000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛ぶように売れる製造業『日はまた昇る!』

全293件 (293件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

人生・教訓!

2020/05/01
XML
カテゴリ:人生・教訓!

一昨日の祭日、家に篭って花や観葉植物の鉢の植え替え。
柄にもないですが(笑)。
さて、6年前に引っ越した際頂いた観葉植物。
日当たりが悪かったのか残念ながら枯らしてしまったが、枝を10センチ程の長さに4本切り、挿し木にして育てていた。
1本でも育てばと思っていたが、なんと、3年近く経った今4本とも見事に成長した。
100円ショップで買った鉢では小さくなり、根を一度綺麗にして直径30センチ近い鉢に4本とも植え替え。
順調に育ってくれれば、人の背丈くらいには伸びるはずだ。
頂きものだったので、再生できてニタッとするくらい嬉しい。
まっ、たまにはこういう投稿も悪くはないですね(笑)。
ところで、この観葉植物の肝心な名前は???。
おそらく、ドラセナ コンシンネだと思うが、どなたか詳しい方教えてください。
家でも、こんなことをやっていると気分転換になりまますね。
ではまた。













最終更新日  2020/05/01 05:12:48 PM
コメント(0) | コメントを書く


2020/01/25
カテゴリ:人生・教訓!


昨年、暮れも押し迫った27日に、容態が悪いと聞かされた行政書士の知人とメール(Messenger)で2往復のやりとりをした。

お会いしたいが面会はできますか?、という問いに「ありがとうございます。面会は個室なので、意外に緩やかに時間もOK」とあり、2回目には病院名、病棟、病室の番号までしっかりと書かれており、最後に「ずっと病院にいます。取り急ぎ。」と書いてあった。

これは、もしかしたら奇跡的に回復するのではないか、励ましたい、と勝手に思い込み、急遽2冊の文庫本を注文して、年が明けて3日か4日に行くことを約束した。

楽観視したわけではないが、メールの文面を見て、ちょっと安心したような気分になってしまって、数日間を置いてしまった。

本当に申しわけないことをした。

そして4日の朝、本人とは連絡が取れず、病院の病棟に電話して元旦に亡くなったことを知った。
一瞬声も出ず、呆然とするしかなかった。

聞けば、前日まで意識はしっかりあったとのこと。

会えなかったのは悔いが残るが、SNSなどを見ても最後まで愚痴や嘆きは一切なく、いつものひょうひょうとした感じのままだったのは、立派だったと思う。


写真は、亡くなった友人に渡すつもりだった本の一冊。

難病を最後は笑いで克服した医学ジャーナリストが書いた世界的名著。

私は頸椎に腸骨を移植する手術をした経験があり、約3ヶ月カラーという首の固定具をつけたままの入院生活を送った時に、この本を教えていただきました。

最後は哲学でもなく宗教でもなく、ただ「ばか笑い」が一番ということでしょうか。

そして、もう一冊は「中島らもの明るい悩み相談室」。

これが、ただただ何も考えずに笑える。

この二冊とも、文庫本になってまだ売れ続けているようです。

最後は、くだらないバカげた笑いが一番ということでしょうか。

それではまた。











最終更新日  2020/01/25 06:03:00 PM
コメント(1) | コメントを書く
2019/10/17
カテゴリ:人生・教訓!

清掃業の74歳女性の「楽しく仕事をする極意」

『若くたってなんだって、自分に合った仕事がないってことを言わずに、合わせてやるのが楽しいの。
与えられたことを一生懸命にやれば、楽しくなるでしょ。
ベテランになるでしょ。
やればやるほど楽しいの。
つらかったら泣けばいい、笑えばいい、そしたら、また次の日頑張れる。
元気で笑って、笑顔で楽しく頑張れば、必ず幸せがきますよ。』

銀座のビルのトイレ掃除に一番力を入れる74歳のハツラツとした女性。

掃除は、自由に作業できるからいい、と明るく笑う。

天職とは探すものではなく、自分で作るもの。

この女性に改めて教えられた。

完全に一本取られました。

参った。

それではまた。







最終更新日  2019/10/17 07:50:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/03
カテゴリ:人生・教訓!

今月、7月1日から弊社は新年度突入。

先月は決算月でしたが、なんとか無事に終了しホッと一息。

決算という区切りという訳ではないですが、6年以上使い倒していた写真のスマホ(2度パネル破損)を昨日買い替え。

そして、18万キロ走った車もHVバッテリーの前に、まさかの足回りが悪くなり、月末にこちらも買い替えることに。

最後は、長年使い倒し?・・・いえいえ最愛なる母を老人ホームに先月入居させました。

介護に関しては、100人いたら100通りの其々の事情があり、何が良いか悪いかなどはとても言えませんが、今のところはこれが最善の策かなと思います。

文章に残しておくべきか、と思うほどいろいろとありましたが(笑)。

それにしても、本人は開き直って「とうとう姨捨山に入れられる」と親戚に電話で憎まれ口を叩くほど元気ですから「これでいいのだ」と天才バカボンのパパの心境?(笑)。

とにかく、新たな気持ちで今年後半も臨めそうです。

まだまだやらんばですね。

ではまた。














最終更新日  2019/07/03 10:22:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/30
カテゴリ:人生・教訓!






平成の初日、昭和天皇が崩御されたその日、独立する前の私は上司と年始の挨拶周りに出発しました。

しかし、大丈夫かな?と思いつつの一社目で「今日はやめておいたほうがいい」という当然のような答えがあり、逃げるように上司と帰った記憶が(笑)。

あれから30年、流れる月日のなんと早いことか。

「令和」の時代は、秩序と調和を重んじることも大事ですが、「和」を重んじるあまり、異質なものを排除し失敗を許さない社会にはなってほしくない、と思いますね。

今日は会社に出ていましたが、明日はゆっくり休む予定です。

皆さんも好い休日をお過ごしください。

ではまた。

(写真は、取引先の展示会の催しで若き女性書道家から書いてもらいました。もう恒例になっているのですが、年々力強くなってきているように感じます。自信が書に出てきているのでしょうか。パワーをいただきました。)







最終更新日  2019/04/30 05:36:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/02
カテゴリ:人生・教訓!
「大正」「昭和」「平成」「令和」

日曜日の朝、2ケ月入院していた母が漸く退院となり迎えに行く。

帰る途中に慣れ親しんだ桜並木を通ろうとしたら、女性ライダーがバイクを停めて写真を撮っていた。

SNSにでもアップするつもりだろうか。

彼女たちは、おそらく皆「平成」生まれ。

隣に乗る入院疲れした顔をしている母は、「大正」生まれ。

そして、昨日の「令和」の発表となり、改めて時代の流れを実感した次第。

「大正」「昭和」「平成」、そして「令和」と遭遇する母は、幸運だと思う。

「令和」という時代は、単純に「明るく楽しく」生きたいものですね。

ではまた。









最終更新日  2019/04/02 07:17:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/05/22
カテゴリ:人生・教訓!


「今時の若者」がどんな会見を、と思っていましたが、立派な態度、そして受け答えに驚きました。
やったことは、アメフトに復帰できない可能性があるほど卑劣なことではありましたが、彼のこれからの人生に幸が訪れることを願うばかりです。
スポーツ界に限らず、私の周りの産業界でも以前には考えられなかったような異変が起きています。
小さいとはいえ、歴史あるメーカーが生産トラブルで一部の製品が出荷停止になったりと、何れも信じられないような初歩的なもの。
この20年、30年の停滞が、我々世代の自浄する力が弱くなっているのかもしれませんね。
「今時の若者」にもっともっと活躍してもらわないと。
いやいや、ご同輩方。
「今時の若者」には、まだまだ負けられませんぞ。
「今時の若者」に見習うところは寧ろ見習って、頑張っていかんとですね。
ではまた。






最終更新日  2018/05/22 07:32:46 PM
コメント(1) | コメントを書く
2018/04/10
カテゴリ:人生・教訓!


「ありがとう」と言わない人は"必ず失う"​ (元アメリカ合衆国国務長官 コリン・パウエル)

「ありがとう」と言わない人、いや、言えない人は確かにいる。


やってあげたことに対して、その返事がないと、「あれっ、なんか悪いことしたかいな?」と思うほど(笑)。


その返事を当然と思っている自分にも傲慢なところがあるのかもしれないが。


しかし、この言葉一つで疎遠になったりもするから、気をつけないと。


それにしても、パウエル氏のような立場の人でも、思うことは同じなんですね。


しかも、万国共通。


黙っていても気持ちは通じる、なんて言っているご同輩、お互い気をつけましょう(笑)。


言葉で、相手に伝えるということの大切さを、改めて教えてくれた記事でした。


ではまた。









最終更新日  2018/04/10 01:51:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/02/14
カテゴリ:人生・教訓!

先日、昨年の同窓会に来れなかった友人と十数年振りに会うことが出来た。

居酒屋へ行き、当然のように昔話で盛り上がったが、話の流れでこの十数年の私の波乱万丈の物語?を話すことになった。

頸椎を手術したりして2年近く仕事が殆どできなかったことから始まり、その後、なんとか踏ん張り復活したこと。

しかし、また山あり谷ありで折れそうになったが、それでも踏ん張り現在がある、と言ったら「さすがやね~、昔から根性があったけんね」と笑顔で言ってくれた。

そう言われると私も嬉しくなったのだが、よく考えてみると、サラリーマンだった目の前の友人の方が単純に立派だと言えるかもしれない。

彼は40年勤め上げて無事定年退職となり、その会社から慰留されながらも断り、取引先からの「うちに来てもいいよ」との誘いを受けたようだ。

そして、ゆったりとした仕事をさせてもらっている。

何しろ、「長年営業をしてきたので、もう営業だけはしたくない」という勝手が通って、内勤の仕事をやっているというから驚きだ(笑)。

波乱万丈?などと言うと、カッコいいかもしれないが、長年こつこつと努力してきた人には、最後は敵わないですね。

子供の頃から知っている彼が、まさか小さな土地を借り野菜作りを楽しんでいるとは、想像も出来なかった(笑)。

悠々自適の彼が羨ましくなってきますね。

私もそろそろ・・・なんてことを考えたりもしますが、まだまだ後10年はこつこつではなく、ガツガツ?やらんとですね(笑)。

還暦を過ぎ、人それぞれの生き方はあると思いますが、誰が良いとか悪いとか一喜一憂せず、自分らしく、自分のペースで生きていきたいものですね。

ではまた。

(久々の投稿、失礼しました)







最終更新日  2018/02/14 07:38:00 PM
コメント(2) | コメントを書く
2016/10/29
カテゴリ:人生・教訓!
全米ビルボードの「hot 100」の77位にランクインしたピコ太郎、外国特派員協会で会見

ピコ太郎、凄いですね。

正直に言うと、どこが面白いか分からい?ですが、それがまた面白いのかと(笑)。

尊敬するある会社の社長が言っておられました。

「商売をやっている以上、一度は当たるような商品(仕事)、ヒット商品(仕事)を出さないと、なかなか会社は発展しない。地道にやっているだけでは自転車操業になってしまう」

これは、芸人にしても商売人にしても同じだと思いますね。

どこかで売れる瞬間がないと、発展するのは難しい。

いや~、ほんとに難しい(笑)。

最終的に、「儲ける」のではなく「儲かる」に繋がれば最高!。

それではまた。









最終更新日  2016/10/29 11:56:43 AM
コメント(0) | コメントを書く

全293件 (293件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.