000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

鎌倉情報館★ブログ

2006.08.29
XML
カテゴリ:神社史跡
鎌倉景観100選 指定

元仁元 年(1224年)三代執権北条泰時が父義時の菩提を弔うため、この谷戸に釈迦堂を建立した為この名がついたと言われている。
商業・産業の拠点である材木座・大町と、六浦・金沢を結ぶ重要な物流ルートとして開かれたと考えられており、くり抜かれた洞門が迫力ある古道の景観を見せています。
一帯は北条時政の屋敷跡で洞門の上にはやぐら群もあります。
現在は落石の危険があるため通行止。

★鎌倉七口切通し
  仮粧坂切通し
  名越切通し
  朝比奈切通し
  極楽寺坂切通し
  亀ヶ谷坂切通し
  巨福呂坂切通し
  大仏坂切通し
★鎌倉その他の切通し
  釈迦堂口切通し
  高野の切通し
  谷戸坂切通し

徒歩:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約30分(大町側入口)
バス:鎌倉駅バス5番乗場 鎌23・24・36 杉本観音下車徒歩約12分(浄明寺側入口)
道路:切通しは現在歩行者も通行禁止
駐車:なし、近隣に駐車場はありません
住所:大町6丁目~浄明寺1丁目
近隣:杉本寺報国寺浄妙寺大宝寺

釈迦堂口切通し地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.06.24 09:11:20
[神社史跡] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.