2250916 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かかしのジャンプ

全て | 記事なし | 中国・日中 | 国内・ | アメリカ・ | 資料 | 朝鮮・在日・対日 | 外交・海外・国連 | 外国人問題・外国人参政権 | その他 | 政局・政治家・ | 小沢天皇 | 航空・安全保障 | 科学・文化・ | 捕鯨・マグロ | 島嶼・領海・資源・ | 恥ずかしい日本人 | メディア・NHK問題 | 反日・左翼 | 歴史・ | トピック | 朝鮮校無償化 | 台湾・日台 | 歴史共同研究・教科書 | 事件・事故・裁判 | ルーピー | 日王 | 経済・産業 | 仰天韓国 | 談話 | 仰天中国 | 拉致 | 対日ネタ | 中国論調 | バカ | 日本崩壊 | ヒトデナシ | 民主党 疑惑 | 反日・歴史認識 | ロイヤルトラブル | 中国事件 | 韓国・事件 | 慰安婦 | 北朝鮮・総連 | ガセ・謎記事 | 売国奴
2021.12.03
XML
カテゴリ:北朝鮮・総連
韓国国立外交院院長「終戦宣言しなければ北朝鮮が来夏に挑発する可能性」

Updated December. 02, 2021 08:50東亜日報

訪米中の洪鉉翼(ホン・ヒョンイク)韓国国立外交院院長(写真)が先月30日(現地時間)、「終戦宣言がなされないまま進むことになれば、来年の夏はとても危険な夏になるだろう」とし、終戦宣言を呼びかけた。北朝鮮との交渉が再開となる場合、来年の韓米合同軍事演習を中止しなければならないとも主張した。

洪氏は同日、ワシントンのシンクタンク、ウッドロー・ウィルソン・センターが、「米朝関係の展望」を主題に開催したセミナーで、「北朝鮮が来年2月の北京五輪と3月の韓国大統領選までは見守るだろうが、その後は我慢しないだろう」とし、終戦宣言がなされない場合、北朝鮮が挑発に出る可能性に触れた。また。「米国は北朝鮮が核を放棄できる機会を与えなければならない」とし、「その最初の段階として終戦宣言をしようというのが文在寅(ムン・ジェイン)大統領の提案」と強調した。

洪氏は、「北朝鮮の立場では、米国は信じられない国であり、話は大きいが行動しないと判断している」とし、米国に責任を問うような発言もした。北朝鮮が豊渓里(プンゲリ)核実験場の廃棄や中長距離ミサイル発射中止などの誠意を見せたが、米国が何ら相応の措置をしていないということだ。そして、「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記を(ロシアの改革開放を率いた)ゴルバチョフにしなければならないのに、私たちがスターリンにしているのではないか」とも述べた。

韓国側パネリストとしてセミナーに参加した統一研究院の高有煥(コ・ユファン)院長も、「北朝鮮が核放棄と経済発展を決心して先行的に措置したが、好循環がなされなかった」とし、終戦宣言の必要性を主張した。国家安保戦略研究院の金基正(キム・ギジョン)院長も、「韓半島の平和に向けて終戦宣言が可能だ」と加勢した。

韓国の主要な統一外交安保国策研究機関のトップが声を一つにして終戦宣言を呼びかけたが、ワシントンの学界やシンクタンクの人々はこれに対して懸念や批判の意見を出した。米民主主義防衛財団(FDD)のデビッド・マクスウェル主任研究員は、「終戦宣言は韓米の観点で危険な部分があって破局に進む恐れがある」と述べ、ランド研究所のスコット・ハロルド上級研究員は、「韓国が終戦宣言を強行すれば、韓米関係に大きな弊害となる恐れがある」と主張した。ヘリテージ財団のブルース・クリングナー上級研究員は、北朝鮮のミサイル発射が国連の対北朝鮮制裁決議が禁止している行為であることを想起させ、「北朝鮮が発射しなかったと称賛することは、『今日人を殺さなかったのでよくやった』と称賛するようなもの」と指摘した。

セミナー後、洪氏はワシントン特派員団との個別懇談会で、北朝鮮との交渉が再開した場合、来年春の大規模な韓米合同軍事演習は中止しなければならないと主張した。

ワシントン=イ・ジョンウン特派員





※「「終戦宣言がなされないまま進むことになれば、来年の夏はとても危険な夏になるだろう」とし、終戦宣言を呼びかけた。北朝鮮との交渉が再開となる場合、来年の韓米合同軍事演習を中止しなければならないとも主張した」

・・・いやいやいや、おろおろあたふたするのは勝手だが、戦わずして降伏ってやつだよね、しかも終戦宣言ってムンが将軍様に約束したサギ案件、自分で言い出して自分で怖がってる、バカ丸出しじゃん(笑)、

「北朝鮮が豊渓里(プンゲリ)核実験場の廃棄や中長距離ミサイル発射中止などの誠意を見せた」

・・・誠意ってこういうときに使うもの?(笑)、

「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記を(ロシアの改革開放を率いた)ゴルバチョフにしなければならないのに、私たちがスターリンにしているのではないか」

・・・お笑いだ、ゴルバチョフとスターリンを間違えたとしてどれだけの意味が?、

「北朝鮮が発射しなかったと称賛することは、『今日人を殺さなかったのでよくやった』と称賛するようなもの」

・・・だよね、




韓国の国家安保室長が訪中…終戦宣言の議論に拍車かかるか

登録:2021-12-03 06:12 修正:2021-12-03 07:14ハンギョレ

1泊2日の日程で、2日天津に到着…楊潔チ政治局員と会談 
韓米、米中に続き、韓中の外交・安保の司令塔協議の形に 
ソ室長「朝鮮半島の非核化と平和に向けた戦略的協力に期待」表明 
尿素水品薄現象と関連し、両国のサプライチェーンの問題も核心議題に 


 大統領府のソ・フン国家安保室長が2日、中国の楊潔チ外交担当政治局員と会談するため、2日間の日程で中国を訪問した。文在寅(ムン・ジェイン)政権が進めている朝鮮戦争終戦宣言や、尿素水品薄現象などサプライチェーンの問題を含む両国の懸案について協議したものとみられる。

 ソ室長は同日午後5時ごろ(中国時間)天津のあるホテルで開かれた会談で「国際情勢も転換期的状況にあり、朝鮮半島の周辺地域の平和安定のために両国間疎通と協力がいつになく重要な時期」だとしたうえで、「これまで朝鮮半島の完全な非核化と恒久的平和定着という共同の目標に向かって協力してきた両国が、今後も朝鮮半島情勢の安定的管理と平和プロセス進展のため緊密に協力することを期待する」と述べた。

 これに対し、楊政治局員も「中韓双方が適切な時期に戦略的意思疎通を図ることが非常に重要であり、またそれが必要な時期」だとし、「新たな時期、新たな情勢のもと、共通の関心事について幅広く意見を深めることを望んでいる」と述べた。

 これに先立ち、ソ室長と楊政治局員は今年10月、米国のワシントンとスイスのチューリッヒで、それぞれジェイク・サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)と会談した。韓米と米中に続き韓中の外交・安全保障分野の司令塔が協議に乗り出した形で、朝鮮半島問題に関する双方の立場が具体的に議論されたものとみられる。特に、韓米間の終戦宣言に関する文言の調整作業がかなり進んでおり、ソ室長が楊政治局員にこれに関する具体的な内容を伝えたものとみられる。中国側は、朝鮮戦争の停戦協定の署名当事国として終戦宣言に参加するという意思を何度も表明してきた。

 韓米を中心に行われてきた終戦宣言をめぐる論議が韓中まで拡大し、南北米中の4カ国による終戦宣言の議論が近く本格化するかに注目が集まっている。来年2月の北京冬季五輪の開幕を控え、終戦宣言をめぐる議論に拍車がかかれば、文在寅大統領の電撃的な訪中が実現する可能性もある。

 今回の会談では、深刻な尿素水品薄などを含む両国間のサプライチェーン問題についても、踏み込んだ議論が行われたもようだ。ソ室長は冒頭発言で、「同様の問題が発生しないよう、緊密に協議していくことを期待する」と述べた。

 ソ室長は同日午前、政府専用機(空軍3号機)で天津国際空港に到着し、朝鮮半島の非核化と終戦宣言問題を総括するキム・ジュング国家安保室平和企画秘書官らが同行した。

天津/共同取材団、チョン・インファン特派員
韓国語原文入力:2021-12-02 21:36
訳H.J



中国「終戦宣言支持」…4者会談実現なるか

登録:2021-12-04 08:32 修正:2021-12-04 09:27ハンギョレ

大統領府「楊政治局員が天津での会談で発言」 
原則的な発言…中国の参加には過程が残る


 文在寅(ムン・ジェイン)政権が推進している朝鮮戦争の終戦宣言について、中国側が明確な支持の意向を表明した。韓米間だけで進められてきた議論に中国が参加する姿勢が加わり、終戦宣言のための南北米中による4者会談が実現するかに関心が集まっている。

 3日の大統領府の発表内容を総合すると、ソ・フン国家安保室長は2日午後、中国天津で楊潔チ外交担当政治局員と晩餐を兼ねて5時間35分ほど行われた会談で、終戦宣言を含めた朝鮮半島平和プロセスの進展のための韓国政府の努力を説明した。

 それに対し楊政治局員は「韓国政府の終戦宣言の推進を支持する」とし、「終戦宣言は朝鮮半島の平和と安全を増進させるのに貢献するものと考える」と述べた。これまで中国側は、朝鮮戦争の停戦協定の署名当事国として終戦宣言に参加するという意向を何回も表明している。

 大統領府側は、ソ室長と楊政治局員が「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和の定着のために、北朝鮮との対話と外交努力が重要であるという点に共感し、そのために両国が戦略的な意思疎通と協力を一段と強化していくことにした」とも明らかにした。特に楊政治局員は、「南北関係強化のための韓国政府の努力を一貫して支持する」とし、「朝鮮半島の平和と安全のために、中国側も努力を続けていく」と述べた。

 政府高官は、「終戦宣言には、過去68年間続いてきた『技術的な規定が明確ではない状況』を整理する本質的な側面があり、終戦宣言の議論を通じて北朝鮮との対話を再開できるモメンタム(動力)を作っていこうという趣旨など、二つの意味がある」とし、「会談で終戦宣言の議論の有用性の側面について説明し、それについて楊政治局員が共感し、支持の意向を明らかにした」と伝えた。

 楊政治局員は終戦宣言に対する「支持」の意向を表明したが、中国が関連の議論に「参加」するまでに経なければならない過程は残っているものとみられる。実際、今回の会談で楊政治局員は、「終戦宣言の議論において、中国が建設的な役割を果たす用意がある」と明らかにしたが、具体的にどのような役割を果たすのかについては明確な言及がない「原則的な水準」であったと伝えられた。

 政府高官は「これまでの過程と趣旨を説明しただけであり、我々の側も終戦宣言について、中国に具体的な要請をしたものはない」と明らかにした。韓米間で協議中の終戦宣言の草案については、「今は(中国側と)草案まで論議する段階ではない」と述べた。同高官は終戦宣言の議論の進展を前提に、来年2月の北京冬季五輪前後の文在寅大統領の訪中の可能性についても、「その問題を論議する状況には至れなかった」と述べた。まだ道のりは長いという意味だ。

 朝中間でも、終戦宣言については、現時点では具体的な議論は進められていないものとみられる。今回の会談に先立ち、劉勁松・中国外交部アジア司長(アジア担当局長)が先月30日に駐中北朝鮮大使館のチョン・ヒョヌ公使に会った事実が公開され、朝中双方が終戦宣言に関する議論を行ったのではないかという観測が出たことがある。しかし、当時の会談では、朝中両国間の懸案についての議論だけがなされ、終戦宣言に関する言及はなかったことが分かった。

 北韓大学院大学のヤン・ムジン教授は「終戦宣言の推進について、韓米間の調整がほとんど最終段階に入り、北朝鮮に提案する前に中国を訪問し、中国の支持と協調を求めたもの」だとし、「特に、12月下旬に行われる労働党全員会議が開会する前に、韓国‐中国間で支持と協調の姿を示せたのは、北朝鮮に送るメッセージになるだろう」と分析した。北朝鮮は近年、年末年初に労働党会議を開き、対外政策などの主要な政策を調整・決定してきたため、それを控えて韓中が発信したメッセージは肯定的なものだという評価だ。実際、政府側からは、終戦宣言をめぐる韓米間の調整はほぼ終わって意見の相違がない状態であり、北朝鮮に提案する時期と方法を含め提案後の動きまで協議中だと伝えられている。何より、北朝鮮が終戦宣言をどう受け入れるかが決定的だという状況であるため、金正恩(キム・ジョンウン)労働党総書記が全員会議でどのようなメッセージを発するかなど、北朝鮮内部の政治動向にも注目している。政府当局者は「中国も終戦宣言を支持すると公開の場で発言したことは、明らかに北朝鮮にも意味のあるシグナルになるだろう」と見通した。

天津/共同取材団、チョン・インファン特派員、キム・ジウン記者
韓国語原文入力:2021-12-04 02:30
訳M.S








最終更新日  2021.12.04 13:58:24



© Rakuten Group, Inc.