2198851 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

かかしのジャンプ

全3件 (3件中 1-3件目)

1

その他

2012.01.13
XML
カテゴリ:その他
嫁と実家の確執の末に伊良部秀輝氏の遺骨が「無縁仏」に

NEWS ポストセブン 1月13日(金)7時5分配信・NEWSポストセブン

昨年7月27日、ロサンゼルスの自宅で首を吊って自殺した伊良部秀輝氏の亡骸は現地で火葬され、「本人の希望で、ロスのリトル・トーキョーにある東本願寺別院に納骨されることになっていたはず」(在米のスポーツジャーナリスト)といわれていた。

ところが、死後半年経った今、伊良部氏の遺骨は日本で「無縁仏」になっているというのだ。米国在住で伊良部氏を「ラブちゃん」と呼ぶ間柄だった知人のA氏が重い口を開いた。

「私もそれを聞いて驚いて、9月に納骨されたというお寺へ行ったんです。すると、寺から“伊良部さんの遺骨は無縁仏として預かっているので、7年後には他の人のお骨と混ぜられてしまう”といわれました」

つまり、このままでは「伊良部秀輝」の遺骨が他の遺骨と合祀されて誰のものだかわからなくなってしまうのだ。

本誌は確認のため、A氏の示した千葉市内にある寺を訪れた。住職夫人に案内されたのは、本堂横に建つ「無量寿堂」と記された無縁仏を祀る墓だった。伊良部氏をはじめ納骨された人の名前は見あたらない。

無縁仏とは、弔う身寄り(親族や縁者など)がいない死者・墓のこと。同寺は、近年の少子化や独居高齢者の増加などで墓の継承・管理に不安を持つ者の遺骨を預り、永代供養を行なっている。しかし、伊良部氏には京淑(きょんす)夫人という家族がいるはずだが……。

納骨された経緯を聞くと、驚くことに住職夫人はこう説明するのだ。

「伊良部さんの奥様と、そのお母様が遺骨をもってお見えになり、無量寿堂に納めていかれました。あとのことはご遺族にお尋ねください」

一体どうしてこのようなことになったのか。背景には複雑な人間関係が横たわっていた。 本誌は伊良部氏の実姉に話を聞くことができた。彼女は伊良部氏が無縁仏になっているのを認めた上で、経緯を語り始めた。自殺の直後、ロス郊外で行なわれた葬儀ではこんな一幕があったという。

「遺体の検視を終え、京淑さんと2人の子供の立ち会いのもと、弟は荼毘に付されました。私は弟の顔をひと目見たいと思い、妹と日本から駆けつけたのですが、受け付けをする方から“奥さんがすべてを取り仕切っているので”と、入場を拒まれてしまったのです。諦めきれず、妹と2人で交渉したのですが、結局、弟の顔は見せてもらえませんでした」

失意のまま帰国した実姉らを待っていたのは、さらにショッキングな展開だった。葬儀から1か月も経たないうちに京淑夫人とその母親が伊良部氏の実家に姿を現わしたのだという。

「お義母さんが一緒に来られて、ウチの両親に対し、一方的に“ここ(寺の名前)に(骨を)入れました”と告げられました。四十九日も終えていない状況で、何が何だかわからず、こちらとしては到底納得できませんでした」

※週刊ポスト2012年1月27日号


故・伊良部秀輝自宅前の献花・手紙がゴミ箱に捨てられた理由

2012年1月16日(月)7時0分配信 NEWSポストセブン@niftyニュース

剛速球投手として日米球界を沸かせた伊良部秀輝氏(享年42)が、昨年7月27日、ロサンゼルスの自宅で首を吊って自らの命を絶ってから約半年。彼は今、千葉市内のある寺で身寄りのない「無縁仏」としてひっそりと眠っていたことが明らかになった。

死の直後、ファンや関係者によってロスの自宅前に供えられた献花やお悔やみの手紙が、ゴミ箱に捨てられていたというできごとがあったが、

「京淑(きょんす)夫人の指示で撤去されていたようです。伊良部の草野球仲間が、夫人に“せっかくの献花をなぜ”と聞いたところ、“自殺した家を知らせるようなもので迷惑だ”と答えていた」(伊良部氏が常連だったロスの飲食店オーナー)

夫人側が「生前から伊良部家にたかられていた」という話も、事実ではないという。米国在住で伊良部氏を「ラブちゃん」と呼ぶ間柄だった知人のA氏は、こう話す。

「かつて大阪で暮らしていた両親のために、ラブちゃんがマンションを購入してあげたことはよく知られている。

確かに出生や生い立ちは複雑だった(*1)が、彼は“それでも親は親なんです”と微笑んでいた。だから両親に毎月仕送りしていたと聞く。ラブちゃんの遺志で縁を切ったというのは、違和感があります」

*1:伊良部氏の実父はアメリカ人であるが、本人もMLBに移籍した2年目(1998年)までこの事実を知らなかったことを『週刊SPA!』2011年7月19日のインタビューで明かしている。

※週刊ポスト2012年1月27日号



故・伊良部秀輝の追悼イベント 中止理由は“会費2万円”他

2012年1月14日(土)7時0分配信 NEWSポストセブン

昨年12月20日、東京・千代田区にある東京會舘では、午後4時から「天国の伊良部秀輝君を激励する会」と題した追悼セレモニーが予定されていた。

伊良部氏が生前所属していたマネジメント事務所が音頭を取って計画されたもので、会費は2万円。米国在住の京淑夫人も来日して参加するとの情報もあり、「夫人から伊良部氏の“遺言”が明かされるのでは」(スポーツ紙記者)と期待されていた。

しかし、事態は思わぬ方向へ動く。開催直前になって、イベントが中止となったのだ。所属事務所に問い合わせても、「諸般の事情」と言葉を濁すのみだった。

伊良部氏に近い関係者は、「伊良部さんを慕う人たちから、“会費を取るとは何事か”といったクレームが続出して、中止になったと聞いたよ」と証言する。だが、続いて聞かされた言葉に、本誌記者は耳を疑った。

「“集まったカネで墓を建てるならまだしも、すでに無縁墓に押し込んだ遺族が主催するなんて賛同できない”という意見もあったみたいだね。伊良部さんのお骨は今、無縁仏になっているから……」

なんと、伊良部氏の遺骨は「無縁仏」になっていたのだ。

※週刊ポスト2012年1月27日号






最終更新日  2012.01.16 21:17:21


2007.12.08
カテゴリ:その他
★★ 祝・真珠湾奇襲 ★★

☆REMEMBER PEARLHARBOR、YANK☆






最終更新日  2007.12.08 12:20:21
2006.04.30
カテゴリ:その他
◎4000






最終更新日  2010.05.22 20:34:19

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.