000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

PR

プロフィール


kaitenet

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

kaitenet@ Re:金戒光明寺と無鄰菴ぶらり(11/16) 金戒光明寺 http://kyoto-albumwalking2.c…

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017年06月07日
XML
カテゴリ:ぶらり、巡り
天気の様子も今ひとつだけど、昨日の予報で雨は何とか大丈夫の言葉を信じて出発、一宮着8時半前、肌寒い、半袖できたのが失敗だったかなと、腕をさすりながら海岸方面へ歩き出す。 途中に一宮役場に、オリンピック歓迎の垂れ幕が、、海岸へ向かう途中で、ジョギング姿の女性が通り抜ける。しばらくするとリターンして帰ってくる、きっと、マラソンとかに出てるのだろうな、、などと、 30分ほどで海辺に、九十九里入り口付近の海岸を見た後、防砂林の脇の県道を北上、売約済みの空き地や新しく移住してい来たと思われる家や、保養所などもところどころに、それらに交じって廃屋もチラチラ、、、 1時間半くらい歩いたところで、スパの看板が、、吸い寄せられるように足が向かってしまった。 サウナと水風呂と、紫陽花が咲いている露天と、一通り入ったあと仮眠室に入る、静かだ、、1時間ほど寝いってしまった。まだまだの道中が控えているので、一杯は我慢、食事をして、少し休み過ぎた3時間と思いながら、、、 白子海岸のところまできて内陸に向かう、
田園風景と落ち着いた雰囲気の道を進む、、 途中歩いていると道に光るものが、よく見ると百円玉と十円玉が一枚ずつ、写真だけ撮り、後を通る人に託すことにした。 
ふと我にかえると、今まで歩んできた道を反芻しながら歩いている、先日、ある会合で話をした安岡正篤氏の六中観、「壺中天あり」が浮かんでくる、いかなる壺中を持つかによって人の風致が決まるなどと、、、 そして寺島実郎氏の著書から、10代遡れば2046人の奇跡の上に自分が存在していることなどを思い出し、、「生かされている」という意識が蘇る、、自分の役割は?使命は何か?、などと、、、
よ~やく見えた踏切、そばに提灯をぶら下げた店が、電車の時刻を調べて、ここで小休止、 ひと段落したあと電車に乗り帰途に、、、 第14回目のぶらり旅。

  ぶらり旅一覧表の更新

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
  にほんブログ村











 


  Facebook

  Twitter
 
  
ライフスタイル ブログランキングへ






 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------



  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


  PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2019年09月21日 21時36分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[ぶらり、巡り] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.