2247841 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かかしのジャンプ

全て | 記事なし | 中国・日中 | 国内・ | アメリカ・ | 資料 | 朝鮮・在日・対日 | 外交・海外・国連 | 外国人問題・外国人参政権 | その他 | 政局・政治家・ | 小沢天皇 | 航空・安全保障 | 科学・文化・ | 捕鯨・マグロ | 島嶼・領海・資源・ | 恥ずかしい日本人 | メディア・NHK問題 | 反日・左翼 | 歴史・ | トピック | 朝鮮校無償化 | 台湾・日台 | 歴史共同研究・教科書 | 事件・事故・裁判 | ルーピー | 日王 | 経済・産業 | 仰天韓国 | 談話 | 仰天中国 | 拉致 | 対日ネタ | 中国論調 | バカ | 日本崩壊 | ヒトデナシ | 民主党 疑惑 | 反日・歴史認識 | ロイヤルトラブル | 中国事件 | 韓国・事件 | 慰安婦 | 北朝鮮・総連 | ガセ・謎記事 | 売国奴
2015.08.20
XML
カテゴリ:談話
【コラム】安倍外交の反撃モデル

2015年08月20日08時45分 中央日報

安倍晋三首相は言った。「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました」。その言葉は彼の戦後70年談話の前半にある。談話は巧妙だった。核心は過去史(侵略・反省・植民支配・おわび)問題だ。それに対する語彙選択は反感を生んだ。言語の配置は反発を触発した。私の目を引いた部分がある。近代化の原動力、露日(日露)戦争だ。

日本の近代化は明治維新だ。維新は露日戦争の勝利(1905年)で完結した。維新の主導地域は長州藩(現・山口県)だ。ロシアとの戦争決行も長州の作品だ。この地域の出身者が主導した。主役は元老の山縣有朋、首相の桂太郎だ。安倍首相の地方区は山口だ。彼は長州の後えいだ。彼の歴史観の根は長州の近代史の成就だ。彼の日露戦争への言及は短い。それは自負心の圧縮だ。

談話の「アジア人の勇気」は孫文の熱狂だ。孫文は「日本の勝利はアジア民族が過去何百年間のヨーロッパ人との戦争で初めて収めたものだ。アジア人に空も驚く喜び(驚天喜)」とした。中国は欧州列強の略奪に疲れていた。孫文は中国人の尊敬の対象だ。だが、露日戦争は朝鮮にとっては災難だった。日本は韓半島(朝鮮半島)を独占した。乙巳勒約(第二次日韓協約)から亡国につながった。

ロシアは大国だった。新興国日本は圧勝した。予想を打ち破る結果だ。決定打はロシア・バルチック艦隊の壊滅だ。それは東郷平八郎の対馬海戦の勝利だ。その背景に英日同盟があった。欧州のバルチック艦隊(38隻)が東海(トンへ、日本名・日本海)に行きつくまでには7カ月がかかった。英国はロシアを牽制した。英国は自国の植民地寄港を拒否した。石炭の供給要請を無視した。バルチック艦隊は気力を失った。

英日同盟はロシア南下の共同抑制だ。ロシアの野心は英国を刺激した。英国は中国(清国)での利権を守ろうとした。1902年1月、ロンドンで同盟が結ばれた。条約の核心は「英国の権益は中国と関連している。日本は中国での権益とともに朝鮮に対して特別な利益を持っている」。英国外相のランズダウン(Lansdowne)は不満そうだった。彼は「同盟の利益は日本の方が多い」とした。だが、条約内容は維持された。日本の決議ははっきりしていた。「日本がロシア南下を阻止する。代わりに英国はわれわれを支援してほしい」というものだ。その確約は英国を説き伏せた。英国外交は同盟の破格を選択する。それは日本外交の快挙だ。

安倍首相は「歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます」とした。露日戦争の教訓は何か。それは安倍外交の戦略的想像力を供給する。この時期、英国は世界最強だった。このような提携は未来を約束する。外交は戦争の勝利を保障する。今の北東アジアは葛藤と転換だ。中国の海軍力増強には眼を見張るものがある。バラク・オバマ米国大統領の北東アジア政策はアジア再均衡だ。米国の中国包囲網はより稠密になっている。

20世紀初頭、英国は「光栄な孤立」を断念した。それは一人でロシアを破ることが難しかったからだ。21世紀、米国の力は落ちた。単独で中国の勢いを削ぐのは難しい。日本はそのような状態の米国を後押しする。安倍外交のメッセージはシンプルだ。「日本が中国の膨張を牽制する。その代わり米国は日本を支援してほしい」というものだ。英日同盟はロールモデルとして作動した。オバマと安倍は一つにまとまった。米日の新蜜月関係が繰り広げられている。

中国は安倍談話を非難した。
米国ホワイトハウスは歓迎の立場を示した。
オバマ政府は安倍の集団的自衛権を後押ししている。
一世紀前、北東アジアの構図は大陸(ロシア)と海洋(英日)勢力の衝突だった。
現在の状況も大陸(中国)と海洋(米日)の対立だ。

韓米日の三角共助はもろくなった。それは習近平外交の成果だ。
中国は韓国と過去の歴史共同戦線を繰り広げた。
韓国は日本を圧迫した。
朴槿恵(パク・クネ)政権の親中・反日攻勢が強化された。
韓国が中国に傾いたというイメージが形成された。
それはホワイトハウスを困惑させた。
安倍政権は状況を逆利用する。
安倍外交の反撃策略は米日同盟の地位強化だ。
それは韓米同盟に微妙な変化を投げかける。
朴槿恵外交の優先目標は韓半島(朝鮮半島)秩序の管理だ。
その基盤は韓米同盟だ。同盟に穴があれば風景は変わる。
中国と日本の韓国に対する観点は変わるだろう。
その視線には軽視の色がにじむことだろう。
北朝鮮の核兵器への野心は進行形だ。
同盟は韓半島外交の宿命であり技量だ。
113年前、英日同盟交渉の主役は駐英公使の林董だった。彼の回顧録(A.M.Pooley編、シン・ボクリョン、ナ・ホンジュ翻訳)は日本外交の華やかな記憶だ。注目する一節がある。「友好的な列強から受ける信義を維持することが国際関係で最も重要だ」

パク・ボギュン大記者



※後半は読点が連続するのでわかりやすく改行してみた(笑)、こうやって「文脈」を作らず、放り出す書き方でしか書くことができないのだろう、韓国ではそれが限界だ、安倍談話で近代史がわかりはじめたのだろうか(笑)




駐日韓国大使「韓日首脳会談の年内開催に期待」

2015年08月20日07時53分 中央日報

柳興洙(ユ・フンス)駐日韓国大使が朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相の韓日首脳会談開催の可能性について「年内に良い結果が得られることを期待している」と19日、述べた。柳氏は赴任1周年を4日後に控え、東京の韓国大使館で韓国特派員と懇談会を開き、「戦後70年の安倍談話は内容一つ一つを見ればさまざまな問題を指摘することができるが、日本政府もそれなりに努力したものと見られる」とし「経済や文化交流などが回復していて、このような契機をしっかりと活用すれば、年内の首脳会談という良い結果が得られるのではと期待している」と明らかにした。

柳氏は「安倍首相の歴史認識に根本的な変化があったと見るにはまだ疑問が残るが、歴代内閣の談話を揺るぎなく継承すると述べるなど、前向きな努力を示したことは評価するに値する」とした。ただし「植民地支配や侵略・反省・おわびなど核心単語を使いながらも、侵略と謝罪の主体を明確に表現しなかったことは安倍首相の真意を疑わせる部分」と指摘した。また「言葉のレトリックを巧みに駆使して曖昧な表現を使った」と批判した。「そうではあるが、木ではなく森を見ながら、韓日両国は関係改善のために努力していかなければならない」とした。

昨年8月23日に東京に赴任した柳氏は「朴大統領と安倍首相がことし6月22日にソウルと東京で韓日国交正常化50年記念行事にそれぞれ参加したことが最も記憶に残る」と回想した。また「両国国民の感情がどん底にあるとしても首脳会談は開催すべきだ」と強調した。引き続き「両首脳が今後、国際会議などで頻繁に顔を合わせる姿を見せれば、国民の考えが変わって関係も改善されるだろう」と述べた。

次は一問一答.

--首脳会談の追加契機は必要か。

「慰安婦問題が解決できれば一番良い契機になるだろう。だが、慰安婦問題が解決されたと言ってすべてのことが終わるわけではない。韓日関係は数百年、数千年続いていかなければならないものなので、たとえ他の問題が生じても克服しようとする心構えが両国の指導者と国民に必要だ」

--慰安婦問題が首脳会談の“先決課題”という立場に変化はあるか。

「韓国政府は慰安婦問題が首脳会談の前提ではないとしている。ただ、首脳会談が成果をあげるには事前に問題を解決しなければならないという趣旨だ。立場に変化があるかはよく分からない」

--慰安婦問題に対する日本のメッセージは。

「安倍談話で慰安婦問題への直接の言及はなかったが、戦時状況での女性の人権・尊厳性などに触れたのは日本が問題解決の意志をやや示したものとして評価に値する」






最終更新日  2015.08.20 11:21:08



© Rakuten Group, Inc.