000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家づくり 木の無垢まま・・・。

Jul 13, 2005
XML
地盤調査の結果が出ました。
結果は、地盤改良の必要あり・・・だって。
予想はしていたものの、ちとショック。

オイラの乏しい知識では
0.5kN、0.75kNの自沈層がないので
もしかしたら、ベタ基礎でOKかな?
と思っていたのだけど・・・。

近い将来、デカイ地震が来る地域と考えているだけに
ケチるつもりは、一切ないけど
いくら、かかるのでしょう?(悩)

あと、礫って何だろ?
土地区画整理事業による新規造成地(元は田)なのだけど
埋め戻すときに、業者が
産廃でも投入しましたか?(怪)

とりあえず、FAXが送られてきただけなので
調査会社には、詳細の説明を求めます。

以下、参考までに調査結果。
何か、アドバイスあれば、よろしくお願いします。

【調査結果と基礎工の考察】
 計画地は地形図より、人口地形盛土地に位置すると考えられます。
 今回の調査では、基礎下以深ではGL-1.0m~3.75mにかけて100kg自沈の
 推定N値3未満の軟弱層が見られます。
 造成も新しく、計画建物等の上載荷重の影響により、
 軟弱部に圧密や変形を生じ、沈下の起因となると考えられます。
 下記工法等による対策をお薦め致します。

 ○基礎補強の考察・・・必要
  ・柱状改良工法
  ・支持杭工法(小口径鋼管杭)

【データ】
※調査箇所(おおよその位置、上が北)

------------------- 
  1         2

        5

  6       3
  4
-------------------

 測点1 貫入深度6.75m qa63.6
 測点2 貫入深度6.50m ※自沈1
 測点3 貫入深度6.45m ※自沈2
 測点4 貫入深度0.60m ※qa106.2
 測点5 貫入深度6.50m ※自沈3
 測点6 貫入深度0.65m ※qa114.6

 ※自沈1… -2.50~3.00にかけて1.0kNの自沈層あり
 ※自沈2… -1.00~2.00、-3.25~3.75にかけて1.0kNの自沈層あり 
 ※自沈3… -1.00~2.25にかけて1.0kNの自沈層あり
 ※測点4,6は礫のため、これ以上の貫入不能。
  ちなみに~0.25にかけて1.0kNの自沈層あり             






Last updated  Jul 13, 2005 04:42:08 PM
コメント(6) | コメントを書く
[地盤調査・地盤改良] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


daiapapa

Favorite Blog

ぼのぼのの毎日♪ ぼのぼの65さん
りんママの * Natura… りんmamaさん
けもやのおうち - 旧… けもやさん
うさこのなごみ屋 うさこ628さん
みねちゃんの家造り みね(*^^)vさん
Signpole WMの生… nikottiさん

Category

Comments

daiapapa@ Re[1]:るさごうさまへ(10/10) るさごうさま コメントありがとうございま…
るさごう@ るさごうですーーー daiapapaさん、お久しぶりですー!! 久々に…
みんな集まって♪@ みんな集まって♪ みんな集まって♪みんな集まって♪みんな集…
すぐに遊べるゲーム@ すぐに遊べるゲーム すぐに遊べるゲームすぐに遊べるゲームす…
あなたにピッタリ@ あなたにピッタリ あなたにピッタリあなたにピッタリあなた…

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.