404306 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

『風の噂』ギルマスの奇妙な雑記

PR

カテゴリ

日記/記事の投稿

フリーページ

お気に入りブログ

鎖流無のげーむ日記 しゃるな @鎖流無さん
☆ルルー☆のRS日記 … ☆ルルー☆さん
今日もしあわせ^^ 青星9167さん
mixiが本店・こちら… 黒崎越後さん
暇人のひつまぶし・独… モスコスさん

コメント新着

 Kです。@ Re:東京の友人二人へ(08/22) 読んだよ。__________________

全2263件 (2263件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015年08月22日
XML

SさんとKさんには多大な心配と迷惑をかけて申し訳ないと思っている。
それと、ここによく気付いたな今見ているのは投稿の明日か一年後か?はたまた数年後か?まあいい。
そして日頃よりの事に多大に感謝している。
うだつの上がらない日々に私自身も辟易している所だが、暫くの間距離を置こうと考えている。
その理由は単純に君たちがいい奴だからであり、精神的に不安定な私の傍にいることはいつ怒りが爆発してもおかしくないレベルにあるからだ。
端的に言えば爆弾や殺意にも似た何かといっていい。
そして必ず君たちは私の導火線に火をつけてしまうと思われる・・・これはもう確信した理由が幾つかある。

順を追って説明していこう。
1、アポイント無しの訪問
2、飲み会に関しての見解
3、連絡に関して

『1、アポイント無しの訪問』
私が最も嫌うことの一つとして1のアポ無し訪問という物がある。
過去に勝手に人の家に上がり込んでいる友人が居た事で判明したが、田舎とはいえだ親も留守中の家に勝手に上がり込みあまつさえ当時でいえばファミコン等で勝手に遊んでいたような行為だ。
もし、そこでファミコンカセットをちょろまかされていたらという不安が常にその後に付き纏っていくことになる。親しき仲にも礼儀ありの前に人として考える事があるだろう?そして結構その手の物で俺がいい顔した事なんか一度もなかったと思うんだよね。かなり露骨な態度を取らせて頂いていたけどな。
だから引越しをしても暫くは絶対に住所を教えたりはしないつもりなので悪しからず。
血液型占いは迷信だが、血液型気質で言えば「AB型の説明書」という書籍を見れば分かると思うがここの内容の8割以上が俺に当てはまる。

『2、飲み会に関しての見解』
ここ最近奢ってもらってばかりで非常に申し訳ないのと同時に感謝している。
が、この奢るという行為が自尊心を傷つけより一層、心を暗くしている原因であり私の日頃の悩みの種であった。
支払いの意思を見せても頑として聞き入れられない事が段々と苦痛に感じ、一人の人間の責任能力の無さが浮き彫りになる。
一種の羞恥であり常々恥と思い、段々と奢られた際には周囲の全くの他人の人間達にすら軽蔑の念で見られているかのようで非常に恥ずかしかった。
そして、4月の最後の飲み会は本当は欠席というか辞退するつもりであった。
何故か?そこの場で何を言われるのか分かっていて行きたいと思うだろうか?
私から言わせてみれば拷問に態々自ら掛かりにいく、もしくはリンチをされに飛び込んでいくような物だった。
実の所、最後の飲み会というか焼肉の席で味なんて全く感じていなかった程だよ。
唐突に決まったこの席の不可解さに察しの悪い人間以外は騙せないと思うよ。

私は一種の精神的な疾患及び結局のところ俗に言う『鬱』状態の再発は日頃から感じていたところだ。
私の場合は「隠れ鬱」であり表面上に中々出て来ない物だ。過去に発症した時はコンビニを退店した直後から3ヶ月間の時期だったな。
目の前で食べ物が腐っていきカビが生える光景を数日間寝たきりの状態で過ごす事が普通になり、虫が出てきてから我に返って慌てて処分したりとかだ。
立ち直っては居ない物の職を探して復帰したが、その際には一種の自己暗示をかけていたものだ。
結局のところ現在に至るまで10年以上もの経過していても完治していなかった物だ。
その苦痛の全てを話した訳ではないが、君達はそういった症例の人間達を『軽視』していた点を危惧して日頃から「俺以外にはそういう事言うなよ」と言う程度には強靭な意思で言えたものだが、如何せん私にも蓄積していき最終的に心が折れていった。
単純に他の要因が7~8割だが、最後の引き金が偶々君達であっただけという事。
とはいえ、心配してくれる心からの言葉であった事に対して感謝はしているが、その言葉では誰も救えないという事に気付いて欲しかったというのもある。
で、結局分かりきっていた内容に終始していた。
精神的なモノからくる真剣な話のつもりだったが軽く否定。でK君の「自分の友人(知人?)にも~」の件で「はぁ?」ってなっていたよ。
それは君が追い詰めた結果そうなったんでないの?って私は思ったけど口には出さなかったよ。私を最後の犠牲者にしておけよ。
まぁ、それでも君達には一切の責任は無い。単純に勝手に様々な要因で心が弱っていた私が悪いのは明白。責任を感じる必要性なんか無いことも自明の理。
君達は同様の精神疾患に悩む人には今後絶対に関わらない方がいいよ。私と違って彼らは爆発することを情で抑え込む事は難しいですからね。死ぬぞ?本当に。

『3、連絡に関して』
不要です。最初は半年程度・・・でも今は数年後ぐらいにしか考えていない。
上記を思えば永遠にという選択肢もなかったとは言わないが、更に半年後から数年間は返答も決してしない。
その間に私を見限ってもいいし、その時がくるまで待ってもいい。そこは君達の裁量に任せるところだ。
君達がいい奴だからこそ俺如きに配慮しないで他の助けを待つ人間を救ってやって欲しい。本当に助けがいるのは俺じゃなくてそういう奴らだ。
私は勝手に救われたり破滅したりするだろうから心配は無用だ。
当然ながら次引越し先の住所は再会を果たしたとしても数年は黙っていると思うし、一生黙っているかも知れない。
私は一時の間ひっそりと消える予定だ。
絶対に消える間に私に接触を図ろうと思わないで欲しい。
本気で警察を呼ぶ程度のことはするぞ。自分の心を守る為にね。
今はそっとしておいて欲しい。
別に失踪する訳でもねえからな。ただ『上記1』のような事が二度と起こさせない予防線は張らせて頂くとするよ。
連絡は完全にそれまで不要で無用にてご了承を頂ければと思います。
精神的な傷を悪戯に広げる物であり、永遠に許す必要もないのが『この3』だ。
お約束をお守り頂ける事を切に願う。
マジで一歩手前で私は留まっているのだから、本気で怒らせるなよ。
人と接する際の『距離感』を大切にしようね。


http://uport.cocoloni.jp/content/61486
このサイト・・・AB型説明書よりも要素だけなら9割近いレベルで私だなと思うわ。
こういう関連サイトのをよく読んでくれや。いや、読むべきだ。
私には助けは要らない。助けるなら他の才能ある人間を救ってくれ。
私がそういう裏方のスタンスだから、裏方を支えるんじゃなくてメインを張れる人間を救うことで回り回って私が得をするからね。
世に燻る才能があるのなら、その才能を認め伸ばす手助けをする側の人間に君達ならきっとなれる筈だ。
中々、我侭を言ったが許してくれ・・・とは言わん。
ここのコメントにも電話にもメールも完全に不要。
じゃあ、またな。


追伸:引越しの手伝いは不要になった点も伝えておく、ただ健やかに過ごしていてくれ。K君に至っては過去にT君という人がしつこく電話してきて結局完全な断絶を遂げた話は覚えているな?約束は守って欲しいものだ。
外にゾンビや魔物やらが顕現した際には特例措置ぐらいは考えるよ(笑)。
『軽視』した結果がこれです。まぁ、これすらも『軽視』するのだろうなと思いつつも人を哀れにも信じる愚者が私だがな。
謝罪が欲しい訳でもない。君達が謝罪する事は何かあったっけ?私側にあっても君達には一切無いと思うが。
胸張って生きてりゃいいんだよ。私の預かり知らぬところで、悪い事をしたなと思うのならよくは知らんが勝手に反省しておけばいいんじゃね?としか言いようが無い。
精神を追い詰めた要因の内のたった一つでしかないし、私の自業自得の部分が大きいのに誰かに責がある訳がない。この世の中には親しき仲にも、永遠に許す必要が無いものなんてごまんとある……それだけだ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年08月22日 14時39分11秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年04月16日
カテゴリ:普遍的日々

いや~今の仕事の会社にゃ参ったね。
地震の影響で仕事が減ってる~云々の説明は一応納得出来る。

が、スケジュール提出に関しての変更やら細かい部分が末端に伝わってないってどういう事だよ?
月終わりに一ヶ月分のシフト提出して、一ヶ月間ニートとかわんネェ生活をしいられてきている。

どういう事だよって感じだ^^;
つうかスケジュール提出しても一々仕事前に電話してお伺い立てなきゃいけねぇって、どんだけだよ。
大分前のコンビニの時にもスケジュール管理の杜撰さに衝突した事があって、シフト管理の確実な場所を選ぼうと思った結果がコレだよ。^^;

しかも、遂さっき月曜のシフトの電話(日曜休みなので土曜に聞く)入れて、「シフト提出した~?」とか聞かれて、イライラとモヤモヤがヤバイね。
しかも初耳も初耳。
月のシフトをメールするのとは別に、「毎週シフトの確認の為のメールをするようになってるんだけど」とか~そんなの一度も聞いた事がないし、なぜ伝わってこないの?
頭の悪い事はしたくはないし、聞きたくもないんだよね~。

地震の影響は確かにあるトコだが、スタッフ側でバタバタしてて冷静でなくてどうするの?って話だ。
失礼にも程がある。

流石におかしいだろって事で久しぶりに日記にしたためてみた。
都内某所の話だ。

そもそも、毎週って・・正常に運営していた頃はそんなん要らんかったやん^^;
分からない事は逐一聞いてメモまで取る俺が把握してないって事は、そもそも問題であるその事に気付く訳がない。
道に外れた行いの償いは──まぁ天に任せるがね。
職員にゃペナルティは残念ながら必至だろうなぁ……。

正直、人を使う事になれてないんだろうな──ああ、無駄な時間を過ごした。
毎日シフトの確定せず、前日にも行き先や住所が分からず、当日に聞くというアホさ加減に早くも愛想がつきそうだ。
新聞配達以来の力仕事っつう事で結構楽しくやっていたのに、下らない事で水を差されて嫌な感じだ。

あれだな、日払いの力仕事に惹かれて始めては見たものの──会社の質的には職種によってピンキリなんだな~と思う今日この頃だ。
前の仕事の時より一日の給料が4000円弱下がるのは納得だったが、それ以上にストレスの溜まる事をされるとマジで裏切られた気分です。

バイトルドットコムで今回のバイトを探したんだが、もしかしてはずれ引いたか?録でもない所にしか当たってないぞ。笑
正直ダメダメだな。

もう次のバイトを探し始めます。
正直、非力なりに力仕事はソコソコこなせてたんだが、長居は無用だと今日で判断した。
久しぶりにコンビニのバイトでもやるか?
今の仕事は週一~二程度にして他夜勤入れた方が良さそうだな。

なんでこう、シフト関連ってダメな所多いんだろうな?意味分からん。
つうか、メールで大事な事を伝えるな、そういうのは直接電話しろっつうのが俺の本音だ。
一株式会社として、この程度の事が出来てないのかなぁと思うと恥ずかしくて仕方がない。
何が恥ずかしいって、その会社を選んでしまった事が恥ずかしいって事だ。
作業の際にも必要な物が、当日の仕事場についてから「必要なんだよ」と言われた経験ってありますか?

しょっちゅうなんだぜ…これ…。
頭痛くなってきたよ。一応来週分のシフトらしき物を出しておきたいと思います。
5月末まで続くかなぁ?^^;

すげぇイライラさせられたので愚痴日記でした。


そんなバイトで大丈夫か?
 1、大丈夫だ。問題ない。
→2、一番いいバイトを頼む。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2011年04月16日 18時41分34秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年03月23日


映画 新ドラえもんのび太と鉄人兵団

ドラえもんリメイクがされるようになって、待ちに待った鉄人兵団リメイクだ。
この作品は大長編&映画で1986年に作られた作品だ。

どちらも7番目。いや7作目にあたる作品って事で、初期ドラえもん映画は、
単行本と映画の巻数はバラバラになりがちなドラえもんでも珍しく一致している。

正直、クソみたいなアレンジしたら流石に思い入れが深い作品だけに怒りが込み上げていただろう。


だが、グウのネも出ないです(笑)
丁寧な作り、丁寧な設定構築、破綻しない脚本・作画。
コミカルなシーンも加えて魅力的な作品に仕上がっていて、文句のつけようがない。

2011年開幕して、あっさりとこの評価を付けても後悔しないですね。
過去から未来となった今──昔の作品を観ていて、それしか認めない──懐古厨程衝撃を受ける作品だろう。
当時の鉄人兵団を見ている見ていないに関わらず、必見のドラえもんだ。

開拓史は余り印象には残らなかったが、のび太の新魔界大冒険以上の感動を有難うと言いたい。
手放しで諸手を挙げて推薦する映画であった。
この映画に出会えて俺は最高にラッキーだった──そして多分忘れられない作品の一つになりましたよ。

物語の重要な鍵を握る『ロボット』と人間の関係。
それは『心』の可能性だ。
創世神話の如く作られ、ユートピアを作る事を命じられたロボット達の未来。
人間の居ない世界から来て、独自の進化を遂げてきたロボット達──その尖兵たるリルルがやってきて物語は大きく動いていく。

『リルルは俺の嫁ッ!』
な人が急増しそうなレベルで、しずかちゃんとのWスタンダードヒロインとして強烈なヒロインだった。
まさかの俺もリルルマジ天使!とか思ってしまった。
なんとなく──そう叫ぶ奴らの気持ちが分かった気がするぜ。

CMで大事なクライマックスシーンの映像を使っていて、
ヒヤヒヤしていた物の内容は最初に書いたように丁寧に、かつ感情の揺れ動き等微細な部分まで拘り抜いたんだと思う。
サブタイトルは『う~ん?』て、なる気もしたがリルルはマジ天使だったので不問と処します。

内容に触れるネタバレは極力避けて書いているけれど大丈夫だよね?

しかも、結構小ネタも充実していてハー○ックオマージュな名セリフが出る事になるとは(・▽・)+
今回、ヒロインとしてしずかちゃんも相当美味しいですね。
原題(旧作)の映画よりも別れの切なさが2倍にッ!
原題のミクロスは活躍の場があって功労者なのだが、今作ではピッポの存在がまさに互換といってもいいだろう。
単純な差し替えだったら駄作になりうる部分を、緻密に描かれていて非常に好感を持った。

画面から目を離せなくなるとはこの事。
細かい部分で原題と勿論変えているのに内容は破綻せず、クライマックスの盛り上がりまで気持ちよく見させて貰いました。
これ・・友人と見に行ったのでなければ涙腺崩壊していたよ。
しかもEDの歌までもヤベェときてる──二度崩壊し掛けるとは(;▽;)+ブワッ

原作と今回だとひみつ道具は大体同じ、特筆すべき事は沢山あるが──今回のザンダクロスはかなりカッコイイです。
ラストシーンが堪らなく切ない。
リルルが可愛い(笑)と何度言うねんって話ですが、あえて粗を探そうにも探せぬ名作になっておりました。
惜しむらくはミクロス・・・と思ったら、意外な所でアイツちゃっかりしてやがるし(笑)
原作を知っていたら憎たらしく、でも凄く大事な事をやってのけちゃうスネオのロボットで結構好きだっただけに嬉しい不意打ちになりました。

まぁ、一応評価する際は点数的な物を付けるんだが、満点は昨年のアイアンマン2以来だな。
お勧め度★★★★★
ファンなら必見度★★★★★
懐古厨にも必見度★★★★★
リルルの可愛さ★★★★★ 今作でマジ天使認定ww前作からの人は彼女の脇に魅了されるがいいや!

3月最高の映画といっても過言ではないかも知れない。
その名作の最中、マイお腹が何故か腹痛を引き起こし少々青ざめて俺がドラえもんになりかけていたのは別の話。
つか、今日の俺はなんだかお腹がブレイク気味。
このときは、この映画だけで終わろうと思っていたんだが──まさか2本目の映画に突入するとは思っていなかった。


塔の上のラプンツェル(3D)

ディズニー新作映画──これ前評判からもかなり高評価だったんだってね。
先のドラえもんを見ていたので目は相当肥えている訳ですから超辛口でいくぜ☆
内容はオペラ調に歌や踊り、迫力のアクション──そしてロマンスという結構定番なノリだ。

評価は・・・マジでディズニーよくもやってくれたなって感じだ。


俺は正直怒っている!



超内容が波乱だらけで、キャラクターが生き生きとしていて一時も黙っていないんだ。

主人公のラプンツェルは、境遇的には凄く不幸の筈なんだけど成長したらしたでめっちゃスタイリッシュ姫アクション炸裂するしよぉ。

初の登場シーンの鮮烈さといい、

聖剣エクスカリバーが霞むような最強装備を振り回すわ、

超ロマンスを感じさせるし、

マジで心に描いた姫像に一番近かった。

つうか惚れてまうやろ!(ここに帰結する訳ですね。笑)


悲嘆して、悲観するラプンツェルだったら多分、俺はこうは思わなかったな。

今まで見てきたディズニー作品のヒロインの中でも、凄くスタイリッシュです。

つうか、その設定だけでデビルメイクライ並──いやこの場合は、海腹川背のアクションが出来そうなレベル(・▽・;)+

頼もしすぎるラプンツェルの魅力を遺憾なく発揮していたと思います。

ディズニーの特徴である世界観も詰め込まれていたと思います。

なんていうか、ドラえもんのリルル同様に強烈なインパクトを持ったヒロインでした。

最初から姫ではあるんだけど、姫である事も外の世界も何も知らずに生きてきていたが、

いや、その性もあってか好奇心旺盛で多趣味に『超』をつけてもいい位にスタイリッシュな女の子になったとさ。

キャラクター同士の掛け合いも自然で、オペラ調に入るのも自然な入り方で見ていて楽しくなる。

笑いを堪える事すら馬鹿馬鹿しく思えてしまう、映画館なのに普通に声でちゃってた人相当居たみたい。(俺・友人含む)

基本、映画は友人と見に行くが、映画が開始すると一切喋らなくなる心得というか暗黙の了解がある。

随所に設けられた見せ場の数の多い事多い事。

そして、そのどれもが脇役を含めた全てのキャラクターを光らせる要因になっていた。


血湧き肉踊る冒険の世界へきっと誘ってくれるだろう。

まぁ、既に知っている人は知っているだろうがディズニーとジブリが提携を結んだって話。

ディズニーは恐らく日本向けにパフォーマンスを入れてきたんだ。

ジブリを高く評価していたのがディズニーだった事が、まさかこんなリスペクトを生むとはッ!

ラピュタ王のあの超名セリフを公式っつうか、ディズニー作品の中でリスペクトではあるが聴ける事になるとは何たる──僥倖・・・。

気付いた人間は何人いたんだろう!?

俺は思わず『やりやがったッ!』ガタタっと立ち上がって賛辞を贈りたくなっちまったぜ。

もしかすると、次のジブリ作品には同様に名セリフか何かをリスペクト入れてくるんじゃないか?と睨んでいる。

参ったね。

文句の付け所が無い作品に今月は恵まれている・・・それに加えての+αは嬉しすぎた。笑

これは今日見たドラえもん以来の評価満点だ──って数時間しか経ってないがな。笑


ディズニー作品は好きだが、この作品は大好きになったよ。

アリス、トロンは面白かったが満点を付けるには到らなかったし、魔法使いの弟子では酷評もつけるレベルだった。

そんなの関係ねーこの作品は口では伝えきれない程の笑いと魅力に満ちている。

男側の方が圧倒されちゃう塔の上のラプンツェルお勧めです。

しかし、CGのレベルがまた格段にレベル上がってる上に、キャラクターがより生きて、更には活きていた。

圧倒的な空間設計はジブリアニメーションでは御馴染みだが、それをディズニーで見れる気持ちよさと爽快感はハンパないです。

見終わった後の後味の良さも抜群でした。

しょこたん超スゲェってベタ褒め。

いや~絶対アレは嫉妬する人間大量発生するだろうな。笑

あの強力な歌姫に、もうあと一歩まで俺の脳内評価が迫ってきているぜ。

そこに一般のポっと出の人間が、しょこたんよりも自分のが上手い~と言う事は無理だな。

流石にあのレベルだと・・・声優プロ級でもザラに居ないだろう。

ラプンツェルは見事に、しょこたんだけのキャラクターになっていたと思うぜ。

スタイリッシュ姫★★★★★
髪ながっ!★★★★★
ストーリー★★★★★
ラピュタ王も驚く★★★★★

EDのスタッフロールの背景もかなり丁寧に作り込まれていて凄く・・イイ。
アクションとロマンスがまさに黄金比のバランス──何処にケチつければいいのか分からん。
ラプンツェルがかけた魔法は画面外に感動をもたらしてくれた。
見ないとドラえもん以上に損しそうだな。
注意深くキャラクターのセリフ一つ一つに耳を傾けて欲しいものだ。
面白かった。以上だ。


【余談】
ドラえもんは予告等は特になかったが──次リメイクするとしたら『日本誕生』をするかもな?

日本誕生は確かドラえもん史上最も観客動員した作品だった筈。

興行収入だけ負けているが、それだけ多くの人がドラえもんのび太の日本誕生を見ていた訳だ。

各国で叫ばれる温暖化の影響などを鑑みて、

リメイク制作的に自然的なメッセージ性の強さ、

太古の魅力、自然の美しさ、文明の繁栄・衰退色々と込められている。

特に人種間における闘争等、作品は結構楽しげな部分もあるがかなり重い物も背負っている。

ギガゾンビの裏設定などもその後発売されたゲームなどで、何故あの事件を起こすに至ったかも明らかになっている。

非常に彼のことをそれで憎むべき相手だ!という風には思えないのだ・・・。

悪党でも大抵ラストは救いが与えられるが彼には…。

ギガゾンビのその後は大人になった今も気になって仕方が無いのだ──。

もしかすると初の前編後編のドラえもん作品になるかも知れないと私は予測してみる。(5%程度かなぁ可能性的に?)

まぁ、今回言いたかった事はリルルはマジ天使で、ラプンツェルはスタイリッシュな姫だったという事だ。

by風~楓





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2011年03月23日 23時05分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年12月07日
テーマ:REDSTONE(3409)

ちなみに、ブログが閉鎖したり、RSを引退するといった話ではないので軽く流して下さい。
まったりと運営していくにはギルドそのもののシステムの劣化が非常に深く関係しております。

最初にsabbath殿へ。
恐らくメールが届いておられない可能性があります。
迷惑メールフォルダ、並びにドメイン解除などの措置をご確認下さい。
全くの応答が無い状況なので、もしやと思いブログに書かせて頂きました。

早い対処が望まれます。


【こちらの内容を精査して運営側に出そうと検討しております】

ギルドマスターで一定期間INしていないと『元老』に降格。

これはギルド内部で決められる、又は設定出来るべきである。
何時、どのタイミングで元老に切り替わるかはギルドメンバー間で決める事であり、運営側のシステムで操作される権限は無いという事。
ギルドマスターを降格させる事で、ギルドマスター不在の状況を作りだしていくことで、全くINしていないギルドを駆逐する狙いがある物と思います。
私は、少ないながらもINはしている訳でまったりプレイを楽しんでいたのですが、このシステムの性で、狩場まで1時間は掛かるような場所から何度も戻るハメに。
狩りもままならず、レベルも停滞という状況に陥りました。

未だにギルド作成の上限とやらに行き当たっているのでしょうか?
そもそも、ギルドを管理する”変数”の扱いを変更するなり出来ないものなのか?上限当たりは軽く変更出来そうだが、出来ない理由があるのだろうか──と昔は思っていました。
現在は多少緩和されているそうなのですが、未だにギルド潰しの考えは変わらないのだろうか?


元老になった人を、ギルドに居ながら再び復帰させる権限をギルドマスターに欲しい。
元老になると一度ギルドを脱退させてから、再び設定しなければなりません。
遠隔地に置いてこの作業をする事は非常に難しいと思います。
寧ろ遠隔地に置いても、なぜこの作業だけ未だに出来ないのか?
追求すればまだまだ穴のあるシステムです。


未だにギルド委員も未実装ですし、新キャラの前に既存のシステム内容の向上を狙うべきであると私は思います。


後、レッドストーンをブラウザ化したり出来れば、INの向上は更に図れると思う。
ダウンロードする形式のインターネットゲーム通称ネトゲは多いですが、ブラウザゲームという物に触れてダウンロード不要。
接続も一瞬、低スペックパソコンでも充分に3Dゲームが楽しめる等が出来るというのは非常に画期的だと思いました。
フルスクリーン、ウインドウと二つのタイプに合わせて、ブラウザの選択も視野に入れれば常時好きなときに、時間を取られず接続出来るので、楽になります。

正直、RSを立ち上げる際が一番面倒なんですよね。^^;

膨大なデータ量を携帯して持ち運んだりするのって一番面倒な行為だし、使うパソコンなどにも左右されない点がグッドなブラウザゲーム化も将来的にして欲しいなぁ。


※上記の全ての内容を運営に出す訳じゃないっす。


【こっから余談】

某ブラゲのドラゴンクルセイド、アメーバピグ並に接続まで数秒しか掛からない。
ダウンロード不要の『遊び』が今求められるネットワークゲームの形なのかも知れませんね。

正直、アメーバは乞食かというぐらい、お金に固執している事で、ネットワークゲームでありがちな末期なプレイヤー意見が飛び出したりしていました。
あれ、多分ネトゲのネの字も知らない人は気付いていないと思いますが、ネト充以上に染まってますよ?笑
そして、ピグの面白さこそがネトゲと同様である事も然り。
RSと何ら変わりません──が、ゲームオンのお金儲けに対する姿勢よりもアメーバ側の方が実質大きいといっても過言じゃないです。
ただし、アップデートはほぼ毎日されてて、アイテムが毎日追加されている現状はスゴイなと。笑
ただし、無料で手に入る商品は非常に少なく──紹介キャンペーンでは友人を誘っても誘われた側がWINの状態になれない。
本来なら誘った側と共に誘われた側もWINWINの関係である事が望ましいのだが──その点が、ちょっとケチ臭い。
ピグ内のアイテムがデジタルアイテムであるにも関わらず、非常に高い!
普通に現実でお菓子を買った方が充実出来ます(・▽・)+
まぁ、不平不満を述べたとしても面白さはコミュニケーションにもあるので、良い評価と悪い評価は常に半々ですね。
ただ、アバターの質はトップクラス。アイテム類には思わずリアルマネーを投じてもうっかり欲しくなる物があるので、中毒になりやすい方やハマりやすい方は注意が必要だ。

ピグ内で連絡を取り合う事が容易ではあるのですが、チャット部分に難があり。
普段は閉じたままでOKですが、釣りなどをしていると意味不明な「ツール」ですか?なんて聞いてくるオツムの弱い方が現れる可能性があります。※現在はその例のツールとやらは使えなくなっているそうですが・・・。
釣りゲーム時は大抵、魚がHITする際の「ポチョン」って水の音がするまでブログを見ていたり、他の作業をしている事が多いので、返答に気付かない事なんて普通です!
マナーの一つも分からないような、『お子様』『大きなお子様』の2種類の人間が居るので、その点も気をつけて大人の目線で対応しましょう(・▽・)+

ネットを扱う低年齢化の加速も影響しているようですね。
ピグ内で乞食が溢れ返っているんですよ?
「アメGくれる人募集」なんて言ってしまえる点が、ちょっとダメですね。親の教育がなってない──これは親の責任です。小学校1年とかまで居るんですぜ?
迂闊に私の”猛毒”を吐けないんですよねぇ・・・低年齢層はちょっと刺激が強すぎる気がします。
なので比較的、温和な私がアメーバピグで生きています。笑
ブログの内容はちなみに──ここと同じレベルで駄文で全編書かれております。安心だね♪
ブログ自体は非常に使い易いので評価は低くはありません。
多少重いので、グーグルクロームで対応すれば大して気にならなくなる筈。
楽天ブログの運営に対してのトラックバックで抗議する内容での愚痴もアレですが、それよりも低レベルで若く浅い意見しか集まって居ない事。
流石にピグなどでの宣伝により、ユーザーが加速的に増えているのは分かるが、ユーザーのクオリティといった点では非常に低いといってもいいでしょう。
お子様が遊ぶ分には楽しい場所ですが、節度やモラル低下といった物が懸念されますね。

楽天はユーザークオリティとしては、そんなには悪く無いかなと。
目に優しくないカラーもあまり使われていませんし、割かしソフトだと思います。
アメーバはスゴイね画面がフラッシュしているようなブログとかがまかり通っているので、本気でポケモンで起きたあの事件の再現が出来そうなレベルです( ゚∀゚)o彡°
なのでCSS編集も盛んで、HTML等を扱って私も長く、CSSにも触れていたりもしましたが、私レベルの人がザラに居る上に、しかも中学高校生あたりに居るっていうのがスゴイですわ。
楽天はHTMLと元々のセッティング等でCSS同様の事が出来るのと、分かり易いのでブログスタイルが崩れるという事は少ない点が○だなぁ。
安心・安全なのはいいけどプラグイン等の自由度はほぼ0ですが。^^;

アメーバブログはお洒落さと比例してモラルが↓なのが残念ですけどね。
外見を繕うのもいいが、内面を磨いて欲しいものです。
落ち着いてブログをするなら、今だと楽天、ソネブロ、FC2あたりがまったりと出来そうです。
エキサイトブログも中々。
でも、CSS等の設定が出来ないと詰まらなく感じてしまうだろう。
ブログ改造の楽しみはここで知りましたから。笑
大抵のブログでも応用で何とかなる物です。
アメーバは完全に趣味用ブログとして使う事に決めました。
現在ユーザーが最も活発だと感じますし、ブログを見て貰いたい人はいい所だと思います。^^;
ピグと併用する事でブログ宣伝も出来るのが強みか?

とはいえ、アメブロはお勧めであったりします。
ユーザーの質はどうしても下がりますが、趣味ブログとしてなら同志を探し易いので始めて見てはいかがでしょう?





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年12月07日 23時24分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年12月05日

本日19時頃にINしたいと思います。

現状のままでは、継続が難しく”引退”はしませんが、休止状態となりそうです。

原因は運営側がギルド方針や設定などにも介入してきている越権行為。
個人の尊重されるべき点を全く考慮していない事。
未だにギルド制作が出来ない状態になっているのでしょうか?

ギルドマスターとして、一定期間に一度はINしていたものの段々とその感覚が短くなっている感があります。
ギルド元老に変わってしまうという──その期間の設定が出来ない事。又は廃する事が出来ない事が問題の一つであると思います。

ゲームにINさせようという運営側の、この強引な考えには全く賛同出来ません。
無料で楽しめるMMOであった筈のレッドストーンが、そんな忙しなくなるなんて正直な話残念でならない。
勝手な申し出ではあるものの、抗議のメールを送ると共に、まぁ今までとIN率は変わらないでしょうが=休止状態とし、リアルの生活に集中出来るようにしたいのが願いです。

正直常に気がかりであるものの、回線とPCの弱さからかローディング時間が長いのも辛い。
作業をしながら繋げると、作業の邪魔になるぐらい重く──正直常時繋げておくという事はPCの負担になる上に好ましくない。
ブラウザゲームとしてRSが進化したのならば、それも可能なのですが──現状では5分繋げる為に5分待たねばならない。

先ずは一度、身辺整理をする為に今一度ギルドマスターの位に戻り、今後のギルド運営についてもお話を出来れば幸いです。
私の想いとしては、ギルド存続の道を選びたいとは思います。が、その答えを出すのは最早私の一存だけでは難しい──仲間の協力が必須であると思います。

19時頃に一度INします。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年12月05日 18時14分29秒
コメント(1) | コメントを書く
2010年11月25日
カテゴリ:普遍的日々

タイトルの通りです。
少年に初めて死刑の決断を下した裁判員の人がニュースに出ていたんだけど、コレってヤバくないか?

公けの場だし、傍聴席には一般の人も来るだろうから裁判員の顔を見ようと思えば見れる訳だ。
でも、メディアに出す場合はモザイク処理などをするのが妥当ではないだろうか?
コレって公けに流していい映像ではないのではないか?

ここは裁判員制度が根付いているアメリカじゃ裁判員に対して取材が可能なのかどうかは分かりませんが、不味い事なんではないだろうか?
つまり、裁判員制度が出来る前から懸念されていた裁判員側への賄賂や強要などの行為が行われるのではないか──という事だ。
その為にテレビ画面に裁判員の一人がモザイクも無しに立つというのは非常に危険な事のように私は思えて仕方ない。

コレで安全性を確保されていると言えるのだろうか?
私は甚だ疑問に思いますね。

結局、守ってくれる物が無いのに重要な決断をした人間な訳ですから。
刑の軽減を求める動きや、そういったことに対してどれだけ敏感に国側が守れるのか?という点です。
結局、通常警察と同様で殺されたり被害にあってからでないと動けないのが現状な訳だろう。
死人に口なしですよ。
これでは大事が起きた時には全て終わっている事になりかねないのではないだろうか?
これはメディアのモラル低下の象徴たる出来事のように思えるのだが、どうでしょう?

私はテレビに裁判員の人が取材を受けているのを見て。
「何でアンタそこに写ってるんだ!?」
つまり、取材という名目の生贄に捧げられたというイメージが色濃く思ってしまいました。

皆さんはどう思いますか?






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年11月25日 23時53分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年11月22日
カテゴリ:普遍的日々

どもども、いつも通りの勇者カカキキです。( ゚∀゚)o彡°

いやはや、今日。先程鋼の錬金術師の買い物を楽天で注文した。
ポイントがあったし(・▽・)+皆さんありがとう俺は元気です。俺が元気です♪



鋼の錬金術師(27)(完)

鋼の錬金術師(27)完結!
巻著:荒川弘
値段:450円

楽天ブックスなら送料無料。
代引きなら710円。


つまり、この時点ではまだ読んで居ないんですけどね。
コミックマニアの中には1巻と最終巻だけ買うヘンテコな買い方をする人も居るそうですね。

それは何故か?

私になりに考察してみると結構合理的な漫画の楽しみ方であると思われる。
ただ、私的には1巻~最終巻までを購入していくタイプなので共感は出来ませんが、成る程と思う考察が出来た気がするようなしないような。

ここからは駄文モードで失礼します。


【駄文で考察開始】
つまり、1巻と最終巻を読んだ時、そこに到るまでの道中を考察するんです。

最初の始まりはどうだったのか?

結果。最後はどんな終わり方を迎えたのか?

この2点に限ると思います。
ハガレンを例に取ると禁忌を犯した主人公達兄弟が、禁忌により失った体を元に戻す為に冒険に出る。
最後、結果的にあ~なってこ~なってENDみたいな。

これは全ての巻数を揃えなくても内容を把握出来るようであれば途中を一切買わないという考えに基づいている。
1巻を読んだ時点で2巻目が欲しくなる。最終巻を読んだ時点でその一つ前が欲しくなる。
1巻で好印象なキャラクターが最後の巻までに何かが起きて死んでいたりする。それは「何故か?」知りたくなる。

つまり、自分で内容を予測するんですね。
多分、この辺でライバルキャラクターを投入してくるんじゃないか?
この辺で強敵と遭遇するんじゃないか?
敵勢力の正体とは何か?
闘うべき物とは何か?
主人公達の真の目的は何か?
主人公達の狙いは何処にあるのか?
主人公達に感情移入できるか?

要素だけでも相当数を簡単に上げられれば、それだけ興味+伏線が豊富な作品となっている。
大抵の作品が1部完の駄作ばかりを引いている人間だと、その辺は慎重になるのかも知れない。
まぁ、駄作だろうが何だろうが『けなせる』程度に読み込んでいればそれはそれで楽しい物なんですよ。
ハガレンのように名作に出会える場合もある訳だ。
ダーク・ファンタジーと銘打たれ知られる『鋼の錬金術師』はどうしてダーク・ファンタジーなの?
と、興味を持ったら占めた物です。

1巻と最終巻だけを買う人には、慎重派と一気読み派の二つがあると思われる。
1巻の時点で又は最終巻も含めて面白いかもと思ったら、前後1巻ずつ買う人を慎重派。
1巻の時点で又は最終巻も含めて面白いかもと思ったら、全巻購入に走る一気読み派の二つだ。
まぁ、私がもし同じ立場で同じ人間なら一気読み派になると思います。

特殊な事例がありまして、20世紀少年という作品を皆さんはご存知だろうか?
知らないとなると漫画通としては失格かも。
流石にあれだけ大々的にインパクトのあるCMをバンバン流されて、スルー出来る人間が居るとしたらお目に掛かりたい物だ。
ネット書評でも必ずといっていいほど、20世紀少年は書かれてきているし、雑誌類に置いてもコレがトレンドであると他の漫画と一緒に紹介されていたぐらいだ。
コチラの作品って面白いんですよ。いや、内容は人によって千差万別の反応があると思うのでそういった面白いではない。
どの巻から読んでも意外に面白く読めてしまうんです。
若干前後の設定が分からない部分がありますが、単行本の編集の仕方が上手いのかどの巻から読んでも一冊の書籍として面白く読めてしまうロジックがあるんです。

この漫画の場合最初の1~2ページ読んだだけでは全貌が見えない。
読者は僅かなヒントを探すんですね、時には推理し、時にはササっとページを捲っていく。
”トモダチ”は恐らくアイツじゃないのか?
”トモダチ”が仕掛けた罠はどのぐらい根深いのか?
人間模様はどうなっていくんだ?
等、推理したくなる項目がわんさか詰め込まれていて読んでいた頃はワクワク感が止まりませんでした。

私は何故か1巻と7巻を間違えて読んだのですが、7巻の面白さが非常に際立っていた。
前後の内容をすっ飛ばしているにも関わらず、異様な面白さに何度も読み返す。
しかも10回以上も読み返した漫画なんて『ドラえもん』『パタリロ』『シンシア・ザ・ミッション』等。
私の場合は、最近注目の『ヨルムンガンド』、他に『ブラックラグーン』『史上最強の弟子ケンイチ』『トリコ』等が挙げられる。
その7巻は一見普通のような日常に潜む異常。その片鱗を感じる巻だと私は思っている。
6巻があるなんてその時は考えていなかった、だって1巻だと思って買っていたのだから( ゚∀゚)o彡°
後にも先にも巻を飛ばして買ったのは『ドラえもん』『超人ロック』『20世紀少年』だけぐらいの物だ。

「これ1巻じゃねぇ!」

気付いた時は愕然としたが、逆に私は恵まれていたようにも思えます。
7巻を読んだ事で他の1~6巻までの内容をもっと知りたくなったからだ。
コンビニで売っているのは大抵が”最新巻”であると知ったのは上京して大分たった頃だったなぁ。
あの頃はまだ高校卒業したてでしたし(・▽・)+
多分1巻と最終巻を買う人ってこんな感じに思っているんだろうなーって予測が付いた訳ですわ。
当時は最新巻が7巻でしたから。──って、逆算されたら私の年がバレ──るなやっぱり。笑
まぁ、20代後半とだけ言って置きます。

これまでに読んだ漫画の数など、何万冊に及ぶか分からない。
が、面白い作品は一握りほどありお勧め出来る物も幾つかある訳だ。
お勧め出来ない物はあえてお勧めしませんし、そもそも内容をデリートしちゃいます。
一度、同じ本を手に取り中身を見れば全部思い出しますが、触れるまでは記憶はシャットアウトです。
余りにも駄作な作品であれば逆に宣伝して、どのように駄目なのか、見所なども抑えた紹介をする事だろう。
でも、大抵忘れる。笑
その本ともう一度出会うまでは・・・。


1巻と最終巻(最新巻)だけ買う人っていうのは内容を合理的かつ経済的に読み進めたい人の知恵なんだと思います。
では私がその考えに基づき即興で考えた楽しみ方をお教えしましょう。

まず、1巻と最終巻(最新巻)のどちらかを見た上で推理出来そうな気になった事を幾つか書面に書き写します。
適当に例を挙げると1巻を読んだ時に:主人公の一人が死ぬんではないか?
この脇役が一番美味しいキャラクターになるんじゃないか?
などだ。

最終巻を見た場合は主な出来事を推理して書き記す。
例:実は仇役が父親?
例:酒場の親父が実の父で息子に気付いて正体を隠していた理由?

もう思いつくだけの事で書面に写して見て下さい。
それから、残りの1巻と最終巻の間の巻を読んで推理の答え合わせをしていく。
当たりが多ければ多い程、漫画通としての適正が見極められるかと思います。
これはハズレてもOKなんです。それだけ自分の想像を上回るもしくは右斜め上をいっていたのだから楽しんだ筈だ。
暇な人は試してみてね(・▽・)+
ブログにつらつらと書き綴るというのも面白いかも知れないな。
1巻と最終巻だけを読んで推理ブログ。

私が真剣に取り組めば一日1000ヒット月間3万ヒット以上は叩き出せるだろう。
イヤミでも何でもなく。
ただ他の人がやっているのを私が見たいので私が実践する事は無いな。
だから、ここに記しているのだから。( ゚∀゚)o彡°
暇があればねぇ──まぁ暇が出来たら実の所こっそり全然違うブログでそれをやっているかも知れないな(・▽・)+

ハガレンだと、最初の印象でこうなるかな~って思ったのは1割にも満たなかったので、結構波乱が起きているので面白いと思う。
自分の予想とかけ離れていく事で益々漫画は面白くなるし、著者の発想の凄さにも驚く事が出来る訳だ。
でも、考えがあっさり見通せる作品というのは場合によっては『面白い』が大抵は『詰まらない』。
王道や覇道の使い道で評価は全然変わる。
『ジョジョの奇妙な冒険』はその点で秀逸と言えるだろう。
『詰まらない』『些細』な事に目を向けている筈なのに、結果的に『面白さ』『深さ』『オリジナリティ』を生み出す重要な要素になっている事は読者ならば確実に気付けるレベルで散りばめられている。
些細な事から強敵を倒す糸口を見つけていく、キャラクターが思考するのが超が付くぐらい面白い作品だ。
彼等キャラクターの行動ならこうするだろうな?と思っても、確かにベタな展開でその通りになっても、結果に繋がる瞬間衝撃的な展開に一撃で変わる事も多々あるからだ。
ナランチャや花京院は正直ショックを隠せないぜ☆


ではでは、ハガレンで繋がった駄文いかがでしたでしょうか?
そりゃもう、駄文がメインですから仕方の無い事です。笑

人気ブログランキングへ




鋼の錬金術師(27)完結!全巻セットです。
巻著:荒川弘

まとめて読むなら一気に全巻揃えましょう。








最終更新日  2010年11月22日 11時50分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年11月20日
カテゴリ:普遍的日々

正直一人で巨大なネットワーク市場に立ち向かおうとするのが無謀だったのか・・・。
──勇者カカキキです。

help me( ゚∀゚)o彡°えーりんだぜ☆全く。

有限の命を無駄遣いしているような気がしてならない。笑

とはいえ、無限であっても時を無駄遣いするという点では余り変わらないのかも。


でも、一つ良い事がありました。
一つ開始していた事が実った事。
いやはや、苦節数週間の苦しみでした。
一から、たった一つ成し遂げる為には、本当に覚悟が必要なんだなぁと思いましたよ(・▽・)+

まぁ、緊張感は伝わっては来ないと思いますけどね?笑

結構、ギリギリ勝負なんですわ。
お仲間には、時間がある時にでもほんの一作業だけでも手伝って貰おうか、それを切り出すべきか悩み中。


それと、アメーバブログ&ピグも始めたよ。
ソネットではニコっとタウンも登録したんだが、出来の良さとキャンペーンの数でいえばアメーバピグも開始しましたよっと。
友人というか親友を誘ったんだが、、、反応薄い。

メールでお誘いして~友達キャンペーンなるものをやっているので、ブログはしなくてもいいからピグだけでも作ってアメーバ内で交流出来ればなぁ~と思ったんですがね。残念です。つうか、その辺は信頼されていないのかな?まぁ、いいさ。
おっと、もう一人の親友にもお誘いを掛けて見ましょう。
ん~~~ただ、もうああいった事は既に登録済みな気がしてならない。

そろそろ飯を三人で食いに行きたいから良い店ないかクーポンで探している所だ。


アメーバピグもネットワークゲームみたいなノリなんで、ある意味で中毒性の高さはあると思いますねぇ(・▽・)+
釣りゲームがやたらと面白い。
シューティングをやっている反射神経のお陰で余り苦戦は少ないですが、手応えのある魚も居るので玄人でも楽しめますね。

部屋作りが面白い。──やはり、アメーバピグの一側面でありメイン的な部分ではないでしょうか?
確かにキャラクターを着飾るだけでも楽しいですが、誰でも部屋にお邪魔出来る以上、内装にも拘りたくなるのは必然。
裏ワザ的な方法で2階~3階と作り込めていけるのは中々凝っていてナイス。
ゲーム的要素よりもこういった物にお金を使いたくなったのは初めてだ。
とはいえ、わざわざリアルマネーを使ってはしませんけどね( ゚∀゚)o彡°
でも、買いますけどね。

ただし、無料で手に入れたウェブマネーを使って~になりますけどね。
流石にリアルマネーを投下してまで~というのは抵抗があります。
あくまで電子ネット上の物は電子ネット上の物を使って合法的に勝つお小遣い稼ぎもしちゃいましょう~っていうのが私の考えです。
昔はRSで課金はしていましたが、何だかする気概が起きないのは立ち上がりの重さが一番と、操作に置ける問題点ですね。
操作の面は最近はマウスではなくて、なんと驚く事なかれ『ゲームパッド』を使ってマウス操作もしています。
ジョイトゥキーというフリーソフトで使っていますね。※確か外国のフリーソフトだったか大分前過ぎて忘れましたが。

何だかマウスの左クリックの方が調子が悪くてね。──というよりも使い潰した感がメッチャあります。
でも、右クリックとか結構使い易いのと動きがスムーズかつ、手にフィットするお気に入りなので手放したくない。
案外これがアメーバ上での操作が楽で楽で(・▽・)+
裏ワザ的な物ではありますけどね、こっそり私の駄文を読んでくれた方にだけ教えます。

私の言う事には、たまにダイヤモンドを織り交ぜるようにしてあるので、そこから発掘する喜びを味わって頂ければと思います。
師玉の知恵+知って無駄なトリビア以下の知識が無い混ぜになっている事こそがどうかと思うんだが。笑
まぁ、それは勇者カカキキクオリティという奴でご了承願いたい。
『格闘文章術』は中々強い方なのではないだろうか?

武器は哲学、言霊、駄文、戯言、皮肉、ジョークと多岐に渡る。
言霊に関してはまだまだ勉強不足。それが完成していたら今頃億万長者で苦労はしておりません( ゚∀゚)o彡°
ただ、昔よりもタイピングの腕が上がって居たことは驚きましたね。
ワープロ検定1級もクリア圏内の速度だとは思うが、試験内容がねぇ──。

ワープロ検定の1級って、手書きの文章を2級よりも多い量叩き込まなきゃならん訳ですよ。
つまり、実践力を求められる本格的なワープロを打てという事ですね。
2級まではピラッピラのプリント1~3枚分程度の文章をバチバチ叩くだけで開始数分で終わって暇を持て余していました。

ですが、1級のあの癖の強い癖字の文章を見た時ほとんど叩けなかった事を思い出しました。
いや、あれは酷い( ゚∀゚)o彡°ヒドイ
マジで、癖が強過ぎて何書いているのか日本語としても読めない物でした。
大人文字っつうんでしょうか、大人になると癖で書く文字列がズラーーーっと並んでいるんです。
あれは、子供心に大人文字は慣れていなかったのもありますが、あれは読み辛い!
そして、非常に見辛い!!
あれって、もしかして試験官の手作りなのか?
だとしたら、アレは絶対合格不可能だ。字が汚すぎて読めない。笑
今も同じ要領の試験だとしたらかなり難問だろうな~2級までは楽勝ですね。
今の私でもクリア出来るかどうか──あれから10年程度経過していますが。



はい、ではここから本題に戻りましょう。( ゚∀゚)o彡°唐突だぜ☆
RSの現状はほぼ全く手が付けられない状況といっても過言ではないでしょう。
1週間に一度のIN程度がやっと。

でも、一週間一度程度は入っている筈なんだが、ギルドマスターがコロコロ切り替わって困る。
しかも一度脱退させてからじゃないと操作を受け付けないときたもんだ。
あれは一体どの位の期間で切り替わるようになっているのだろうか?
そもそも、ギルド内でそういったルールを決めるならいざ知らず、誰あろうか運営側が勝手に切り替えるとはどういう事だ?
マジで最低最悪のシステムに化してしまって、ゲンナリしてしまっている事もあげられる。
強制的にゲームにINさせようという試み+ギルド作成が出来ない人達の為の救済措置なのか、ギルドを潰そうという動きもあるぐらいだ。

運営の頭の悪さ加減にはいい加減うんざりしている所だ。
とはいえ、”引退”の二文字は言うつもりはない。
自分のペースで尚且つ強制されない環境が整えば挽回する事も可能だろう。
今はゲーム内の『風の噂』にとって一番辛い現状である。

サバス殿には非常に迷惑を掛けてしまっていて申し訳ない。
ギルド存続にはなくてはならない人で御座います。
正直な所、IN率もまばらな私が今の風の噂を運営する事が出来るのだろうか?
一時サバス殿に預けるべきなのではないか?という考えは無きにしも非ず。
と、なるとブログタイトルも変わってしまうのではないか~?という事は無い。笑

もうね、風の噂ギルマスの名を冠したブログが無数にありますから、全部直すなんて面倒此上ないです。笑
機会があって、様々なネットワークゲームを試しプレイをしていたんですが、どれも重いんですよね。
ただ、ブラウザゲームは凄いなと思いました。

アメーバピグもアレは言うなればブラウザゲームの一種でしょう。
例えばグーグルクロームなどのブラウザ上で動く、ダウンロード不要のゲームの事ですね。
ドラゴンクルセイドをちょこちょこっとやっていたら、これが本当やったらやりっぱなしで勝手に進化していくんですよね。笑
非常に楽なシミュレーションゲームですが、基本的に周りのプレイヤーが全て敵という四面楚歌状態から始まるのが辛い所。
早々にギルドに入るべきなんでしょうが、一度ギルドの誘いは蹴っています。
『風の噂』じゃないギルドに誰が入るか~~!って感じです。
もう全てのギルドが制約を課しているといっても過言じゃないぐらい厳しいです。
寄付しろ、INしろ等等。
そんなしがらみが嫌いな私は多分、他のギルドにカモられていくんだろうな~って思います。
今はガードを固めて返り討ちにしてやる手はずを整えている最中です。

──でも多勢に無勢できっと複数のキャラクターで攻め込まれたら最強の城でも落ちるんだろうな。
まぁ、それでもたった5分で出来るネトゲという触れ込みなのと、ゲームの立ち上がりが本当に数秒なんですよね。
RSでは数秒とはいかない。環境に超絶依存ですから。
アメーバピグは普通に業界の人なんかも居たりするので、刺激という点ではネットワークゲームとは一線を画しているように思えます。本格的なコミュニケーションツールとしての機能を果たしているのでは?
大分アコギな商売な部分はありますが、評価は5点満点付けたいぐらいです。
自由な創作感は本当に変な部屋を構築出来ます。拘ればあれほどになるとは(; ゚∀゚)o彡°ワックス~フキトル


大して似たようなニコっとタウンの方ですが、思ったより評価は振るわないですね。
ちょっとアメーバピグよりも重い感じです。
安いADSLと旧パソコンでは限界があるかと思われます。
キャラクターは確かに着飾れて、部屋も様々な模様替えとか出来ます。
でも、気軽に人の家に訪問出来るか?
というと、これが現実同様敷居が高い感じがして入る事が躊躇われる感じでした。
知り合い以外の人は多分入っちゃいけないだろうな~的に思ってしまうんですね。
評価は3点といった所でしょうか。
ただ、無料でも充分楽しめる要素はあるし、ゲーム類は面白いので評価はもう少し上げてもいいだろう。
ただ、メインのコミュニケーションツールとするならば、アメーバピグに軍配が上がる感じですね。
部屋の改装がちょっとやり辛い──アメーバも操作はやや難しいがニコっとタウンはやり辛さが際立っている感じ。配置するだけなら簡単なんですけどね、あれはあんなふうに楽しむものなんだろう。


本当、各界の著名人も数多く参加しているので、もしかするとだが、有名人ピグらしき人も何人かチラホラ見掛けています。
おお~CMでやってるアイツじゃね?とか。
著名人ピグって一人や二人じゃないんですよね。あれって何人居るんだ?かなり居ますよね。
確かにハマりますわ。

アバターがマジで自分そっくりで笑った( ゚∀゚)o彡°
しかもファッションセンスがアメーバピグの方が良いのが気になる(・▽・;)+俺ってば地味系だからなぁ。
地味さの中にクールを今風に織り交ぜたり出来るのはいいですね。

右の口にホクロがある男キャラクターとだけヒントは残しておこう。笑
多分分からないだろうなぁ。

深く私について知っていないと、探し当てるのは難しいかも知れない。
ただ、共通項は一杯あるんで、とあるキーワードで探せば一発だったりするんですけどね。
ハンドルネームは違うけど、朧ながらにコイツしかいねぇ!!って断定まで出来るかと思います。
広大なネット世界なのに、簡単に探せるかも知れない私って一体。w


ではでは、駄文で綴る近況はこの程度でしょう。

あ、もう一つ。FC2PIYOでカカぴよ小説をまたアップロードし始めました。
ソネットブログのサイドバーにもブログパーツとして貼り付けてあるのでご興味のある方はコチラへどうぞ。

▼▼無料でウェブマネーを稼ぐ方法も記事にしてみました▼▼
『風の噂』ギルマスの奇妙な雑記3

では、またシクヨロ( ゚∀゚)o彡°

人気ブログランキングへ

ブログの殿堂





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年11月20日 20時50分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年11月14日
カテゴリ:普遍的日々

日記を更新しようとする度に下らない広告の表示やらを待たなければならないのはダメだよなぁ楽天。
昔はサクサクっと更新できるのが売りだったのに^^;
サイトとしてのクオリティは順調に下がっている気がしてならない──勇者カカキキです。

今日は日曜劇場でやっている最高の人生の見つけ方についてです。
この作品は劇場で見て、不覚にも二度ほど止められない涙を流させられました。
演技の自然さ、導入部分も秀逸ならユーモアたっぷりのブラックジョークから哲学的ジョークまで、笑い所も完備している。

何よりも重要なのは自分達のやりたい事を記した走り書きだろう。
二人の旅が始まるその時の期待感。
名優二人の演技が見物です。
流石に内容に絡むネタバレは余りしたくないんですよね~。

ただ2009年に見た映画で一番面白く、自然な感動を与えてくれた映画だと私は思っています。

人生に置いて大切な事はなんなのか?

この作品を見れば必ず考えて見たくなり、実践したくなると思いますよ。

最高の人生の見つけ方──お勧めです。

思い入れが強いのか、パンフレットを見るだけで涙が薄っすらと流れてくるんですよ。
字幕版を堪能しましたが、今夜は吹き替え版を堪能したいと思います。^^


いかに生きるかを学ぶには全生涯を要す。 byセネカ【書簡集】


人生とは奇遇の巡り合わせ、運命は偶然という名の必然で7割方出来ている。 by勇者カカキキ


最高の人生の見つけ方







最終更新日  2010年11月14日 21時41分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年11月11日
カテゴリ:(創作)一文
11月11日はポッキーの日。ついでにお隣の国のパクリ商品ペペロの日でした。
(解説:毎年同じ記事をこの日に書いてる気がします。とりあえず、プリッツも忘れるな)





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年11月11日 23時21分39秒
コメント(0) | コメントを書く

全2263件 (2263件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.