1067788 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

PR

フリーページ

全470件 (470件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 47 >

読書から

2018年11月01日
XML
カテゴリ:読書から
まず、目次

まえがき イタリアの歴史哲学者を襲った大地震

第一章 秀吉と二つの地震
 1.天正地震と戦国武将
  先人たちは地震発生時刻をどう測ったか
  山内一豊の愛娘の死
  娘の死後、震災孤児を慈しむ
  家康の生き残り作戦
  地震に救われた家康
  若狭湾を襲った津波
 2.伏見地震が終わらせた秀吉の天下
  伏見城崩壊、多くの美女が … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年11月02日 11時03分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月08日
カテゴリ:読書から
べつにいろいろとあったわけではないが、、以前に、成人の日に新成人に向けたメッセージを新聞広告で発表していたが、その記事を読むのが好きだった。この方の短文は、サラッと読みやすくて、しかもちょっと味が利いていていい。 簡単に読めるということで、、

以下、目次
第一章 月
あれから30年が過ぎて さよならは言わなかった 別れたあとで 無念を握りしめて生 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年10月08日 14時23分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月06日
カテゴリ:読書から
紹介本、今回もふたを開けてみれば、バラエティに富む布陣、最初こそ静かに始まったが、だんだんと熱を帯びてくる。やや固く収まるかに見えたが、、、なんのなんの、カラーの写真資料が出てきたところでピークに、、あれやこれや、話が錯綜して収まらない。
 SLが、自転車に乗る中学生が、そして田中裕子に沢田研二に谷津遊園、、で、これは第30作の話、、なんてたって … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年10月06日 19時22分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月04日
カテゴリ:読書から
著者の名前に、おやっ? と思った。 この名前、先に読んだ養老孟司氏の本に何回か出てきた。 何かつながっているということで、また、年齢的にも少し上で、これから生きる上でも参考になりそうかな?ということで購入。

以下、目次
1 ダマシ、ダマシ生きる
   ボケ老人の行方
   家事力と主婦の脳
   50年経っても変わらないもの
   老人になるとい … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年10月04日 19時25分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月27日
カテゴリ:読書から
解剖学者であり、記憶喪失の体験を何度もしている方の書籍、「これだけは言っておきたかった」と帯に書いてあるので、読まないわけにはいかない。

一章 動物は言葉をどう聞くか
    馬鹿な犬と恩知らずの猫 動物は絶対音感の持ち主 絶対音感は「失うもの」 ヒトはノイズを求める 鳥がしゃべる根拠

二章 意味のないものにはどういう意味があるか
    感覚 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年09月27日 09時54分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月16日
カテゴリ:読書から
副題に〈わたしと世間〉とあるように、要は、極端な話、「世間学」と考えてしまうとわかりやすいのかも?? 帯には “世間とつきあう方法” とも "独学の手引き" ともあるので、そんな観点からの一つの見方が提示されているのではと、、

以下、目次
第一章 「社会学」 現代の世間話
 「世間」というもの 「世態学」と「社会学」 「世間話」の記録 世俗の学 文芸とし … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年09月18日 20時07分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月10日
カテゴリ:読書から
地元での読書会(習志野ぶっくさろん)を始めたのが3年前の4月、それから2ヶ月に1回のペースで、今年末には20回を迎える。最近は満席状態で時間も延長しての大繁盛、トータルで紹介された書籍は100冊以上。

そんな中、昨年6月、地元のことを話題にした小説が本屋大賞を受賞したというので、メンバーから紹介があった。その名は「みかづき」、作者は森絵都さん。  … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年09月11日 08時45分22秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:読書から
副題は ―高原の見晴らしを切り開くこと

 ちょっと堅苦しく感じる本、だけど表題のつけ方に魅せられて、それにもう一つは、パラパラとめくったら、10年前の秋葉原事件にも触れている。これは、だれか一人でも手を差し伸べることができたら防げたのではと、ちょっと心に引っかかっている事件。 そのあとの震災でこの事件は、あまりおもてには出てこなくなかったが、、、
… [続きを読む >>]





最終更新日  2018年09月10日 13時32分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月03日
カテゴリ:読書から
とくに佐藤優氏の著書には都度つど、「えっ、そうなの、そうだったの」という新鮮な情報が含まれていて外せない、ということで、、、

以下、目次
第一章 北朝鮮が勝ったあとの世界
     米朝会談が示す「拉致問題」の暗い先行き
     カジノで読み解く日米朝
     カジノの使い方の国際常識
     核拡散のリスクが高まった
     攻撃のタイ … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年09月03日 20時57分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月27日
カテゴリ:読書から
著者の名前は、歌人の河野裕子さんが亡くなる頃に初めて知った。夫婦と知り興味を持って、、、ところで、この本を見て驚いた。なんと著者は文学方面の方というわけではなく、主は理系の研究者であることを、そんなわけで、

以下、目次
Ⅰ部 知の体力とは何か

 1 答えがないことを前提として
    大学高校から切り離す 正解は一つなのか 答えのない問題 定石 … [続きを読む >>]





最終更新日  2018年08月29日 10時36分14秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全470件 (470件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 47 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.