560472 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛ぶように売れる製造業『日はまた昇る!』

全51件 (51件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

何でも言いたい放題!

2010/03/15
XML
先程帰宅してテレビのニュースを見ていたら、アメリカでのプリウスの急加速の証言がでっち上げの可能性が出てきたという。

その証言をしていた男は多額の借金があったとか。

もちろん、まだ一つの事例にすぎないが、訴訟社会アメリカでは、何でもありなのか。

こんな価値観の外国勢が、鯨、マグロ、と騒いでいるが、黙っていたらとんでもないことになってしまう。

日本のイルカ漁を隠し撮りして映画にした輩が、正義の味方面しているほどですからね。


鯨やイルカを食べてきた文化を糾弾される筋合いはない。

トヨタの豊田社長がアメリカへ渡り堂々と証言したからこそでっち上げが浮かび上がってきた。

捕鯨船に侵入してきた環境テロリストは、逮捕して当たり前のこと。


今まで、国そのものがお人好しで、摩擦を恐れて泣き寝入りしてきた。

過度のお人好しは、国でも個人でも、寧ろ悪を招き入れるようなことになり兼ねない。

私もお人好しの面があるのは否めないので、自我を込めて。


それではまた。





クリックしていただけると励みになります!!!
ランクバナ-2



オガチ04
オガチは、落ちても落ちても飛ぶのを諦めない鳥!
夢を諦めるのは早すぎるぜ!
オガチの会』無意味に熱いバカ男バカ親父+違いが分かる粋な女たちの会!




『敗者復活戦』の物語を初めから読みたい方は⇒こちらへジャ~ンプ!






ロゴ3
会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。











最終更新日  2010/03/16 12:52:55 AM
コメント(6) | コメントを書く
2010/02/01
大相撲の理事選で、貴乃花親方が劣勢予想を覆して当選した。

旧態依然とした相撲界に風穴を開けるべく立候補しただけでも、最近にないようなニュースだと思ったが、まさか当選するとは、天晴れ!と言いたいですね。

今回のことは、確かに勇気ある行動だと思うが、時期が今だけに余計に目立った。


政治の世界では、もはや独裁者のような幹事長に物申す人がいないのは、恐ろしささえ感じる。

幹部議員はおろか、首相も黙っているのだから、当然の如く一年生議員は何も言えない。

おっと、ちょっと待ってくださいよ。

一年生議員と言っても、小学校の一年生ではないはず。

皆さん、それなりの学歴と経歴がある優秀な人ばかり。

何より、選挙で選ばれた人たちですからね。

それが、保身のためか、蛇に睨まれた蛙が如く何も言わない。

学歴で言えば中卒の貴乃花親方の方が遥かに立派ではないか。


それにしても、小沢一郎という政治家は、田中角栄、竹下登、金丸信、彼が仕えた政治家の手法を、そのまま踏襲していますね。

彼が仕えた政治家の秘書の中には、可哀想なことに自殺された方がいたと思うが、彼も秘書や元秘書を見殺しにして、自分は生き残るのだろうか。

恐ろしいことだが、それ以上に卑怯な気がしてならない。


私如きが偉そうな物言いとは分かっているが、それでも言わずにはいられない。

『一寸の虫にも五分の魂』、たとえ一寸の大きさでも気概と誇りは失いたくないものだ。


それではまた。






『悪い奴ほどよく眠る』

本当のワル?は、虫も殺さぬ顔をして、どこかで高いびきかな???

クリックしていただけると励みになります!!!
ランクバナ-2



オガチ04
オガチは、落ちても落ちても飛ぶのを諦めない鳥!
夢を諦めるのは早すぎるぜ!
オガチの会』無意味に熱いバカ男バカ親父+違いが分かる粋な女たちの会!




『敗者復活戦』の物語を初めから読みたい方は⇒こちらへジャ~ンプ!






ロゴ3
会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。











最終更新日  2010/02/01 09:03:28 PM
コメント(2) | コメントを書く
2008/09/02
テーマ:たわごと(21897)
昨夜は、今日の健康診断のため早めの夕食をと思い、9時前には自宅に帰っていた。

食事も終わり、テレビを見ていると福田首相辞任の臨時ニュースが・・・。

安倍首相の時も驚いたが、今回も驚き、ただ呆れるばかり。


今は亡き私の父は、先の戦争では激戦地ビルマで一兵卒として戦っている。

ご存知のように、ビルマでは多くの兵士が犬死にと言ってもおかしくない亡くなり方をしている。

ビルマに限らず、多くの犠牲者を出した要因は、あの当時の軍部や高級将校が自らの保身のため犯した判断ミス。

ただただ保身のみ。

そして、それをコントロールできなかった政治家たち。


安倍首相を追い込んだのは、宙に浮いた年金記録5千万件が明るみになってから。

これは、今まで隠してきた官僚が安倍おろしのためマスコミにリークしたのが発端では、と言われているらしい。

保身のため隠し、保身のためそれを逆手にとってリークする。

暴走する官僚・・・。

暴走を止められないひ弱過ぎる政治家。


今の官僚は、あろうことか、先の戦争の時の軍部や高級将校と酷似しているではないか。

コントロールできない政治家も怖いくらい変わっていない。


私ごときが偉そうに言うのもおこがましいが、いっそのこと共産党にでも政権を委ね、一度何もかも破壊?してから一から出直さないと収拾がつかないような気がする。

やはり同じ政党が長期間政権を担うなんて、異常としか言いようがない。

これでは社会主義ではないか。


こうなったら、思い切ってガラガラポンッと破壊してくれる政治家、出て来い!。






偉そうに書いても?と思ったが、今の状況は呆れる以上に怖さを感じる・・・???クリックよろしく!
ランクバナ-2


『敗者復活戦』の物語を初めから読みたい方は⇒こちらへジャ~ンプ!





ロゴ3
会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。









最終更新日  2008/09/02 08:21:06 PM
コメント(4) | コメントを書く
2008/04/01
今日4月1日は、新年度の初日でありエイプリルフール「4月馬鹿」の日でもある。

何か大法螺でも吹いて驚かせようと思ったが、今日までぎりぎり待ってガソリンスタンドで給油したら、150円に届こうとしてしていた価格が、なんと128円になっていて、この話題の前では法螺を吹いても面白くなさそうだ。

1回の給油で1,000円近い節約となり、4台しか車がないとは言え、我が社にとっては大変な節約となる。

おまけに契約しているスタンドが、値下げをやってくれたのだから、「有り難いね」と顔見知りの店員にお礼を言ったほどだ。

但し、スタンドにとっては、文字通りの出血サービスで申し訳ない気もする。

しかし、従来の価格のままのスタンドは、どこもガラガラで、この価格差の前には、どんな理屈も通らない。

この一度安くなったガソリンをまた値上げなどできるだろう。

それくらい、皆切実だと思う。


しかし、この道路特定財源の問題に隠れている、これ以上深刻な問題だと思われることが今日4月1日から始まる。

それは『後期高齢者医療制度』。

医療制度0401


2008年4月から始まる予定の「後期高齢者医療制度」は、75歳以上のお年寄り全員から、あらたな老人健康保険料徴収を予定しています。平均的厚生老齢年金受給者の場合、月平均6200円の年間7万4千円もの負担増です(厚労省試算)。月に1万5千円以上の年金収入があれば、老人健康保険料は、介護保険料とあわせて年金から「天引き」されることになります。
これまで扶養家族となっていたために、健康保険料負担がゼロの高齢者は、激変緩和措置として2年間は半額になる措置が取られますが、負担増に変わりはありません。年金収入が月に1万5千円にならない人は、老人健康保険料を現金で納めなければなりません。保険料を滞納すれば健康保険証を取り上げられます。


なんと、介護保険と合わせて年金からも「天引き」するとは。

私は、お恥ずかしいことに『後期高齢者医療制度』について詳しく知らなかった。

80歳を過ぎた母に送られてきた保険証と、そのパンフレットを見て唖然としてしまった。

いくら医療費の増大が深刻な問題とは言え、この制度はひど過ぎる。

因みに、母は先月まで私の扶養として健康保険証(社会保険)を持っていたが、今月から後期高齢者医療制度になると言って、私の保険料負担金がその分減るということは聞いていない。

契約している社会保険労務士も、この私の質問には驚いたことに答えられなかった。

もう一度言う。

この制度はひど過ぎる。

道路特定財源の問題も深刻だが、この問題はそれ以上ではないか。


零細企業の我が社でも、毎月三十数万円の社会保険料が引き落とされているが、年金、そして健康保険と、この国の制度は破綻している。

あらゆる問題を先送りしてきた付けが、ここに来て一気に出始めた。

いったい修正は効くのだろうか。


それではまた。







道路作るより先に人の道が大事だぜ???クリックよろしく!
ランクバナ-2


『敗者復活戦』の物語を初めから読みたい方は⇒こちらへジャ~ンプ!





ロゴ3
会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。








最終更新日  2008/04/01 09:18:33 PM
コメント(2) | コメントを書く
2008/02/25
昨日の九州国立博物館での感動が直ぐには冷めることはないが、天の邪鬼の私には気に掛かることがある。

昨日着いたのはお昼頃だったが、予想通り県道側の正面の駐車場は満杯で、それどころか順番待ちが列をなしていた。

直ぐにUターンして1キロほど離れた民間駐車場に、と思ったがここも満杯。

仕方がないので、誘導?されるように大宰府天満宮側に移動。

漸く空いている駐車場に車を停め、天満宮の境内に向かって歩く、歩く。

なんと、境内を通らないと行けないようになっている。

そして漸く辿り着いたところには、長いエスカレーター。

快適で疲れることはない。


しかし、エスカレーターと階段しかない。

気になったので、近くの警備員に尋ねた。

「車いすの人はどうやったら上ってこれますか?」

すると、とても丁寧に専用のリフトがあることを教えてくれた。

気付かなかっただけだった。

さすがは国立博物館、対応といい設備の面でもバリアフリーが行き届いている。

そして、次には動く歩道が待っている。

言うことは、ないんじゃないか?。


おっと、ちょっと待った。

この長いエスカレーターまで辿り着くのに、唯でさえ距離があるのに、境内の石畳や砂利、そして土の上を、たとえ補助者がいたとしても障害を持っている人には、ちょっと酷じゃないか。

案内がはっきりしていないので、太鼓橋さえ渡ろうとする人がいるかもしれない。

何かが?おかしい。

バリアフリーが行き届いているところまで辿り着くのが大変だとは・・・。


九州国立博物館


正面側の駐車場は約200台。

ちょっと少なすぎる。

朝早く行って開門するのを待っているしかないのか。

或いは、平日に行くしかないのか。


ここ九州国立博物館の敷地の殆どは天満宮の寄贈であることは聞いている。

しかし、ここまで設備が整い他にないようなバリアフリーの施設になっているのに、表現はおかしいかもしれないが、ただただもったいない。

他にないようなバリアフリーの施設を利用する人にとって、バリアフリーになっていないのではないか。

もちろん先人たちの大変なご苦労があり、多くの方の寄附もあり、私なんかが言うのは失礼であるのは分かっている。

私の幼稚な質問にも丁寧に答えていただけるようなスタッフの皆さんも素晴らしい。


それを考えると、正面側の駐車場をなんとかしないと本当のバリアフリーの意味がないのでは、と考えた次第。

大変な難問ではあると思うが・・・。


真摯な姿勢で勤められているスタッフやボランティアの皆さんには、敬意を表します。



それではまた。







菅原道真公は、私の暴言にお怒りだろうか???クリックよろしく!
ランクバナ-2


『敗者復活戦』の物語を初めから読みたい方は⇒こちらへジャ~ンプ!





ロゴ3
会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。













最終更新日  2008/02/25 10:05:41 PM
コメント(2) | コメントを書く
2008/01/22
株価が暴落している。

政治の無策が招いたと言う問いに、まるで他人事のように責任回避の答弁を繰り返す政治家たち。

アメリカの時代は終わった、日本の時代は終わったと喜ぶような評論もあるが、そんな評論をする者の足元すら不安定になりそうな雰囲気すら漂っている。

おまけに、官製不況に突入かと言われる建設業界の落ち込み。

私ごときが大上段に構えて言っても仕方ないとは分かっていても、ちょっと怖い雰囲気になってきた。


しかし、こんなことを考えながらも、日々の生活を過ごすために、ただ懸命に働かなければならない。

ねばならない、という表現より働く義務がある、否、義務ではなく意義がある。

世のため人のためとは言わないまでも、先ずは社員やその家族のため、そして何より私のため。

あえて私のためと言うのは、最近、私自身が幸せでないと人も幸せにできない、自分を好きにならないと人を好きになることなどできない、などと柄にもないことを思うことがあるからだ。

仕事にしても同じ事で、自分の仕事に惚れ込まないで、なんで事業として生業としてやっていく価値があるだろうか。

この年になって、漸くこんなことに気付き始めたのだから、救いようがないのかもしれないが、見方を変えれば大器晩成なのか(笑)。


新年となったこの1月は、かなり浮き沈みがあり、良いことも悪いことも一度にやってきた感がある。

だからこそ、今日のようなことを書いているのかもしれない。

特に悪い時は、隠しているつもりの悪癖である直情径行的な性格が顔を出す。

かなり丸くなった、と思ってはいるが、未だに未熟者の本性が出てしまう。

先日、「気負わず淡々と」などと自分に言い聞かせるためにカッコつけて書いたが、気負い過ぎて、何か怒り?のエネルギーを抑えきれない時がある。

自分自身への怒りとは分かっているのだが・・・。

怒り?ではなく、単細胞のわがままですかね(笑)。


こんな時は、元気が出る歌でも聴いて帰ろう。

先日、リンク先のnextさんが吉田拓郎が歌う「ファイト!」を紹介されていてついつい聞いてしまった。

音楽音痴の私には中々紹介できるものはないが、昨年別な方が紹介されていたこの歌は最高だった。

永遠の嘘をついてくれ!

若い頃の中島みゆきは好きではなかったけれど、何故か最近聞いてしまう。

特に、この中で吉田拓郎が歌うこの歌詞には唸ってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく

放っておいてくれと最後の力で嘘をつく

嘘をつけ永遠のさよならのかわりに

やりきれない事実のかわりに


たとえくり返し何故と尋ねても

振り払え風のようにあざやかに

人はみな望む答えだけを

聞けるまで尋ね続けてしまうものだから

君よ永遠の嘘をついてくれ

いつまでもたねあかしをしないでくれ

永遠の嘘をついてくれ

出会わなければよかった人などないと笑ってくれ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



それではまた。




今日は、柄にもないことを書いてしまった???・・・クリックよろしく!
ランクバナ-2


『敗者復活戦』の物語を初めから読みたい方は⇒こちらへジャ~ンプ!





ロゴ3
会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。









最終更新日  2008/01/22 10:02:31 PM
コメント(11) | コメントを書く
2007/12/27
今年も後数日となり、客先へ今年一年お世話になったご挨拶に廻っていますが、道路は昼間でも混んでいますね。

年末までに納めなければならない仕事が思うように進まず、その車のなかで携帯電話で何回かお客さんと話しましたが、漸く夕方明後日出荷できる目処が立ち、ホッとひと息という気分。

そこで、ブログを書くことに・・・。


先週の土曜日、零細企業の経営者4人が集まり忘年会をやりました。

皆、楽天ブログをやってはいるものの、別にオフ会ではなく、集まった者がたまたま皆ブログをやっている、そんな感じですかね。

メンバーは、マイスターさん人力屋さんたなこ屋さん、そして鍛冶屋の息子の4人。

HNだけだと怪しい集まりとしか思えない?(笑)。


私は、以前より中小零細企業の経営者がざっくばらんに語り合える場を作りたいと思っていたので、この集まりがそんな場になれば面白いでしょうね。

勉強会などに参加することは、とても為にはなるのですが、どうしても講師と生徒という一方通行の関係に終わりがちなので、教え合い学び合うことができる場、そんな雰囲気になればいいですね。

この日も、風力発電や環境問題の話も飛び出し、電機業界の片隅で仕事をしている私としては、ちょっとばかし熱くもなったりと、早い話が、ただ飲んで騒ぐ会?かもしれません(笑)。


「おっさんの会にしよう」

「それでは人が集まらんよ」

「21世紀の会はどうよ?」

「それは、カッコつけ過ぎ?」

などなど、最後までまとまりませんでしたが、兎にも角にも、ざっくばらんに語り合える仲間を増やしたいものですね。


ボスを作らずボスにならず、子分を作らず子分にならず、私の個人的な考えですけど、これを守っていけば、楽しい面白い会になるでは、と思っています。

まっ、ただ飲んで騒ぐだけ、それでもいいですけどね(笑)。



それではまた。






応援のクリックよろしく!。
ランクバナ-2


『敗者復活戦』の物語を初めから読みたい方は⇒こちらへジャ~ンプ!





ロゴ3
会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。









最終更新日  2007/12/27 08:51:45 PM
コメント(9) | コメントを書く
2007/09/12
安倍首相の突然の辞意表明を運転中に聞いて、思わず声を出しそうになった。

前代未聞、というか敵前逃亡のような感じもした。

これでは、先日書いた第二次世界大戦の日本軍の指導者と同じではないか。

これは言いすぎだろうか。


小泉前首相の下で活躍している時はカッコよかったので、いろいろとやってくれるんじゃないか、と期待をしていた。

しかし、首相になった直後に「靖国神社に行くか行かないかは言わない」と発言した時、この曖昧さは将来に禍根を残すと思っていた。


行くべきとか、行ってはならないとか、そのことではなく、この曖昧さはここ一番の決断ができないことを自ら暴露したようなものだ。

大臣の人選も周りを意識しすぎて、この決断が出来なかったのでは、と勝手に思っている。

期待していただけに残念だ。


やはり、日本でも政権交代は必要だ。


しかし、今回の突然の辞任劇で一番困っているのは誰だろう?。

民主党『3つの約束』
1.年金は国が責任を持って全額支払う。
  (年金の基礎部分の財源は全額税金で賄う)
2.1人月額2万6000円の「子ども手当」を支給する。
  (義務教育終了まで)
3.農業の「戸別所得補償制度」を創設する。
  森林・林業に対する自立支援を拡充し、100万人雇用を目指す。
  
これを消費税率は現行のまま税金のムダづかい徹底的になくすことで賄う。


ここまで来てしまった日本丸、沈むか沈まないか、この夢のような約束を実行してもらおうではないか。

小沢一郎代表、今度こそは自ら手を上げて首相になるべきだろう。






中小企業の経営者は、政治に踊らされず仕事だけに専念すべき、という人もいるが、常に関心を持つべきではないだろうか?・・・クリックよろしく!。
ランクバナ-2


『敗者復活戦』の物語を初めから読みたい方は⇒こちらへジャ~ンプ!





ロゴ3
会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。







最終更新日  2007/09/12 09:07:16 PM
コメント(8) | コメントを書く
2006/06/14
一昨日の夜は、ワールドカップの日本対オーストラリア戦を興奮しながら見ていました。

日本選手のまるでパスのようなシュートに思わず「久保を出せっ~~~~」と代表漏れした選手の名を叫んだりして、ちょっとばかしテレビに向かって悪態をついていました(笑)。

国内に招いての親善試合と違い、ガツンガツンと本気でやられるとこんなものかもしれませんが、不甲斐無いと感じたのは私だけではないだろう。

次の試合は日本選手もガツンガツンとやってほしいが、もし負けたとしても、「いい経験をした」とか「ワールドカップを楽しめた」とか「誇りに思う」とか流行り?の言葉は使わないでね。

先ずは大声で「チキショウ」と叫んでもらいたいね。

何かその方が見ていて気持ちがいいような気がする。


こんなことを書くと、相変わらず捻くれている、と言われそうですね(笑)。

しかし、最近余りにも優等生的な言葉が並べられ、本音がどこにあるのか、分からないことがよくありますね。

人を傷つけたくない、と言いながら本当は傷つけられたくない、のかもしれない。

たまには素直に本音を吐き出して嫌われようじゃないか(笑)。

テレビで「地獄に落ちるわよ」と怒鳴る怖い顔したおばさんが人気があるのも、みんなが我慢している証拠だと思う。


一週間振りに書いているのに、こんな内容になってしまいましたが、私は若き日サッカーに夢中な時期がありました。

以前書いたこともあると思います。

もちろん自分でも背番号『10』を付けて走り回ったりしたこともあります。

えっ?ボールじゃなかったの?、転がったほうが速いんじゃ???。

いえいえ、あの当時は何とか走れていました。

中学生の頃だったか、テレビでブラジルのペレを見た時は衝撃でした。

御多分に洩れず野球少年だったし、当時サッカーなんて体育の時間か昼休みにやるくらいでした。

サッカー所静岡なら未だしも、福岡ではそんなもんでしたね。

それがペレを見た時、サッカーってこんな面白いスポーツだったんだ、と改め感じたわけです。


1970年のワールドカップを制覇したブラジル代表。

ペレ、トスタン、ジャイルジーニョ、リベリーノ、ジェルソン、クロドアウト、カルロス・アルベルト、フェリックス・・・全部覚えていたのに後が出て来ない(笑)。

監督のザガロは1958年、1962年に制覇した時のメンバーでもありました。

ガリンシャという凄い左ウイングがいた時代です。


・・・ちょっと面白くなってきました。


1974年は空飛ぶオランダ人、ヨハン・クライフにブラジルは負けましたが、そのオランダを決勝で破ったのが、皇帝ベッケンバウワー率いる開催国西ドイツでした。

得点王ゲルト・ミュラーも凄かったですが、クライフをマークして抑え込んだボルグ?は素晴らしかった。

ボルグ?だったと思う・・・・。


1978年は、ケンペス率いるアルゼンチンが優勝。

そして、1982年は黄金の中盤と言われたブラジルのジーコ、ファルカン、ソクラテス、トニーニョ・セレーゾの4人が登場。

絶対優勝すると思っていたら、イタリアにまさかの敗戦。

トニーニョ・セレーゾの不用意なバックパスは忘れられないですね。

思い出すのが、ジーコがトヨタカップにフラミンゴのメンバーとしてきた時に、私は国立競技場で見ていたことですね。


そして、次はマラドーナの時代に入るわけです。


・・・・ちょっとこの辺にしとかないと終わりそうもありません(笑)。

それにしても、今は殆どの試合を生中継で見れるのですから、いい時代になりましたね。

今の時代のサッカー少年は本当に幸せだと思いますね。


今日は支離滅裂でした。

それではまた。




アニマル浜口親子が「気合だっ~~~」と応援するのはいいが、指で数えながら言うのはやめろっ~~~???・・・クリックよろしく!。
ランクバナ-2




会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。










最終更新日  2006/06/14 09:05:31 PM
コメント(4) | コメントを書く
2006/02/15
ここ最近慌ただしく、相変わらずドタバタとしているが、ヒマな時を考えると有り難いことで、嬉しい悲鳴と言っていいかもしれない。

ただ楽天でブログを書き始めた頃のようには徘徊?して書いたり見たりする余裕がなく、ちょっとばかし欲求不満だが、まずは仕事優先で仕方がない・・・ですね。


それにしても、二つや三つのブログを書いている人もいるようで、驚くばかりだ。

時間があるとかそんなことではなく、皆さん何でそんなに器用なのか?。

私なんぞは高倉建以上に「無器用ですから」と台詞が似合う?男であるので、とても真似出来ない(笑)。

昨年の何月だったか、mixiへのお誘いのメールをもらったが、「する気がせんな」とあっさり拒否していた。

ところが、最近になって誘ってくれた当人から聞いたのだが、どうもあの時は腹を立てていたらしい。

悪気はなかった、と弁解したが、それでも「する気がせんな」・・・で終わってしまった(笑)。

そう言えば、Greeも殆ど見なくなっている。


私は、どうもネット上のコミュニケ-ション能力が足りないようだ。

まぁ~~そうは言っても、無理してやることもないか、と開き直っている。

自分がやりたい時にやる・・・これでヨシッとしよう。


ただ・・・下手をすると、エレベータに乗ろうとしたら、満員で『ブッー』とブザーが鳴り、乗れないようなことになるかも(笑)。



それではまた。





今日は胃の調子が悪い・・・昨日チョコレート食べ過ぎたか?・・・クリックよろしく!。
ランクバナ-2





会社のサイトです。
こんな仕事をやっています。














最終更新日  2006/02/15 09:21:51 PM
コメント(2) | コメントを書く

全51件 (51件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04

コメント新着

ぽれぽれローズマリー@ Re:今時の若者は!!!(05/22) こんばんは。 会見を見ていて、本当に心…
ぽれぽれローズマリー@ Re:たかがサラリーマン、されど偉大なるサラリーマン!(02/14) お久しぶりです(^^) 鍛冶屋の息子さんのお…
鍛冶屋の息子@ Re[1]:愛馬を手放す???(11/05) こちらこそ、ご無沙汰しています。 最近は…
ゆかい@ Re:愛馬を手放す???(11/05) すっかりご無沙汰しています。お客様の声…

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

各地の一般参加可能… New! 【亞】2さん

衣装班 New! k-nanaさん

On The Trail of Eas… New! シャルドネ。さん

「更級(さらしな)… New! Photo USMさん

柳川の船頭さんに学… New! 神谷商店さん

ようやくシステム完成 New! 釈円融さん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.