1137496 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かかづのばかもやすみやすみ

2014年03月14日
XML
VIP
Illust by ニュー速VIPブログ

 昨日、黒子のバスケ脅迫事件について記事をポストしました。
 そしたらリアルサイドの知り合いから「文章に怨念出てるよ」と言われました。

 なるほど、一晩経って読み返してみると、確かに一言一言にコールタールのような粘ついたものがスッゲー絡みついていて、具体的に重い。この場合、重要という意味の『重い発言』ではなく、『重たい人の発言』という意味です。

 快楽についてちょっと書きましたが、NHKの実験番組でこんな事やってました。
 生物は、塩と砂糖を判別する感度に、20倍の差があるそうです。
 生物的には当然です。角砂糖10個口に含んでも人間は死にはしませんが、針の一刺しで死ぬことはある。スズメバチの針とかシャレにならない。
 人間にかぎらず、生物は刺激に対して敏感に出来ているのです。

 つまり、1の苦痛は20の快楽と同等ということ。いじめの加害者が与える1の苦痛は、いじめを受けているほうからすれば20倍の痛苦に相当するわけです。加害者はそんな現状把握無いでしょうけどね。

 おっと、また黒くなってきた。

 自分にとって、モノヅクリは快楽です。もーやめられない。ヤバイクスリなんかきっと鼻にもかけない。モノヅクリのストレスをモノヅクリで解消するような、常軌を逸した人間、それが『私』だと、断言することも吝かではありません、マジで。

 で。

 そんな自分がノリノリでモノヅクリしたらどうなるか。一切の制限なく表現できるメディアにそれらをぶちまけたらどうなるか。

 当然のように、私の一部であるダークサイドが漏出どころか露出するわけです。これは確かに具合が悪い。
 私は、自分自身の黒さに自覚はありますが、筆のノリが良い時のようなアンコントロール状態の時まで、それを覆い隠していられるほどの自信はありません。『自分では節制しているつもり』だったのですが、修行の足りないことおびただしい。

 そして、快楽に直結しているから、そもそもコントロールなんて無理難題とも言えます。悪い開き直りではなくて。

 私はモノヅクリの時にエグさが目に止まり、商材として不適切なため(特に規制が厳しくいちゃラブばっかになってた時期は)敬遠された事もありましたが、今考えると社長やプロデューサーやディレクターの『営業的判断』ってのは正しかったのかもしれません。

 割りと全てが我が身の不覚(納期救済の火消し仕事は除く)

 もっとも、反省はするけど今後もあまり妥協はしなさそう。理由は簡単で、モノヅクリが楽しければ楽しいほど自分は快楽の中に在ることができるから。
 ワーカホリックって言葉があるけど、自分はまだしっばらくは『創作快楽性』みたいなモンに取り憑かれ続けると思います。

 なるほど、自分が『青少年の健全な育成を気にする人々』に対して苛烈な態度を取るのもむべなるか。自分にとっての快楽を奪われるようなマネをするから、私は『大嫌いだ!』と公言してしまうのでしょう。
 『あっち側』とは、一生そりが合わ無さそうです。チェーンデスマッチとかで決着できないかなぁ……私は殴り合いで全っ然いいんですが。






最終更新日  2014年03月14日 18時13分51秒
コメント(1) | コメントを書く
[健全な青少年少女の育成を阻害する記事] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

コメント新着

通りすがり@ Re:キャラの殺し方について(09/19) あなたが泣きゲーをろくにプレイせずに嫌…
ナシ!@ Re:コミケ終了。そして明けましておめでとうございます。(01/06) お久しぶりです。 遅らせながらコミケお疲…
ナシ!@ Re:あけましておめでとうございます(12/31) あけましておめでとうございます。 そして…
村人B@ Re:明日はAppleの新商品発表か……。(09/08)  自分もiPhone6の大きい方に注目ですねぇ…
名前は無い@ Re:コメントへのレス(09/02) エロゲー業界の傾き具合の考察、読ませて…

お気に入りブログ

今日の予想 パワハムさん

YU-NOアニメ BEE4407さん

極刑空間 亀愛好家さん

フリーページ

プロフィール


かかづ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.