、 トンネルが、、トンネルを越えたらトンネルだった、そしてまたトンネルだ、つぎつぎとトンネルづくしの道、路肩も狭く車も比較的多い、まだまだ改善が考えれらる道を進む、久しく離れていた海が見え、しばし足を止める。サーファーが、、メガマウスらしきものは見当たらないか、昨日のニュースも頭をよぎる、、 そして、トンネルを越えると御宿だった。約2時間歩いて、やや消耗したので、駅の待合室でしばし休憩、この先を考える、地図を見ると近くにクアハウスが、自分の年齢と相談して無理をせず、ここで少し休もうとのことで訪ねると火曜日休館の札が、、だいたい人生こんなもんだということで、また歩きはじめる、次の駅までと歩を進めると蕎麦屋が、少し通り過ぎて引き返した。無理をせず昼食休憩タイムにした、1時間以上休んで、また歩き出す、、、 浪花駅の標識が、、駅に寄ってみると、小さな無人駅でなんともいい風情、待合室でまたしばし休む、ここで飲料を補給、駅の周りには何もない、でも、なぜか雰囲気がいい、何でだろう、、、、無名が有名になるとなぜか壊れてしまうものがある、などと考えながら、128号を上り、やがて大原の街に、寺と神社があり、そこに少し寄る、クスの木の大木がいい、神仏分離が完全ではないのだろうか?   今回はあまり変化のない道中だったが、無事に駅に、着いたと思ったら踏切の警報が鳴っている、見ると電車がすぐに、、飛び乗った、なにせ1本遅れると1時間は待つので、、、電車内では、またもや会社の人に、Hさん、ぐっすり寝ていたので声をかけずに、、 途中、人身事故の影響で1時間以上余計に時間を費やして、、11回目の旅が終了。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
  にほんブログ村













  Facebook

  Twitter
 
  
ライフスタイル ブログランキングへ






 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------



  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


  PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2019年09月21日 21時37分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[ぶらり、巡り] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.