世界へ羽ばたけ!Perfume

Profile


カレードスコープ

Calendar

Rakuten Ranking

2008.11.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
Perfume のファン層は広い。

武道館ライブに参加して、

改めて感じたこの感じ。(昨日のブログ参照)

おもしろいと思うのは、

様々なジャンルの人達が、

Perfume という媒介を通じて、

今まで想像すらしてなかったものに、

出逢うってことです。

今まで、アイドルの曲しか聴かなかった人が、

Perfume を通して、クラブミュージックも聴くようになる。

今まで、洋楽しか聴かなかった人が、

Perfume を通して、邦楽も捨てたもんじゃないなと思う。

僕自身は、まさかこの歳になって、

アイドルグループを好きになるとは、

露程にも思っていませんでした。

今まで、アイドルを好きになることなんて皆無でしたから。

周りがミーハーなものを聴いている時、

自分は、テクノを聴いてるんだっていう優越感に浸ってるような

時期もありました。

高校時代か。

まだまだ青かったのぅ。

当時は、テクノなんていうジャンルは、

田舎では、存在しないに等しかったんです。

CDは、いつも取り寄せて...。

長くなりそうなので、この話は置いておきます~。

それが今では、Perfume の不思議な魅力、可能性に魅了されっぱなしです。

なぜか、こうして毎日ブログまで更新しています。

いろんな人の常識、固定概念を覆してくれたのが、

Perfume なわけです。

ある意味、ロックしてます。

そのキーを握ってるのが、中田ヤスタカ氏という人物

であるのは、間違いないと思います。

中田ヤスタカ氏が創った音楽の魅力が、

さまざまなタイプの人々の心に共振、共感したわけですよね。

さらに、Perfume の3人の心地良いキャラクターに心酔しちゃうわけです。

中田氏の音楽だけじゃ、こんなおもしろい現象は、

起きなかったと思う。(過去日記参照)

Perfume だけの力だけでも、起きないと思う。

中田氏の音楽と Perfume の力が、うまく相互に作用して、

ケミストリーが起きたんじゃけぇ。

(エセ広島弁)

まず、クラブ系のオシャレさんたちが、

Perfume のライブへ足を運ぶようになったんですよね。

そこで今度は、アキバ系の人達が、

クラブへ足を運ぶようになったら、

おもしろいと勝手に思うんですよね。

武道館2日目のライブ終了後、

中田氏は、都内のクラブでイベントをやってたんですよね。

武道館に参加したたくさんのファンがその足で、

クラブイベントへも参加したのでしょうね。

初めてクラブへ行った人も、いるんだと思う。

きっかけは、Perfume

いいと思います。

そして、これからは海外の人達が、

Perfume のライブに参加するようになれば、

さらにおもしろいと思う。

じきにそうなる。

と個人的には、勝手に思ってます。

世界へ羽ばたけ! Perfume ですから。






Last updated  2008.11.11 23:07:07
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.