2250918 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かかしのジャンプ

全て | 記事なし | 中国・日中 | 国内・ | アメリカ・ | 資料 | 朝鮮・在日・対日 | 外交・海外・国連 | 外国人問題・外国人参政権 | その他 | 政局・政治家・ | 小沢天皇 | 航空・安全保障 | 科学・文化・ | 捕鯨・マグロ | 島嶼・領海・資源・ | 恥ずかしい日本人 | メディア・NHK問題 | 反日・左翼 | 歴史・ | トピック | 朝鮮校無償化 | 台湾・日台 | 歴史共同研究・教科書 | 事件・事故・裁判 | ルーピー | 日王 | 経済・産業 | 仰天韓国 | 談話 | 仰天中国 | 拉致 | 対日ネタ | 中国論調 | バカ | 日本崩壊 | ヒトデナシ | 民主党 疑惑 | 反日・歴史認識 | ロイヤルトラブル | 中国事件 | 韓国・事件 | 慰安婦 | 北朝鮮・総連 | ガセ・謎記事 | 売国奴
2021.12.03
XML
カテゴリ:中国・日中
「中国は米国の敵」との回答65%―米世論調査

Record China 2021年12月3日(金) 5時20分


2021年12月1日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、米国で発表された最新の世論調査で「中国は米国の敵」と答えた人が65%に上ったことが明らかになったと報じた。

記事は、米ロナルド・レーガン財団・研究所が1日に発表した世論調査で、65%が「中国は米国の敵」と回答し、「味方」の23%を大きく引き離したことが分かったと紹介。この調査は同研究所が調査機関に委託して実施し、10月25日から11月7日に電話とインターネットを使って2523人から回答を得たものだと伝えた。

また、米国にとって最大の脅威がどの国かについての質問では「中国」との回答が52%で半数を超え、ロシアの14%、北朝鮮の12%のそれぞれ約4倍に達したことを伝え、ロシアが30%と最も多く、中国が21%で2番目だった4年前の調査結果を示した上で「この3年間で民意に変化があったことが浮き彫りになった」としている。

さらに、米国が武力を大量投入すべき地域はどこかとの質問に対し、37%が東アジアと回答し、2番目の中東の17%をやはり大きく引き離したことを紹介した。

記事は、これらの結果について同研究所が「わが国の直面している脅威について、民主、共和両党は共通認識を持っている」とのコメントを発表したほか、同研究所のロジャー・ザケイム所長が「中国による脅威が安全保障だけでなく、経済問題、政治問題、人権問題にまで及んでいることを、人びとは知っている」と語ったことを伝えた。(翻訳・編集/川尻)



※「65%が「中国は米国の敵」と回答」
「米国にとって最大の脅威がどの国かについての質問では「中国」との回答が52%で半数を超え」
「中国が21%で2番目だった4年前の調査結果」

・・・多くの人はこんな報道を見ても「ふーん」って感じの反応だと思うけど、こちとら右翼としては感無量だ、繰り返しになるが、若い人は知らんだろうが、かつてアメリカ民主党にクリントンというすっとぼけた大統領がいて、そいつは中国から多額のカネをもらって中国になびいて、その中国の指示命令に従って日本の経済を壊滅させてそれを中国の経済成長に持っていって現在の中国を築き上げたんだ、現在アメリカは中国の経済的、軍事的台頭、そしてアメリカへの挑戦姿勢にアメリカはあわてているが、だからそれもこれもアメリカ自身が招いた結果だ、日本は遠くは大陸勢力としての元寇依頼、近くとも日清戦争以来ロシアも含んで大陸とは戦ってきたんだが、中国はアメリカをまるめこんでアメリカに「敵は日本」という呪詛を吹き込んでアメリカは中国の操り人形になった、数千発のICBMを持ち、世界最大の経済力を持つあの超大国が人民服をまとった食うや食わずの中国にテもなくひねられすっかりからめとられ、アジアで最大のアメリカの同盟国であり西太平洋を防衛してきた日本をほろぼし、中国の太平洋進出を許したバカ国家アメリカ、いまごろあわてているバカ国家アメリカ、長いのでまたね、





韓国人の片思い?「韓国は最大同盟国」と認識する米国人は1%=韓国ネット「これが現実」

Record Korea 2021年12月3日(金) 10時0分

2021年12月2日、韓国メディア・ノーカットニュースによると、米国のロナルド・レーガン大統領財団・研究所が、米国人2523人を対象に世論調査を実施した。

記事によると、同研究所は現地時間1日、10月25日から11月7日までの間に実施した「国防意識についての全国調査」と題するアンケート調査の結果を発表した。それによると、「どの国が米国の最大同盟国だと思うか」との問いに対し「韓国」と答えた人の割合は1%だったが、今年2月の結果の0%からは1ポイント上昇したという。なお、最も割合が高かったのは「英国」の37%で、「日本」と答えた人の割合は3%、「中国」と答えた人は4%だった。

一方「どの国が最大脅威国だと思うか」という問いに対して韓国を選んだ人の割合は、2018年以降変わることなく1%を維持。また、「中国」と答えた人は最多の52%で18年(28%)以降増加を続けており、「ロシア」と答えた人は14%で18年(30%)以降減少し続けるという結果に。日本を選んだ人はほぼいなかった。

この結果についてレーガン研究所ワシントン局長は、「中国を選ぶ人が増加しているという事実は、中国がどれほど強力な挑戦相手であるかをよく示している」とし、「米国の人々は、中国が安全保障の面だけでなく、経済や政治、人権問題においても脅威になるということを理解している」と分析している。

また、今回の調査で「米国はどの地域に軍事力を集中すべきと思うか」という問いに対しては、37%の米国人が「中国、日本、韓国などの東アジア」と回答したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「米国人は韓国との同盟を『二流』と判断しているということか」「米国に片思いしている中高年の人たち、これが現実です」「韓国は米国を一度も裏切ったことがないのに、日本より下に見られているようだ。国防力を高めて自立してこそ同盟国と見なされる」などと悔しがる声が上がる一方、「当然の結果。西洋人でもなく交流も少ない韓国人の国を最大同盟国と見なすわけがない」「米国人の大多数が韓国についての知識や情報を持っていない」など、受け入れる反応も見られた。

そのほか、「米国人は無知だからカナダの位置さえも知らない。米国人に聞くこと自体が間違い」「おそらくこの1%は韓国系の移民だね」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/丸山)






最終更新日  2021.12.03 17:05:35



© Rakuten Group, Inc.