2465317 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かかしのジャンプ

全202件 (202件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

ルーピー

2022.06.25
XML
カテゴリ:ルーピー
鳩山元首相「慰安婦問題は永遠に謝罪」発言にネット紛糾「旅券を剥奪して」「国益にならない」

6/24(金) 14:57配信
SmartFLASH・YAHOOニュース


 6月9日、韓国の「アリランニュース」は、鳩山由紀夫元首相(75)の単独インタビューを放送した。鳩山氏は、5月10日、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の就任式に出席。そのときに収録されたもので、いつこのインタビューが放送されるかに注目が集まっていた。鳩山氏がインタビューで語ったのは、以下のような内容だった。

・大統領就任式の前日、尹大統領と2人きりで会った際、「韓日関係の先生になってほしい」と言われた。日韓関係を発展させるためにできることは何でもしたいと思った。

・尹大統領は、未来志向的な指導者。「条件なし」に日本と対話して日韓関係を改善したいという強い意志がある。日韓間では「条件なし」の対話が必要だ。

・2015年の日韓間の「慰安婦問合意」に関して、日本側の「この問題を二度と持ち出すな」という態度が間違っている。慰安婦被害者たちは、決して物質的な賠償を望んでおらず、真の謝罪を望んでいる。無限責任要素(加害者は被害者が大丈夫だと言うまで謝罪しなければならない)を付加して、被害者に心から謝罪することが重要。

・日本は20年から30年も経済が低迷して、経済が急成長した韓国をうらやましく思い、嫉妬している。これが嫌韓につながっている

 鳩山氏の発言は、いまの日韓関係を的確にとらえているとは言いがたい内容だった。

「鳩山元首相は、2015年の訪韓時、ソウルの刑務所でひざまずいて謝罪。その姿勢は韓国で一定程度評価されていますが。鳩山氏の韓国に対する『土下座外交』は日本で猛批判を浴びました。

 尹大統領は、1998年の『日韓パートナーシップ宣言』の21世紀版を実現させると宣言し、早期の日韓首脳会談を望んでいますが、岸田首相の反応は鈍い。

 岸田首相は、2015年の慰安婦合意時の外相です。『最終的かつ不可逆的な解決』を確認した慰安婦合意を、文在寅前政権に覆されたことで、岸田首相は韓国に対する信頼を失っている」(政治部記者)

 鳩山元首相の発言を「ダイヤモンド・オンライン」が報じると、ネット上では鳩山氏を非難する声が巻き起こった。

《国はこの人の旅券を剥奪してください。国外で国益を損ねる言動があまりにも多すぎます》

《首相経験者で国益にならない行動をするって考えられないし、だから自民が嫌でもまだマシだと投票しちゃうんだよね》

 また、こんな意見も。

《韓国でひざまずいて謝罪した鳩山由紀夫を「日韓関係改善の先生」と呼ぶ韓国新大統領って大丈夫なのか》

《鳩山さんの韓国に対する謝罪の仕方が一番非礼だと思うけど。鳩山さんの言い方って日本が常に上位にいるって言い方の謝罪なんだよね》

 日韓関係の「条件なし」の改善を求める韓国の尹政権。だが、その目論見が実現するのは容易ではなさそうだ。




※《鳩山さんの韓国に対する謝罪の仕方が一番非礼だと思うけど。鳩山さんの言い方って日本が常に上位にいるって言い方の謝罪なんだよね》

・・・まあこれはこれまでも当方言ってるように歴代自民党政権の伝統的「悪弊」なんだよね、韓国が反日を言ってくると日本政府は「なんでもいいからあやまっとけ」というやつ、河野談話が実例、そういう態度が問題解決になるかというとそうではない、ただひたすら傲慢なのだ、物乞いに少額の金銭を与えて「早くおいはらえ」というやつ、ポッポの言い方も非常に高慢、傲慢なものだ、最近韓国や反日勢が口癖のように言う「相手がいいというまで謝れ」というのも、村上某とかのアイデアだが、字ヅラをみるといかにも真摯を装ってるが、これもただ「なんでもいいからあやまっとけ」というのが「真意」としか思えまい、相手の主張を聞かずに「文句言ってきたらなんでもいいからあやまっとけ」という傲慢にすぎない、ポッポ自身もカネに困らないお坊ちゃまだからね、シモジモが文句を言ってきたら「なんでもいいからああやまっとけ」「カネやって追い払え」という態度にしか見えない、






最終更新日  2022.06.25 13:31:23


2022.06.24
カテゴリ:ルーピー
鳩山元首相が韓国のテレビで「日本政府の非礼」をお詫び、発言の中身とは

6/24(金) 6:01配信
ダイヤモンド・オンライン・YAHOOニュース

 韓国・アリランTVのニュース番組で、単独インタビューを受けた鳩山元首相。彼は「元首相」の肩書を利用して過去に何度も韓国への謝罪を重ねてきた人物だ。このインタビューでも彼は韓国民に謝罪し、慰安婦問題について日本政府の姿勢を批判した。インタビューで彼が語った内容とは……。(ビジネスライター 羽田真代)

● 鳩山元首相が、韓国・アリランTVのインタビューに出演

 韓国のアリランTV「アリランニュース」は6月9日、鳩山友紀夫元首相(注:2013年に由紀夫から友紀夫に改名)のテレビインタビューの様子を放送した。このインタビューはムン・ゴンヨンという女性アンカーが進行し、日韓関係、北東アジア情勢、文化交流などについて鳩山元首相に意見を求める内容だった。

 鳩山元首相といえば、「竹島は韓国領土」という趣旨の文をSNSに掲載したり、2015年の訪韓時にソウル市西大門(ソデムン)刑務所で日本の歴代首相で初めてひざまずいて謝罪したりした人物だ。彼の謝罪は、韓国で「誠意が感じられる」と一定の評価を受けた。

 加えて、最近では5月10日の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の就任式に個人枠で招待されて出席。尹大統領から「韓日関係の先生になってほしい」と言われ、再び注目を浴びたことが記憶に新しい。

 彼は毎年韓国を訪れているし、韓国寄りの発言を繰り返すことから、「親韓」「知韓」の日本人として(韓国では)知られている。

● 尹大統領に「日韓首脳が年に1度相手国を行き来すべき」と強調

 鳩山元首相はインタビューでどんなことを話したのか。以下、アリランニュースで報じられた内容をお伝えする。

 大統領就任式の前日、鳩山元首相は尹氏と2人きりで会った。

 その時、尹氏から「韓日関係の先生になってほしい」と言われ、この内容は日韓両メディアで報道された。鳩山元首相はこの時、「日韓関係を発展させるためにできることは何でもしたいと思った」とインタビューで語っている。

 彼は、尹大統領について「未来志向的な指導者だ」とインタビューで評価した。“条件なし”に、日本と対話をして日韓関係を改善したいという強い尹氏の意志を評価してのことだ。ちなみに鳩山元首相はこのインタビューで「“条件なし”の対話が必要だ」と数度にわたり言及した。

 また、両国首脳が年に1度、相手国を行き来しながら、格式にこだわらない実務会談を開き、疎通を拡大するシャトル外交をすべきだとも強調した。

 文政権下の4年間で日韓関係は史上最悪とまで言われるほどに悪化し、日韓首脳会談は1度も開かれなかった。疎通に欠ける状態は、隣国関係を維持する上で問題なことなのかもしれないが、日韓関係は史上最悪と言われながらも一定の関係性を保っていたように思う。今の関係性が決して悪いとも言い切れない。だから、年に1度の日韓首脳会談の開催は頻度が多い気がしてならない。

 彼は在任9カ月という短い首相時代に、当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領と3度も首脳会談を行った人物だから、年に1度の会談はそれでも少なく見積もっての発言だったのだろう。しかし、会談の頻度を上げることは関係改善にはつながらないし、ましてや“条件なし”に互いが会談したところで、日韓関係が改善されることなどあり得ないと思うのだが。

● 慰安婦問題について、日本は永遠に謝罪し、賠償を続けなければならない

 2015年の「慰安婦問題日韓合意」について、鳩山元首相は「日本政府の『この問題を二度と持ち出すな』という態度が間違っている」「慰安婦被害者たちは、決して物質的な賠償を望んでおらず、真の謝罪を望んでいる」と語った。

 一方で彼は、この合意は岸田首相が外相当時に締結したものだから「これを無効化することは難しい」とも認識している。だが、「合意を土台に、無限責任要素(加害者は被害者が大丈夫だと言う時まで謝罪しなければならない)を付加して、被害者に心から謝罪することが重要だ」とも述べた。

 鳩山元首相の言う“無限責任要素”とは、被害者が「もういい」と言うまで日本は永遠に謝罪し、賠償を続けなければならないということだ。これでは、慰安婦問題日韓合意の「最終的かつ不可逆的な解決」は意味を為さなくなる。

● 韓国・中国への嫉妬心が、日本の嫌韓ムードにつながっている?

 鳩山元首相は日本の嫌韓ムードについて、「日本は20年から30年もの間、経済が低迷している状態だから、経済が急成長した韓国や中国といった隣国に対してうらやましさと嫉妬心が生まれた。これが嫌韓という嫌悪感につながっている」と説明した。

 加えて「日本の自民党は右翼性向が強く、韓国に対する嫌悪感を刺激して支持率を高めているが、これは間違ったやり方だ」「日本が韓国と経済的に密接に協力して経済回復を図ることが、(日本経済低迷の)問題解決の糸口になる」とも話した。

 彼は、「日本経済は低迷する一方で、韓国経済はいまだに急成長している」と述べた。しかし、韓国経済も低迷の一途をたどっている。しかも、日本以上にだ。

● 物価上昇、若者の失業率の高さ……韓国経済の現状

 現代自動車の韓国法人は、2022年1~3月期に3563億ウォン(約340億円)の営業損失を出している。また、サムスン電子も株価が52週で最安値(4月28日に6万4500ウォン=約6200円、6月10日に6万3900ウォン=約6100円)を更新した。おまけに今は20年ぶりの円安だ。輸出市場で日本と競合する韓国にとって、この円安は大きな負担となっている。

 加えて、家計負債は世界主要国36カ国の中で最も多いと、6月6日に発表された国際金融協会の世界負債報告書で報告が上がっていた。5月末の外貨準備高(4477億1000万ドル/約61兆円)は、3月末から3カ月連続で減少している。こちらは、同月7日に韓国銀行から発表された数字だ。

 物価も上がり続けている。5月の消費者物価上昇率は前年同期に比べて5.4%と、世界金融危機(2008年8月/5.6%)以来、13年9カ月ぶりの最高値を記録した。

 失業率も、29歳以下は7.2%(全体の失業率は3.0%)だ。以前から問題視されているが、いまだに解決できていない。一方で、日本の大卒就職率(2022年春)は95.8%だ。新型コロナウイルスが影響して2年連続低下しているのにこの数字である。これらの要因を考えると、日本の経済低迷を救えるほど、韓国に余力があるとは到底思えない。

● 今後の日韓関係

 鳩山元首相は、岸田首相のことを「安倍元首相、菅前首相とは異なる進歩的なリーダーだ」と強調して、日韓関係の改善に対する期待感を示した。また、林外相についても「韓国に対して開放的な性向だ」と述べている。

 安倍元首相や菅前首相は、韓国の誤った主張をことごとく退けてきた人物だ。鳩山元首相がこれほどまでに岸田首相や林外相に期待感を示すのは、彼らが韓国の主張を受け入れるだろうと見込んでのことなのだろうか……。対立する自民党員であるにもかかわらず、ポジティブな印象を韓国民に与える鳩山元首相の言葉にどこか危険な香りがすると思うのは、筆者の屈折した見方だろうか。

 鳩山元首相は元首相の肩書を利用して、韓国に謝罪を重ねてきた人物だ。

 彼は今回のインタビューでもまた、韓国民に謝罪した。

 それは、駐日韓国大使の姜昌一(カン・チャンイル)氏についての謝罪で、「大使に日本政府が冷たく接したことについて申し訳ない」という内容だった。

 しかし彼が言うほど、日本政府は姜昌一氏に対して冷たく接しただろうか。確かに彼の着任後、当時の菅首相や茂木外相、現在の岸田首相との会談は行われておらず、6月16日に離任のあいさつのためにようやく林芳正外相との面会が実現しただけだ。しかし姜昌一大使といえば、国会議員時代に「天皇に慰問を」「北方領土はロシア領だ」などと発言した人物である(2020年12月1日に、彼は日本メディアに対してこれらの発言について釈明した)。このほかにも、「天皇のことは韓国では“日王”と呼ぼう」と発言したり、信任状奉呈式を足の痛みを理由にドタキャンしたりしたこともあった。彼に対して日本側が面談を拒否してきたのは、当然のことではないだろうか。

 近日中に、駐日韓国大使は姜昌一氏から尹徳敏(ユン・ドクミン)氏へと入れ替わることが内定している。これに関して、鳩山元首相は「尹徳敏氏が赴任し、大使と日本政府の関係が正常化すれば、日韓関係の発展に大きな役割を果たすだろうと期待する」と、インタビューの最後に述べた。

 果たして、鳩山元首相の思い描くような日韓関係は実現するだろうか。

 仮に岸田首相、林外相、鳩山元首相がそれを許したとしても、多くの日本国民が許さないと筆者は思う。

羽田真代




※「日韓首脳が年に1度相手国を行き来すべき」
「日本政府の『この問題を二度と持ち出すな』という態度が間違っている」
「慰安婦被害者たちは、決して物質的な賠償を望んでおらず、真の謝罪を望んでいる」
「合意を土台に、無限責任要素(加害者は被害者が大丈夫だと言う時まで謝罪しなければならない)を付加して、被害者に心から謝罪することが重要だ」
「日本の自民党は右翼性向が強く、韓国に対する嫌悪感を刺激して支持率を高めているが、これは間違ったやり方だ」
「日本が韓国と経済的に密接に協力して経済回復を図ることが、(日本経済低迷の)問題解決の糸口になる」
「日本経済は低迷する一方で、韓国経済はいまだに急成長している」
「鳩山元首相は、岸田首相のことを「安倍元首相、菅前首相とは異なる進歩的なリーダーだ」と強調して、日韓関係の改善に対する期待感を示した。また、林外相についても「韓国に対して開放的な性向だ」」

・・・突っ込みどころ満載だが、最近、韓国でもこのテの「親韓、反日日本人」を問題視する声も出てきており、著作物だけでなく慰安婦デモに抗議する人たちが出てきていて救われる気がする、ポッポのような一見、韓国に「寄り添った」(気味悪)ヤカラが決して韓国のためにならない、むしろ日本と韓国の正常な関係を毀損する有害な存在であることを、中央日報でさえ記事にするようになっている、ユンはポッポに「先生になってくれ」などとスットンキョウを言ったらしいが、韓国人も日本人もポッポこそ実は「有害物質」であることを見るべきだ、






最終更新日  2022.06.24 12:54:20
2022.06.09
カテゴリ:ルーピー
鳩山元首相「尹大統領に韓日関係の先生になってほしいと言われた」

中央日報/中央日報日本語版2022.06.09 16:48

日本国内の「親韓派」に挙げられる鳩山由紀夫元首相が「尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領に『韓日関係の先生になってほしい』と言われ、韓日関係を発展させるためにできることは何でもすべてやりたいと考えた」と話した。

第20代大統領就任式に招かれて韓国を訪れた鳩山元首相は就任式前日の先月9日に尹大統領と2人きりで会った席でこうした対話をしたとアリランテレビの「アリランニュース」とのオンラインインタビューで明らかにした。

鳩山元首相は尹大統領を「未来指向的な指導者」と称えながら「条件のない対話で韓日関係を改善したいという尹大統領の強い意志を高く評価する」と明らかにした。その上で韓日両国首脳が随時相手国を行き来しながら格式に縛られない実務会談を行い疎通する「シャトル外交」の重要性を強調した。彼は首相在任9カ月間に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領と3回首脳会談をした。

慰安婦問題に対しては「加害者は被害者がいいという時まで謝らなければならない」として無限責任論を再度強調した。鳩山元首相は2015年に訪韓し、ソウルの西大門(ソデムン)刑務所で土下座して謝罪して注目を浴びた。

彼は岸田文雄首相が外相を務めていた2015年に韓日慰安婦合意を引き出した点に言及しながらこの合意を基に「無限責任」の要素を付け加え韓国と対話するよう助言したりもした。岸田首相に対しては「安倍政権と違う。もっと進歩的なリーダー」として韓日関係改善に対する期待感を示した。

鳩山元首相は韓日関係悪化が北朝鮮問題にも良くない影響を及ぼすとし、北東アジア地域の非核武装地帯に向け韓日が協力すべきと強調した。2019年に日本が韓国に半導体輸出規制を加えたことに対しては「歴史問題を経済制裁と絡めてはならない」と批判した。

鳩山元首相は2009年に民主党代表として総選挙勝利を導き日本で54年ぶりの政権交代を成し遂げた。だが政治資金スキャンダルで就任から9カ月で不名誉退陣した。退任後は東アジア共同体研究所を設立し、執筆や講演など多様な活動をしながら韓日関係改善に向けても努力している。鳩山元首相のインタビューは10日午後10時30分からアリランテレビを通じて放映される。




※「加害者は被害者がいいという時まで謝らなければならない」

・・・って、ポッポに限らず反日のバカは言うんだけど、これって始めから「いくら謝罪しても無意味」って自分から言ってるわけだよね、一度謝罪して。そのときは承諾されても翌日にはまた謝罪要求がある、前回「それでいい」と承諾してもそれはウソと、始めから言ってしまっている、つまり「オレ(韓国)はそのときそれでいいと言っても翌日にはまた謝罪しろというから、おれのいうことはウソだ」と言ってる、毎度言うが、韓国人の主張ってそもそも自己矛盾しているわけで、それを何か「相手がいいと言うまであやまれ」なんてミエをきってるけど、始めから「おれの言うことはウソ」って言ってるわけだから、精神異常を疑う案件だよ、バカなの?(笑)、






最終更新日  2022.06.09 19:57:21
2022.05.11
カテゴリ:ルーピー
鳩山前首相、韓国メディアのインタビューで尹大統領に日本人の心を引く方法を助言

中央日報日本語版2022.05.11 11:24

鳩山由紀夫元首相が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領に日本人の心を引く方法を助言した。

韓国放送局JTBCは10日、鳩山氏のインタビュー内容を放送した。鳩山氏はインタビューで「いま日本では『鎌倉殿の13人』という大河ドラマが人気だ」とし「尹大統領が一言『これは本当におもしろい』と話すだけでも日本人はとても喜ぶはず」と話した。

日本外相が4年ぶりに韓国を訪問したことについては「首相の代わりに外相が出席するというのも(日本が)就任式を非常に重視している証拠だと考える」と語った。

鳩山氏は韓日関係の解決案について「徴用工問題がきっかけになるのではと考える」とし「1991年に外務省の柳井局長は個人の損害賠償請求権は国家間の条約で消滅するのではないと発言している」と振り返った。

岸田首相との会談について、鳩山氏は「岸田首相に何度でも時間をかけて真摯に議論しようと尹大統領が提案を続ければ、岸田首相は確実に応じるはず」と述べた。




※「1991年に外務省の柳井局長は個人の損害賠償請求権は国家間の条約で消滅するのではないと発言している」

・・・こういうのはホントに罪深いよ、「個人の損害賠償請求権は国家間の条約で消滅するのではない」というのは韓国の判決で言ってることをなぞってるわけだが、その「請求権」の請求先は韓国政府なんだからね、実際韓国政府はそれを認めてかつて徴用工に現金支給をしている経緯があるわけなんだからね、韓国政府が「請求先は韓国政府」であることを認めている、なぜそれを言わないのか?、都合のいいところをつまみ食い、ただ日韓の摩擦をあおっているだけだ、




鳩山由紀夫氏 韓国次期大統領と会談「親しく懇談」「韓日改善の先生になってとお願いされたが」

5/10(火) 20:03配信
デイリースポーツ・YAHOOニュース

 鳩山由紀夫元首相が9日、ツイッターに投稿。韓国の尹錫悦次期大統領とソウルで会談したことを伝えた。

 「韓国の尹新大統領と大統領に就任する前日に面談をする機会をいただいた」とし、会話している写真などをアップした。

 「脱大日本主義のハングル版を差し上げた後、親しく懇談をしたが、尹氏の『無条件で韓日関係を改善する』との言葉に強い決意を感じた」と記した。

 「最後に『韓日関係改善の先生になって欲しい』とお願いされた」と明らかにしたうえで、「尹氏の自信の裏返しと思う」とつづっている。





韓国でひざまずいて謝罪した鳩山由紀夫を「日韓関係改善の先生」と呼ぶ韓国新大統領って大丈夫なのか

5/11(水) 12:06配信
FNNプライムオンライン

軽率な韓国の政治家たち

韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)新大統領は日本の鳩山由紀夫元首相と会談し、鳩山氏によると「韓日関係改善の先生になってほしい」と言ったらしい。元首相だから会うのはしょうがないとしても、この人にこれ言っちゃダメだ。

日韓関係を史上最悪にした文在寅大統領がようやく青瓦台を去り、日米など民主主義陣営との連携を訴える新大統領が就任した。今朝(5月11日)の日本の新聞各紙は「日米と連帯」「対日改善なるか」「友好ムード優先」との見出しで関係改善への期待をにじませたが、新大統領がこの調子だとあまり前のめりにならない方がいいと思う。

先日外相候補の朴振という人が日本の林芳正外相とカラオケで「釜山港へ帰れ」をデュエットしたいなどと言い出し、「日韓関係の深刻な状況をわかっているのか」と失笑を買ったが、どうも韓国の政治家は軽率と言うか、緊張感に欠けている。

岸田文雄首相は悩んだ末に、韓国からの代表団と会ったし、「日韓の間では難しい問題が存在するが、このまま放置することはできない」と述べるなど、関係改善に意欲を見せている。

ただ韓国側の慰安婦合意の事実上の破棄にしても、旧朝鮮半島出身労働者の判決にしても、ボールは韓国側にあり、日本はとりあえずどうすることもできない。だから日本側があまり「関係改善」に言及すると「軽率な」韓国側は「日本が譲歩してくれる」と誤解しないか心配なのだが、今のところ岸田氏も林氏も日本が譲れない線は守っていると思う。

「日本が譲れ」と言う日本のメディア
日本の外務省も話を聞く限り「変な譲歩」をする気は全くないようなので実は安心している。あとは一部のメディアだけだ。

来日した韓国の代表団が「懸案解決は一方の努力だけでは難しい」と繰り返し主張し、日本のメディアもその発言を大きく伝えていたが、この「双方が努力しよう」というのは文在寅政権が使っていたレトリックで、日本としては「いや、そちらが約束を破ったんだから、まずそちらが正常な状態に戻してください」とずっと反論している話だ。

そういう経緯を無視して韓国新政権はおそらく今後も「双方が努力しよう」「双方が譲歩しよう」と言い続けるだろう。なぜなら新政権は議会で過半数を持っていないため、野党に気を遣わねばならず、文在寅政権の反日政策をそう簡単に修正できないので、日本の譲歩頼みなのだ。

韓国政府が「双方が譲歩しよう」言い続ければ、日本のメディアも「なぜ日本は譲歩しないのか」と報道するだろう。するとそれを見た米国のバイデンは「日本も譲ったら」などと言い出しかねない。バイデンの外交感覚はあまりシャープではないのだ。

「愛の不時着」は好きだけど
ただメディアがいくら日本の譲歩をあおっても、日本国民には響かないだろうし、岸田さんも林さんもそのあたりは間違えないのではないかと思う。まあ万一間違えても安倍晋三元首相が速攻でダメ出しするだろうし。

経済や安保を考えると日韓の関係改善は必要だ。日本に観光に来たい韓国人はたくさんいるし、日本人だって韓国のBTSや「愛の不時着」は大好きだ。だからと言って安易な妥協はしてはいけない。もちろん鳩山由紀夫さんにはこれ以上余計なことはやめてほしいのだ。

【執筆:フジテレビ 上席解説委員 平井文夫】

平井文夫




※・・・???、わからんのだが、ポッポはユンに呼ばれて行ったの?、ユンはこれ見よがしにあてつけで売国奴と握手したわけ?、




大河ドラマを褒める?鳩山元首相が韓国新大統領に提案した日韓関係改善の方法とは

Record Korea 2022年5月13日(金) 20時20分

2022年5月11日、韓国・JTBCによると、鳩山由紀夫元首相が「尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領に『日韓関係の先生になってほしい』と言われた」と明かした。

鳩山元首相は10日の尹氏の大統領就任式に出席するため3年ぶりに韓国を訪問。9日に尹氏と会談した。

会談後、鳩山元首相は尹氏の印象について「尹大統領に『私は政治経験が浅いため、日韓関係の先生になってほしい』と言われ、とても素直な人だと感じた」「尹大統領は日韓関係改善に積極的であるため、近いうちに日韓首相会談が実現すると思う」などと述べた。

また、尹氏へのアドバイスとしては「日本では今、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が人気なので、尹大統領が一言『面白いドラマだ』と言えば日本人はとても喜ぶと思う」と述べた。また「『NiziU』など韓国でプロデュースされた日本の歌手や、日韓合同アイドルが協力のメッセージを伝える役割をすれば、日本人の心に強く響くのではないか」との考えも示したという。

この記事を受け、韓国のネットユーザーからは「日本人を先生にするだと?先祖たちが聞いたら驚いて気絶する」「日本から何を学ぶというのか」「韓国は日本の属国になってしまうのでは」「国の品格を下げる発言。外交は別の人に任せるべきだ」「お願いだから国民のプライドを守ってほしい」「尹大統領が独島(竹島の韓国名)を守り抜けるか心配だ」など尹氏の発言に驚きや批判の声が続出している。

一方で「何事かと思ったけど、鳩山元首相なら納得。先生にふさわしい」「日本から誠意ある謝罪を受けるには互いに一歩ずつ歩み寄らないと。いがみ合っていても何も変わらない」「たしかに日韓関係の改善には若い世代の文化交流が必須だ」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)







最終更新日  2022.05.14 17:03:07
2022.05.10
カテゴリ:ルーピー
鳩山元首相らの出席発表 韓国次期大統領の就任式

5/6(金) 11:33配信
共同通信・YAHOOニュース

 【ソウル共同】韓国の尹錫悦次期大統領の就任準備委員会は6日、日本の鳩山由紀夫元首相、中国の王岐山国家副主席が10日に開かれる就任式に出席すると発表した。米国からはハリス副大統領の夫エムホフ氏やウォルシュ労働長官が参加する。

 日本は岸田文雄首相の出席を見送り、林芳正外相を派遣予定で、準備委は「日本国内の関連手続きが完了次第、発表する」との見通しを示した。




鳩山元首相 尹錫悦新大統領に「『韓日関係改善の先生になって』とお願いされた」

5/10(火) 10:35配信
スポニチアネックス・YAHOOニュース

 鳩山由紀夫元首相(75)が10日までに自身のツイッターを更新。韓国の尹錫悦新大統領と会談したことを報告した。

 鳩山氏は「韓国の尹新大統領と大統領に就任する前日に面談をする機会をいただいた。脱大日本主義のハングル版を差し上げた後、親しく懇談をしたが、尹氏の『無条件で韓日関係を改善する』との言葉に強い決意を感じた」と自身の著書を手渡したという。

 続けて「最後に『韓日関係改善の先生になって欲しい』とお願いされたが、尹氏の自信の裏返しと思う」と会談を振り返った。




日本政府、尹錫悦大統領就任に祝意…「韓日関係、尹氏のリーダーシップに期待」

中央日報/中央日報日本語版2022.05.10 16:51

日本政府は10日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の就任を祝いながら韓日関係改善に向けた期待を明らかにした。

松野博一官房長官はこの日午前の記者会見で、「尹大統領の就任を心からお祝い申し上げる。国際社会が変化に直面する中、健全な日韓関係は地域および世界の平和と安定および繁栄を確保する上でも不可欠だ」と話した。

その上で「1965年の国交正常化以来築いてきた友好協力関係の基盤に基づき日韓関係を発展させていく必要があり、尹大統領のリーダーシップに期待している」と付け加えた。韓日首脳会談計画に関する質問には「現時点で決まっていることはない」と答えた。

岸信夫防衛相もこの日の閣議後の記者会見で「北朝鮮対応をはじめとしてインド太平洋地域の平和と安定のため、韓国の新政権と緊密に意思疎通を図り、日米韓の連係強化を推進したい」と話した。

合わせて2018年の哨戒機問題を念頭に置いたように「日韓防衛当局間で様々な課題があり、両国の防衛協力・交流に影響を及ぼしている。これを解決するために新政権がリーダーシップを発揮すると期待する」と強調した。

◇自民党保守派「韓国の対応見守らなければ」

日本の放送はこの日尹大統領就任式をリアルタイムで中継し大きな関心を見せた。テレビ朝日は情報番組の途中に韓国大統領就任式の中継も挿入し、専門家の解説とともに放送した。TBSは衛星放送とインターネットを通じて就任式を生中継した。

この日の就任式には岸田文雄首相の特使として派遣された林芳正外相が出席した。林外相は前日に外交部長官に指名されている朴振(パク・チン)氏と会った後「両国関係のこれ以上の悪化を放置してはならない」との認識で一致したと明らかにした。

朝日新聞はこの日の2人の会談が予定を約30分上回り2時間にわたり行われたとし、「全体的に良い雰囲気の会談だった。一気に関係が改善したわけではないが、新政権発足に合わせて良いスタートが切れたのでは」とする外務省関係者の話を伝えた。

林外相はこの日の就任式後に尹錫悦大統領と会い、岸田首相の親書を手渡したと共同通信が伝えた。

一方、政権与党の自民党内では韓国政府の対応をもう少し見守るべきという慎重論も出ている。前外相である茂木敏充自民党幹事長は10日の会見で韓国新政権発足に対する質問を受け、「残念ながら前政権下で韓国側の問題によって交友関係が崩れてしまった」とし韓日関係悪化の責任を韓国側に回した。尹大統領の対日関係改善に積極的な姿勢は評価しながらも、「実際に具体的な行動をしっかり見ていく必要がある」としながら留保の立場を表わした。

自民党内の保守派である高市早苗政調会長もこの日の党政調審議会で尹大統領就任に祝意を示しながらも、韓国側が2015年の韓日慰安婦合意、1965年の韓日請求権協定を無視するなど「国際約束と儀礼に違反している」と主張した。続けて「日韓関係の改善には私たちも(韓国側の今後の対応を)見定めなくてはならない」と話した。

岸田首相は前日、林外相を尹大統領就任式に派遣した理由に対し「日韓間には難しい問題が存在するが、このまま放置はできない」と強調した。その一方で強制動員被害者問題や慰安婦問題など懸案に対しては「国と国との約束は守ることを基本としながら、わが国の一貫した立場に基づいて取り組みを進めていきたい」という既存の立場を繰り返した。




※「前外相である茂木敏充自民党幹事長は10日の会見で韓国新政権発足に対する質問を受け、「残念ながら前政権下で韓国側の問題によって交友関係が崩れてしまった」とし韓日関係悪化の責任を韓国側に回した」

・・・「韓日関係悪化の責任を韓国側に回した」って言い方はいかにも日本が悪いと言いたいのであろうが、しかしながらなぜ日本が悪いと言うのか言っていただきたい、そういう「さらっと流す」のは韓国メディアの定石だが、それって印象操作ってものだ、へたな小細工はやめろよ、

「自民党内の保守派である高市早苗政調会長もこの日の党政調審議会で尹大統領就任に祝意を示しながらも、韓国側が2015年の韓日慰安婦合意、1965年の韓日請求権協定を無視するなど「国際約束と儀礼に違反している」と主張した。続けて「日韓関係の改善には私たちも(韓国側の今後の対応を)見定めなくてはならない」と話した」

・・・怖いもの知らずなのかわからんが高市の発言を載せるなんて、中央日報を心配する(笑)、






最終更新日  2022.05.10 18:11:20
2022.04.16
カテゴリ:ルーピー
鳩山由紀夫氏、ロシアのウクライナ侵攻で「米国が利益」

4/16(土) 9:32配信
デイリースポーツ・YAHOOニュース 

 鳩山由紀夫元首相が14日、自身のツイッターを更新し、ロシアのウクライナ侵攻で「利益」を得るのは米国だと持論を伝えた。

 鳩山氏は「この戦いはウクライナが舞台のロシアVS米国の戦争である。」と明言。「ウクライナは戦場で疲弊し、ロシアは思惑通りに行かず苦戦している。」と戦っている両国ともが苦しんでいると分析した。

 さらに「両国はNATO問題などで停戦可能」とした上で、「米国は戦争が長引くほど軍産複合体が利益を得て株価が上がり、プーチンの首を取れる確率も増す。」と二重の意味で米国に利があるとした。最後は「誰かが米国の首に鈴をつけねば泥沼化する。」とロシアではなく米国を止めるべきと断じた。

 ただ「NATO問題」でどのように「停戦可能」なのかは具体的には示していない。




※「ロシアのウクライナ侵攻で「利益」を得るのは米国だ」
「この戦いはウクライナが舞台のロシアVS米国の戦争である」
「「誰かが米国の首に鈴をつけねば泥沼化する。」とロシアではなく米国を止めるべきと断じた」

・・・結局ポッポもロシアが少なくとも国境を侵している事実を隠蔽するには「悪いのはアメリカ」と言って目くらましをしているわけだろ、アメリカはそもそも軍事大国で、兵器も多種多様にあるし、世界制覇した国であるからなんとでも言えるわけだろ、最近は陰謀論が盛んだが、人々の目を陰謀論でめくらましをして間接的にロシア擁護であるわけで、ロシアが悪いと言えないからアメリカが悪いと言う、いかにも幼稚なごまかしなんだが、あとでロスケには「ポッポは懸命に擁護してくれた」というカシを作れればいいのであろう、ヒトデナシというのであろうか?
・・・ただ「目くらまし」はポッポだけではない、やはり中国北朝鮮ロシアというレッドチームにギリ立てしたのか、ロシア擁護に回ったのはポッポだけだはない、レッドチームの手先の韓国メディアもロシアの侵攻が始まると即日に「日本が軍拡」「日本に警戒しろ」という長文の記事を出し、中央日報は秀吉の朝鮮出兵をもち出して「悪いのは日本だ」「日本が戦争準備」という「印象操作」「情報操作」「思想統制」をしたのには驚いたが、韓国は仮にも民主主義国家を自称しているのに「ウクライナ」より「日本の危険性」「日本の侵略」を韓国国民に呼びかけたのだ、戦争は地球の裏でやってるというのに「悪いのは日本」と言ってはばからない、ロシア人も韓国人も純情だからこういうあからさまなめくらましはそれなりに嬉しいのだろうとは思う(笑)、






最終更新日  2022.04.16 12:46:15
2022.04.14
カテゴリ:ルーピー
鳩山元首相、ウクライナ侵攻で私見「誰かが米国の首に鈴をつけねば泥沼化する」

4/14(木) 17:01配信
スポニチアネックス・YAHOOニュース

 鳩山由紀夫元首相が14日、自身のツイッターを更新した。

 ロシアによるウクライナ侵攻について「この戦いはウクライナが舞台のロシアVS米国の戦争である」とした上で、「ウクライナは戦場で疲弊し、ロシアは思惑通りに行かず苦戦している」と分析。

 「両国はNATO問題などで停戦可能だが米国は戦争が長引くほど軍産複合体が利益を得て株価が上がり、プーチンの首を取れる確率も増す。誰かが米国の首に鈴をつけねば泥沼化する」との私見をつづった。




※・・・???、ウクライナを見ずにアメリカを見ろ?、プーチンに言われたの?、韓国メディアは「ウクライナを見るな、日本を見ろ」と言ってたよ、ウクライナを見るとなにか後ろ暗いことあるのか?(笑)、






最終更新日  2022.04.15 00:44:47
2022.04.11
カテゴリ:ルーピー
「ウクライナ軍も裁かれるべき」と言う鳩山由紀夫氏 いま振り返るロシアの「クリミア併合」を絶賛していた原罪

4/11(月) 11:48配信
デイリー新潮・YAHOOニュース

 ウクライナ侵攻問題で、鳩山由紀夫元首相(75)は徹頭徹尾、ロシアを擁護するつもりらしい。“非常識”な発言を、多くのメディアが記事にしている。

 ***

 何しろ、あだ名は「宇宙人」だ。我々の常識は通じない。その発言内容を紹介しても無意味だろう。

 そこで、鳩山氏の的外れな発言を伝える記事から、見出しだけを引用する。

◆鳩山由紀夫元首相がゼレンスキー大統領を批判 「親露派住民を…虐殺までしてきたことを悔い改めるべきだ」(中日スポーツ電子版・3月1日)

◆「ウクライナは親露派住民を虐殺」“真偽不明”情報を流す鳩山元首相に批判続出(女性自身電子版・3月1日)

◆鳩山由紀夫氏、ゼレンスキー大統領に疑問「なぜ外交努力しなかった」(デイリースポーツ・3月23日)

◆鳩山元首相がロシアだけじゃなくウクライナ軍も米軍も日本軍も「裁かれるべき」(東スポWeb・4月5日)

 こうした報道から、鳩山氏が“ロシアびいき”なのは分かった。とはいえ、その理由となると理解に苦しむ。担当記者が言う。

「鳩山さんがロシアに甘いのは、彼の祖父である鳩山一郎さん(1883~1959)がソ連と国交を回復したことが大きいのではないでしょうか。1956年、つまり昭和31年、当時、首相だった鳩山一郎さんは、日ソ共同宣言に調印しました。これで日本とソ連の国交は回復し、外交は正常化したのです」

ロシアと鳩山家の深い関係
 ただし、日ソ共同宣言の調印により、北方領土の問題が先送りになってしまった。この稿では本題ではないにしても、重要な点だ。鳩山家に詳しい関係者が言う。

「ロシア人は非常に義理堅いところがあります。鳩山一郎さんが日ソ共同宣言に調印したという“恩”を忘れることはなく、国交回復50周年となる2006年に、一郎さんの銅像を寄贈しました」

 鳩山会館の公式サイトには、「鳩山一郎記念像について」というタイトルで、経緯が記載されている。興味のある方は閲覧いただきたい。

「また、鳩山由紀夫さんの長男である鳩山紀一郎さん(45)は、筑波大附属駒場高校から東京大学の工学部を経て、同大の大学院に進みました。その後、モスクワ大学経営管理学部の客員講師を務めたことがあります。更に、由紀夫さんの弟である鳩山邦夫さん(1948~2016)は、日本・ロシア協会の会長を務めていました。鳩山家とロシアの関係は密接で深いのです」(同・関係者)

 いくら世話になっているからといっても、もしロシアに問題があれば批判すべきだろう。いや、真のロシア通なら、そうするに違いない。

ウクライナ擾乱
 ところが、である。どうやら鳩山由紀夫氏はロシアのことなら何でも擁護するようなのだ。これならロシア通どころか、ただの“使いっ走り”に過ぎない。

 鳩山氏が極めて問題のある発言を行ったことは、歴史の審判によって明らかだ。その“原罪”をご紹介しよう。

 週刊新潮は2015年の3月26日号で、「クリミア訪問『鳩山由紀夫』元総理への大ブーイング」との記事を掲載した。

「2014年2月に起きたロシアによるクリミア侵攻と編入は、現在のウクライナ侵攻の原点とも言えるべき内容です。ロシアはウクライナ領だったクリミア半島の一部に軍隊を送って実効支配。傀儡政権を樹立してしまったのです」(前出の記者)

 クリミア侵攻については、もう少し説明が必要だろう。これは同じ2014年2月に発生した「ウクライナ騒乱」が大きな影響を与えている。

「当時のウクライナは親ロ派政権で、汚職や経済停滞という問題を抱えていました。打開策としてEU(欧州連合)加盟を模索しますが、最終的に政権は加盟を諦めます。これで反政府デモが激化し、親ロ派の大統領だったヴィクトル・ヤヌコーヴィチ氏(71)は失脚。ロシアに亡命せざるを得なくなってしまいました」(同・記者)

制裁を無視した鳩山氏
 ロシアにとってウクライナは、文字通りの隣国だ。西欧への接近は、自分たちの喉元にナイフを突きつけられるに等しい。

「そこでウラジーミル・プーチン大統領(69)は、クリミア半島に侵攻しました。半島の南端を占拠し、ここに親ロ派のクリミア自治共和国を樹立しました。この成功体験からウクライナ東部でも親ロ派勢力が活動を活発化させ、2021年にはドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国という2つの“国家”をロシアは承認しました」

 ロシアのクリミア侵攻は、ウクライナ侵攻の原点だということがよく分かる。歴史の審判という観点からは、クリミア侵攻を擁護したという“過去”は、ウクライナ侵攻を擁護することと同義だと言っていい。

 そもそも当時の国際社会は、ロシアのクリミア侵攻に異議を唱え、制裁を科していたのだ。にもかかわらず、鳩山由紀夫氏はロシアを擁護した。週刊新潮の報道を改めてご紹介しよう。

全国紙も批判
《鳩山由紀夫元総理がこれまで繰り返してきた“宇宙人的言動”は、改めて説明する必要もあるまい。だが、3月9日から強行したクリミア共和国訪問は、さすがに驚いた人も多いはずだ。何しろ、クリミアが昨年ロシアに併合されたことに端を発して、ウクライナでは内戦が勃発。西側諸国がこぞってロシアを非難し、G7などによる制裁が行われている真最中である。にもかかわらず、ロシアから発給されたビザで現地に入った鳩山氏は、ロシア政府が泣いて喜ぶような応援演説をぶって回ったのだ》

《「多くの日本国民は間違った情報で洗脳されてしまっている」》

《「クリミアがロシアの一部に戻ったことは、必然かつ肯定されることで、昨年の(ロシア編入の)決定の正しさを証明している」》

 そもそも日本政府は鳩山氏に、クリミアに行かないよう、ずっと要請していた。

 毎日新聞は2015年3月11日「鳩山元首相:政府の制止振り切り、クリミア入り」との記事を掲載した。

 あまり突出した表現を好まない全国紙でさえ、「振り切り」という表現を見出しに使ったことは異例だった。

理解に苦しむ発言の数々
 共同通信は同じ日に「鳩山氏『住民投票は合憲』 クリミア編入で」との記事で、以下のような発言を伝えている。

《編入の是非を問うとして昨年3月に実施された住民投票について「ウクライナの憲法にのっとって平和裏に、民主的に行われた」と述べた》

《「民主的に実施されたクリミア住民投票により領土問題が解決した。歴史上、最も意義深い出来事の一つだ」》

 こんな“親ロ派”としての発言を、ロシアが喜ばないはずがない。ロシア側がお膳立てした「日本クリミア友好協会」設立が取り沙汰され、鳩山氏と協議を行ったという。

 前掲の週刊新潮の記事から、《大手紙のモスクワ特派員》と、政治評論家の屋山太郎氏の批判を引用しよう。

《「鳩山氏の訪問には官邸サイドは怒りを通り越して呆れるばかりです。菅官房長官も“何を考えているのか”と困惑していましたが、それもそのはず。もし、クリミアで行われた住民投票を北方領土でやられたら、日本としては非常に困るからです。日本政府の元首脳が不法な占領を追認することにもなる。政府はロシア制裁に同調しつつも、北方領土返還交渉を念頭に置いて慎重姿勢で臨んできたのですが、鳩山氏の訪問は、それをぶち壊しかねないインパクトがあった」》(大手紙のモスクワ特派員)

立民への悪影響
《「そもそもクリミアはタタール人が住んでいたところをスターリンが追放してロシア人を入植させた歴史があるのです。鳩山氏はロシアによる“民主的編入”と評価していますが、住民投票だってロシア軍が現地を掌握した状態で行われている。そのことを分かって訪問したのでしょうか。少なくともウクライナをはじめとする西側諸国はインチキだとして認めていません」》(屋山太郎氏)

 前出の鳩山家に詳しい関係者が、苦笑交じりに言う。

「鳩山家は、それほどソ連=ロシアの世話になってきたということです。ロシア軍によるウクライナ侵攻という事態が発生しても、だからこそロシアを擁護しようとするのでしょう。普通の人には理解できないかもしれませんが、鳩山家とロシアの深い関係を間近に見ていると、驚くことではありません」

 かつてのヨーロッパでも、ナチスドイツに理解を示した層はいた。だが、そうした人々は全て、歴史の審判を受けた。

 ノーベル賞作家のカズオ・イシグロ(67)は『日の名残り』(ハヤカワepi文庫)で、ナチスに理解を示したイギリス人貴族の没落を描いた。

 鳩山氏の言動にも、同じような審判が下ってもおかしくない。いずれにしても、現在の立憲民主党がどれほど努力を重ねても、こうした“前科”が有権者の頭に思い浮かぶ。これでは“旧民主党アレルギー”は、いつまで経っても消えない。

デイリー新潮編集部

新潮社






※「《「民主的に実施されたクリミア住民投票により領土問題が解決した。歴史上、最も意義深い出来事の一つだ」》」
「クリミアで行われた住民投票を北方領土でやられたら、日本としては非常に困るからです」

・・・北海道共和国・初代大統領ポッポ(笑)、




鳩山由紀夫元首相、「文化の日」→「明治の日」改称に反対 「明治は教育勅語を奉読させられ…戦争に突入していった時代だ」

4/11(月) 12:02配信
中日スポーツ・YAHOOニュース


 鳩山由紀夫元首相(75)が11日、ツイッターを更新。祝日である11月3日の「文化の日」を「明治の日」に変える動きがあることに触れ、「私は変えることに反対する」と表明した。

 鳩山さんは「前川喜平さんから超党派議員で『文化の日』を『明治の日』に変える動きがあることを伺った」と切り出し、超党派の国会議員が7日、改称を目指す議員連盟の設立総会を国会内で開いた件に言及した。

 さらに「『文化の日』は日本を自由と平和を愛する文化の国にするために制定された」とその意義を解説した上で、「明治は教育勅語を奉読させられ、富国強兵の掛け声の下で植民地獲得のために戦争に突入していった時代だ」と批判。「明治の日」への名称変更について「私は変えることに反対する」と反対意見を述べた。

 鳩山さんの投稿にSNSでは「貴殿が『反対』するなら『賛成』する」「つまり明治の日に変えるのは日本にとって正しいと理解しました」の意見や「つまり明治が嫌いなんですね」「憲法公布の日で、十分でしょう」「『緑の日』を『昭和の日』に変えるのはなぜ賛成したんですか?」などのコメントが相次いだ。

中日スポーツ




※「明治は教育勅語を奉読させられ、富国強兵の掛け声の下で植民地獲得のために戦争に突入していった時代だ」・・・まあ、それを言ったらいつの時代でもいえる事だろ、大正は地震かな、昭和は戦争、なんとでも言えるよ、ポッポの一家はそれで私腹を肥やしたわけだろ(笑)、






最終更新日  2022.04.11 22:53:35
2022.03.02
カテゴリ:ルーピー
鳩山由紀夫氏、核問題に言及の岸田首相に「核に関して露はダメ、米国はいいという二重基準はいけません」

3/2(水) 11:59配信
スポーツ報知・YAHOOニュース

 鳩山由紀夫元首相が2日までに自身のツイッターを更新。ロシアのウクライナ侵攻について言及した。

 この日、「ロシアのウクライナに対する核の威嚇は非難されなければならない」とつづった鳩山氏。「岸田首相は首脳電話会談で、被爆地広島出身の総理として『核による威嚇も使用もあってはならない』と強調した。その通りだ。岸田首相、それはアメリカに対しても、ですね。核に関して露はダメ、米国はいいという二重基準はいけません」と続けていた。

報知新聞社




※「核に関して露はダメ、米国はいいという二重基準はいけません」

・・・岸田は使うなと言ってるだけだろ、持つのをやめろとは言ってない、よく聞けよ、アタマだけでなく耳も悪いのか?(笑)、






最終更新日  2022.03.02 12:59:51
2022.03.01
カテゴリ:ルーピー
鳩山由紀夫元首相がゼレンスキー大統領を批判 「親露派住民を…虐殺までしてきたことを悔い改めるべきだ」

3/1(火) 13:33配信
中日スポーツ・YAHOOニュース

 鳩山由紀夫元首相(75)が1日、1週間ぶりにツイッターを更新。ロシアの軍事侵攻をめぐり、戦争反対を表明しつつもウクライナのゼレンスキー大統領を批判した。

 鳩山さんはまず「私はあらゆる戦争を非難する。ロシアは一刻も早く停戦すべきだ」と主張し、政治信条である「友愛」の姿勢を示した。

 しかし「同時にウクライナのゼレンスキー大統領は自国のドネツク、ルガンスクに住む親露派住民を『テロリストだから絶対に会わない』として虐殺までしてきたことを悔い改めるべきだ」とつづり、大統領を批判。「なぜならそれがプーチンのウクライナ侵攻の一つの原因だから」と持論を展開した。

 鳩山さんの主張にツイッターでは「鳩山元総理のツイから『喧嘩両成敗は加害者の味方』という教えの実例を習う」「虐殺の根拠をご提示願います」「ロシアに頼まれたのか」などの意見が相次いだ。

中日スポーツ




※「鳩山元総理のツイから『喧嘩両成敗は加害者の味方』という教えの実例を習う」「虐殺の根拠をご提示願います」「ロシアに頼まれたのか」

・・・???、虐殺があったっていうならなんでその時言わないの?、言ってたの?、アリバイは?、




「ウクライナは親露派住民を虐殺」“真偽不明”情報を流す鳩山元首相に批判続出

3/1(火) 17:49配信
女性自身・YAHOOニュース

多数の死者、負傷者をだしながら続くロシアによるウクライナ侵攻。CNNによると2月27日までに判明しているウクライナ側の民間人の死者は352人で、少なくとも14人の子供が含まれるという。負傷者は1684人で、うち116人が子供だ。

2月28日には、停戦に向けロシアとウクライナによる直接協議が開かれたものの、大きな進展はみられなかった。

そんななか、鳩山由紀夫元首相(75)のツイートが物議をかもしている。

3月1日、自身のツイッターでロシアのウクライナ侵攻について投稿した鳩山氏。《私はあらゆる戦争を非難する。ロシアは一刻も早く停戦すべきだ。》と前置きをしたうえで以下のように綴った。

《同時にウクライナのゼレンスキー大統領は自国のドネツク、ルガンスクに住む親露派住民を「テロリストだから絶対に会わない」として虐殺までしてきたことを悔い改めるべきだ。なぜならそれがプーチンのウクライナ侵攻の一つの原因だから。》

各メディアによると、ロシアは2月16日に、グテーレス国連事務総長と安全保障理事会メンバーに対して「ウクライナ当局が住民を大量虐殺している」とする報告書を提出している。

しかし、この報告に対して、アメリカのブリンケン国務長官は「ロシアが侵攻に向けた口実づくりをしている」と批判。虐殺の事実があったかどうかは真偽不明のままである。

事実かどうかわからない情報を引き合いに出し、あたかもウクライナに非があるという言説を流布しようする鳩山氏。“元首相”の振る舞いにSNS上では批判が相次いでいる。

《いかにも短絡的な発言ではないのかな…もっと事実関係を精査なり根拠を持って発言すべきだと思う。》
《ウクライナが虐殺ってエビデンスあるんですかねそれ…》
《貴方の発言は「日本の元首相もロシアを擁護」として侵略の正当化に利用されるのですよ。》
《日本国内だけだったらまた鳩山が変なこと言ってら~で済むけど、国際社会で元首相という肩書きがどれだけ強いかを考えたらとてもじゃないけど看過できないよ》

元首相として、世間に与える影響力を考えてツイートしてほしいものだが……。







最終更新日  2022.03.02 00:15:37

全202件 (202件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


© Rakuten Group, Inc.