123902 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

適当・効率・変なこだわり 家事育児!

PR

プロフィール


かかずぼら

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.01.22
XML
カテゴリ:子育て
私は正直男性は短髪が好きなんです。
旦那は今は坊主。
息子は保育園時代は私がバリカンでソフトモヒカンにしていました。
またコレが可愛くて。
頭なでなでしても気持ちいし。
ニコニコ息子にとてもよく似合っていました。
正直男の子は坊主が可愛いと思っています。
そんな息子は髪を伸ばしたかった。
きっかけは年長さんにハゲと言われたこと。
「僕はハゲじゃない!!!!」
「ハゲっていわれるから短くしないで!!!!」
と急に言われるようになりました。
ハゲが何かをしり、息子は大きな衝撃をうけたようです。
今でもその時のことを覚えています。
以降も何度もハゲハゲといわれたようです。
息子の髪型はハゲでも坊主でもなくソフトモヒカンって言って有名なサッカー選手もやっている髪型だよと旦那が諭しても
息子はイヤイヤ。
結局ソフトモヒカンを少し長くした髪型にするようになり前髪が目にかかるまで伸ばして切るを繰り返しています。
そして信用がないかかカットはさせてくれません。
年長さんからプロの方しかカットをさせてくれないのです。
母が切ると短くされてしまうと疑っていますし
母が切るとダサいと思われている気がする・・・
なんだか納得がいかないですけど;
そしてそんな息子は髪の毛に執着するナルシストになりました。
髪が長くなると髪を櫛でとき(母なんて手櫛なのに
鏡の前でセットをする。
髪の毛をいじりまくる男子が誕生しました。
今思うと髪を短くしすぎました。
私は幼児の間は坊主がいい。可愛いと思っていたのですが、息子はそうではなかった。
息子はみんなと同じくらいの髪の長さで過ごしたかったんだと思います。
学校に行くときは髪跳ねたまま登校しています。
そこは不思議。
お風呂上りのナルシストタイムを楽しんでいるようです。






最終更新日  2022.01.22 17:00:05
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.