1472105 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

PR

X

プロフィール


kaitenet

カテゴリ

フリーページ

コメント新着

背番号のないエース0829@ Re:PCR検査 「日本一遅い成人式が、無事終了 !!」に、…

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年04月19日
XML
テーマ:徒然日記(19086)
カテゴリ:徒然な日記
遅くなったけど、ビシバシ取り締まってほしい、


これ、この10年くらい感じていたこと。歩道を安心して歩けない。
ましてや、下り坂の道などはいつもヒヤヒヤ。

昔、恐かったのは4輪車だけだったけど、今は歩道など、歩行者が安心できた道も、我の道とばかりに暴走する二輪車にヒヤッとすることが慢性的に、その都度、これは問題だと、

交番に寄って対策を依頼したり、動画を流したり、警察官に話したり、注意喚起のHPを作ったりと、

教育と取締りの両輪で対策してほしいと考えていたが、このたび、行政罰が、定められると報道が、

罰則が増えるのは、好ましいことではないけれど、現状の流れを見ているとこれもやむなし!

特にコロナ禍の現在は自転車の利用も増え?、せっかちやイライラ運転も、増えているような気もしているし、

高齢化社会の真っ只中で、高齢者との接触など、被害者加害者双方にとって取り返しがつかない事故につながることも増えるのではと、予想されるので、

まずはビシバシ取り締まってほしい。

あとは並行して自転車運転の法令教育やマナーを義務教育内で実施してほしい。
皆が安全、安心に暮らすために、、

  4月19日 サンデーモーニングから




生き方ランキング(現在2位)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
   にほんブログ村






 
日々の出来事ランキング

にほんブログ村テーマ 暮らしを楽しむへ
暮らしを楽しむ





 
   
  Facebook

  Twitter

  instagram





 耳より情報
-----------------------------------------------------------------------
ワンストップ習志野
-----------------------------------------------------------------------
習志野ぶらり
-----------------------------------------------------------------------
習志野ぶっくさろん
-----------------------------------------------------------------------
習志野わくわくMAP
-----------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
-----------------------------------------------------------------------
わくわく習志野
-----------------------------------------------------------------------
わくわく習志野(ツイッター)
-----------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
-----------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-----------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
-----------------------------------------------------------------------
アクティブシニア市民講座(習志野)
-----------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
-----------------------------------------------------------------------!






最終更新日  2021年05月05日 06時44分22秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.