517043 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

飛ぶように売れる製造業『日はまた昇る!』

2005/05/14
XML
カテゴリ:人生・教訓!
一昨日は、夜中の2時半まで九州ベンチャー大学の講演ビデオを久しぶりに見ていた。

早く寝るつもりが、見始めたら止められなかった(笑)。

ラーメンの博多一風堂・河原社長の講演ビデオだったが、面白かったのは長年ラーメン屋をやってきて、俺の天職はこれしかないと気付いたのが44歳の時。

それからは、迷うことなく一直線になったとか。

この44歳というのは、九州ベンチャー大学の栢野さんによれば、本人も含めて数人の人の転機になった年齢だとか。

不肖鍛冶屋の息子は、その時は、首の椎間板ヘルニアという変な病気になって、初めはまともに歩けなくなるは、翌年には首の骨を削る手術をするは、踏んだり蹴ったりの状態でした。

呪われた44歳でしたね(笑)。


しかし、この講演ビデオを見て天職について以前書いたことが、間違っていなかった、と確信に近いものになりました。

『無駄の積み重ねが天職になる』

若くして天職と思えるものに出会うのは、ごく稀で、殆どの人が無駄に無駄を積み重ねて、やっと辿り着けるかどうか?ということじゃないでしょうか。

『人には生まれながらの天職などない』と考えれば、もっと楽な生き方が出来そうな気がしますね。


以前、闘牛の世話をする兄弟が、テレビで紹介されていました。

この少年二人は、テレビゲームなど殆どしたこともなく、幼い頃から父親がやっていることを、ただ真似しながら覚えて、今や立派に闘牛の世話が出来るまでになったのです。

「今何がやりたい?」という質問に答えて・・・・

「牛の散歩!」と屈託の無い笑顔を見ていると、ホッとするような気持ちになりましたね。

まるで私の子供の頃の笑顔のような???(笑)。


この少年たち二人は、幼い頃から、遊びや興味を持つ選択肢が少なく、目の前の『闘牛』が一番面白かったんでしょうね。

彼らが、もしこのまま大人になっても闘牛の世話をやっていたら、これを『天職』と呼ぶのでしょうか。

洪水のような情報があり、無尽蔵な選択肢がある人が、『天職が分からない?』と言っているような気がします。

一体どちらが幸せなのか?。


会社を辞めて起業しようとしても、洪水のような情報に翻弄され、一歩踏み出すことを躊躇している人が多いと思いますね。

私が会社を辞めたとき、インターネットもなかったですし、情報は限られていました。

現在の環境を羨ましいと思う反面、「今だったら、頭でっかちになって、とても独立なんかしていないだろう」と考えることがよくあります。

余程吟味しないと、どれが正しくて、どれが間違っているか、分かりませんからね。


一歩踏み出すためには、周りを見ない、人の話を聞かない、ということも時には必要ではないでしょうか。


それではまた。













最終更新日  2005/05/14 08:27:24 PM
コメント(6) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2018/08
2018/07
2018/06

コメント新着

ぽれぽれローズマリー@ Re:今時の若者は!!!(05/22) こんばんは。 会見を見ていて、本当に心…
ぽれぽれローズマリー@ Re:たかがサラリーマン、されど偉大なるサラリーマン!(02/14) お久しぶりです(^^) 鍛冶屋の息子さんのお…
鍛冶屋の息子@ Re[1]:愛馬を手放す???(11/05) こちらこそ、ご無沙汰しています。 最近は…
ゆかい@ Re:愛馬を手放す???(11/05) すっかりご無沙汰しています。お客様の声…

お気に入りブログ

ひねもす だらだら New! k-nanaさん

【驚愕放映されなか… New! シャルドネ。さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

仙人、奥さんには「… New! 【亞】2さん

長男の名前 New! 開拓父ちゃんさん

櫛田神社境内の摂末… New! 神谷商店さん

早蕨(さわらび)は宇… New! Photo USMさん


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.