2465287 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かかしのジャンプ

全169件 (169件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

拉致

2022.05.31
XML
カテゴリ:拉致
北朝鮮関与の強制失踪巡り4カ国の駐韓大使が共同会見 韓国に条約批准求める

2022.05.31 17:31

【ソウル聯合ニュース】フランス、アルゼンチン、オランダ、英国の駐韓大使は31日、ソウル市内のフランス大使館で共同記者会見を開き、北朝鮮が関与した強制失踪問題に対して深刻な憂慮を表明した。各国の大使が一堂に会して会見を行うのは異例。

 フランス大使とアルゼンチン大使は韓国国会に対し、「強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約」(国連強制失踪条約)を批准するよう求めた。

 強制失踪条約は1976~83年の軍部独裁時代に数千人が失踪したアルゼンチンとフランスが主導して2006年の国連総会で採択され、現在68カ国が批准している。

 これに関連し、韓国国会にも「強制失踪犯罪の処罰、強制失踪の防止と被害者救済などに関する法律案」が提出されている。

 フランス大使は「強制失踪は極めて深刻な人権侵害だ」とし、「責任を負わない犯罪者を処罰するために力を合わせなければならない」と強調した。

 被害者の家族会と市民団体は共同宣言文を発表し、北朝鮮が逮捕、監禁、拉致、失踪へと続く組織的強制失踪犯罪を持続的に行って多くの被害者を生んだとしながら、今も強制失踪被害者とその子孫の多くは北朝鮮の鉱山や拘禁施設などに抑留され、差別、搾取、強制労働に苦しんでいると指摘した。

 また、尹錫悦(ユン・ソクヨル)韓国大統領に対し「北に韓国国民を拉致した事実を認めるよう促してほしい」とし、▼北朝鮮に抑留された韓国国民と子孫の生死確認▼抑留された人々の帰国の意志を確認▼死亡時の遺骨返還▼強制失踪被害者との手紙のやりとりと故郷訪問▼韓国人強制失踪問題を担当する独立官庁の設立――を求めた。

 一方、ソウルの国連人権事務所のポカレル代表代行は、国連の実務グループが北朝鮮当局に韓国人強制失踪被害者数百人に対する情報を要請したが、まだ1件も回答がないと明らかにした。

 ポカレル氏は、朝鮮半島の強制失踪問題は北朝鮮非核化に付随するテーマとして扱ってはならないとして、政治と切り離して人権・人道的問題として取り扱うことが重要だと強調した。



※「強制失踪」

・・・???、「強制失踪」ってどういう意味?、原文でどう言ってるのかわからんが、「強制」はともかく、失踪って本人の意志かどうかわからんっていうような意味があることを言ってるのか?、だけどそれらをつなげるのは「殺人自殺」って言ってるようなわけだろ、単純に将軍様のご機嫌を悪くしないようにという忖度としか思えない、しかもこの時期ってことはムンの政権時にはムンは断ってたわけか?、これもムンの政策、性格としてあまりに非人間的、非人道的な部分と見ていいだろう、ムン本人は人権弁護士などと吹聴していたようだが、自称慰安婦の人権を日本に対しては偉そうに言うが、韓国北朝鮮の国民市民の人権を省みることがないというトンデモ、






最終更新日  2022.05.31 18:30:46


2022.05.25
カテゴリ:拉致
【萬物相】膝を突いたバイデン米大統領


 膝を突いて目の高さを合わせて会話をする姿勢には「あなたを尊重し、あなたの言葉を聞きたい」という意味が込められている。背が低い子どもだけでなく、障害者や高齢者、負傷者に接する時、このような行為で敬意のメッセージを伝える。バイデン米大統領はおととい、日本の北朝鮮拉致被害者家族と面会した時、子を北朝鮮に奪われた高齢者たちの前で膝を突いた。故人となった長男の写真をポケットから取り出して見せながら、「子を失ったあなたの苦痛は分かります」とも言った。バイデン大統領は病気と事故で2人の子を亡くしている。

 北朝鮮が日本人拉致を認めて謝罪したのは2002年のことだ。それ以降の米大統領4人は全員、日本人拉致被害者の家族に会った。トランプ前大統領は在任期間が4年間だけだったが彼らに2回会った。拉致問題の象徴的存在である横田めぐみさんの父親が死去した時は哀悼の手紙を送った。トランプ氏がほかの人よりも特に情に厚い人であるようには見えない。米国と日本の報道機関は「ブロマンス(親しい男性同士)」外交のパートナーだった日本の安倍元首相に対する外交的配慮だと解釈した。

 北朝鮮の日本人拉致は1980年代初めから知られていたが、日本の外交で核心的な課題となったのは2000年代初めからだ。まだ40代の国会議員だった安倍氏が旗振り役となり、拉致被害者5人とその家族を北朝鮮から連れ戻すという成果も挙げた。国民の保護という国の基本に忠実だった。韓国の立場では受け入れられない問題が多くても、日本国民が彼を認めるのはそういう理由からだ。その後、拉致問題は対北朝鮮外交の「すべて」になった。米大統領の拉致被害者面会は日本の対米外交を計る尺度となった。

 意外なことにこの問題を渋っていた米大統領はオバマ氏だ。訪日当日まで面会要請にはっきりと回答しなかった。やっとのことで実現した面会ですら10分ほどで終わった。同じ米民主党所属なのでバイデン氏もそうではないか、と日本政府は懸念していたという。ところが、バイデン氏は予想をはるかに上回った。30分の面会で拉致被害者家族11人全員に対し、それぞれ話しかけた。被害者家族たちは「米大統領の気持ちが感じられた」と語った。

 日本人拉致被害者は17人だ。6・25戦争(朝鮮戦争)後の韓国における拉致被害者は516人に達する。6・25戦争時の拉致被害者まで合わせれば8万人超だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権時、拉致被害者は国民として扱われることすらなかった。共に民主党議員は北朝鮮が嫌がるという理由で拉致被害者の法的な名称を「失踪(しっそう)者」に変えようとする法案まで出した。政権交代後は変化が感じられる。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の就任式には拉致被害者家族と脱北した韓国軍捕虜が特別招待対象者として出席した。膝を突いた米大統領を見て、国家の基本をあらためて考えさせられた。

鮮于鉦(ソンウ・ジョン)論説委員

朝鮮日報/記事入力 : 2022/05/25 12:27



「子を失ったつらい思い、私もよく理解している」…拉致被害者家族と面会、膝を突いたバイデン大統領


 米日首脳会談と4カ国安全保障協議体(クアッド)首脳会議に出席するため日本を訪問した米国のバイデン大統領は23日、忙しい日程の中で北朝鮮拉致被害者家族と面会し慰労した。とりわけバイデン大統領が膝をかがめ90歳を超えた被害者の親たちと目を合わせる写真が日本で大きな話題になっている。

 読売新聞など日本のメディアが24日に報じた内容によると、バイデン大統領は前日午後に東京の迎賓館で米日首脳会談を終えた後に拉致被害者家族と面会した。約30分にわたり非公開で行われた面会には拉致被害者8人の家族11人が出席した。当初は横田めぐみさん(拉致当時13歳)の弟で拉致被害者家族会の会長を務める横田拓也さん(53)がバイデン大統領に拉致問題解決を訴える計画だったが、バイデン大統領は出席者全員と握手し直接話を聞いたという。日本メディアが伝えた。

 面会後に公開された写真を見ると、バイデン大統領は高齢のため椅子に座っていた横田早紀江さん(86、めぐみさんの母親)、有本恵子さん(拉致当時23歳)の父親の明弘さん(93)と目を合わせ床に膝を突いた。バイデン大統領は日本の天皇に会った際には黙礼も握手もせず脚を伸ばしていたが、今回はそれとは対照的だった。

 バイデン大統領は高齢の出席者たちが手にした被害者の写真を見ながら話を聞き、早紀江さんをかき抱いた。バイデン大統領は「(子供を失った)あなたの思いは私もよく理解している」と述べ慰めたという。バイデン大統領は1972年に最初の妻と長女を交通事故で亡くし、2015年には長男を脳腫瘍で失った。同じ痛みを持つ親として連帯感を表現したものだ。拉致被害者家族会の代表を務める横田拓也さんは会見で「思ってもいなかった(バイデン大統領の)温かい行動に涙が止まらなかった」「米国と拉致被害者家族会が連携する姿は北朝鮮にも大きな圧力になったはずだ」と述べた。

 日本が誇る「おもてなし外交」の核心とされる夕食会はこの日夕方から東京白金台の八芳園で開催された。17世紀に徳川家康の側近が作った広さ4万平方メートルの邸宅で、「四方八方どこから見ても美しい庭園」という意味でこの名が付けられたという。日本の富裕層が結構式場などでよく利用する場所だ。

 岸田首相は全国各地から集めた食材を使った和食でもてなした。東京シャモ(地鶏)の鉄板焼き、徳島県の野菜、信州サーモンのムニエル、伊勢エビなどがテーブルに並んだ。酒を飲まないバイデン大統領のために岸田首相は自らの地元である広島のレモンサイダーで乾杯した。岸田首相の妻の祐子夫人は着物姿で出席し、普段から愛用する茶具を使った抹茶でもてなしたという。

 デザートはアイスクリーム好きのバイデン大統領に合わせ、宮城県名取市から空輸したチョコレートと抹茶のジェラートが出された。バイデン大統領は副大統領だった2011年8月に名取市を訪れ、東日本大震災の被害者を慰労したが、今回もその因縁を考慮したという。日本政府関係者はTBSの取材に「バイデン大統領は冗談を語るなどとても和気あいあいとした雰囲気だった」「バイデン大統領は特にデザートが気に入ったようだった」と伝えた。

 バイデン大統領は日本での最終日となる24日にも午前10時半から東京の首相官邸でクアッド首脳会議、インドとオーストラリアの首相と個別の首脳会談など重要な日程を消化した。その後は専用のヘリコプターで午後6時に東京の横田空軍基地に移動し帰国した。バイデン大統領の滞在中、日本政府は宿泊先のホテルオークラなどを中心に1万8000人の警察官を動員するなど警備を強化したが、ホテル周辺にはバイデン大統領とその専用車「ザ・ビースト」を見るため多くの市民が集まった。

東京=崔銀京(チェ・ウンギョン)特派員

朝鮮日報/記事入力 : 2022/05/25 11:54







最終更新日  2022.05.25 22:18:10
2021.10.30
カテゴリ:拉致
「拉致問題解決に希望なし」国連特別報告者

10/23(土) 9:52配信
テレビ朝日系(ANN)・YAHOOニュース

"「拉致問題解決に希望なし」国連特別報告者"

 ニューヨークの国連本部で北朝鮮の人権問題に関する特別報告が行われ、新型コロナの影響で北朝鮮の孤立化が進んでいて、このままでは「日本の拉致問題などを解決する希望はない」との懸念が示されました。

 北朝鮮の人権状況を調査しているキンタナ特別報告者は22日、新型コロナの影響で国境を封鎖した北朝鮮が「かつてないほど国際的に孤立している」と指摘しました。

 そのうえで、現状では「国内の人権問題や日本の拉致問題などを解決する希望はない」と強調しました。

 また、経済の悪化により特に政治犯収容所に収監された国民の飢餓を懸念し、必要に応じて国連安保理の制裁を緩和するよう推奨しました。

 一方、日本政府の代表は、弾道ミサイルの発射などが続いていること踏まえて「制裁の解除は時期尚早だ」と強調しました。

テレビ朝日




※・・・「報告」して終わりかよ、いい仕事してるな(笑)、






最終更新日  2021.10.30 11:40:20
2021.07.21
カテゴリ:拉致
初訪日で拉致被害者家族に会ったシャーマン氏…北朝鮮人権取り上げる

中央日報2021.07.21 14:39

米国務省のウェンディ・シャーマン副長官が20日、バイデン政府の高官要人として初めて北朝鮮による拉致被害者家族と会った。これまで高位当局者の発言や声明など「言葉」だけで北朝鮮人権問題を指摘していたバイデン政府が直接「現場対応」に出たもので、21日から2泊3日間で予定されているシャーマン副長官の訪韓スケジュール中にも北朝鮮人権に関連する立場が追加で出てくるのではないか注目されている。

就任後初めて日本を訪問したシャーマン副長官は、20日、東京で拉致被害者家族と面会した。その後、ツイッターを通じて「とても心が痛かった(deeply moving)」とし「米国は拉致問題の早急な解決を求めるために日本と共にする」と強調した。同日、米国務省が日米外交次官会談関連の発表をした報道資料にも米国の日本人拉致問題解決に対する意志が入った。

日本に続いて21日に韓国を訪れるシャーマン副長官は訪韓期間中、鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官との会談および韓米外交次官会談などの日程に合わせて北朝鮮人権問題を議論のテーブルにのせる可能性がある。3月、就任後初めて韓国を訪れたトニー・ブリンケン国務長官は、訪韓初日に鄭義溶長官との会談の冒頭発言で決心したように北朝鮮政権の人権蹂躪(じゅうりん)を指摘した。当時、ブリンケン長官は「北朝鮮の全体主義体制は北朝鮮住民を対象に組織的かつ広範囲な人権蹂躪を継続している」とし、人権と民主主義の守護に韓国政府の参加を注文した。

シャーマン副長官本人も2016年ワシントンで中央日報と米戦略国際問題研究所(CSIS)が共同主催したセミナーの演説を通じて、対北戦略の核心要素として▼人権問題に集中▼国際的な制裁の強度強化▼韓米合同訓練の持続▼北朝鮮崩壊論に備えた共同された認識--を挙げた。当局者としての発言ではなかったが、政務次官を務めた直後だった。

最近バイデン政府は対北政策で対話と外交を優先視するという基調だが、北核交渉状況と別個で人権問題は程度を調節しながら今後も指摘を続けるとみられている。今年5月の韓米首脳会談共同声明はもちろん、6月の主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)共同声明でも北朝鮮の人権問題に必ず言及している。

最近米国は自国の欠陥も認めると同時に、国を問わず人権問題を提起するという立場を明確に打ち出している。ブリンケン長官は今月16日(現地時間)、各国の米国外交官に人権と民主主義増進を優先的な課題として提示するメッセージを伝達したと米政治専門メディア「Politico(ポリティコ)」が同日報じた。報道によると、ブリンケン長官は「米国も自らの欠陥を認めて公開的かつ透明に対抗するべきで、われわれ自らに対して要求すること以上に他国に要求してはいけない」と強調した。

一方、北朝鮮は20日、米国や国連など国際社会の人権指摘に反発した。北朝鮮外務省は国連駐在北朝鮮常任代表が14日、画像を通じて開かれた非同盟運動外相会議に参加したと明らかにして「人権という美名の下で彼らが気に入らない発展途上の国々の内政に自分勝手に干渉して、制度転覆を追求する西側の策動に団結して対抗しなければならない」と主張した。北朝鮮は12日にも外務省ホームページに掲載した個人名義の文章を通じて「米国が人道主義支援を人権問題と関連させて主権国家に対する圧迫を合法化している」と非難したことがある。






※「最近米国は自国の欠陥も認めると同時に、国を問わず人権問題を提起するという立場を明確に打ち出している」

・・・それは理解したが、一方人権大国韓国については最近、アメリカは対北朝鮮ビラ禁止法をめぐって聴聞会とか開くなどして、人権大国韓国をやり玉にあげている、しかも慰安婦団体なる人権団体の横領不正問題も議会報告を出している、かつてアメリカ議会は慰安婦問題で日本非難決議を出したが逆風のようだ、人権と言えば慰安婦、慰安婦と言えば韓国の独壇場、世界中に慰安婦像を立てまくってるわけだが、今回、アメリカ議会は韓国が同胞北朝鮮の人権を無視しているとし、韓国国内での表現の自由と言う人権を冒しているとして非難するというトンデモな事態になっている、どうしたことなのか、あの慰安婦で日本非難決議したアメリカ議会はどうなってしまったのか?、韓国のロビーが足りないのか、韓国の人権大国の化けの皮、ムンの人権弁護士の化けの皮がはがれたのか?、どうしたことであろうか?(笑)、

「人権という美名の下で彼らが気に入らない発展途上の国々の内政に自分勝手に干渉して、制度転覆を追求する西側の策動に団結して対抗しなければならない」

・・・「人権という美名の下で」とは北朝鮮ながら的を獲たと言える、北朝鮮の同胞韓国では昨今「人権という美名の下で」自称慰安婦を外交の手段として世界中に捏造の作話を言いふらしている、まさに人権をもてあそんで外交のネタにするという畜生にも劣るという手練手管、人類の風上にも置けない所業、必ずや天罰のあらんことを、






最終更新日  2021.07.21 23:52:55
2021.06.30
カテゴリ:拉致
​​
米国連大使「北朝鮮の日本人拉致問題を批判…韓国・日本と協議してきた」

 中央日報2021.06.30 10:58


リンダ・トーマス・グリーンフィールド米国国連大使は29日(現地時間)、北朝鮮の日本人拉致問題を批判し、問題解決のためにその間韓国-日本と協議してきたと明らかにした。

トーマス・グリーンフィールド大使はこの日、ニューヨーク国連本部で開かれた「北朝鮮の拉致問題に関するシンポジウム」で「米国は北朝鮮政府が国際的な拉致と強制失踪に関与していることを全面的に糾弾する」として「北朝鮮が日本および他国の人々を拉致して彼らの意思に反して強制的に抑留するのは誤ったこと」と批判した。

また「米国はこのような違法行為に対して日本国民と連携している」として「北朝鮮はこの人々を釈放し、彼らに関するすべての情報を直ちに公開しなければならない」と促した。

トーマス・グリーンフィールド大使は特に米国政府は違法で非道徳的な拉致問題に関して韓国および日本との二国間会談、または3カ国会談で協議してきたと説明した。

シンポジウムで加藤勝信官房長官は「国際的な課題として拉致問題解決を求める国際社会の機運が一層深まることを強く期待している」と話した。 



※「韓国・日本と協議してきた」

・・・まずいね(笑)、「協議」がどんなものか知らんが、ホントだとしたらそんなことバラされちゃ困るんじゃないかね、韓国にも拉致問題の団体はあるし協議と言ってもアメリカは韓国と日本とは別々にやるんだろうから日本とは間接的とはなるんだろうが、それでも拉致で将軍様を攻撃なんてまずいよ(笑)、
​​






最終更新日  2021.06.30 15:29:39
2020.10.05
カテゴリ:拉致
拉致問題は解決との北朝鮮主張、受け入れられない=加藤官房長官

2020年09月30日 20時07分大紀元日本

[東京 30日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は30日午後の会見で、北朝鮮が拉致問題について完全に解決したと表明したことに対し、受け入れられるものではないとの見解を示した。

加藤官房長官は「拉致問題は菅内閣の最重要課題である」と強調。菅義偉首相の国連演説でも金正恩・朝鮮労働党委員長と条件を付けずに会談する用意があると表明にしたことも指摘。「1日も早い拉致被害者の帰国に努力していく」と述べた。

共同通信によると、北朝鮮外務省日本研究所は29日付の談話で、日本人拉致問題について「われわれの誠意と努力により、既に後戻りできないまでに完全無欠に解決された」と主張した。






※「拉致問題は解決との北朝鮮主張、受け入れられない=加藤官房長官」

・・・「受け入れられない」のはごもっともなんだけど、あの5人の解放のときの交渉で日本側は一度は「解決した」って言っちゃったんだよね、5人帰還で手をうった、福田が「他はしにました」とかあっさり言って、あとは北朝鮮に援助だってなった、だけど日本は国内がまさに騒然となった、TVしか見てないのに世の中がザワザワとしか感じがあったよ、北朝鮮が、というよりむしろ日本側のあまりの冷酷な感じの態度に日本国内がまさに騒然となったってのがわかった感じしたよね、日本側の露骨な「計算」「天秤」がわかってしまったんだよね、いや、政治ってそうところがあるのは民主主義国家としても理解はあるけどね、いかにも「計算しました」感があったよね、「あとはしんだ」はねえだろってことだよ、慰安婦と同じだよ、だけど日本も「解決」を思いとどまった?のは当然とはいいながらまあ気まずかったろうね、田中某にもずいぶん非難があったよ、だから「五人帰ってきてよかった」っていうより「他を見捨てた冷酷」っていう感情のほうが大きくなった、その他あるけどまたね、






最終更新日  2020.10.05 16:36:52
2019.03.05
カテゴリ:拉致
​​
トランプ大統領の日本人拉致問題提起に金正恩委員長が驚く

2019年03月05日11時09分  中央日報

  米国のドナルド・トランプ大統領が第2回米朝首脳会談が始まるや日本人拉致問題を取り上げていたことが分かった。 

  読売新聞は5日、複数の日本政府関係者を引用し、先月27日にベトナム・ハノイで開かれたトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の会談の冒頭で、トランプ大統領が金委員長に対して日本人拉致問題を提起したと報じた。 

  報道によると、金委員長は核とミサイル問題が最初の議題になると想定していたのか、驚いた表情を見せた。 

  安倍晋三首相は先月20日、2回目の米朝首脳会談を控えてトランプ大統領と電話会談を行った際、日本人拉致問題の提起を要請した。また、会談の決裂後、安倍首相とトランプ大統領は再び電話会談を持ったが、この時トランプ大統領が金委員長に日本人拉致問題を提起したと説明していた。






最終更新日  2019.03.05 11:49:34
2018.06.29
カテゴリ:拉致
​​
日本に過去の清算要求 拉致問題「完全に解決済み」=北朝鮮​

2018/06/29 11:48

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が29日付の論評で、日本に対し過去の清算と対北朝鮮政策の転換を促した。

 同紙は、「日本が平壌の敷居をどうしても越えたいのであれば、歴史の前に誠実で責任ある姿勢を取り、時代錯誤的な対朝鮮敵視政策と決別すべきだ」と要求。「朝日(日朝)関係改善における根本の根本であり前提中の前提である過去の罪悪問題が清算されるまでは、対朝鮮敵視政策が善隣友好政策に変わるまでは、何も期待してはならない」とし、「罪悪の過去を覆い隠しては未来に進めないということを、日本はしっかりと肝に銘じるべきだ」と強調した。

 日本人拉致問題については、2002年の小泉純一郎首相(当時)の平壌訪問を機に「完全に解決された」と主張した。拉致問題に関しては逆に日本を非難すべき立場にいるとし、日本による植民地時代の強制徴用・徴兵などを取り上げながら「日本の国家拉致テロ犯罪の最大の被害者がまさにわが民族だ」と強調した。

 また、日本が朝日首脳会談の開催へ動いていることに触れ、「隣国を極度に信じず、敵視していながら、客として招かれようとしている」と非難した。






最終更新日  2018.06.29 12:55:07
2018.06.27
カテゴリ:拉致
​和田教授「日本は対北朝鮮交渉に向け拉致3原則を廃棄すべき」​

録:2018-06-27 06:11 修正:2018-06-27 08:36・ハンギョレ

日本国内で最近、朝日交渉を求める声高まる 
「安倍3原則はパフォーマンスに過ぎず 
国交正常化進めながら拉致解決していくべき」
 「日朝国交正常化のためには、安倍晋三首相が拉致3原則を廃棄しなければならない」

 史上初の6・12朝米首脳会談以降、日本でも日本政府が北朝鮮と国交正常化に向けた交渉に積極的に乗り出すべきだという声があがっている。和田春樹東京大学名誉教授は25日、市民団体「日朝国交正常化連絡会」が開いた「日朝国交正常化交渉を再開せよ」という題名の討論会で、日朝国交正常化交渉を進展させるためには、安倍政権が対北朝鮮外交政策を全面的に見直すべきだと主張した。

 拉致問題とは、北朝鮮が1970~80年代に海外に派遣される工作員たちの日本語教育や身分活用のため、無実の日本人らを北朝鮮に拉致した事件を意味する。長い間拉致問題そのものを否定してきた北朝鮮は、2002年9月に訪朝した小泉純一郎首相にこの問題について謝罪の意思を表明し、「8人死亡、5人生存(以降、日本帰国)」という調査結果を公開した。しかし、日本政府は「8人死亡」という結果を受け入れられないとし、全員が生きているということを前提に「被害者全員の無事帰還」を実現させると主張してきた。このような強硬な立場を主導してきたのが、ほかならぬ安倍首相だ。

 同日の討論会で和田名誉教授は「安倍首相は、拉致問題について3つの原則を述べてきた。第一に、拉致問題は日本の最重要課題であること、第二に、拉致問題の解決なしには国交正常化もないこと、第三に拉致被害者の全員帰国、つまり全員が生きて帰って来ること」だとし、「私も、拉致問題が日本の重要課題ということは否定しないが、この問題を最重要課題というのは正しくない。拉致問題で注目を集めて首相になった安倍首相のパフォーマンスに過ぎない」と述べた。

 彼はさらに、「拉致問題の解決なしには日朝国交正常化もないというのは、小泉首相の外交原則(2002年9月、小泉首相が平壌を訪問し、金正日総書記と合意した平壌宣言で明らかにした外交原則)を修正したものだ。小泉首相は国交正常化を進めながら、拉致問題を解決しようとした」と述べた。拉致問題を解決した後、国交正常化をするのではなく、国交正常化に向けた交渉を進めていく過程で拉致問題の解決を図らなければならないという主張だ。

 和田名誉教授は最後に第三の原則である「全員帰還」についても「被害者としてそう主張するのは十分理解できる。しかし、北朝鮮がすでに8人が死亡したと通知したにもかかわらず、日本政府が全員帰還を主張するのは、北朝鮮と外交交渉を中止すること」だとし、「拉致問題は国交正常化を進めていく中で解決しなければならない」と再び強調した。

東京/チョ・ギウォン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/850691.html
韓国語原文入力:2018-06-26 21:56
​訳H.J






※「拉致問題を解決した後、国交正常化をするのではなく、国交正常化に向けた交渉を進めていく過程で拉致問題の解決を図らなければならないという主張だ」

・・・???、くだらんねえ、たいして違いがあるようには見えないよね、順序なんか問題じゃないよ、日本は原則なんかいつでも忘れる健忘症民族だ、韓国がどんなに反日して慰安婦像たてまくっても日本は韓国にカネを注ぎ続けているではないか、以前、北朝鮮政府は「調査する」なんておためごかしを言ってたが、拉致問題なんか一日で解決する問題だよ、拉致日本人の所在を北朝鮮政府がわからないはずなかろう、バカ言うなよ、リストが一冊あるだけだ、それを見せればよい。1日かからん、1分でじゅうぶんだろ、あいかわらずこの和田某は北朝鮮にヨイショだ、ハンギョレは喜んでいるだろうが、くだらんこと言って時間稼ぎして食いつなごうということなんだろう、
​​






最終更新日  2018.06.27 13:37:26
2018.06.26
カテゴリ:拉致
​​
金正恩氏捜査の申し立て却下=日本人拉致で-国際刑事裁判所​


 北朝鮮に拉致された可能性のある特定失踪者の家族らが、人道に対する罪で金正恩朝鮮労働党委員長らを捜査するよう求めた申し立てについて、オランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)が却下していたことが7日、分かった。4日付で代理人に回答が届いた。

 支援する民間団体「特定失踪者問題調査会」によると、申し立てたケースはいずれも日本がICCに加盟した2007年より前に始まっており、管轄権が及ばないと判断された。(2018/04/07-09:46)(時事)






最終更新日  2018.06.26 15:36:41

全169件 (169件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


© Rakuten Group, Inc.